北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ
サーモンズPOLOシャツ


ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


北海道南部、道南のコンサートツアーを無事完了しました。 
「初夏・道南の旅」と銘打ちましたが、本格的な夏の日々でありました。

自動車に揺られて公演、船で海を渡って公演。
思わずステージ上から、「いいぞ、お客さーん」と
声をかけたくなるほど盛り上がってくださいました。

そして、北海道歌旅座はささやかな夏休みを
奥尻の海で過ごしたのです。
IMG_0137z
註=奥の人は見知らぬ乗船客です。


IMG_0182z


何年ぶりだろう、こんなに間近に感じる海は。

と、書き出したら思い出しました。
今年の1月にえりも町で海に入っています。
公演後の打ち上げ時に。
夜。雪。厳冬。
翌朝まで入水した記憶を失っていました。 
ついでに、ケータイを無くしたことにも気づいた
あの1月のえりもです。 



話は戻って、奥尻の海。
渚に立てば、ビーチボーイ。 
新品のライフジャケットと、新品の海水パンツを着用。
ちなみに、どちらも中国製。
そして「海水パンツ」という名称がいたたまれない。

低温の海を心配する地元の方の心配をよそに、
泳ぐ姿はあたかも、わんぱくイルカ、北洋ドルフィン。
脳内で分泌される、エンドルフィン

ところで、ケータイは宿にしっかりと保管していました。
正確に云えば、海に行くことに舞い上がり、
放置したまま宿を出たということです。 
でも、これは無意識のうちに危機管理を実行していたのでしょう。
すごいぞ、エンドルフィン。


そんなことがありながら、船と自動車で戻ってきました。

そして、昨日から本日にかけて。
我らが巨匠、写真家の飯塚達央さんからメールあり。

別件でやりとりしていたのですが、不意に鉄道の話題に。
以下にまとめてみると、
「巨匠の地元、北海道東川町にも鉄道が通っていた」
「1927年から1972年大晦日まで旭川電気軌道社が走らせていた」
「しかも、巨匠の自宅からすぐそばに東川駅とプラットホームの跡が存在する」
さらに加えると、
「今週末に町内会で跡地の清掃をする予定だ」と。

知らなかった。
まあ、町内会の清掃情報はそれほど驚かなかったのですが、
ぜひ水分補給しながら実施していただきたいです。
IMG_8226z
東川駅の跡。どんな駅舎だったのだろうか


IMG_8227z
東川駅のプラットホーム跡。現在の旭川駅までつづく路線だった


歌旅座の旅は電車を使用して移動する機会はきわめて少ない。
でも昔日の北海道は、いやニッポンは鉄道中心。
石炭・貨物・農産物の輸送手段、もちろん旅客のために、
路線は現代からは考えられないほど存在したり、計画されていて。

たとえば、あの北海道えりも町。
同町には当時も現在も鉄道がないのですが、
1922年に公布された「鉄道敷設法」によると
苫小牧市を起点に、同町から広尾町を通って
十勝まで路線を敷設する計画が存在していたんですね。
具体的な駅名まで決めていたようです。
面白いので、この記事の最後にその地図を貼っておきます。


時代が違ったら、機材や楽器を電車や汽車に積んで移動していたはず。 
その当時に「ニッポン全国市町村公演」をやっていたなら...。 
それはそれで楽しい旅だったのかもしれない。 
ただ、1回の旅でメンバーは10歳ぐらい老け込むんじゃなかろうか。 


道内の自動車移動中、廃線になった鉄道を見かけると、 
いろいろと想像が巡ります。 
往時の賑わい、どんな駅弁、どこへ旅をしていたのか。 
すると、寂しさのあとには、説明することのできない、 
奇妙な多幸感につつまれるのです。 
そして深い眠りにつくことができます。 
おもに運転していない時に、ですが。 
ありがとう、エンドルフィン。 


最近の飯塚サンのブログは北海道の鉄道写真の数々が 
「鉄ちゃん愛」あふれる文章とともに掲載されています。 
ぜひのぞいてみてください。 
  

この夏も、歌旅座は様々な交通手段で 
地・海・空を駆けめぐります。 
お互いに熱中症と食中毒にご用心。 
水難事故にもご注意を。 



ごきげんよう。 



*下の地図をクリックすると別サイトがひらき、拡大して見ることができます。





 

