北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


初めて書かせてもらっている長編のこの記事も3日目となりました。
ちゃんと伝えられているのかが心配ではありますが、もう少しお付き合いください。

昨日のお話しで『デモ音源』という曲の原型になるところまでお話ししました。
そしてこれからアレンジ(編曲)の作業となります。

アレンジについての打ち合わせが行われました。
大空町らしい高い空と広い大地のイメージを表現していこう。
JUNCOはメロディーやコード進行を手直ししながら
イントロや間奏がつけられ曲としての構成が出来ていく。
やっと順調に乗ってきた、これで締め切りまで2週間何とか間に合う…完成は近い。
と自分は思っていた。

がしかし、アレンジした曲をBOSSが聴いて、「ダメだね。」
イントロに掴みがない。サビに勢いがない…
このリズムじゃ歌いにくいだろ…
そしてもう1度考えなおし、試行錯誤して手直しをしていく事に。
もうこの頃には自分もJUNCOも締め切りを気にして気が気ではなかった。

イントロのメロディーを直し、歌いやすいリズムに直していく。
ピアノでリズムを刻みながら、どうがいいのか…
これならどうだ、こういうのがいいかと、アレンジを固めるまでにまた数日使ってしまった。

もう残り1週間を切ってから、レコーディングを進めていく。
そしてフルートのレコーディングの時、BOSSが様子を見に来た。
「もっとジャズっぽく、風のようにならないかな」とBOSSから指示がでた。
何度かやってみたが、うまくいかない…
「今日は何回やってもダメだから、どういうフレーズにするか譜面を作ってから後日にしよう」
その日のレコーディングは1時間も経たずに中止となった。

そしてBOSSが自分とJUNCOに話す。
「この曲の鍵はフルートだ、フルートは何を表現すると思う? …風だよ。」
そう言うと、youtubeを開きある1曲を聞かせてくれた。

40年前、吉祥寺のジャズ喫茶で出会った曲らしい。
McCoy Tyner(マッコイ・タイナー)というジャズピアニストの
『Fly With the Wind』という曲。
この曲のフルート奏者:Hubert Laws(ヒューバート・ロウズ)
風のような自由な奏法のイメージが必要だと。

  
「フルートは風。強い風もあれば、寄り添うような風もある。」

初めて聞いた曲だったが、すごく納得できた。
その曲のフルートは本当に風のようだったし、いろんな風を表現しているようだった。
そのイメージになるべく寄せたフルートパートが作成され、収録が再開された。

締め切りまではあと2日となっていた。
完成まであと少し…また明日。

レコーディング日誌2日目。
昨日の製作が決まったところから、実際に作っていく作業へ。

現地での会議の結果、我々に与えられた2つの課題。
『子供からお年寄りまで老若男女を問わず歌える曲』
『歌詞は町で公募で決まったものを使用する事』 

製作はまずデモの曲を作ることから始める。
流れとしては歌詞にJUNCOが曲をつけていき、
調整が必要な所や言葉をうさぎさんが直していく事になった。
JUNCOが歌いやすい曲のメロディーを模索していく…
ここでJUNCOが頭を悩ましたのが『老若男女問わない』という事。

年齢性別を問わないというのはどんな音楽なんだろう。
ある意味ノンジャンル的でいい曲ってどんなんだろう。
JUNCOの顔にはそう書いてあるように見える日は何日も何週間も続いた。
もちろんツアーも入っている為、合間を見つけては作曲をしていた。

そしてある日デモ音源の録音をする事になったが、
結果からいうとボツとなった。
あまりにも子供も歌える事を意識しすぎた曲になってしまい、
お遊戯会みたいな雰囲気が強く出ていた。
私の印象としてもJUNCOらしさにも欠けていて、
歌旅座でこの曲に関わる意味を考えたりしていた。

JUNCOがスタジオに篭る日がまた続いた…
新たに録音する…
ボツになる。

しばらくはそんな日が続いた。
ワカサギ釣りの楽しさなんて忘れかけているだろう。
こんなに頭悩ます事とは想像していなかっただろう。
それくらい顔が曇っていた。


最初は自分達で乗り切らないといけない課題だと思い、
形ができるまではあまりBOSSとはこの話しをしていなかったし、
多分BOSSも自分達でやってみろという感じだったと思う。

