全国共通コンサート入場券 うたたび ザ・コネクション

北海道歌旅座コンサートスケジュール


スマホを使い始めたのはいつからだろう?
機械音痴で慣れた操作が変わるのは億劫なほうなので、歌旅座メンバーの中では
後ろから3番目ではなかったかしら。(最後まで粘ったのはジュンコとボスです。)

多くの人が携帯電話を持つようになり、家に電話をかけることは滅多になくなりましたが、
昔は友達や彼氏彼女に連絡するのも家電(いえでん)でしたね。
誰が受話器を取るだろうと息を潜めて呼出音を聞いたり、長電話を怒られたりしながら。

高校の合格発表の日、公衆電話から家にかけたこともよく覚えています。
ギリギリで受けた高校、電話の向こうからは心配していた家族の明るい声。

「その人」にかけているけれど、今思えば当時の電話は、周りの人達も少なからず
巻き込んでのコミュニケーションだったのだなと思います。

もうひとつ思い出すのは、小さな頃、父の仕事の関係で住んでいたシンガポールでのこと。
ある日、国際電話で祖母と話す母が泣いていた。遠く離れた外国で、母の声を聴けば
涙が出る。今ならよくわかります。
もし携帯電話があったなら、裏のバナナ畑にでも出て気づかないうちに話を済ませ、
私がこんなふうに振り返る記憶を持つことはできなかったでしょう。

もっとも、すぐ連絡がつくと思えば、さほど淋しくもなかったかもしれませんが。

このすぐ連絡がつくということで、あまり緊張感がなくなったのが
「待ち合わせ」ではないでしょうか。
約束の時間に着かなければ会えないかもしれない、ということは、
特別な意図がある場合を除いて、ほとんどなくなりました。
なぜなら…
IMG_20210303_141801

(メンバーのLINEスタンプを拝借。)
昔は駅に伝言板があったそうですね。
ちょっと遅れてしまって、数分前にそこへ書き込んだあの人を思い浮かべる、
なんだかいいですね。

そんな見えない繋がりを日常で味わう時間に、人としての色気が宿るのでしょうね。
無くならずとも、その時間自体はやはり短くなったのだろうと思います。
手紙の返事を待つ日々や、不在で声が聴けなかった長い夜を思えば、
読んだはずなのに返信がないという、既読機能付きのLINEならではの不安など
受け流せそうなものですが、良くも悪くもしっかり順応している自分がいます。

アナログでもデジタルでも、伝え合うことは、それがどんなことであっても、
大事に思いたい。

旭川公演のアンケート、皆で嬉しく有り難く、読ませていただきました。
ありがとうございました。
しばらく公演はお休みですが、再会を楽しみに、暖かな季節を待ちたいと思います。
みなさまとうぞお元気で!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2008年秋。
世間はリーマンショックというからっ風に晒されていた頃、
歌旅座の前身となる『JUNCO&CHEEP』の活動が決まった。
と同時に今は亡きチープさんが主演するドキュメンタリー映画
「セイム・オールド・ストーリー」が翌年2月夕張市の国際映画祭で
上映されることとなった。
その時BOSSが言った。
「北海道180市町村公演の初舞台はここから始めよう」と。

2009年2月26日から4日連続の公演で会場は夕張市民会館の特設サロン。
凍てつく冬道ワゴンを走らせ、スタッフ・メンバー十数人で通った。
音響・照明スタッフ以外、我らはサロンの厨房作業スタッフをしていた。
使用機材も最低限、もちろんトラックなど無い。
舞台セットもギリギリの大きさ。
それでも、開演時間に集まってくる人を迎えいれたときの緊張感、
「これから何かが始まるんだ」という期待と不安に満ちた高揚感は
今も忘れることが出来ない。そのときの本番中のお客さんの喜びに満ちた表情も。

あれから12年の2月26日。
結成12周年コンサートを旭川市で迎えることとなりました。
この年月悲喜交々いろいろとありながら、おかげさまの12年間の感謝とともに。

前日から続いていた激しい暴風雪はこれからの行く末を案じるように
当日の朝にはすっかり晴れ渡る空に。
一同「今日もツイているなー」と北へ向かいます。
とはいえ、旭川は雪が多い。
IMG_0080
雪山の向こうに見える建物が本日の会場・旭川市民文化会館です。
心配だったアルフィー号、歌旅トラックもそろって無事、会場入りしました。

この日は記念公演ですから特別ゲストが参加。
一人目は付き合いは歌旅座の活動以前から。チープさんの盟友で今や歌旅座のアニキ分
ギタリスト“ナイスガイ”下谷淳蔵さんが旭川空港から直行してくれました。
IMG_0082
*着くや否や早速JUNCOとナリコの3人でのリハーサルの様子。
いつもの歌旅座公演とはまた違い胸が高鳴りますね。

通算38回の旭川市公演を支えてくれている旭川の実行委員のヒグチさん、
フクダさんのほか、名寄で出会い当時は中学生(ウン?高校生?)現在旭川在住のなっち、
小学生のときに旭川みちくさ合唱団としてステージ参加してくれ、現在京都の大学から
帰省しているヒグチ愛娘のゾーイも裏方としてヘルプ参戦してくれました。
IMG_0084
*受付の様子
FullSizeRender
*みんな大好き楽屋弁当を準備するなっち

