北海道歌旅座コンサートスケジュール


5月が始まりました。札幌では桜が咲いています。
ゴールデンウィーク真っ只中の方もいらっしゃるでしょうね。
みなさん、いかがお過ごしですか。ちえです。

4月28日、私達は 旭川市 に行ってまいりました。
旭川といえば歌旅座公演数 第2位 を記録する街でもあります。
公演数は今回も含め27回目 ! 
これだけの公演数を重ねると、なじみのお店もできました。
その名も「わらべや」というお蕎麦屋さん。
お店に入ると笑顔の素敵なお母さんと、娘さん、旦那様が出迎えてくれます。
圧倒的なコストパフォーマンスと、確かな味。大好きなお店のひとつです。
この日もしっかりと腹ごしらえさせていただきました!
2016-04-28-13-04-51
さて、会場となったのは こちらもおなじみ「木楽輪」
木のぬくもりと、100人ほど入るちょうど良いスペースがこれまたお気に入りです。

そして旭川公演で秘かに楽しみにしている時間。メイクタイム。
プロの業を間近でみていると、背筋がビッとなります。
2016-04-28-17-30-41
この日は、翌日からゴールデンウィークが始まるということで
特別プログラムでのステージをお届けしました。
司会には司会太郎が登場 !
東川町から写真家 飯塚 達央さんも駆けつけてくれました。
IMG_6994
さらにNARIKOも登場 ! 
これまであまり披露しなかった カバー曲や、新曲もお届けしました。
またどこかの公演で披露するのでお楽しみに!
IMG_6999
もちろんアジアの風もふかせてまいりました。
アンコールにはザ・サーモンズも登場し、これまでJUNCOとケン・チエで歌っていた
「涙を汗に」をフルメンバーで初披露。
自然に手拍子が起こり、会場が一体となりました。
IMG_7020
会場を後にするみなさんからの喜びの声と、笑顔にパワーをたくさんいただきました !
ご来場ありがとうございました。
IMG_7030
そしていつも旭川公演にたくさんの力を注いでいただいている
樋口さん、福田さんをはじめ、旭川のみなさん、またわくわくするステージを届けに参ります !
ありがとうございました !

皆様、北埜うさぎでおま。

歌旅座ライヴ会場で物販の目玉として
ご好評いただいている円山厨房特製カレー。 
おこがましい話ですが、このカレーの土台となったのは、
不肖ながら私の「うさぎカレー」でございます。 
maruchu_curry1


昔々、このカレーを舌も腹も肥えたスタッフにふるまったところ
たいそう気に入られて、 レストラン円山厨房というお店の定番メニューに、 
さらには、レトルトパッケージとして商品化されるという流れがありました。

ここに至るまで、レトルトという形態のために多くのプロの手が入り、 
以前のような家庭でふるまった調理方法とは似て非なるものではあります。
でも、これまでに紡ぎ出してきた楽曲の歌詞たちのように、
たくさんの方々に愛されているのは、何ともこそばゆく嬉しいのでございます。

とは言え、私自身、カレーはさほど好物でもなく、
外食の折にも自ら注文するのは皆無という品。

ただ、そんな私にも「どうじても食べたい!!」と願った
憧れのカレーライスがありました。
多少の脱線をお許し願えれば、そんなカレーの思い出話をひとつ......。





20歳代半ば......。
ひたすら仕事に突っ走っていた頃。
内臓を患い、病院に向かった。
医師に説得され、仕事は休みたくなかったけれど、
当面の業務を片づけてしぶしぶ入院することになった。 

過労とストレス、そしてお酒。 
今は人並み程度だと思うが、当時はたしかに周囲から「ざる」と指摘されるのも
あながち嘘とも言い切れないほど、イケる口であった。
遅れて宴に加わった男性社員が次々とつぶれても平気で呑みつづけ、
「よく呑めますねえ〜」と店員から呆れた口調で言われたこともたびたびあった......。


