北海道歌旅座コンサートスケジュール


ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

5月24日。昨日のことでありますが、
北海道歌旅座のヴァイオリン奏者、高杉奈梨子の誕生日でした。
具体的な年齢は、例によって機密扱いとなっております。

「歌旅座メンバーでお祝いをしよう」
「お誕生会ってヤツだね」
「マルヤマノクターンで、ブワーッってやる?」
「でも、これまでとはちょっと違うスタイルがいいな」
「タキシードとイブニングドレスでお祝いします?」
「服装のスタイル、という意味ではないんだ、チエよ」

5月20日、ナリコにこっそりと計画を立てて、パーチー会場に決まったのが、
司会太郎の邸宅。はい、あっしの家。
地上6階建ての威容を誇るマンションの1室。

もちろん、快諾しましたとも。
その上、秘伝レシピを用いたお手製カレーライスまで振る舞うことになったのです。

承諾するほんの直前、司会太郎の白濁色の脳細胞が計算をはじめました。
3月に引越した家なのですが、いまだ段ボールが積まれていたり、
拭き掃除が必要な調度品などが残されているのです。
脳内の細胞たち曰く、
「この機会に、メンバーに掃除を手伝ってもらうのはイケてるアイディアではないか」
「しかし、それはゲストがやることじゃないべさ。プライベートを晒しちまうし」
「いまさらプライベートでもないじゃん。カレーも作るから時間もないじゃん」
「ついでに300枚に及ぶ音楽CDライブラリーをアルファベット順に並べてもらっチャオ」
「グループ名に付く[The]は、[T]に並べないことをちゃんと言わないとマズいぞ」
「ああ。チ◯とケ◯だったら、やりそうじゃ。いけねえ、いけねえ」

このとき、ワタクシの顔には、ずる賢い笑みが浮かんでいたかもしれません。





そして迎えたナリコの誕生日。
JUNCO北埜うさぎ、総務担当のベーイソに邸宅のカギを預け、
家主不在のまま、準備をしてもらいました。
プライベートを丸出し過ぎていないかと、オフィスにいたワタクシは不安の絶頂。

それぞれの仕事があるため、開始時間は22時。
1時間前に到着したワタクシは部屋を恐る恐る見渡して、
「やったぜ。掃除機もかけてくれた」
うさぎさんのローストビーフやサラダなどの持ち込みや、
ベーイソのケンタッキーフライドチキンやケーキも用意され、
「これまた、やったぜ。カレーが不味くても逃げ道がある」
JUNCOも洗濯物(洗濯済みです)の山を隠蔽してくれて、
「これだけは自分で処理しておくべきだった」

いずれにしても、すでにアルコール数杯を口内処理していた
先行組のステキな仕事を賞賛したのでした。



玄関の呼び鈴が鳴りました。
主賓、ナリコの登場。
暗転、ロウソク、ケーキ、紙吹雪。
これぞ、ザ・誕生会。

秘伝のカレーライスも思いのほか好評。
誕生会にカレーがあってもいいじゃないか。

その後、出張帰りで空港から直入りしたオガチエが合流。
残念ながらBOSSはタイ王国で仕事中のため参加は叶いませんでしたが、
見事なバースデーパーチーと相成りました。




みんなが帰り、独りになった司会太郎。
余韻に浸りながら、和室の中央で座ったまま、
即身仏のごとく瞑想睡眠に入りました。


翌朝。
とても残念なことに気づきました。
「CDライブラリー、整理してもらうの忘れた」




それでは、ダル君の撮影による当夜の模様を写真でドーゾ↓

160524xx
うさぎさんの手料理の数々に、司会太郎カレーライス、KFCなどなど。
他に何が必要だと言うのだ、キミは。



160524xxxx
チョコレートベースのバースデーケーキを持つナリコ。
↑カタカナが多い説明文。
なお、「説明文」は「キャプション」とも言う。


160524xxx
「ナリコ、ローソクを吹き消すの儀」。
こうしてローソクはその短い役割を終える。
ケーキを食べるには、すげえ邪魔だ。



160524x
賑やかな会場。
司会太郎の表情は、決してヤケクソになっているのではない。
こんな顔でも楽しいのだよ。




 

それでは、ごきげんよう。


 

約2週間のツアーを終え、昨日札幌へ帰ってまいりました。
関西からロシア、そして東北と内容の濃いツアーでした。

19日 岩手県西和賀町での公演を終え、歌旅号は東北の営業へ。
宮城県から3日かけて青森県へと北上しました。
その結果はスケジュールにて発表していきますので、乞うご期待!!