約3週間後に控えた夏祭り。
歌旅座の電話やら、メールやらがリンリン、ピコピコと鳴り続け
あっという間に満員御礼となってしまいました。
来たくても来れなかった方々、とっても残念です。ごめんなさい。

しかしながら がっかりするのはまだ早いですよ。
8月6日開催の三笠公演では席にまだ余裕がございます。
会場はなんと大きな畑にどーんと佇む ”鈴木農園”のビニールハウスです。

大通りのビアガーデンも良いけれど・・・
すすきので 朝まで飲むのも良いけれど・・・
新しい北海道の楽しみを体験しに来ませんか?
当日は「夢は逃げない」「住めば都」「友よ」「歌旅」など
オリジナルの曲も登場いたします。
ご希望の方はコンサートの前に農業体験や飲み放題付きのバーベキューも
ございます。
どうぞご近所さん、お友達、ご家族と一緒にご来場くださいませ 。
ご予約のお電話お待ちしています !
ドシドシ、かけてくださいね ♪

〇日にち 8月6日(日)
〇時 間 11:00 農作業体験
     13:00 バーベキュー
     15:30 開場
     16:00 開演
〇料 金 農作業体験 無料
     バーベキュー+コンサート 3,500円
     コンサート観覧      2,000円
〇ご予約・お問い合わせ
     時計台ATICO 011-211-1946
     北海道歌旅座 011-623-6680

!cid_D0D49F15-FFAC-4688-81A6-7FA12B7A1686@airport

暑中お見舞い申し上げます。
平年よりも気温の高いlこの夏の北海道。
タイ人並みの朝晩の水浴び(アップナーム)をしないと体がもたないこの頃。
皆さん、お元気でしょうか。
さて本日から道南ツアーを終え<暑中お見舞いシリーズ>と題してのメンバー
ブログをお届けします。
 
アリタは初夏の道南ツアー初日となった寿都町の思い出を。
今回で9回目、今ではすっかりおなじみの公演地となった寿都町。
 
後志管内生まれながら、歌旅座ツアーが始まる前は全く知らなったまち。
寿都の方には申し訳ないがそれまでの印象といえば、小樽での高校時代、
剣道部の1年上にいた「寿都先輩」。
寿都町出身ということで、あだ名が「すっつ」と呼ばれていた彼のことぐらいしか
印象になかったのだ。恥ずかしながら。。。
しかし訪れてみると、寿都湾を囲むように開かれた、日本海側の豊かな町。
いまや、なんでこんないいとこ早くから知らなかったんだ~と思うところ。
 
歌旅座(当時は、JUNCO&CHEEP)が活動を開始した2009年、
<北海道180市町村公演>達成を目標にスタート。 北海道内の市町村への提案を開始した。
そのときに一番はじめに手を挙げてくれたのが、寿都町教育委員会の鎌田さんだった。
 
まちの教育委員会、文化協会、有志の方で実行委員会を立ち上げ、
総合文化センター・ウィズコムでのコンサートは大盛況に。
その翌年には町の文化事業として2度目の開催をいただいた。
それ以降も、町内のお寺・龍洞院での<昭和ノスタルジア公演>、
道の駅・みなとま~れでの<淳子夜想公演>、そして町内の温泉<ゆべつのゆ>
と会場も演目もさまざまながら、ほぼ毎年歌旅座を迎え入れてくれている。
そんなことを想いながらの公演終了後の打ち上げバーベキュー。
相変わらず応援してくれる、鎌田さん、住吉さん、みなとま~れの渡部さん、
ゆべつのゆの小林さんが、
4月~6月までが旬で今年は7月でもあるという寿都産のカキ、湾でとれる
ホタテ、ホッケ、ニシンなど、初日から海物語でもてなしてくれた。
image

