北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


あぁ 懐かしきこの感覚…
宿題や課題が待っていたとて 夏休みは夏休み。
我々歌旅座のスケジュールも ホームページを見れば
まるで 昔の薬箪笥(?)のよう。
どこに サマーホリデーなどあるのかっ… 

あった。

7月6日から始まる『初夏、道南をめぐる旅』の隙間に
ポツンと輝く日曜日。
『奥尻de夏休み』だ。
去年の夏、初めて奥尻に行き その海の美しさに我々は
深く深くため息をついた。
(残念ながらARITA氏はその時行けていない)
今回は全員で行ける!しかも 一日あの輝く海で『遊べる!』

海は子供達がはしゃぐ場所だと思ったら大間違いである。
行くと決まってから 私達は 今金の宿(5月9日ヤトチ誕生日前)
でも 夜な夜なBOSSからシュノーケリングのハウツーを学び、
必要なもの やるべきこと 精神のあり方 もろもろ
日付が変わるまで念入りに講義を受ける。
(おかげでヤトチの誕生日はあっさりと過ぎていった)

あまりにも夏休みのことばかり考えていたら
仕事にならないので 極力考えないように生きてみる。
が、せめてシュノーケルグッズくらいは入手しておきたい。
マリンシューズは かつてのサーモンズ衣装で使用していた
ピッタシのものがある。フィンを使うにはまだまだだからいいや。
ダルは かつて親戚のおじさんにあげた海パンを取り返し
フィッティング。
『少しきついけど 大丈夫だっ。それまでには何キロか
痩せてるだろう。』とまるで当てにならない言葉を漏らす。
チエはしじみ貝のようになってしまったビキニを
着るかもしれない。

等々 アジトで晩酌をしては また夏休みの講義を受けたり
してます。

IMG_20170623_120151
(ケガしそうな顔している司会太郎)

子供の頃、海に行くのが楽しみだったのは きっとみんな同じだ。
岩場に潜む 貝やカニ、ウニに魚に ひゃ~~♪
夜には BBQも待っている。

あとは 海で足が攣らないように 普段からちゃんと
動いておきましょう。
楽しみにし過ぎて 寝込んだり ケガしたりしないようにね。
大人ですからね。

IMG_20170623_152229

(夏休みを楽しみにしている40歳と32歳。)


♪絵日記つけてた 夏休み
  花火を買ってた 夏休み
  指折り待ってた 夏休みぃ~♪ 







2017年『初夏、道南をめぐる旅』ツアーがまもなく始まります。
ツアー皮切りとなる公演地は、寿都町からスタート!
 
<公演情報>
〇開催日 7月6日(木)
〇時 間 18:00 開場  18:30 開演
〇料 金 2000円(当日:2,500円)
〇会 場 活性化センター 
      ゆべつのゆ隣り 湯別町下湯別461-1 
お問い合わせ、ご予約はこちらまで。
寿都町温泉ゆべつのゆ 0136-64-5211
北海道歌旅座 011-623-6680
 
札幌から日本海へ出て、海沿いを南へ走ること3時間、
穏やかな湾、そこに立つ風車、その先に望む街が見えると、
いつも、「おぉ~また寿都に来れたー」と思うわけです。
2009年からほぼ毎年訪れている、山と海に囲まれた、
歌旅座も大好きなまちの一つ。
 
寿都には、知る人ぞ知る地元に名物がありますが、いくつかご紹介。
 
まず名産「寿ガキ」。
一般的な時期とは違い、ここでは4月~6月が旬だそう。
元祖・かき小屋「吉野商店」では、日本海を見ながら、アツアツの蒸しガキ
を思う存分楽しめる。一座もこの小ぶりな寿ガキの大ファン。
 
<わかさいも>はここが元祖。
若狭屋老舗」の<わかさ屋いも>は、100年以上守り続けられた味。
ご主人の4代目・若狭さんは、初めての公演のときから文化協会の会長さん
としても、歌旅座を見守ってくれている。

 町の中心寿都漁港の前にある、道の駅「みなとま~れ寿都」。
ここでは、「生焚きしらす」やまちの特産品がたくさん。
 歌旅座も3度ここで公演開催をいただいた。

そして、今回の会場は、去年9月淳子夜想公演と同じ場所、
憩いの寿都温泉「ゆべつのゆ」に隣接した、活性化センター。

風のまち・寿の都(ことぶきのみやこ)の魅力もこれだけではない。
一番いい季節、楽しめること間違いありません。
 image

歌旅座フルメンバーでの公演は、寿都では久しぶり。
地元の皆さんはもちろんのこと、<昭和のうたコンサート>で多いに盛り上がりましょう。
ご来場お待ちしております!
 

