北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


ここしばらく 寝込むほどの風邪をひいていない。
ありがたいことだ。
どういう訳か、皆がツアーに出かけ 誰も労わってくれる(?)人
が居ない時に限って、高熱を出したり、肋骨を痛めたりする
ことが多いのだが、それもここしばらくはない。
ありがたいことだ。

そういえば 風邪で寝込んだり、体調不良になると何故か
食べたくなったり、あるいは 食欲をなくした身体のために
小さな頃から「これだけは」と食べさせられたりしたものが
いくつかある。
勝手に"癒し飯”と名付けて 2~3思い返してみた。

・缶詰のみかん
ある年齢以上の方は 「そうそう、わかるわかる」と仰るのでは?
高熱で身体も熱く、喉の痛みで食欲が落ちている時に
甘く・冷たく・やさしい味のみかんとシロップは、つるんと
喉を通り、何だかとても大切にされているような気持ちに
なって、風邪をひくのも悪くない、なんてちょっぴり
思ったものだ。

・鍋やきうどん
病気=おかゆ、というのは定番だろうが、おかゆを好まない私
にとっては、やわらかく煮込んだうどんが一番の栄養源だった。
元気な時は、ご飯にしても麺類にしても硬めが好みだが、
鍋やきうどんに限っては、三河屋風の濃い目のつゆで
くたくたになるほど煮込んだ熱々のうどんを 少しずつ
少しずつ食べて汗をかき、おなかも落ち着かせて元気を
取り戻していく。
ちなみにこの鍋やきうどんは、元気な時でも 真夏の暑い日でも
定期的に食べたくなる私の一人飯。

・くず湯
ひどくお腹をこわしたり、全く食欲がない日が続いた後に
回復の兆しが見えると、よく くず湯を食べさせられた。
今なら 吉野葛の葛粉を使い、抹茶や生姜・フルーツ風味など
和のスイーツとして色々な物が売られているが、
小さな頃のそれはただ片栗粉と砂糖を少量の水で練り
そこに熱湯を注いで一気にかきまぜた重湯のようなくず湯
だった。まるで赤ちゃんの離乳食のような、頼りない(?)
薄い甘味は決して好物ではなかったが、間違いなく
病の身体を癒してくれた。

・生姜ごはん
これはどちらかというと病気、というより夏バテした時のように
元気ではあるけれど 何だか食欲がない…という時のもの。
すりおろした生姜にお醤油をまぜて炊きたてのご飯に
のせるだけ。そのうえに かつおぶしと刻みのりをかけて食べる
というインスタント癒し飯であり、これも誰もいない時の
一人飯。
生姜好きな方なら是非お試しあれ。

まだまだ あれもこれもあるなぁと 書き進むうちに次々と
心に浮かんでくる。
おそらくは誰にでもあるであろう、その人なりの癒し飯。
身体も心も元気が何よりだけど、思いがけず弱ってしまう時は
どうしたってある。
通常の食は、元気を維持し 作っていくもの。
"癒し飯”は元気を取り戻すお手伝いをしてくれるもの。

夏空が秋空にかわり、長く寒い季節に向かっていく。
ひきたくない風邪も そろそろひくかもしれない。
だとしたら、寝込むほど悪化させないためにも 今一度
"癒し飯”の材料の在庫をチェックしておくことにしよう。
久しぶりに くず湯でも食べてみようかな?

_20180919_135625

画:ヂュンコゲイブリエル

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


9月17日は敬老の日。
あっしは2月29日を除いて、365日間、敬老していますが 
この日は2回目となった富士吉田市での公演でありました。
会場は今回も富士吉田市民会館。
IMG_0862


面白いことに、前回の公演にもお越しいただいたお客様と
初めて歌旅座を観に来てくれたお客様が、ほぼ半数ずつ。
しかも、JUNCOの親戚ご家族や来月の公演主催者の方も
足を運んでくれました。
IMG_0858


なかでも、歌旅座が九州でコンサートする際には
必ずといってよいほどご来場いただく宮崎県のHさんが、
(Hさんはイニシャルですよ。趣味や性格のことではありませんよ)
富士吉田に現れたのにはうれしい驚き。


そんなお客様をお迎えして、
『敬老の日記念特別公演〈北海道は元気です〉昭和のうたコンサート』
大いに盛り上がったのでした。


本番中にも申し上げましたが、
北海道はステキな季節が到来しています。
ぜひお越しください。
道内各地の行楽地、ぶっちゃけ空いています。
なので良いチャンスですよ。


歌旅座も今回、富士吉田と流山からいただいた
「元気」を土産に北海道へ帰ることができました。
IMG_6692



最後に、富士吉田名物「吉田うどん」の写真を。
硬い麺、だけど旨い。
この日、歌旅座メンバーがステージに立てたのは、
会場入り前に食した吉田うどんのおかげであります。
IMG_0846