そんなこんなで、夏・真っ盛りの入院生活。
8人部屋で周りはほぼ年配者ばかり。
治療は日々の回診、点滴、安静臥床、そして食事療法。
仕事柄、見舞客が多く、狭い病室では迷惑をかけるので
その都度、院内をウロついていたら看護師に叱られてばかりいた。
そう言われても寝てばかりでは退屈するので、 
同室唯一の20歳の女の子を誘って
みんなが寝静まった頃に外来のロビーに降りて、
車椅子を爆走させて遊んだりしていた(ほんま、スミマセン...)。 

その罰が当たったのか、数日後、ベッドから起き上がるときに
ひどいギックリ腰をやらかし、あわせてヒドいモノモライもできてしまった。
ある日には、眼帯をして歩行器につかまり、ヨタヨタ歩いていたら 
お見舞い客に「オマエ、いったい何の病気で入院してんだッ???」って。
......ほんまですなぁ、トホホ。



いろんな検査も済んで、回診と点滴が終われば、
ある程度は自由が利くようになった頃、短時間の外出が許されて
近くのショッピングセンターに出かけてみた。

真夏。解放感に背中を押され、こっそりと食べたのがアイスクリームぜんざい。 
大いに満足して病室に戻った夕方、 ひどくカラダが痛みだし、
またまた注射と点滴、増量。
そして、そのまま投獄——ではなく、食事指導の面談室へ。

徹底した食事療法とは、脂肪ダメ、刺激物ダメ、アルコールダメ。
熱〜いモノ、冷た〜いモノもダメダメ。好きなモノ、全〜部ダメッ!!
延々と説教、もとい、延々と指導がつづく。
「いいですか。極端な話、美味しそう〜って思うだけで臓器が働き出すんですよッ」
との言葉に黙って頷けばいいものを、
「じゃあ、不味そ〜、美味しくなさそ〜、って思って食べたらいいんですか?」。
その後、説教タイムはさらに延長され、毎日の監視の目が厳しくなったのは、
ここに書き記すまでもない。



今でこそ、病院食はかなり改善され、工夫を加えて美味しくなっているが、
当時は本当に「トホホ食」だった。
目の前に出されるのは、パサパサになった薄〜い味付けのタラ、ささみ肉。
サラダだってドレッシングではなく、薄〜い酢。甘酢ではなく、ただの「酢」。

食事は常人食も特別食もいっしょに配膳されるため、
同室の患者さんのグラタンやら、唐揚げやら、生姜焼きが
うらやましくてならなかった。
なかでも、いちばん酷なメニューがカレーライス
廊下から病室まで漂うカレーの香りに包まれながら、
味気のないタラの身をぼそぼそと噛みしめる侘びしさの極みよ。
斜め向かいのおばあちゃんを羽交い締めにして、
カレー皿を奪いたい衝動を抑えるのにどれほどエネルギーを消耗したことか......。
しまいには、カレー風呂に溺れる夢まで見たほど。
ごくごく普通の、いや、普通以下でさえ、
大枚をはたいてでも食べたい憧れのカレーになっていた。

後にも先にも、ただひたすらにこれが欲しいと熱意を抱いたのは
この病院カレーだけかもしれない。

curry01


数値も落ち着き、「あとは通院投薬で」と退院許可が出たのは嬉しかったが、
退院してしまえば、あのカレーを口にすることができない
そんな卑しん坊の無念さだけが残っていた。

長引く通院生活のある日、親しくなった検査室の女の子が、
私のためにその日の献立だった職員用のカレーを1皿、取っておいてくれた。
「そんなに美味しくないよ」
女の子が笑いながら手渡してくれたお皿の重みを今でも覚えている。

ひとくち。
うん、おいしくない。
辛味もコクもないありきたりのカレーライス。
おいしくないよ、うん。
だけど、美味しい!!