宴では、JUNCOが歌う「ホームにて」の話しから、
ニシン漁で栄えた昭和の時代は、寿都鉄道という私鉄が寿都駅~黒松内駅まで
走っていて、乗ったことがあるという住吉さんの話しを聞いたり、
これまでの寿都での公演の思い出話しなど、しみじみと語ることができるのは、
ここ寿都だから。
これから向かう道南の旅への活力をいただいた。
来年もぜひ歌旅座メンバー全員で寿都町に訪れたい。
image
翌日、次の公演地、乙部・奥尻へと向かうため海岸線を走る。
島牧村~せたな町(旧大成町)を抜ける道路は以前は開通していなかったようで、
北海道出身の我々にとっても初めての経験。
青く澄んだ海と空、遠く沖を望む様々は形の岩、まるで北海道・日本海の秘境だ。
image
北海道の短い夏もまだ始まったばかり。
ぜひ皆さんも訪れてみてはいかがでしょうか♪
 

まつりの季節がやってきました !!
歌旅座の夏祭りコンサートは有難いことに満員御礼となり、ご予約を打ち切って
しまいました。
ご予約間に合わなかった方々大変申し訳ありません。
次の機会をお楽しみに ♪

さて、来る8月4日は中川町でコンサートを開催します。
すっかり毎年恒例の行事となりました。
まだ観たことがない方は是非、一度観た方はご家族、ご友人をたくさん連れて
足をお運びくださいませ。
この日は太っ腹の入場無料 !!

沢山のご来場お待ちしています。

〇時 間 開 場 18:00  開演 18:30
〇会 場 中川町生涯学習センターちゃいむ  中川217-2
     ※昨年と会場が違いますのでご注意ください。 
〇問い合わせ 北海道歌旅座 011-623-6680
!cid_3ED5E205-8390-4C97-A28D-315750EE5B7C@airport
 

北海道で連続真夏日記録が11日に達した7月15日。
我々が訪れた岩見沢も最高気温31度まで上昇し、
北海道民にはかなり厳しい暑さとなりました。
 
バラとあやめが咲き誇り、踊りパレードや芸能が市民の心を弾ませ、
最終日には花火が夜空を彩る『岩見沢彩花まつり』。
7月10日(月)~16日(日)の開催期間中、街は活気と笑顔で溢れます。

歌旅座が出演するのは、期間の終盤におこなわれる歌謡ステージ。
2014年以来、3回目の出演です。
彩花まつりに加えて、他にも多くの公演の機会をいただいている街なので、
岩見沢はすっかりホームの気分です。
慣れた道のり、トラックを走らせ、会場のある「駅東市民広場」へ。

2017-07-15-16-13-24
ここ最近のブログで、会場によっては搬入・設営が大変だという
苦難をお伝えしてきましたが、この日はその心配は無し。
音響と照明は、他のイベントなどで何度も一緒にお仕事をさせて頂いてる
業者さんが担当していたので、我々は映像機材と楽器の持ち込みだけでOKでした
 
2017-07-16-18-03-42
 
映像のオペレーションは、いつも通りBOSSが担当。
今回は舞台袖にスタンバイします。
その後ろのダル君、なにやら暇そうですねぇ。
 
ステージがある『イベントホール赤レンガ』は半野外。
熱気から逃れられず本番を待たずして暑さに意識朦朧の一同。
映っていませんが、司会太郎さんは言うまでもなく、
バケツで水をかぶってきたかのような汗汗汗です。

2017-07-15-17-55-39
 
ビールでもグビッ!飲みたい気持ちをぐっと堪えていたところ
お弁当とともに、嬉しい涼しい差し入れをいただきました。
夏の味覚の王様、スイカです。
甘くて美味しいスイカ、みずみずしさに生き返りました。
観光協会の小倉さん、いつもお心遣いありがとうございます。
 
image

さて、いよいよ本番です。
まだまだ熱気が残る18時、開演を迎えました。
 
ここのステージには巨大モニターがあり、
歌旅座の演出の柱である映像が大迫力でお見せできるのです。
 
2017-07-16-18-09-37
 
ステージ上からもご来場のお客さまの楽しむ様子がよく見えました。
お客さまの笑顔を見ると、暑さも吹き飛びます。
 
岩見沢のみなさま、素敵なお祭りこれからもつないでいってくださいね。
 
7月8月は北海道を中心に歌を届けにまいります。
例年にない暑さが続く中、さらに熱くさせてしまうかもしれませんが
「過ぎてみればあっという間」という短い北海道の夏。
暑さに負けず、歌旅座と一緒に楽しみましょう!

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.