北海道歌旅座コンサートスケジュール
昭和ノスタルジア・デラックス


こんにちは!チエです!
昨日から北海道歌旅座九州ツアーが始まりましたよー!JUNCO&NARIKOはひとまず先に福岡県久留米市でのビストロときつさんで、歌を届けて参りました!
本日は熊本県荒尾市で「昭和ノスタルジア」です!

実はその1日前からもうひとつの九州ツアーが始まっていました。
その名も「北海道歌旅座 九州 種まき作戦!!」(勝手に私が名付けています)
せっかく九州まで行きますからね〜。
公演だけじゃなくて、他の町にも直接行って営業しようじゃないか!ってことで、司会太郎とケン、アリタとチエの二手に別れて九州を回ることにしたんです。

タロケンペアは、福岡県、佐賀県、大分県、長崎県を担当。
アリチエは宮崎県、熊本県、鹿児島県を担当。
よーし!九州制覇だ!と気合い十分のわたくしでしたが、前日まさかの免許証紛失…バカバカ(涙)
しかし、助手席に座れたおかげで、こんな景色や
こ〜んな景色をゆっくり眺めさせていただきましたー!!(有田さん、ごめんなさい)

日本全国に直接届けたい北海道歌旅座の感動。
営業も同じですね。写真や動画、電話だけじゃ伝わらない私達の思いを伝えてきました。
またまた近い将来に九州ツアーが実現することでしょう!!!

九州にお住まいの皆様、待っていてくださいね!!!!


というわけで、まずは本日の公演行ってまいります!
荒尾総合文化センターの近くにお住まいの方はぜひぜひ足をお運びください。
あぁ!!もう少しで始まってしまう!

場所  荒尾総合文化センター
         荒尾4186-19
開場  18:00
開演  18:30
チケット  2000円

待ってますっ!!!

歌旅座が初めて訪れた街、黒松内町。
黒松内町はブナの木が自生する北限地。スーパーなどでよく見かける
『水彩の森』も黒松内の美味しい水です。
後志随一の酪農王国としても知られていますが、いいなぁ〜と感じたのは
やはり 人でした。

歌旅座一同が到着するなり、実行委員のおひと方がパンパン!と手を叩き
「集合!!」と呼びかけると、歌旅座スタッフ6名とその3倍はいるであろう実行委員の方々が
ずらりと並び、試合前の挨拶のように「よろしくお願いしますっ!!」と一礼。(最終的には30名弱もっ。)
公演前からエネルギーがみなぎっていました。
お昼には 山盛りのおにぎりと 手作りの豚汁。
野菜不足の一座の胃に やさしく沁み込んできます。
『こんにゃくのようにしなやかに、豚肉のように力強く
ごぼうのように土臭いステージ!!』
さぁ 『はじめまして』のあいさつ変わりのステージが始まります。
 


公演中、客席からの笑い声、拍手、手拍子がまっすぐステージに
響いてきます。
飾ることなく 装うことなく 真っ直ぐに受け止めてくれる街の
みなさんの人柄が伝わってきます。  


IMG_9849

めんこい前髪の女の子も 瞳を輝かせ、お母さんも嬉しそうっ

IMG_9875

どんな日だったかは 懇親会のこの写真が物語ってますね。
誰かのために 輪になってひとつのものを創りだす。
ということが 黒松内町の素敵な『伝承』なのかもしれません。

きっかけを作ってくれた 今田さん(中央女性)は
公演をやろうと決めた時から 
『若い人達に 自分達で創り上げる ということを
楽しんでやって欲しいんです。』と言っていました。

カラオケで 全力でエンターティメントしてる皆さんの姿は
圧倒的に 『人を想うステージ』でした。
私達も負けちゃぁ~いられませんね。

再会を誓いあい、手を振る景色・・。
また、必ず 元気で会いましょうねっ!
繋げてくれた皆さん、繋がってくれたみなさん
ありがとうございましたっ!!


こんにちは!千絵です!
今回、私の故郷 美深町 で公演が決まりました!
会場は6年ぶりの「COM100 文化ホール」でございます。

当日はホールにて物産展も企画しています。

美深町観光協会  しらかば樹液のコーヒー
「きた牛舎」      チーズ
「よつばのパポ」   お餅・おこわ

美深町の特産物が盛りだくさんです!
開場は14:30となっていますが、14:00より販売開始していますので、ぜひぜひお早めに
お越しください!!