デモ音源を何パターンか聞いてからBOSSの意見を聞いた。
まずはターゲットを絞らない『老若男女』というのははるかに難しい事。
強いて言うならそれはどこか『校歌』的な曲か…など話をした。
最終的には「あまり条件を気にせずに作ってみたら。それがいい曲だったら良しでしょ。」
多少条件と合わなくても、それ以上に良い作品を作れば良し。喜んでもらえる。
なんか凄い説得力があった。

自分は校歌的か…なんて考えながら著名人達が作った校歌なんかを聞いてみたりしてみた。
以外と様々なアーティストが校歌を作っている事がわかったが、
校歌らしくないのが多いのと 歌うのが難しそう…
なんて為になったのかどうか解らない事していた頃。

JUNCOはうさぎさんと歌詞の調節をしながら作曲を続けていた。
数日後、デモ音源を録音した。
録音直後にJUNCOが言った。
「これでダメだったらもう無理、もう何も出て来ない」
その曲はJUNCOもあまり条件を意識しすぎないようにしたのか、
1度聞くと頭の中でループするような覚えやすさと、
JUNCOらしさを感じる最初とはぜんぜん違う曲になっていた。

メンバーで試聴もし、これで行こうとなり『風は友だち』の原型が出来上がった。
しかし、この時点で出来上がったのはピアノと歌だけのデモ音源。

長い本州ツアー、北海道でもコンサートを挟んでの作業だったので
すでに完成の締め切りは1ヶ月を切っていた3月中旬になっていた。
4月の四国ツアーの出発までに完成させなければいけない。

これから曲にイントロや間奏をつけて、どんな楽器を入れて、
どんな曲に仕上げるかというアレンジをして、レコーディグをする

間に合うのか…
また明日…

IMG_2736


 

こんにちはダルです。
今日から4日間でひとつの作品が出来るまでのお話をしたいと思います。

東北ツアーも終わり、これから九州ツアーが始まりますが
少し時を遡り、2月上旬の事でした。

私の携帯に珍しい人からお電話を頂きました。
「ダル、お疲れ様。歌旅座に曲の製作をお願いしたいんだけど。BOSSいる?」
電話をくれたのは大空町の兄貴、秋葉さんでした。
秋葉さんは大空町教育文化会館の館長。
公演の時はいつもご尽力を頂いている一人で、音響・照明にも詳しく公務員とは思えない…
懇親会では機材マニア同士だけで話しが盛り上がってしまいます。


実は公演時の懇親会で『大空町ソング プロジェクト』があるという話題になり。
実行委員の皆さんが「こんなに大空町に来てくれている歌旅座にお願いした方がいい」と
言ってくださり、企画関係者に歌旅座を推薦してくれるという流れに。
最後は皆で硬い握手を交わして帰札した。
それが去年の10月の話しでした。


そこから4ヶ月後の電話。
さまざまな話し合いがされていたのだと思われます。
「前に話した大空町ソングの話し、歌旅座にお願いする事になったよ!」
嬉しい知らせの電話をBOSSへ回す。
電話をしながら書かれていくメモに目が釘付けになっていた。

そして翌週には、うさぎさんとJUNCOが打ち合わせに現地へ向かう事となった。
うさぎさんが以前ブログで書いた女二人珍道中がこの旅だったのです。

到着して間もなく始まったのは、打ち合わせというよりは
二人の予想を超えた大真面目な会議。
うさぎさんのブログでも
それぞれの視線から熱い意見が飛び交い、 決して人まかせにせずに
自分たちの手で作り上げていこうという気概を感じ、 
身がひきしまる思いがした。』
とあるように製作にかける熱い思いと意見交換が成されていたようである。

翌日、私は別件のレコーディングが控えている為JUNCOの帰りを待っていたが
やっと帰って来たのは予定よりも遅く日もどっぷり落ちてからだった。
手には大量、いや大漁のワカサギの入ったビニール袋。
帰ってくるまでは『どっかで道草食ってるなぁ…』とイラついていたが、
釣ったばかりのワカサギを見てしまったので、その日のレコーディングを止め、
揚げたてのワカサギを食べながら旅の報告を聞いた。

