北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


柿食へば 鐘が鳴るなり 法隆寺

秋ですねー。柿ですねー。奈良ですねー。
歌旅座、奈良県に入りました。
平安時代から商業地として栄えた下市町。人口は5,500人。
隣まちで「ならのへそ」と言われている黒滝村。人口600人。
奈良県の南部に位置する世界遺産・吉野山。
今日はその麓にある2つのまちの観光協会が合同で開催する
「昭和のうたコンサート」だ。

会場へは、おそらく昔から何も変わらない町並み、
縫うように細道を登っていく。
トラック歌旅座号もほぼギリギリぬけて走る狭さ。
道路脇、目に入るのはカゴに山盛りにされた大きな「柿」の直売所。
「うわあー旨そうだな~。こんな大きな柿は北海道では見れないよ。
 帰りに買って帰ろう」
おまけに〈柿の葉ずし〉という看板もみられる。
そうここは柿の里なのだ。旬の味覚に盛り上がる面々。

下市観光センターに到着すると両町村の合同チームの皆さんが
はっぴ姿で気持ち良く迎えてくれました。
ご来場のお客さんには記念品も贈られ、あたかも町の秋祭りの様相。

会場超満員のお客様も皆さん楽しげで、
若かりし頃に戻られたような顔で2時間の公演を過ごしてくれた。
JUNCO曰く、
「ロビーでこんなに多く握手を求められたのは初めてかも」と。

公演後、撤収作業をしていると主催の合同チームの皆さんから、
呼び止められた。
なにやら、たくさんの紙袋を持っていらっしゃる。
なんと全て両町村からのプレゼントのようだ。

まずは、下市町から収穫したばかりの〈柿〉
今朝拾った葉を使用したという〈柿の葉ずし〉
吉野杉で作られた高級〈わり箸〉
吉野産〈梅干し〉
黒滝村からは、ここでしか作っていないという〈白きゅうりの漬物〉
などなど、地元名産品の数々が。
もしや前述の我々の〈柿〉の話しを聞いていたのでは、
と思うほど地元の名産品がたくさん。
1542024131177
ありがとうございました。

ヤサに戻り、みんなで紙袋を開けてみる。
皮まで食べれる大きな柿。
色とりどりの葉に包まれた柿の葉ずし。
美味しく頂きました。
1542024119418-534x400

帰りがけには、かつては修験者たちが入ったという神々しい山々を
遠くに望む、吉野川の落陽も拝むことが出来た。
1542024122842-544x280
嗚呼~。
半世紀の人生、歴史ある初めての風景を望み、
そして会場にはたくさんの皆さんの笑顔。
我ら歌の旅、素晴らしき。

柿山に 蒔いて舞い降り 歌の種

歌旅座が今回手渡しした歌のタネが、
次回は吉野の山に花を咲かせますように。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2018年最後の、長い道外ツアーに出ています。

この時期、 北海道では、厳しい寒さに備えて冬支度を始めますが、
こちらはまだ陽射しが暖かく、舞台の仕込み中などは半袖でも良いくらいです。

城陽市は、今年1月に続く2回目。前回もたくさんのお客様にご来場いただきましたが、
こうして年内に再訪が叶うなんて、有難いことです。

前日の夜はおいしく焼肉を食べて、元気いっぱい!の予定が、
宿泊先が街中だったために、“また”飲み過ぎました。

翌朝、
「たくさん食べないと、どうにかなってしまいそうだ…。」と、
普段より多めに朝食をとるアリタさん。
いつも皆の衣装を洗濯してくれているチエは、前夜の作業の記憶がなくなっていたようで、「乾燥機、回したの私ですか?」と。
また、帰りがけ、ジュンコにプリンをもらった事をすっかり忘れている私。

それでももちろん、開演前までには体調も万全、
楽屋ではいつも通り、各自準備を整えます。

IMG_20181110_205012

コンサートは、最前列のお客様が、ステージ上のJUNCOと握手のできる距離にまで迫る、
満席。

担当の方からは、
「来年も来てくださいね。お客様が、歌旅座のコンサートは毎年あるもの、
と思っているみたいで。」と、嬉しい言葉をかけていただきました。

アンケートには、「聴ける時に!と滋賀から来ました。」というメッセージも。
私達も再会を楽しみにしています。ありがとうございました!

この日の夕食はラーメン&お好み焼き。

IMG_20181111_170141

お店はガレージを改装して建てられていて、
なんだか親戚のおじちゃんの家のような居心地。
思い出に残る味を楽しむひとときも、一座の元気の源です。

IMG_20181111_080734

奈良の「屋台屋」さん。旅の途中に寄りたいお店が、またひとつ増えました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

四條畷。
何か中国語を見ているかような気分になってしまう字面ですが、去年の11月にも開催して頂き2回目の公演です。
前回の時も休憩中にみんなで『しじょうなわて』の字について話題になっていたのを思い出します。
『畷』に気を取られていると『條』を『条』と
間違えてしまうのでお気をつけください。

開場前にロビーへ出てみると早くも並んでいる方が大勢。
会場の入り口にはオリジナルの看板があり、そこには和服サーモンズの3人も散りばめられておりました。

IMG_4987

コンサートもさすが関西と言うべきなのでしょうか、なんとノリの良いお客様。 
特に最前列を陣取り、最後までノリノリで楽しんでくれていた女性陣は司会太郎の大ファンの方達。
終演後、余韻にひたっていたのか会場に残っていた太郎さんファンの女性グループ6名。
そこへ何も知らずに撤収作業へ太郎さんがやってくると「キャー!」と
まるでアイドルを見たかのような黄色い悲鳴が上がっていました。
衣装から作業服に着替え、気持ちも切り替わっていたはずの太郎さん、少し恥ずかしそう。
その女性達は最後に太郎さんというより頭にタオルを巻いたオジサンと写真を撮り、とても嬉しそうに会場を後にしました。

この町には確かに歌旅座を応援して下さる方達が根付きはじめ、少しづづその輪が広がっていくのが感じれるような2回目の公演でした。
来年、またお客さんが増えていくのが楽しみです。

四條畷市の皆さん、そして西川館長、長いお付き合いをよろしくお願いします。
ありがとうございました。

IMG_4992

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

はじめまして!おいらの名前はイチローだすっ!