ひとくち食べるごとに、病室で聞いた盆踊りの賑わいや、
優しかった同室のおばあちゃん(羽交い締めしそうになってゴメンネ)、
回診のたびに「お酒、飲んでませんか?(入院中だっちゅうの!)」と
訊いてきた主治医先生の顔が浮かんできては、カレーといっしょに呑み込んだ。

この舌が憧れを現実へと戻してくれたけど、
「焦がれた思い」というものはそれほど悪くもなく、
不自由な入院生活の彩りとして◯◯年経った今でもこうして残っている。




きっと、誰にでもそんな、ちょっと苦笑いしてしまうような
思い出の味ってあるんじゃないかな。
語るほどもない思い出の味話。

ここまでお付き合い、ありがとうさんでした。



さあ、今日は久しぶりにうさぎカレーでも作りましょ。
皆様、どうぞ「円山厨房特製カレー」を今後ともご贔屓に......。

usagi_kitano
イラスト=ジュンコ・ガブリエル画伯


 

ゴールデンウィークがはじまります。
読者の皆様は、どんなご予定ですか。

北海道歌旅座は、この期間も各地へ音楽を届けにまいります。

4月28日(木) 開場18:00|開演18:30
旭川市・神楽市民交流センター 旭川市神楽3条6丁目1-12 TEL: 0166-61-6194
「エイジアン・パラダイス|スペシャルイベント」
前売=1000円(当日=1500円)

 ●4月29日(金・祝) 昼の部=開場12:30|開演13:00
            夜の部=開場16:00|開演16:30
初山別村・しょさんべつ温泉 ホテル岬の湯 初山別村豊岬153 TEL: 0164-67-2031
昭和の日特別公演「昭和ノスタルジア & 昭和ノスタルジアANNEX」
各公演・前売=2000円(当日=2500円)
*上記は公演鑑賞のみの料金です(宿泊プランあり)|当日限り入浴無料|飲食コーナー出店

4月30日(土) 第1回=開場13:00〜 第2回=開演15:00〜
名寄市・イオン名寄ショッピングセンター1階・Right-On隣り
名寄市徳田80-1 TEL: 01654-9-5000
「昭和ノスタルジア」入場無料 

5月3日(火・祝) 開場13:00|開演13:30
恵庭市・恵み野小学校 体育館 恵庭市恵み野南4丁目 TEL: 0123-36-6774(事務局)
恵み野南町内会設立35周年記念事業
「ニッポン全国市町村公演(歌旅本公演)」
特別共演=恵み野中学校合唱部  入場無料  
*町外・市外にお住まいの方もご入場OK|上履き・敷物などをご持参ください。

 ●5月4日(水・祝) 開場15:00|開演16:00
札幌市・ライブバー 円山夜想マルヤマノクターン
「歌旅座 大感謝祭」満員御礼=ソールドアウト


どちらの公演も誠心誠意努めますので、
どうぞお運びください。


とりわけ、歌旅座にとって試練が予想されるのが、
昭和の日に開催される初山別村公演
なにしろ、これまで全国でご好評をいただいてきた
「昭和ノスタルジア」に加えて、過日のえりも町公演で初演を果たした、
「昭和ノスタルジアANNEX」の2本立てをお届けするのですから。
ステージ衣裳はいつもの倍、演奏曲や演出も倍。
当然ながら、疲労度も倍となりつつ、私たちの興奮度も倍となります。

理想を言えば、お客様には昼の部と夜の部、両方をご鑑賞いただきたいのですが、
片方だけをご覧いただいても楽しさは変わりません。
軽食を食べて、ビールでも飲みながら昭和の日を昭和の名曲とともに
過ごせる機会を思いっきり満喫できますよ。
会場となるしょさんべつ温泉 ホテル岬の湯の地図は以下に:

160429_shosanbetsu



  この大型連休、ぜひ皆様のお越しをお待ちしております。

えりも町、浦河町とJUNCOの誕生を激しく祝い祝われ札幌に帰って来た一座。
無事にノスタルジア・アネックスの初演を終え、束の間の休息…
なんてことは一切致しません。
 次の町で待っていてくれる方々がいる限り、次の公演準備に入ります!!
 
