北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


四国公演を終え、それぞれまた旅へ向かったメンバー。
札幌へ戻るJUNCO、チエと神戸空港で別れ、アリタとBOSSは沖縄へ。
11月とはいえやはり、沖縄は暖かい。
北海道、本州とは別の風が流れている。

今年1月以来の沖縄。
今回はBOSSの知人のご尽力もあって、宮古島と石垣島へ行く機会を
もらったのだった。
もちろん目的は歌旅座公演の提案である。
それと、もうひとつ。
別事業で携わっている〈方言かるた〉の提案も。

この〈方言かるた〉、沖縄県内ではすでに『うちなーぐちかるた』(発売元:沖縄テレビ
放送)と『よなぐに方言カルタ』の制作・製造に 以前関わらせていただいていた。

宮古島、石垣島この2つの地域は、それぞれ沖縄本島とは異なる文化を持ち言葉も違う。
例えば、皆さんもご存じの沖縄ことば・ウチナーグチの「めんそーれ」。
「ようこそ」という意味であるが、
宮古の方言では、「んみゃーち」、
石垣の八重山方言では「おーりとーり」
と全然違う、ということは前から知っていた。

この宮古ことば、八重山ことばは、世界無形資産を認定する国連の機関・ユネスコが「消滅の危機にある言語・方言」の一つとしてあげ、北海道のアイヌ語もしかり、
文化庁も保護・継承をしていかなければならない〈言葉〉としているところだ。

翌早朝、那覇空港から宮古島へ向かう。
宮古島が窓から見えてくると、客室乗務員の
「それでは宮古のことばでご挨拶を」とアナウンスが流れてくる。
「んみゃーち・・・・・・・・・・」・・・う~ん、全くわからん。
宮古島市長への訪問のあとは空港へトンボ返り。
今度は石垣島へ。プロペラ機に乗り込む。
[画像:b8ddcb7b-s.jpg]
宮古島➡石垣島間は、約20分のフライト。
雲の上ではなく眼下にはずっと青い海が広がりあっという間。
到着前、また機内にアナウンスが流れる。
今度は八重山ことばで。
「おーりとーり・・・・・・・・・・」・・・う~ん、またしても全くわからん。
ただ何となく、アイヌ語に似ているような「イランカラプテ~」みたいな。
それだけで、なんだか北海道との親近感を感じてしまうのは短絡的であるが、
これだから〈ことば〉という文化は面白いと感じる。

まずは両島の方に〈昭和のうたコンサート〉も〈方言カルタ〉も興味を持って
頂けたと思う。
そうして石垣空港から那覇空港へ向う便にまた乗り込む。
島めぐり日帰りの旅 1日を終えた。
[画像:b6f4adf0-s.jpg]
翌日、沖縄本島の市町村をまわり、うるま市の東側、橋で海を渡っていける
伊計島に寄り道をしてみた。
先端の方に行くと、「琉球の風ロケ地」という看板を発見。
1993年のNHK大河ドラマ「琉球の風」。
17世紀の初頭、薩摩藩の侵攻を受けた琉球王国が、属国となりながらも独自の文化
を守り続けたという物語だ。
そして先の戦争を終え、沖縄返還から今年で45年。
今でもここ沖縄では特有の〈琉球の風〉がゆるく流れているような気がする。
[画像:17684f96-s.jpg]
内地とはあきらかに違う「昭和感」がある沖縄。
だからこそ、この地の町まちに歌旅座の「昭和のうたコンサート」を〈北の風〉
とともにお届けできること。
早く実現できれば嬉しいですね。

さあ、明日から久しぶりの北海道でのツアーが始まる。
長く離れていた北へ帰ろう。
シーサーよ、また!。サラバ!
[画像:4f110c43-s.jpg]

1年前、BOSSの土産で初めて出会った「DAOコーヒー」
エスプレッソコーヒー・砂糖・ミルクが一緒に入ったスティックタイプで
お湯を注ぐだけで美味しいミルクコーヒーが飲める代物です。

「うまいから飲んでみろ」BOSSに言われるがまま飲んでみたところ
「おいしぃ~っ 」思わず笑みがこぼれるほどの美味しさでした。
コクのある甘みと香り。ひと口飲み込むと、お風呂に入った時のような
リラックス感と温もり。
出会って以来、朝の目覚まし役として、休憩時の癒やし役として
寒い時の暖め役として活躍してくれています。
座の面々もお気に入りの一品です。

この美味しさをたくさんの方に味わっていただきましょうと
「楽屋珈琲」として発売したのが今年の3月。
それから全国ツアーでもこの品を携えて各地を訪れるのですが
これまた大人気なんです。