円山動物園の猿山から抜け出して来ました。
北円山うろついてたら、背の高い強面のおじさんが低い声でさ「うちに来るか?」って話しかけてきたから、腹も減ったし付いてきちゃったんだよ。

おじさんの「うち」ってのは札幌の北6条にある3階建てのビルでね、「北海道歌旅座」っていう旅一座の事務所だったんだ。その日からそこが俺の家。

ちなみにその怖いおじさんはみんなからボスって呼ばれてた。なんか納得。

今日からお前の相棒だ!って紹介されたのがチエって名前の女でさ。
これが程よくブスなんだよ。

ボスに「もっと可愛い子がいいよ」って言ったら「美人は3日であきる、ブスは3日で慣れる」だってさ。その言葉の通り慣れたけど、ホントはナリリン(ナリコ)の方が良かったなぁ。

まぁ、そんなこんなで歌旅座の仲間に入りやした!

IMG_20181028_155227

おいらのデビューは宝塚。

「昭和枯れすすき」でチエの和服の中の貧乳にしまわれてんだけど、間奏のとこで出ていくんだ。

正に"さくらと一郎"ならぬ"サクマとイチロー"。

おいらちっさいから、後ろの人には見えにくいんだけど、前の人がケラケラ笑ってるわけ。

嬉しかったねぇ。

じゅんぴー(JUNCO )の歌もはじめて聴いたけどありゃすごいね。

お客さんの拍手もしばらく鳴り止まなくてさ。タカラジェンヌもびっくりや。

おいら猿山の世界しか見てこなかったからなぁ。こんな楽しい世界があるなんて知らなかったよ。

1541716146180
宝塚公演は今回で2回目だったらしいんだけど、ソリオホール企画担当の千恵ちゃんがまた可愛いんだ。うちのチエとは大違い!

また会いたいなぁ。
おいら、可愛い子大好きなんだよ。

また必ず来るよ。出番があるかどうかはそのときになってみないとわかんねぇけどなぁ。

来てくれたお客さん、ありがとう。
IMG_20181108_161942

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

一座には夢があった。歌の旅以外の夢である。
『ぬか床を持つこと』。
ご飯のお供として、酒のアテとしてぬか漬けは
本当になんにでも合う。

以前から、BOSSのお母さまが漬けたぬか漬けが
ぶっ飛ぶくらい美味しくて、これは素晴らしいっ!
いつか一座のぬか床も是非作りたいっ!と
胸の奥に秘めていた夢があったのだ。
どうせ作るのなら、やっぱりお米屋さんで売ってる
生糠を買い、気合入れてやってみようと、他のメンバー
が出張などで不在中、チームフトッチョでコネコネと
作り始めた。

生糠1キロに水1リットル、塩は10~13%くらい。
後は昆布・鰹節・唐辛子等々、お好みのうまみ成分を
投入していく。
しばらくは床に菌を定着させる為に、『捨て野菜』を
しばらく漬ける。
毎日、床が落ち着くまでは、一日に2度程かきまぜて
なじませていく。
この時、混ぜる人の手に微妙についている微生物が
その床の味を決めていくらしい。
ダル・チエ・JUNCO・イソベ…主にこの4人の
『オリジナル微生物が入り乱れた床』である。

・・・これがマズかった。
ほとんどカッパ手ヤロウどもばかりぢゃないか。
乳酸菌の増えすぎた床は、何を漬けてもやたら酸っぱい。
酸味を解消する為に、酒や卵のカラ等をいれて対処して
みるが、なかなか頑固である。
もっと、深みのある味にしたいのにっ…くそぉ~…。
床の3分の1程を捨て、足しぬかをしてみたり、
昆布も入れ替え塩分の調節もしてみるが…むぅ~…。
もっと、年期入った『チーム中年』の手でやるべき
だったか…。

BOSSのお母さまのぬか漬けの味を知ってしまっただけに
この床のクオリティの不安定さが気になる。
生き物と一緒だ。日々変わる気温や湿度、野菜や菌や塩分や
色んなものに心を傾けていないと、どうにも
うまくいかない。

美味しいぬか床が出来たら、ツアーに持っていって
その土地土地の野菜を入れて、お弁当の時や、
晩酌の時にみんなで食べれるね~♪なんて言っていたのに
その夢は、もう少し先のようです。

いつか、トラックの扉から、ぬかの香りがプゥ~ン
と漂ってきたら、『あ、こいつら遂にぬか床持ってきたな。』
とあたたかく見守っていただけたらと思います。
コンサート会場に迷ったら、糠の香りをたよりに来る方も
出てきそうです。
もちろん、コテージなんかで焼く環境が整っていたら
魚漬けて、焼いちゃいますよ。たまらんねぇ~。
これまた、お酒がすすんでしまいそうだわ。

麻雀やって酒呑んでばっかりだと思ったら、糠まで
漬けてっ!ホント、何の団体なのっ!
今日も聞こえてくる誰かの声。

心が豊かじゃなきゃ、元気や感動は届けられません。

今日もどこかで歌旅中です◎

_20181106_164958

(初代なのに、次郎にしてしまったことが悔やまれます。
後ろに居るクロも心配してます。)




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.