北海道歌旅座コンサートスケジュール


私が生まれたのは1977年。その年ヒットした曲の中に
中島みゆきさんの『わかれうた』がある。
(カップリング曲は「ホームにて」)
20190717_113515

他にも桃色女子(ピンクレディー)や沢田研二さん等、
魅力的な歌手が沢山いた中から、『中島みゆきが気になる』
までそんな時間はかからなかったように思います。
生まれたばかりの赤ちゃんが、さすがに当時の歌声を
記憶しているとも思えないんですが、ある程度大きくなって
あの語るような歌い回し、やりきれない中にシュっと通る
筋のようなもの、北の大地を思わせる曲の構成、
白シャツ、なにに狙いを定めているのか気になる眼差し、
意外と軽快にしゃべるラジオ…。
どういう訳か、身体にスゥ~っと入ってきた。
道に倒れて誰かの名を呼び続けるほどの悲しみを
体験したくなってしまったのかな…。
幸せの後ろをついてくる別れに怯えながらも。



※不思議な二人の会話です。歌声と話し声がこんなに違う人
 いるだろうか…。

その頃父さんは、プレスリーが亡くなったことにショックを
受け、家の珠のれんを見る度に衣装を思い出し泣いていた
(ハズ) 母さんはジュリーの色気に夢中でいつかハグして
もらいたいとマヂで思っていた(ハズ)
30歳の父と母。若いなぁ~。
世界では、ピストルズにシドビシャスが加入し、ぶっ飛んだ
「マイウェイ」を歌ったりなんかして。
(このヴァージョン意外と好きでした)

全国各地で歌っていると、『北海道らしい歌声だね~』と
言われることがあります。すごく嬉しいお言葉。
もちろん北の大地が育ててくれたボディが鳴っているという
のもあるけれど、影響を受けてそう仕上がってきた部分も
あります。
旅を始めた当初、『歌は語れ、語りは歌え』とBOSSに
言われたことを思い出す。
昔、五・七・五で歌詞を書いていた人も沢山いたけれど、
それはもちろん歌いやすいんだけど、でも人の心を歌う
には時として、小節や音符からはみ出しちゃうような表現
も必要だったりする。はみ出し万歳。
吉田拓郎さんの『春だったね』も、その「はみ出し感」を
楽しませてくれる一曲。最後の最後で『春だったんだね』
とたたみかけてくる感じ。くぅ~シビレるぅ~。
語るような歌は、これからも私のテーマです。



色んな昭和の歌達と向き合うようになって、その曲の
チャームポイントのようなものを探すのが楽しくなって
います。
歌旅座のフィルターを通すと、どんなミラクルが起こせる
だろう…そんなことを思いながら、今日明日とやる
『フォークソングの広場』、盛り上げてみたいと思います。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

7月の3連休はどのように過ごしましたか?
きっと「海の日」ですから、海水浴に出かけた方もいらっしゃいますね。
私たちは北に車を走らせ、2連続公演。

1日目は深川市。
年間10本以上の音楽コンサートや寄席を深川、滝川で開催している

アートステージ空知の皆さんに呼んでいただきました。。
良い音楽を多くの方に聴いてほしいと精力的に活動しています。
今回の深川公演は一座の公演を観てくれたという方々の声によって
実現されました。有難いですね。
JUNCO&NARIKOのコンサートでしたが、私もちょっとだけ参加。
1563240329320
会場とステージが一体となった温かいコンサート。
ご来場者の方々も主催者のみなさんも喜んでくれました。
P7130256 (2)

2日目の秩父別は、恒例の「バラの音楽祭」に参加してきました。
毎年「ローズガーデン秩父別」で開催される催しで、地元の中学校の
吹奏楽部、町内外で活躍する音楽家やバンドの方たちが集まり
思い思いのステージを披露しました。

町内で結成した実行委員会のみなさんです。
会場設営から、運営まで全て皆さんで力で創り上げます。
「10回続いたら良いな」
実行委員会を立ち上げた山本さん(写真・1列目左)が当初話していたそうです。
IMG_20190716_174223
そのコンサートも今年で8回目を迎えました。
私も一座に入って以来毎年参加していますが、みなさんともすっかり
顔なじみになりました。
回を重ねるた度に増えていくお客さんの数、どんどん早くなる仕込みと
撤収は
私たちのコンサートと重なります。

来る人がいないと成立しない様々な企画。
しかし、まずやろうという「想い」がないとなにも始まらない。
良い音楽をたくさんの人に届けたい。
音楽を通じて町を盛り上げたい。
全国すべてのまちに元気を届けたい。
「想い」なしでは出会わなかったであろうみなさんとのご縁
これからも大事にしていきたいと感じる時間でした。

1563202265133

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

いつも北海道歌旅座・公式ブログをご覧いただき、
誠にありがとうございます。 

本ブログは2012年7月に開設して以来、
この記事を含めればこれまでに1700本を投稿、
多くの皆様にご笑覧いただいております。

おもな記事の執筆者は歌旅座メンバーに加えて座付作詞家の北埜うさぎ、
私たちのホームステージ・円山夜想の店長、本間ケンジなどです。


そしてこの度、公式ブログが、ほんのちょっと変わります
記事掲載が3日に1回になります。
次回投稿は7月17日(水)、その次は20日(土)......というタイミングです。

これによって、それぞれの公演レポートや個人のエッセイは、
より深みが増した記事内容をお届けできるはずです。きっと。

なお、最近はアクセスが増えている歌旅座Facebookは、
最新情報や旅先からのトピックス発信を増やして
これまで以上の充実を図ってまいります。


今後も北海道歌旅座の公式ブログとFacebook、
どうぞよろしくお願い申し上げます!

