うたたび ザ・コネクション


今年の幕開け公演は1月5日、札幌教育文化会館からでした。
今年最後の公演も同じくこの会場で行われようとしています。
12月23日、北海道は各地の雪オトコ・雪オンナがもたらしたのか、大荒れの天気。
地方からの高速道路は一部通行止めとなり、楽しみにしていた公演を断念された方もいらっしゃいました。札幌は早朝から季節外れのみぞれが降り、グシャグシャの道路は歩くのもままならぬほど。
にもかかわらず、会場には全道各地・本州からも沢山のお客さんにお越しいただきました。

001
公演第二部オープニングではジュンコ、ナリコ、ケイゴの三人で今年1年を 振り返るこんなエピソードの紹介もあり。
機材トラック歌旅号はお披露目からちょうど丸1年。走行距離は約1万3千キロ を超えたこと。 共に旅をするトラックボディに貼られた「千社札」の数は300枚を超えたこと。
嬉しいですね♪
年間通しての公演数は、本公演で今年は50本。どれ位の人に会えたのでしょう。
「旅」を思い起こせば公演、まち、人、景色、一つひとつが我らの血肉となって きているのがわかります。
002
そしてこの日、刻まれたのは2022年ラストステージからの景色です。
マスク越しでも一人ひとりの温かさが伝わってきます。
なんてったって地元ですもの。久しぶりにお会いできた方、初めて来てくれた方 にも我ら1年分の元気玉を皆さんに渡すべくコンサートをお届けしました。
003
2022年の千秋楽公演もこれにて一巻の終わり。
また来年もどこかの会場でお会いしましょう。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

年末の恒例となった北海道旭川市の師走公演。

さまざまな演目を引っ提げて訪れてきた旭川、
公演回数は40回を超えていますが、
今回も初めて歌旅座をご覧いただくお客様がいらっしゃいました。
気に入ってもらえたらありがたい。
もちろん、以前からのお客様からの喝采も毎回励みになるのです。

そこで、今回は二人の若い女子を紹介しましょう。
まずは、ヒナコちゃん。
4歳のときに初めて歌旅座を観て現在は11歳。
若いながらも年季の入っています。こんなヤングなお客様もいるんですよ。
さらにヒナコちゃん、どういうわけか司会太郎のファンでもあります。
いずれにしても極めて貴重な存在です。
今回のヒナコちゃん


もう一人、サトウ・ナツミさん。通称なっち。
高校生の彼女と名寄公演の際に出会って、現在は28歳ですと。
こちらも歌旅キャリアありますねえ。
今回の旭川公演はスタッフとして参加してくれて
最近はステージ写真も撮影してくれるんですが、
意外と素敵なショットを記録してくれます。
添えた写真はなっちの手によるもの。
本人、写真家・飯塚達央センセイを超えると豪語しています。
88404
88409
88402
88405
88403
88406
88408
88407

多くのみなさんに支えられた旭川公演。
また来年もよろしくお願いします。
それでは、ごきげんよう。
メリー・クリスマス。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

公演レポート【12月14日知内町:12月15日北斗市】JUNCO
厳しい。やはり厳しい、北海道の冬。
今年最後の本州ツアーを終え、青森発青函フェリーに揺られれば、
函館山が『おかえり』と迎えている。
と思えば、一夜明ければ横殴りの暴風雪。
あぁ…帰ってきたんだなぁ。
かつて私たちは『北海道180市町村公演』と銘打って、
北海道中をくまなく周り続けていた。
知っているようで知らなかったこの大地での発見や出会いは、
かけがえのない宝物になった。
今回お久しぶりで訪れた知内町も北斗市も、そんな思い出が詰まった場所。
この13年の間に書き加えられてきた私たちだけの『カルテ』のようなアルバムは、
いつでも色鮮やかによみがえる。
2009年から縁を繋いでくれている井村ご夫婦。
数えきれないほどの思い出を重ねてきました。
今回の新函館北斗駅でのコンサート、入口から吹き込む吹雪で
幕が吹き飛ぶハプニング。
『あの時が一番盛りあがったね』と話す井村さんの笑顔が最高でした。
北海道には、久しぶりに会いたい人たちがまだまだたくさんいます。
このコロナ禍、小さなコンサートでも絆を深めに走りたい気分です。
皆さん、お元気ですか?
写真 ①一晩で雪景色 函館の宿から
   ②ナリコのコーヒータイム
    ゲストは井村さん完全防備
PXL_20221214_231741563 1671424460686
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ごきげんいかがですか。司会太郎です。
このたびの東北コンサートツアー、ファイナルの地は秋田県大館市。2020年2月以来、3回目の訪問となる市民文化会館・ほくしか鹿鳴ホール。前回から3年近く経ったわけですが、ようやく戻ってこれました。
寒い師走の月曜日、昼間。ここに足を運んでくださったお客様は、コンサートを思う存分に楽しもうという勢いでステージに小気味よく反応してくれました。
今回の東北ツアー、どこの会場でもそんなお客様が多かった印象です。居心地がいいし、食べ物が旨い。それで最高の反応をしてくれるのです。なにしろ北海道のお隣ですから、もっと頻繁に訪れたいですね。
ここ大館は、秋田名物の「きりたんぽ」発祥の地だと聞きました。じっくりと腰を据えてきりたんぽにかぶりつきながら、日本酒「北秋田」をたっぷりと堪能したい。そのようにナリコがつぶやいておりました。
ちなみに、「北秋田」はご当地の蔵元である(株)北鹿が発売しており、同社は市民文化会館の愛称「ほくしか鹿鳴ホール」の名付け親でもあります。なんか、うらやましい。
そして、歌旅座一行は、北海道へ帰還する日を迎えます。
東北のみなさん、ごきげんよう。
写真は、ほくしか鹿鳴ホールと、「大ダテ男」と自称するケーゴ。


FB_IMG_1671697313674 FB_IMG_1671697319560
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

冬の東北、体の芯から冷える寒さが堪えます。北海道と比べたら大したことないでしょう!とよく言われますが、雪のない寒さはまた別物ですね。

藤崎町はりんご「ふじ」の育まれた津軽平野中央の小さな町です。
前回、藤崎町文化センターを訪れたのはコロナの奇妙な波が迫りつつある2020年2月22日のことでした。
この間、3年近く連絡の取れなくなってしまった方がいたり、青森に来ると楽しみにしていたお店が閉店していたりと、様々な場面でなくしたものを意識することが多かったですが、変わらない人のあたたかさを感じられるのは幸せなことですね。
皆さんの歌に合わせて自然に手を振ってくれる雰囲気は心からほっとします。
公演後ロビーに響く訛りも心地よいのです。
青森県内各地、中には遠く下北半島佐井村からたくさんのお客様にいらしていただきました。

終演後、アリーが会館の方にご挨拶に伺うと、サーモンズの振り付けで迎えてくれたそうです。「一緒に楽しんでもらえたんだな」
とても嬉しかったです。
また来年もぜひお会いできますように♪
そして青森の未開催の町にも、初めましてのご挨拶に行けたらと思っています。
ありがとうございました!

写真① りんごジュース 「ねぶた」おいしかったです♪
写真② GOD HAND(神の手)のリハ風景1671076319278
1671076315670
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ



© HOKKAIDO UTATABIZA. ALL RIGHTS RESERVED.