この時はなんの問題もなく順調といった感じに思っていた。
しかしここから与えられた課題に悩み、頭を抱えていく事になっていくのですが…
それはまた明日のお話しで。

image




 

5月24日は、ヴァイオリン・高杉奈梨子の誕生日。
 
歌旅座結成の2009年の今日、NARIKOはタイ・バンコクにいた。
アジア13ヵ国の代表歌手が終結する<タイ国王記念コンサート>
に日本代表シンガーとして参加したJUNCOとNARIKO。
タイで迎えた30歳のバースデイは、翌日のフランス大使館のホールで
<ニッポン全国市町村公演>番外編・バンコク公演を終え、
屋台で食事のあとに、現地ならではの「バターケーキ」でお祝いしたそうだ。
 そのときの写真がこちら↓
image
ケバい。
2人とも現地のメイクさんにかなり気合いを入れて仕上げられている。
でも初々しいですねー。
 
あれから8年。
陽春の東北ツアーから戻り、
歌旅座のホームとなる、札幌・円山夜想マルヤマノクターンで
NARIKO生誕メモリアル・ライブが行われた。
image
会場には、これまで応援してくれているお客様が各地からご来場。
 image
この日のために用意された、ワイン好きなNARIKOの当日限定・
オリジナルワイン『奈梨子の涙』(赤・白)
一体お味の方はいかがだったんでしょう!?
 
日本全国に歌の旅を続け、その間もいろいろなことがありながら、
ステージをこなし、レパートリーも増えた。
そんな曲たちを今回のバースデイ・ライブでは披露。
image
JUNCO、CHIE、北埜うさぎも祝福の参加。
 image
image
最後は、ザ・サーモンズの面々も加わり、会場の皆さんとHAPPY BIRTHDAY♪
円山夜想の本間ケンジ店長から、サプライズケーキがステージに運ばれ、
終始、あたたかい空気が流れた1日だった。
 image
一年に一度、これまでの人生を振り返り、そしてこれから迎える
新たな一年と未来のことを想う、誕生日。
NARIKOもきっとこの日が忘れられない思い出となり、
これからの新たな自分にワクワクと出会う1年であってもらいたい。
 image
マルヤマノクターンにご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。
そしてNARIKO、誕生日、おめでとちゃんでした!

大分遡るが 2008年 『悲しい色やね』を
歌うことが決まった時、私はチープ兄ぃに
『大阪の海が悲しい色をしてるかどうか
見てこようと思うんです』と言ったら、
『お前、大阪の海なんて ただのキタネェ海だぜ?
悲しい色に見えるかどうかは その人によって
違うだろ。』と返されたことを思い出す。

私達は今 旅をしている。
新しい街に行く時、ある程度の(ウィキペディアに
のっているような)情報くらいは見て行くが、
『実際のところ』っていうのは結局
自分達の目や心や身体で感じたことが
記憶に残ることになる。
『何々県の気質はナニナニ』と言ったって
出会った人があたたかければ 私達にとっては
『あたたかい街』となる。

ツアーに出ると 北海道とはまた違った
各地の美しい景色や 残念な景色や
美味しいもの 美味しくないもの
色んなものに出会う。
この仲間とだから感じられるものもある。
ただのカップ麺も うまいカップ麺になったりする。
一人なら 舞い落ちる花びらに涙するかもしれないが
誰かと一緒なら その木の下で夢を語ることだって
出来る。

毎日毎日、機材を搬入し 演奏し バラし また積み込み
そして車に何時間も揺られ 眠る。ということ『だけ』を
やっていたのなら きっと私達の心はロボットのように
規則的な日常になってしまうのだろう。

『なにかを見て どう感じるのか』
という簡単なことを忘れないように
せっかくの鮮やかな思い出が 消えてしまわないように
この先の旅も 心の瞳をギラつかせていきたいと
思います。

IMG_20170523_183607

JUNCOでした。



このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.