北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


中川での暑い、熱い夜を過ごした翌日、一行は千絵の第二の故郷名寄市にある
ブルービートサウンドへ向かいました!
この日もまた暑かった~!
連日の暑さに少々バテ気味のメンバー。
そこに容赦なく立ちはだかったのは3階まで続く階段・・・。
またまた大汗かいての搬入作業でした。
 
ここでお届けしたのが、1970年代の音楽にのせて夢を追いかけ
ふるさとを離れる青年と、それを思い続ける少女の青春群像を描いた
『クライマーズSHOW・東京物語』

実は名寄で「クライマーズSHOW]を披露するのは今回で4回目となります。

円山夜想で始まったジャンル不問のパーティーライブショーが
初めて円山夜想を飛び出し、降り立ったのがこのブルービートサウンドでした。
その時のちらしがこちらです。
初めての「クライマーズSHOW2夜連続公演」に挑戦したものの
不甲斐ない結果に終わり、その3週間後にアンコール公演ならぬ
リベンジ公演を開催したこともありました。
imageimage2014-12-04-11-04-14
そこから数々の物議をかもし出しながらも、試行錯誤を繰り返し、涙鼻水を垂れ流し
その間になんとCDも発売し、現在の「クライマーズSHOW・東京物語」になりました。

半年振りのステージはNARIKOもあらたに参戦し、七夕にちなんだ「星シリーズメドレー」
を北海道で初めて披露しました。
これからどんどん形を変えていくく「クライマーズSHOW」
是非楽しみにしていてください!
IMG_1975
ご来場のみなさま、暑い中ご来場いただきありがとうございました!!
そして、いつも「好きに使っていいよ!」と快く会場を提供してくださる
オーナーの西村さん。
ありがとうございます!またお邪魔します!




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

8月4日(火)我々 北海道歌旅座は中川町にて新記録を更新した、と思う。
人間は1時間に最大約2~3リットルの汗をかき、1日に最大約12リットルかくと言われている。
がしかし、この日間違いなくメンバー全員がその人間の限界を超えた雫を、身体中の穴という穴から発したのでありました。

毎年 同日に中川まつりというお祭りが行われており、今年も呼んでいただきました。
会場となったのも昨年同様 山村開発センター
IMG_1924
札幌よりも北にあるということで多少は涼しいのでは、なんていう期待を一瞬にして裏切ってくれました。搬入時から既にパンツを変えたくなるほど。中には毛髪の過疎化が進んでいるメンバーもいるので頭皮の湿気は一大事。そんな戦いの中でのステージ設営でした。

しかし、これはただの始まりにしか過ぎなかったのです。 

たくさんの方々にご来場いただき昭和ノスタルジア公演がスタート。
曲が進むにつれ盛り上がっていく会場、そしてそれと同時にどんどん上昇していく気温と湿度。
IMG_1943
ステージ第二部の後半、メンバーの発汗量もピークに達しました。それはそれはおびただしい量の汗が全身を包み、その熱は会場の皆さんへと伝わり、最終的には会場中の床が濡れてしまうほど。
IMG_1944
このお方。
一見爽やかさを装っていますが、その身を包むニュー衣装のサテンシャツは外からの空気を一切通さない造りの上、濡れた時の肌への吸着力は天下一品。
汗により既に元の色を失っているのもおわかりですね。

こんな状況の中、最後まで会場に残ってくださった皆様ありがとうございました。
暑苦しくて居心地悪いって感じた方もいたかもしれませんが、こんな状況だったからこそ尚更同じ空間を共有できたことを嬉しく思います。

また一緒にたくさん汗かきましょうね!!
IMG_1959

IMG_1963

汗が出るということは、それだけ身体の熱を下げなければいけなかったということ。
人は100mリットル 発汗することによって、体温の上昇を1度防いでいるらしい。
もしこの公演で一滴も汗が出なかったら一体我々の体温は何度まで上昇したのか、考えただけでも恐ろしいですね。

まだまだ夏は続きます。
水分摂って塩分摂って、たくさん汗かいて、

この夏を乗り越えていきましょう!!
また元気に会場でお会いできるのを楽しみにしております!!
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