みなさん元気にお過ごしですか。チエです。
週末北海道に帰り、たらふくジンギスカンを食べ
パワーも体の肉もたっぷり蓄えて現在関西の種まきの続きを
しております。現在大阪です。

すっかり板についたアルフィーと二人三脚の旅。
営業が終わると、最寄りの温泉に浸かり、最寄りの道の駅を
アジトにしてぐっすり眠る。朝は陽の光と共に起床。
気が向けばウォーキングをかましちゃったりもしています。
JUNCOさんから熱中症になったら大変だから、あまりに
暑かったらホテルに泊まりなさいと再三言われたものの
日中の暑さがウソのように夜は涼しく快適です。

今日も快適な夜を過ごしつつ、このブログをアップしようと見つけた
アジトは、田舎まちにひっそりたたずむ24時間営業のコインランドリーの駐車場。
裏は田んぼ。
洗濯しながら、ブログがアップ出来て、仕事もできるなんて
いい場所を見つけたなぁ ♪ と思っていたのですが、いざ取り掛かろうとすると
気になるウシガエルの大合唱。集中しようとすればするほど耳に入って
くるもので…。
”ゲコゲコ” と響く低温の鳴き声にやっと慣れたかと思うと、突拍子もなく
高いトーンの鳴き声が刺さってきてまたもや気を取り直すことになる。
そんな時に蚊が ”ぷぅ~ん”と飛んで来れば、私のやわな集中力はすぐに
途絶えてしまいます。

もうどうしようもない時は場所を移すわけです。
よく利用するのが、全国に店舗を構える某ファーストフード店。
Wi-Fiは完備され、安くて美味しいコーヒーを飲みながら仕事ができる
この環境を私は「マイ・オフィス」と名付けています。
よく某コーヒーショップで見かける光景。洒落こいた女子が肩に
カーディガンを羽織り、読書をしたり、書き物をしたり。
黒縁眼鏡で、ボーダーのシャツに短パン、裸足に革靴をはく一見
オシャレボーイが、イヤホンして音楽を聴く。しかも通行人が行き交う
ガラス越しのカウンター席で。
そんな光景を目にすると、こんなオシャレな自分見てってメッセージが
伝わってきて「図書館か公園に行け!」と悪態をつきたくなるのはブスの性。
なんか目についちゃうんですよねぇ~。
(カーディガンを羽織るとプロレスラーのガウンに見えてしまうことや、
黒縁眼鏡をかけると昭和の女学生に見えてしまうからってひがんでる
わけではないですからねぇ~)
その類のやつとは全く違えど、私も傍から見ればどう見られてるか
わからんので、むやみな悪態は自粛しようと秘かに思いながらありがたく
場所をお借りしております。

そんな話はさておき、ふと考えてみると全国に広がるチェーン店。
個人的には景観そこなわれるわ、同じ看板が並び過ぎて時々どこの町に来たか
わからなくなるわで ”それどうなの !?” と思う節もあります。
(めちゃくちゃ利用しているくせにね。ブスとは勝手な生き物でございます)
しかしながら全国に広がるっちゅうことはすごいことで。
北海道発信の「ニトリ」の看板を各地でみかけたり、ものすごく稀に
コンビニのセイコーマートの看板なんかを見かけたりすると旗降って
応援したくなってしまいます。
歌旅座を全国に届けるこのミッション。そういうところからも
テンションをいただき次の町、次の町へと走りまわっております。

