北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


おはようございます。チエです。
藤井寺市といえば、かつて大阪近鉄バッファローズの本拠地だった
藤井寺球場がある場所として有名でした。昭和3年に建てられた後は、
プロ野球の公式戦はもちろんアマチュア野球や高校野球でも
多くのプレイヤーが汗を流して来た歴史ある場所だったそうです。
平成16年の秋に、近鉄球団とオリックス球団の合併があり
オリックスバッファロー
が誕生。
残念ながら大阪近鉄バファローズというチームはなくなり、
球場は
2006年に解体され姿を消してしまいました。
しかし、たくさんの人の心の中にこの場所の思い出は残っているはず。

さて、関西公演最終日の公演。
昨日の歌旅座ピンチ!ブログをご覧いただいた方はご存じのとおり
一座に風邪が蔓延しておりました。
全員がマスクを身につけ半分以上は他人に移すまい、
残りは
自分に移るまいと必死に予防。
元気だったのは、ダル君、司会太郎さんとBOSSの3人だけでした。
俺は大丈夫と自負していた有田さんでしたが、熱を計るとまさかの微熱…。
今までにない最悪のコンディション…。
しかしながら、ここは道産子の底力を発揮。
なんとか最終のステージも無事終えることができたのでした。
客席のみなさんの思い出を掘り起こすことが出来たのでは。
次回は最高のコンディションで、またきっとおじゃまします。
ご来場ありがとうございました。
関西ツアーを終え、一時北海道に帰ってきましたがすぐに九州公演が待っています。
しっかり休んで、元気に出発してきます !
IMG_5433

近畿地方の気温にも慣れてきた頃、ツアーも終盤へ。
1月18日、滋賀県の守山市民センターへやってきました。 ダルです。

2年振り「ただいま」の2回目の公演実現でしたが、
初めましてのお客様にも沢山ご来場頂きました。

しかしコンサートが始まれば客席の歌声がどんどん増えていき、
急遽2部には久々にふるさとをお客様と一緒に歌う事に。
勢いがついたその後の歌声喫茶アワーではほとんどの曲が合唱になっていました。

本州の公演で思う事が多いのですが、
とても自然な盛り上がりで、いい意味でお客様が周りを気にせず楽しんでいるよう。
歌ったり、笑ったり、手を叩いたり…
本当に一緒にコンサートを作っているような一体感を凄く感じさせてもらっています。

IMG_5420

そんな盛り上がった公演の裏側では…
この旅で歌旅座中に風邪が蔓延してしまい、とうとうメインのJUNCO、
Narikoさんまでもがこの日は高熱を発症。


他にも千絵、オガさんがグロッキー状態でありましたが、
なんとかみんな本番を乗り切ったが楽屋に戻り帰る頃には目は虚ろ。

静かになった会場にゲホッゲホと響かせなが撤収する千絵。
目をウルウルさせながら機材を運ぶオガさん。
なんやかんやで全てが終わり会場を後に。

一足先に帰る為、完璧にやられて老け込んだNarikoさんを見送り、
そしてその足で病院へ直行しました。

旅をしていれば風邪もひく。
しかし、翌日の藤井寺市公演あり、一度札幌へ戻り九州公演もある。


何があろうとも旅は続くのである…
IMG_0097




ツアーも後半に差し掛かり、ここ数日続いていた厳しい寒さもひと段落。
この日はしとしと降る雨の中、岐阜県・多治見市へやって参りました。
 
多治見市文化会館のネーミングライツ導入により
東海、甲信越、北陸、近畿に230以上の店舗を持つ
食品専門スーパー「スーパーマーケット・バロー」の
名前が冠しているホールで、年間通し、
様々なジャンルの事業が開催されております。
 
IMG_6775
 
北海道歌旅座の公演は2015年12月以来約2年ぶりです。
開演前は、この通りの長蛇の列。
2年前の公演依頼、再公演を楽しみに待っていてくださった方々も
多かったようで、前回の倍以上のお客様にご来場いただきました。
 
IMG_6776
ご来場いただいた多治見市の皆様、バロー文化ホールの皆様、
ありがとうございました!
3度目の再会、楽しみにしています!

みなさん元気にお過ごしですか。チエです。
関西ツアーもあっという間に5日目を迎えました。
寒くて雪深い北海道を離れ、こちらの暖かい空気に触れていると
今が1月ということを忘れてしまいます。

この日訪れた城陽市はこれまで京都でコンサートを開催してきた京田辺市、八幡市、精華町,
大山崎から近いところにあります。
この日会場となった文化パルク城陽はたくさんの人で埋め尽くされました。
もう一度観に来てくれた方はもちろんですが、友達から「行ってごらん」と勧められ
観に来てくれた方もたくさんいました。
こうして少しずつ輪が広がっていくのも嬉しいことです。
来月は近くの木津川市でのコンサート。どんな出会いや再会が待っているのでしょう。
とても楽しみです。
ご来場いただいたみなさんありがとうございました。
IMG_5390
「また帰ってきてください。」担当の方からかけられた嬉しい言葉。
こうして繋がっていく縁を大切にしていきたいと思います。
26733957_1589821331132940_6183718453519680975_n

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


北海道歌旅座、2018年最初のコンサートツアー。
1月15日奈良県五條市。はじめての街。
全国でも有数の柿の生産地なのだそうですよ。
収穫は秋、今回は食べられませんでしたが我慢しました。

我慢したといえば。
こちらのエリア、けっこう寒いですよ。

「なに云ってんの、北海道の人はこんな寒さなんて軽いでしょ」
なんて思うのでしょ。道外のみなさんは。
実を申しますとね、北海道の人間も寒いのはキライです。
だからここに、「北海道人寒冷気温嫌悪宣言」を表明します。

寒いところに住んでいるのは、たまたまです。
許されるなら、外出したくありません。
自宅を含む建物内なんて、各種発熱機器や防寒構造のおかげで亜熱帯気温です。
北海道は冬場にもアイスクリームが売れるというのは本当です。
家に居るとなにしろ暑いのですから。

今回の五條市市民会館、搬入時から寒かったのであります。
手足の指先は寒さでしびれます。
これで思い出すのが、
北海道夕張市出身の歌手・大橋純子さん
「たそがれマイ・ラブ」の一節、

しびれた指 すべり落ちた
珈琲カップ 砕け散って


私たちの場合は、

しびれた指 すべり落ちた
電源タップ むだ毛剃って


まあ、韻を踏むことにこだわり過ぎて意味不明瞭かつ、
小学生の替え歌エッセンスを含んだ箇所もありますが、
だいたいそんな現象となるほどに寒かったのであります。

それでも舞台は整い、コンサートの幕は上がったのです。
IMG_5380_z

北海道石狩市(旧浜益村)に生を受け、
恵庭市で健やかに育ったJUNCOを筆頭に
歌って演奏する歌旅座メンバー。
ホントは実演中も寒かったのでした。
お客様も我慢してお聴きいただき、
ありがとうございます。


最後に、1枚の写真。
IMG_5376_z
歌旅座スタッフ、ダルの珈琲カップです。
プラスティック製だから砕け散りませんので安全です。

垂れている紐は、夜店のクジ引きを再現したのではありません。
紅茶、ティーバッグの紐ですね。
温かい飲み物が必要な1日でした。


今回はこんなところです。
ごきげんよう。



 

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.