暑い日が続きますね。
みなさんお変わりなくお過ごしですか。

この日歌旅座がやってきたのは小樽市にある運河プラザ。
歴史的建造物に指定された旧小樽倉庫を利用した施設で、
中には土産屋や、観光案内所、喫茶店などがあり
たくさんの人が立ち寄る場所の一つです。

IMG_1846
その中にある3番庫ギャラリーという場所が会場となりました。
実はこの場所、2011年6月にホールでの昭和ノスタルジアを初めて披露した思い出深い
場所でもあります。
 
開演時間が近づくと続々と集まるお客様。
前回に引き続き会場は超満員!4年前の光景が思い出されます。

1曲終わり、また1曲。会場のテンションと同時に気温も上昇していきました。
客席の戸をあけて換気するものの、暑さは変わらず・・・
ステージが終わる頃にはJUNCOもケンもチエも全員汗びっしょり!!
ご来場の皆さんもほんっとに暑かったでしょう~。  
そんな中、最後までご覧頂き、沢山の拍手と声援をありがとうございました!
今年の1月から始まった『クライマーズSHOW』は今回で30公演となりました。
もはやチエもケンも新参者ではありません。 
こうして公演を続けることができたのも、支えてくれる皆さんのおかげです。
このご恩、しっかりステージでお返しいたします!!
IMG_1923

変わらず応援し続けてくれている福井さんご夫婦をはじめ、主催してくださった
後志後援会の皆さん、ありがとうございました!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

北海道歌旅座 後援会の皆様へ

『渋谷公会堂 さよなら公演・昭和ノスタルジア』 後援会特別チケット
絶賛発売中です。
会員特典として、チケット代2000円のところ1000円で販売しています。
発売期間は8月7日までとなっています。
どうぞこの期間にお買い求めください。
また、後援会に加入していない方はこの機会にご入会をお勧めいたします。

ご予約・お申し込み・お問合せはお電話でもできます。

北海道歌旅座
070-5463-6776

どうぞお気軽にご連絡ください。お待ちしています。
IMG_1842

そして8月11日・12日に開催する、渋谷公会堂公演・前月祭は好評につき
満員御礼となりました。
ありがとうございました!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

第4回目を迎える『バラの音楽祭inちっぷ』

秩父別の地元産物や名物とあわせ音楽を通じて街を活性化したいという想いから、
町民ボランティアのみなさんが集まり、一から創り上げたお祭りです。
歌旅座はありがたいことに第1回目から毎回出演させていただいています!

会場は、約300種類のバラが咲き誇る 「ローズガーデンちっぷべつ」。

IMG_1803

実行委員の皆様は、前日から会場設営。
当日は、あいにくの曇り空でしたが、雨が降らず一安心です。
IMG_1806

満開に咲き誇るバラとお客様に囲まれ、音楽祭がスタートしました。
IMG_1810
 IMG_1805
町内外から集まった音楽家達の音が空に響きます。

実行委員長であります、常楽寺・山本住職は、地元でのコーラス団体の指導や、
自身も声楽家として活動する、秩父別町を代表する音楽家です!
この日も、迫力ある歌声を披露して頂きました。
IMG_1813


音楽祭も中盤に差し掛かって来た時、なんと激しい雨が!!

IMG_1826

トリの歌旅座の出番前には、一旦は止みかけた雨ですが、
JUNCOが声を響かせた途端、 再び降り出してきました!
さらに、ケンが登場し「愚か者」のイントロが始まると、もう土砂降りです!

ケンの上にある茶色の傘。
じつはメッシュ状の素材になっており、雨はほぼスルー。一人だけびしょ濡れです・・・(笑)


しかし、なんとありがたいことに、お客様はほとんど最後まで観てくれていました!

IMG_1825 

実行委員長の山本住職をはじめ、スタッフの皆さん、ありがとうございました!
アメニモマケズ、カゼニモマケズ、来年もこの音楽祭を盛り上げて行ってください!
またお会いできるのを楽しみにしています! 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.