今日も元気にブスはゆく。
19399049_1347064148741994_3763305196626470127_n
絵:ヂュンコ ゲイブリエル




初夏の訪れを告げるポプラの綿毛がまるで雪のように舞う砂川市。

今や北海道を代表するスイーツの数々を
この地から全国へ発信しているHORIの本社工場へやって参りました。

2017-06-21-19-33-25


関係者限定公演の為、公演スケジュールでは公表しておりませんしたが、
今回、HORI主催の懇親会でのコンサートに出演させて頂きました。

銘菓「夕張メロンピュアゼリー」発売から30周年を迎え、
更なる発展を目指し、日ごろ多大な協力を頂いている取引先の業者様に
感謝の気持ちを伝えようと、社員の皆様で企画されたこのイベントです。

お昼過ぎからは、敷地内でバーベキューやビンゴ大会が開催され、
多くの人で賑わっていました。
2017-06-22-02-14-38


自らもトランペットを演奏するほど音楽好きな堀社長が、
お世話になっている皆様に素敵な歌を聴いてもらいたいと
歌旅座のコンサートを企画してくださったそうです。

2017-06-22-02-16-44


普段お忙しい時間を過ごしているであろう皆様に、
ひとときでもくつろぎの時間を提供できたでしょうか。
こんなにたくさんのおひねりを頂いてしましました。

2017-06-22-02-21-26


終演後、堀社長に敷地内にあるレストラン「北菓楼」へ案内して頂き、
「オーダーが殺到すると大変なので、内緒にしておいてね!」という
堀社長のみ注文が許されるという、特別なお飲み物を頂きながら、
いろいろなお話しを伺いながらしばしの時間、寛がせて頂きました。

HORIの皆様、大切な行事にお招き頂き、ありがとうございました!

Go West!ツアーから帰って来てから、しばし次の公演までの空きスケジュール。
長いツアーが続いていたので、トラックから機材を降ろしトラックもメンテナンスへ。
そして久々に機材も倉庫にズラッと並びました。

今までは大工仕事を多くご紹介してきましたが、
今回のメンテナンスはケーブルをメインに作業してました。
ケーブルも使っているうちに断線したり、コネクターのネジが無くなっていたり、
使えば使うほど痛んでくる物なのです。
断線していないか、修理後ちゃんと治ったのかをチェックするのに必要なのが
『テスター』です。
皆さん知っている機械かもしれませんが、使う機会はあまりないでしょう。
テスターでケーブル一本一本チェックしていきます。
IMG_3010
あとはチマチマとハンダを付け直して修理して、またチェックの繰り返しです。


一つにケーブルと言っても様々な種類がありますが、
1番皆さんと関わりがあるのが『電源ケーブル』だと思います。
お家の『コンセント』ですね。
舞台では特に照明が沢山の電気を使うので、その容量などによって形状もかわってきます。
IMG_3018
右から誰もが知ってるコンセントプラグ『平行型』
舞台照明の昔から使われている『T型』
T型の後継として今舞台では主流の『C型』
ネーミングは見たままで解りやすいですね。

歌旅座ではT型のケーブルを多く使っていたのですが、会館やホールではC型が殆どなので、
この機会に全部作り直してC型にする作業を黙々と進めていました。
並べてみるとコーラス隊みたい…なんて遊びながら。
IMG_3016

今まで膨大な電気を使っていた舞台照明も、近年では少しづつではありますが
省エネ化が進んでいて、LEDの照明が増えてきました。
その結果、最近では容量の大きいT型やC型では無く、
家庭と同じ平行型コンセントで舞台照明が使える様になってきています。
お寺や集会場など電気容量がない会場でもコンサートをする歌旅座にはありがたい時代に
だんだんなってきている気がします。
機材自体はまだまだ高価で歌旅座が手が出る代物ではないですが…


そういえば、自分は一人暮らしなので解りませんが、ご家庭のLEDの普及率はどうでしょう?
今時の皆さんのお家はLEDに変えているのでしょうか…
LEDは電球や蛍光灯と比べて消費電力が1/3以下で寿命が10倍なんです。
つまり電気代が約1/3で球切れしないのがメリット。
初期投資が高いめなので半年、1年という長い目で見ての節約なんですよね…
話しが逸れて電気屋の回し者みたいになってしまいました。

新しく便利な物はどんどんと開発されて世の中に出てきますが、
ある物を使う、直して使う、工夫して使う、これも歌旅座流。

IMG_3009
これはもう買わなきゃ…。
 

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.