おまけ。
ホールのロビーから一望できる
富士山の写真をご覧ください。
とはいっても、ずっと雲の後ろに御隠れになっていたので、
歌旅座の舞台担当であるダル君に、富士山のお姿を
写真の上から描いてもらいました。
IMG_0856



それでは、ごきげんよう。





 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

何かを造ろうとしたとき、今まで自分が見てきたこと、
経験してきたこと、越えてきたことからしかアイディアは産まれない。
だから、いろんな人に出会って、本を読んで、挑戦して、
キレイなものも、汚いものも、見たくないものも真正面から受け止めて、
感じて、吸収して、取り入れなきゃならぬと思っている。

更に、せっかく造ったものも、届けたい人の心に届かないと意味がない。

何を?
誰のために?
どうやって?

そんなことを書き留めようと意識し始めた。
何か良いこと書いてあるかな?と
ペラペラページをめくってみるが、まだ何か産まれてくる気配はない…
IMG_20180917_222533
でも続けようと思う。
IMG_20180917_223946
Byアリタさん
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

秋の関東ツアー第1弾9月、千葉県流山市にやってきました。
ここ流山は吉田後援会長が社会人として教員スタートをした場所。
昨年に続き、会長の当時の教え子さん達が中心に実行委員会を結成。
市内、近隣の関係団体などと連携し2年連続公演を実現していただいた。
吉田会長は今年も駆けつけてくれ、後部座席に発見!
1537081960836

今年はオープニングアクトにゲストが登場。
そのゲストとは昨年日野市公演でも共演した、成蹊大学ギターソサエティ。
1537081957688
歌旅座の照明を担当していたリンタロウが部長&指揮者を担う
15名のクラシックギター・アンサンブルチームだ。
1537081965141
成蹊大メンバーは昨年参加してない新人の皆さんも加わり、
新鮮で心地の良い演奏に会場からの暖かい拍手で幕が開いた。
歌旅座のオリジナル曲「ハルニレの詩」演奏は北海道出身の方からの
アンケートでも「北海道を思い出し涙がでそうになった」とのコメントも。
こういう形で表現、披露することをギターソサエティの活動のひとつの刺激と
なってくれれば歌旅座も嬉しい限り。

コンサート前、先日の北海道の地震を心配する声も多く頂いた。
その声のお返しとばかりに「我々は元気です。そして元気を届けます。」
と、敢えて北海道の曲を取り入れた「昭和のうたコンサート・特別編」を披露。
歌旅座の作詞を手掛ける北埜うさぎも朗読で参加するため、北海道から急遽来襲。
JUNCO・ナリコとの「重ね日」のコラボは会場に深く伝わっていてくれたのでは。
1537081953594
後半はJUNCOの演歌レパートリーや昭和のうたメドレーで
クライマックスを。
なにより、会場の皆さんがじっくりと受けとめてくれるのがわかる拍手の「圧」を
ビシビシ感じることが出来た。

吉田会長の「縁」がすっかり歌旅座の「縁」として繋いで頂いた流山公演。
今年も盛況で迎えられ終えることができました。

ご来場の皆さん、実行委員会関係者の皆さん、成蹊大ギターソサエティの皆んな、
ありがとうございました!
1537081949398
来年もそしてこれからも
またお会い出来ることを楽しみにしております!




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

千葉の小学校に通っていた頃、授業中に地震が来たことがあります。
結構な揺れで、防災頭巾を被り校庭に避難。
怖かったはずですが、遊び終えて家に帰った時には忘れてしまっていて、
自分の部屋の本が棚から崩れ落ちているのを見て、
「誰がやったの~??」
「地震があったでしょ!」(母)
というやりとりを今でも覚えています。

この時の揺れが知らず知らず私の基準になっているようで、
札幌でたまにある地震には冷静な方でしたが、この度はさすがに、はっとしました。

日が出ているうちは「まぁなんとかなるか」と思えても、暗くなると、
普段よりもずっと静かな夜のせいで、思いの外、余震の度に心細く、
落ち着かない数日間でした。

今年は地震だけでなく、各地で台風の被害も大きく、
被災された皆様にお見舞い申し上げるとともに、太郎さんのブログの通り、
歌旅座も皆でがんばりたいと思います!

15日からスタートの関東ツアー。
私は音楽教室の仕事のため当日移動だったのですが、メンバーは前日に出発しており、
そのタイムスケジュールには夕方から“我孫子探索”。
探索とは、ぷらぷら飲み屋さんを探す、ということです。
Bossは“パトロール”と呼んでいます。

このブログを書いている真っ最中、おいしそうな焼き鳥の写真がLINEに送られてきました。
飲み過ぎ注意。(わたしも!)

IMG_20180914_193604

夏のある日の乾杯。ヒューガルデンというビール。
ロゼは私にはちょっと甘かったけれど、ノーマルなものはおいしかったです。
これから熱燗の季節が少しずつ、近づいてきますね。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.