本格的な冬が到来します。
寒さでこわばった体を「楽屋珈琲」がほぐしてくれるはずです。
この冬お勧めの一品。お試しあれ。


23658727_1510895952358812_2876950495216657050_n

北海道歌旅座「楽屋珈琲」ご注文方法
5本入り   300円
30本入り 1,800円
※3000円以上のお申込みで送料無料

☆お電話で☆
011-623-6680
までお電話ください。

インターネットで☆
こちらをクリックしてください。
歌旅座オンラインショップに繋がります。

北海道は雪が降りました。もうすっかり冬です。
あと半月もすれば、きっと真っ白な景色が広がることでしょう。
寒くて厳しい北海道の冬ですが、そこにほっこり温まる音楽をお届けしようと思います。
会場となるのは陸別町タウンホール。
!cid_38B4939A-B546-4B67-8619-54B8422AF268@airport
演目は久々の「本公演」です。
歌旅座のオリジナル曲を終結させたアルバム「標」「OLD&NEW」から選りすぐりの
曲たちを、旅の中で生まれた曲たちをたっぷりお届けいたします。
全国でステージを重ねてきたJUNCOの歌声は、厚みと温かみを増して
みなさんの心にそっと寄り添っていくことでしょう。
たくさんのご来場をお待ちしています。
!cid_C6B2302C-AF35-4F48-A088-B9E9EE44153B@airport
〇日時 平成29年12月3日(日) 開場13:30 開演14:00
〇会場 陸別町タウンホール 陸別町東1条3丁目1
〇料金 500円(一般特別料金)
    ※中学生以下無料
〇お問い合わせ 陸別町教育委員会 0156-27-2123


北海道歌旅座の新しい演目が、まもなくスタートです。

「ホッカイドウ・ソングス」
は、
北海道にゆかりのある楽曲だけで構成するステージ。
歌旅座のオリジナル曲や定番化したかつてのヒット曲を集めました。

そして、来たる11月19日の北斗市公演から、
コンサート「ホッカイドウ・ソングス」をお届けします。
北斗市公演は残念ながら満員御礼となりました)

utz_hs_01


「ホッカイドウ・ソングス」公演のご案内

11月19日(日) 北斗市 茂辺地住民センター
  開場14:00 開演14:30 満員御礼
平成29年度「今昔、茂別物語」事業 「茂別音頭」復刻記念コンサート

11月22日(水) 黒松内町 黒松内総合町民センター
  開場18:00 開演18:30 ¥2000

11月23日(木・祝) 恵庭市 夢創館
  開場13:00 開演13:30 前売¥2000 

11月29日(水) 音更町 音更文化センター ふれあいホール
  開場18:00 開演18:30 前売¥1500

12月14日(木) 旭川市 神楽公民館 木楽輪
  開場18:00 開演18:30 前売¥2000 

12月27日(水) 滝川市 興禅寺
  開場13:30 開演14:00 前売¥1500
       「年忘れコンサート」



以上のコンサートを年内に予定しています。

また、コンサート「ホッカイドウ・ソングス」を記念して、
そのサウンドトラック盤ともいえる、歌旅座のCD新作も発売します。
題名も同じCD「ホッカイドウ・ソングス」
既発表曲はリマスタリング(再整音)を施し、
初登場のレパートリーも加えました。

utz_hs_02

北酒場 札幌ブルース 流されて伏古
宗谷岬 オロロン守り唄 旭川恋の町
計6曲を収録、1500円(税込)です。

ただし、通信販売は当面予定していません。
コンサート会場限定販売となります。 


ぜひ各地で開催されるコンサート「ホッカイドウ・ソングス」にお運びください。

北海道歌旅座とお客様、元気に会場でお会いできることを願っています。

 

教育実習へ通う日々の記憶を辿った「ナナカマド物語 2000」、あの頃から約二十年。

「十年たって変わらないものは何もない。二十年たてば、周りの景色さえも変わってしまう。」

チープさんのドキュメンタリー映画『SAME OLD STORY〜20年目の訪問者〜』の中に出てくるこの一文が、ある小説からの引用だと知ったのは、しばらく後になってからでした。

来年、歌旅座は十年目に入ります。
この十年を切り取ると、変わらない部分も多い。
私達が大事にしていること、関わりを続けてくれている人達、何と言っても、まだ“ただ中”という感覚が強い。

でもどうだろう、2000年の夏から十年を眺めた時には、チープさんと初めて会うことになった2006年の大晦日を境に、私の人生はそれまで想像し得なかった方向へ進んで行ったと言って良い。

そして、この日、同じく初対面であったBoss。
色つきのサングラスをかけて、コマイを勧めてくれました。マヨネーズつけるとうまいぞ、と。
出会ったことのない匂いの人でした。

それから多くの仲間と出会い、人の広がりの素晴らしさを知りました。
そこに時に苦しみや悲しみが生まれることもあるけれど、それを自分達の力にしようと努めることの大切さも、あらためて感じています。

近く訪れる179市町村達成の日は、また次の十年の一歩となるはず。
そんな道の途中の、2017年晩秋。
ナナカマドは葉を落とし、熱燗のおいしい冬を待つ。

KIMG0566~2~2


ともに旅する楽器。
1926年に誕生して、まさか日本中をこんなに駆け巡る運命になろうとは。
週末からは道内ツアーです!

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.