営業の合間、その土地の食べ物を楽しむのも大切なお仕事、のはず。
そんなわけで、2日目に宿泊した岩手県盛岡市では、初めての わんこそば を喰らいました。

ルールはいたってシンプル。
目の前に9種類の薬味が並べられ、注がれた麺をひたすら食べていく。
時間は無制限なので、自分のペースで食べられます。
これ以上食べられないとなれば、お椀の蓋を閉めれば終了。

横にはピッタリ女性従業員の方が付き、
「どんどん! じゃんじゃん! がんばって!」
元気な声を1杯1杯かけられながら、麺を注いでいきます。

「な〜んだ、以外といけそう。」意気揚々とそんなことを漏らしていたダルでしたが、
50杯目(もりそば約4人前) を過ぎたあたりから様子が変です。
いくら薬味があるといっても、やはり同じそばを食べ続けるのは難儀。
少し顔を歪ませながら、食べ進めていきます。
2016-05-21-19-18-52
結果、106杯(もりそば約8人前)のわんこそばを平らげたダル。
一般男性の平均は50〜60杯らしいので、なかなかの健闘でした。
次回はもっと上を目指せればいいですね!!
image

最後に宿泊した青森市。
夜の散歩をしてみたのですが、どこか開放感のある街並み。
たしかに道路は北海道のように広いのだが、それだけではないような。。。
2016-05-22-22-14-11
そう。電線・電柱がないんですね!
いま日本でも少しずつ増えてきている取り組みです。
これだけでも、広々としていて綺麗な街に見えますよね。
そこに暮らす人たちはもちろん、外から訪れてくる人たちを喜ばせるのも大切です。

我々もステージを作り、お客様を喜ばせるために尽力する。
少なからず共通していることのような気がします。


そんなこんなで全ての行程を終え、青森県八戸港へ。
旅を続けるための旅、その足跡を確かに残して、次なる1歩へと繋げていく。
はやくしないと、せっかく残した足跡が消えてしまう。

急げ! 急げ!

2016-05-23-13-09-25








最近風貌がダル君に似てきたチエです。
みなさん、元気にお過ごしですか。

ただいま10月に控えている関東ツアーのスケジュールを埋めるため、
山梨県に来ています !
今回は東京、神奈川、山梨の三県を回ります。
明日は初の山梨営業を控えております。


実はまだひとつもスケジュールが埋まっておりません!
(おぉ〜ヤバイなぁ〜)
と内心ヒヤヒヤもしていますが、それと同時にこのギリギリの状況を
切り抜けた時のワクワク感を想像すると
明日も頑張るぞー!と気合が入ります。


元々出不精だった自分。
歌旅座に入る前、休みがあっても遠いところへは行きませんでした。
飛行機でどこかへ行くなんて、異国に行く気分。
まず空港のどこに行けば良いの!?
そこから始まるのだから。

今はデブだが出不精ではない。
少し車を走らせれば、どこへでも行ける。(居眠りは要注意)
JRで実家に帰るよりも、飛行機で東京に行く方が安い時もある。
(バニラ、ジエットスターは外せません)
沢山の旅で知りました。
 なんだ、簡単じゃないか。

新しい景色や人に出会うたびに思いました。
もっと早くから
やっておけばよかったぁ〜‼︎‼︎
この後悔の念を明日へのエネルギーえと替えています。



初めてJUNCO&CHEEPのコンサートを観たのは今から約7年前でした。
JUNCOさんの歌声に、心が揺れ、掴まれ、
CHEEPさんには一目惚れしちゃいました。
あのドキドキ感、ワクワク感、なんかわかんないけどよし!頑張ろうと思ったこと、元気になったこと
今でも忘れられません。