今日は一座の裏方の中の裏方な一面をご紹介したいと思います。

まずは、ビッシリと機材が積まれたトラックの中には
自前のステージまでもが入っています。
木で出来ているステージの台、業界用語で『平台』と呼びます。 
平台も手作りなのですが…激しい踊りを繰り広げていくうちに破損していきます。
私、ダルも以前は何枚もの平台を壊して来ました。
今はチエが主に壊しているようですが…
その都度、直し補強をしています。
IMG_1392

IMG_1380
地味に大切なのが、ヤスリがけ。
棘が刺さらないように綺麗に仕上げます。
一回り寸法が小さくなり、角がなくなってしまうほどのヤスリがけ名人がこの人!
IMG_1386
ヤスリを手に邪魔をするなと言わんばかりの表情を浮かべていますね。

そして、ご覧の通り歌旅座の舞台は黒で統一しています。
なので欠かせない仕上げの作業がペンキ塗り。
IMG_1393
これでまた安全なステージが組めるようになりました!

一座の中で大工仕事が一番苦手なのが司会太郎さん。
IMG_1397
苦手と言いつつも取っ手が無く不便していた台車に取っ手をつけてくれた模様です!

私も写真を撮り冷やかしていた訳ではありません…
得意分野の電気関係の修理をしていました。
IMG_1395
公演では約100本の様々なコードを使用していますが、使っているうちに断線などしてします。
それをハンダを使い修理している所です。

倉庫では男達が作業する中、別室を覗いてみると…
IMG_1383
チエとJUNCOが新しいステージ幕を作っていました!
IMG_1384
裁縫が得意なチエ、いつに無く真剣な表情…を作っています。
IMG_1385
JUNCOはカメラにも目もくれず真剣です!
が、作業している手元はしっかり写るようこちらに向いてます。
流石ですね?!


この日は1日がかりの機材メンテナンスDAYとなりました。
そしてまた機材をトラックに詰め込み旅へと出て行きます。

今日はステージではない歌旅座の一面の紹介でした。



 

えりも町での公演 & 大宴会を終えた一同。
言うまでもなく、ハングオーバー(二日酔い) のまま浦河町へ。
途中、立ち寄ったコンビニエンスストアの前で、悶えていた方がいたとかいないとか。

知らなかった方もいたようですが、4月24日は我らがJUNCOの生誕記念日!!
司会太郎さんからもそんな話があり、とても温かな雰囲気で公演がスタートしました。
2016-04-24-15-00-54

さっそくBIRTHDAY GIRL JUNCO の登場。
自らのバースデイということで、いつになくちょっぴり恥ずかしそうにMCをするJUNCO。
でも、どこか嬉しそうな表情も浮かべていました。
IMG_6921
命が始まる日、それは同時に誰かにとっての夢が始まる日。
この日のJUNCOの歌声はいつも通り力強く、
だけど確かに、この日にしか込められない思いがそのステージには表れていました。
IMG_6960
今年3月から全道各地へお届けしているプログラム、 Asian Paradise も披露。
すっかり、歌旅座の演目として定着してまいりました。
まだまだあの3人がお邪魔するので、これからお世話になる方々はよろしくお願いします!!

IMG_6980
第二部からはサーモンズを加えての歌旅本公演
歌旅座後援会の方々が多かったこともあり、曲ごとに大きな歓声があがりました。
アンコール後のメンバー紹介では、我々歌旅メンバーからのサプライズ!!
IMG_6987
彼女の涙・汗・血液となるウィスキー、ジャックダニエルにとびきりの笑顔がこぼれます。

そしてそして、後援会の皆様からもこんな嬉しいサプライズがありました!!
2016-04-24-16-44-08
とーっても立派なホールケーキ!!
これにはPA席にいたダルが、よだれを垂らしていたのはここだけの話。
公演終了後の楽屋では、案の定こんな大人たちの姿が。
2016-04-24-17-32-37
ケーキの前では、みんな無邪気な心に戻るのかもしれませんね。
ほんの数分でこの通り。
2016-04-24-17-35-52
ケーキをご用意してくださった皆さん、ありがとうございました!!
一生に1度の "サンキューイヤー" をむかえたJUNCOを、
そして歌旅座をよろしくお願いします!!

この度、主催してくださったラーメン寳龍 浦河店播磨さんを中心とする、
浦河36年会JUNCO応援隊の皆様、多大なるお力添え ありがとうございました!!

次は4月28日 旭川市から29日 初山別村30日 名寄市と、北へ向かいます!!
近郊にお住いのあなた! そうでないあなたも!
会場でお会いできるのを楽しみしています!!
IMG_6951




このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.