150411showa_bifuka_A4
公演日時   2015年4月11日(土) 物産展14:00~  開場14:30~  開演15:00~
入場料     1,000円
会  場    美深町文化会館 COM100 文化ホール
チケット取扱 文化会館COM100窓口  美深印刷㈲  いけの  大丸佐藤商店  
         美深町観光協会駅・窓口  美深温泉  TSUTAYA名寄店
問合せ     070-5463-6776 北海道歌旅座

※美深町でお配りしているチラシに誤りがありました。
協賛=美深町教育委員会 美深町文化協会 きた牛舎 よつばのパポ 
と記載しましたが、「後援」の誤りです。訂正してお詫びいたします。
 

えりも町での激しい思い出を胸と胃に刻み、
翌日3月15日 一座は大樹町へ。
地元の方達が一緒になって創り上げてきた音楽イベント
『サンタクロースのロック大作戦!vol.20』に
初めてのゲストとして JUNCOが呼ばれたのである。

舞台はまさに TV画面を切りとったようっ!
きらびやかな照明、音響、尋常じゃない数のスタッフ。。
まさに 『参加者全員で』創りあげているのが伝わってきます。
全14組に及ぶミュージシャン達が
吠えるっ!叩くっ!弾きまくるっ!奏でるっ!
その中 JUNCOも吠えるっ!

IMG_9768

はじめましてのあいさつは やはり
『テネシーワルツ』。
広い広いホールに スタンウェイのキラキラしたピアノの音色と
JUNCOの声が どこまでも響いていきます。

JUNCOは言います。
『ロックはメッセージだ。』と。
ここで、余市 中村小太郎さんのメッセージソング
『涙を汗に』を チエ・ケンを呼び込み披露しました。
人生の大先輩から放たれるメッセージは きっと
世代を越えて 皆さんの心に届いたのではないでしょうか。

IMG_9773

20年。。スゴイですね。。
音楽を愛する人達が ひとつのものを一緒に創り上げるチカラ。
続けていくエネルギー。

これからも 30回、40回、100回と歴史を刻み、
街の人達にドキドキや感動をたっくさん届けていって欲しいなと
思います。
我々歌旅座も 負けちゃぁいられませんね。

今回 声をかけてくださった板垣さんは
色んな公演地に足を運んでくれています。
(公演後には 黙々とケーブルを巻いてくれたこともあります。)
色んな形で応援してくれる『気持ち』に
今一度 
ありがとうございますっ!!

そして 板垣さんに頂いた極上の日本酒は
JUNCOの細胞へと吸収されていきました。(またかっ。)








わたくし 新参物語 案内人の
吉田のジュンコでございます。

IMG_9730

一座の新演目である新参物語は 先月2月26日にファイナルを迎えた・・のですが
やはり 二人の顔見せ興行であるにも関わらず
我らの熱き応援団のいるえりもに行かずしてファイナルだぁなんて ね~ぇっ。
やってまいりました。えりも町。
いつも 1メートル先にいる人の言葉もかき消されるほどの豪風で有名なえりも
ですが この日は最高の天気に恵まれ 我々の歌もより遠くまで響かせることが
出来ました。(屋内ですが。)
2年ぶりの法光寺さんでのコンサート。 
ステージからは 懐かしい顔が沢山見えました。
元気に再会出来る嬉しさなんたるや です。

コヤツも嬉しさが顔ににじみ出ていました。ホラ。

IMG_9731

えりもの皆さんも この衝撃を 靴の裏についたガムのように
引きずってゆくでしょう。

公演終了後、住職に
『JUNCOさん、イイ感じで力が抜けてきましたねぇ~』と言われました。
私がガチガチに力が入っていては ステージ上で二人を包めない
という想いがあります。
かつて CHEEPさんがそうであったように
経験や技術、愛情を持って これからもステージに立っていたいなと
思います。そして 激しさも忘れず。やんちゃ心も忘れず。

その日の夜は まるで竜宮城。名前改め 竜宮こんぶ小屋。
『えりもでピッザぁ~とかカルパッチョぉ~とかぁ なんか違うと思うんっすよぉ~っ
えりもだからっていう なんかこう ・・・なんかこう~・・』というワガママな願いに
チームえりものみんなは 最っっ高に素敵な宴の席を用意してくれました。
肉をジュワ~っ ホッキがパッカっ ナメタガレイがジリジリジリっ
チャンチャン焼きがジュワジュワジュワ~っ
一体何本の空き瓶が転がったことか・・・。
呑めや歌えや踊れやの大宴会。

翌朝 一座面々 かなり老け込んでました。
竜宮城に行くにはやはり これくらいキマすよね。
えりもの心のギフト 受け取っちゃいました。
また老け込みに行きます。

何度でも 何度でも 最高の乾杯をしていきたい歌旅座です。

14 乾杯

初めて出会った あの えりも目黒小中学校から6年。
あれから 私達 沢山のあったかいもの頂きました。
また 震えるようなステージ、みんなで届けにいきますね!
変わらぬ愛情をありがとうございます!!


 

 

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.