あの元気を、次はたくさんの人たちに届けることができたら
この上ない喜びでございます。

というわけで、残り2日間も張り切ってまいりますっ‼︎
 




【旅アルバム】
神奈川県藤沢市にて。
居酒屋のチェーン店が立ち並ぶ中、静かにたたずむ焼き鳥屋を見つけました。
その名は『一徳』。創業50年。
「美味しい!」と焼き鳥を頬張ると
「うまくなきゃ売れねぇよ」と粋な大将。
長年愛されるているのは味だけじゃなくきっと大将の人柄なんだろうなぁ。













帰国するとすっかり温かく、春ももう終わりかと錯覚してしまうほどになってきました。
船内生活で1回り大きくなったダルです。

 今回のツアーで初めてのパスポートも取り、初めての外国を経験させてもらいました。
 ウラジオストクに着岸した朝、起きるなり部屋のカーテンを開けた瞬間に
思わず叫んでしまいました。

「ウォー!外国だぁー!!」と。

小さい窓からはまさに異国情緒溢れる町並が広がっていました。
何の看板なのか読めないし解らないが、ただそれを見ただけても新鮮で
テレビや本でしか見た事のない景色を生で体感しているワクワク感でした。
IMG_0003
IMG_0004
写真を撮るのが下手であまり伝わらないかもしれませんが…
帰国した今思い出しても1番印象に残っている景色は
最初に見た窓越しの町並みです。

そして、街へ繰り出して行ったのですが…
歌旅座がただの観光なんてする訳がありません!
太郎さんのレポートにもありましたが、さらに深い思い出を作るべく
伸びに伸びていた髪を切りに地元の美容室へ行って来ました。

かなり緊張して最初に1人で入店、英語も通じないし自分も話せる訳もないが、
自分も解る 中学生英語なら解ってくれるかもと、世界共通語を信じて
「へあー かっと ぷりーず」
 手をチョキにして髪を切る仕草が通じたのか、言葉が通じたのかは不明だが
無事に散髪に成功しました。

その様子は先日の太郎さんの記事が紹介しています。
 
 途中、何かを聞かれているようだが解らなので完全お任せ。
出演していた時の髪型を思い出したり、いろいろな不安がよぎりましたが
美容師のお姉さんが、きっちりいい仕事をしてくれました。
最後にお姉さんと記念撮影!
IMG_0005
お会計を済ませ、唯一覚えたロシア語『スパシーバ(ありがとう)』と少し照れながら
伝え店を後にしました。


そんな非日常を体験してきた今回のツアー。
公演は全ておわりましたが、本日からは各地それぞれに公演提案の営業の旅へ出発しております。
関東には有田さんと、チエ。
東北の西側にはオガさん。
歌旅号も東北に残り、西側を回っております!
初めましての街の皆さんにも、非日常の感動とワクワクを
お届け出来るよう北海道歌旅座の輪を広げて帰りたいと思います。
IMG_0006
東北を邁進中の歌旅号より。

 

ツアー中の公演も最終日。
東北2つ目の町は、岩手県西和賀町を訪れました。
美しく広大な大自然。
忙しないニュースが飛び交う近頃ですが、そこだけ時間が止まっているような、
そんな気分にさせてくれる心地いい空間でした。
2016-05-19-13-51-47

文化創造館 銀河ホール
温泉や鉱山で有名な西和賀町を、古くから文化の面で支えてきた会館です。
2016-05-19-13-43-52
2016-05-19-14-17-53

芝居などを主に行う会館ということで、桟敷席が設けられています。
和の雰囲気が漂う、とても素敵な会場です。
2016-05-19-14-18-16

ステージ設営も大半を終えた頃、腹を空かせたメンバーたちは近くのお蕎麦屋さんへ。
2016-05-19-13-46-15
2016-05-19-13-56-45
最寄り駅である、ほっとゆだ駅の真向かいに位置する湯夢プラザ
ここのお蕎麦が絶品でした!!
これでもかというくらいコシのある平麺に、
歯ごたえ好きのメンバーは一斉に歓喜をあげました。

身も心も満たされ、いざ開演!!
IMG_7460
IMG_7468

このたびご来場くださった皆さん、ありがとうございました。
はじめましての我々を温かく迎えていただき、終始アットホームな雰囲気でした。
お世話になりました 佐々木 真さん をはじめとする、銀河ホールスタッフの皆さん、
本当にありがとうございました。
皆さんの、1つ1つの心遣いがとても有難かったです。
また次回もよろしくお願いします!!

2016-05-19-13-42-08








このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.