BlogTools


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

この旅が始まって以来の超ロングツアーから戻り、
メンバー各々どこが痛いだのなんかダルいだの
太っただのなんだのと独り言ばかり呟く始末。
一足早く札幌に戻っていたNARIKOの元気な声が
栄養ドリンクのように沁みてくる。

私達のように年がら年中旅をするサーカスや、
温泉宿なんかで今もやってる家族歌舞伎とか、
もはやどこが家か分からない暮らししている人も
いるけれど、少し違うとすれば、一か月間同じ場所
にステージを構えている訳じゃなく、毎日毎日
街も環境も人も食事も気温も変わっていく旅芸人は
なかなかいないんじゃないかと思います。

_20190712_115155
(旅芸人、終演直後も居酒屋の予約に忙しい。の図)

先日、羽幌町のTさんから2009年の羽幌公演のDVDが
送られてきた。恐る恐るスタートさせてみる。
そこには、旅が始まったばかりの初々しい姿が。
まだステージマンとして形が定まってない感じ。
大先輩のCHEEPさんの懐で、もちゃもちゃと弟子達が
奮闘してる、という感じ。その時は精一杯やってた
んですけどね~。ダメ出ししたい部分が山程あります。
その中でも目をひいたのが、AREE。
リズムを取る姿もどこかおぼつかない。
今じゃどうです?ギターは肩を入れて弾き、時には
着流し着て提灯持ってセンターで渋く歌ったり。
あの時には持っていなかった『なにか』を、この旅
の中で掴んだということだ。
それは、メンバー全員に言えること。
もちろん、まだまだ出来ることはたくさんありますが。

留まっていたら分からなかったことを、旅は
教えてくれる。
1562899542779
(こんな看板があることだって。@湯野上温泉付近)

経験が表現を表情を豊かにしてくれる。
間違いないっす。だからこそ、経験する時は真剣に。
とは言え、うさぎさんじゃないけれど気持ちとは裏腹に
身体は少しずつ歳を取ってきている。
無理をしがちなこの商売、うまく付き合っていかなと
見つめなおしているところ。サプリもドリンクも
限りがありますから。
旅中の田舎道は、気持ちも身体もクリアにしてくれる。
自然に助けられてるなと感じます。

1562899549748

自然と共に、人と共に、生きていこう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

母が着物の整理を始めました。
亡くなった祖母のもの、母の若い頃のもの、そして父のものもあり、
私達世代がひょっとして着る機会がありそうなものは残すということで、
兄弟3人、時間のある時に目を通すように言われています。
2019-07-10-16-08-22

母が結納の時に着たという淡い色合いの着物は、コンサートドレスに仕立て直して
使えるかもしれないなと想像したり、凛とした久留米絣の着物は、
その時の気分に合う色の帯を選んで、いつかきっと着てみたい。
こんなに長く残しておけるなんて、いいものだなと思う。
全て同じ手順で畳まれ整然と収納されている様子も、眺めていて気持ち良い。
今、着物を着て出かける機会は全くないけれど、「今日は着物」という日がある暮らしに
憧れます。

過去最長の旅を終えた歌旅座メンバー。私は全行程を一緒に過ごすことができず先に札幌に戻っていたので、みんなで集合する屋上ジンギスカンを楽しみにしていました。

最高のお天気。すぐぬるくなるビールも、するするとのどを流れていきます。
「羊は食べたそばから消化されると100年前から証明されている。
50年前に出版された本にもそう書いてある。」とのボスの言葉を信じて、
とっても美味しくいただきました。
みんなで囲む食事は本当にいいですね。長旅、おつかれさまでした!
DSC_1191

50年前の本といえば、最近母が生まれた頃に書かれた小説を読んでいて、
その中に出てくる女性の身支度が面白い。

「男の人に会う前に、少量の冷酒をあおる。うっすらと酔うと眼がうるんで、
どんな化粧品よりも効果がある。」というくだりがある雑誌で紹介されていて、
なんとなく手にしたのですが、
物の少ない時代に頭を使って美しく過ごす術、良い好みを持つ姿勢など、
本題とは別のところにちりばめられている当時の細々とした場面が興味深い。

前述の冷酒。
少し飲んだくらいでは変わらない私には、残念ながら効きそうにないですが…。

北海道も暑くなりますね!夏は道内ツアー、各地でお待ちしております。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.