そして本番が始まります。
これまでに作り上げてきたオリジナル歌旅座本公演を中心にお届け。
出番前の3人いい顔してますね~。
IMG_0079
休憩時には、吉田聰後援会長からゲストとしてご挨拶を頂きました。
12年前の夕張で撮影、ご夫妻で参加頂いた『名画座』の姿に会場も感動を覚えたでしょう。
IMG_0085
その緞帳の内側には何やらヒソヒソ話しをする人影を発見。
そう2部は緞帳がガバっと開くと、歌旅座の影のメンバーともいうべき写真家・飯塚達央さんと
ヘアメイクの樋口一枝さんがゲスト出演するというサプライズが待ち受けていた。
IMG_0081
6年前にタイで撮影した映像とともにJUNCOが『海に出よう』を歌い上げました。
IMG_0089
コロナ制限がある中、北海道の各地からこの日を楽しみにそして祝福しに、
当初の予定を超える満員御礼、沢山の方々が来てくれました。
初めからは知らなくても歌旅座を通してメンバー、スタッフそしてお客様一人ひとりが
12年という時(トキ)を感じ、そして前を向ける時間を過ごせていたらと。
IMG_0088
余談ながら2月26日繋がりで言うと、あの226事件から今年で85年目。
歌旅座の目指すところの100周年まではあと88年。
同じくらいの年月がかかりそうで浪漫たっぷりです。
コロナという稀な時代の荒波によりこれから少しの間港に入りますが、
雨ニモマケズ
風ニモマケズ
新たな歌旅座の船出に備え、地上でたっぷりと鋭気を養いまた長い航海へ出ます。

そういうわけで皆さんもどうぞお元気で。
またどこかの会場でお会いできることを楽しみにしています。
旭川公演ご来場ありがとうございました!
IMG_0092
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

2月26日、旭川市『北海道歌旅座・結成12周年記念公演』、
ご来場いただきましてありがとうございます。
お越しになれなかったみなさまには、後日このブログで
レポートしますのでお楽しみに。


さて、2月からスタートしたコラム「太郎's View (タロウズ・ビュー)」
想定した以上にご好評をいただいたものと勝手に判断いたしまして、
第2回目を迎えることとなりましたよ。



お題1:日米の政治家に憧れてみる  
多くの政治家や公務員のみなさんは地域のために、
お国のために昨日より少しでも暮らしを良くしよう、
安全・安心な社会を築き上げようと奔走されています。
いつも感謝しています。
でもね。
緊急事態宣言下で会食したのを隠したり、
女子とクラブに同伴出勤したり、
7万円超えの食事をおごってもらったりなんかして。
正直な話、うらやましいぢゃないか。
いまから国家公務員にはなれそうもないが、
政治家にだったら転身できるかもしれない。

ここで米国の政治家に目を向けてみると。
いましたよ、テッド・クルーズ共和党上院議員という人。
大寒波でパニック状態にあるテキサス州選出の保守強硬派。
ところがクルーズ氏、大混乱の地元をこっそりと抜け出して(見捨てて)、
メキシコのリゾート地でぬくぬくしていたんですと。
そして、それがバレちゃったと(この顛末はこちらの記事をクリック)。

もしかしたら、現在、全米でいちばん叩かれている人かもしれない。
オレンジ色の肌をした前大統領よりも。
でもね。
寒くなったら国境を越えて温暖な楽園に行けるなんて、
ぶっちゃけ、うらやましいぢゃないか。
北海道民の92%(推定値)は、冬になると、タイのプーケットや
オーストラリアのゴールドコーストへ行きたいのだ
(具体的な行き先は、まあ、人それぞれですが)。

もっとうまくやれなかったのかな。日米。

 

お題2:驚異! この料金でアレができる
携帯電話の料金もかなり下がってきて。
みなさん、毎月5000〜8000円とか支払っているのなら、
本気で電話会社の変更を考えてみて。
「面倒臭い」「よくわからない」という方は
司会太郎が相談に乗ります。 

理髪料金も安くなりましたね。
2000円でも悪くないと思っていたものですが、
今や1200円、1000円の店舗もあります。
でもね。
980円(税込み)っていう店があるのをご存知ですか。
あっし、毎月お世話になっています。
しかも、全国チェーン店なので、旅先でみつけたら
するっと入店してサッパリと刈り込んでもらいます。

iwa01
店内を撮影させていただきました


実は「平日タイムサービス」というのもあって。
写真の一部を拡大してみると。
iwa02
木材でちょっと隠れていますが。
ほうら、690円でカットできる。
カラーリングもこんな値段で実現。
丸刈り料金には絶句。

コロナ禍の現在はタイムサービスを休止している店舗もあるようなので、
各店舗でご確認ください、といいたいところですが、
同社ホームページでは地域の店舗情報が掲載されていないんです。
(公表されていなので、このコラムでも店名を伏せております)

なので、ご自分で探すしかないのです。
いや、もうひとつの手段は、司会太郎にご相談いただくこと。
旭川にお住まいの方は、美容室ULUがオススメ。



お題3:足もとにご注意ください
冬の北海道は車道はもちろん、歩道も氷結します。
すなわち、ツルリと滑るわけです。
すると、大切なボディーに傷をつけてしまうことも。
そうなると薬も必要です。「ツルリときたらクスリのツルハ」です。
いや、マツモトキヨシでもサンドラッグでもダイコクドラッグでも
レデイでもディスカウントドラッグコスモスでもいいのです。

で、先日の2月14日。司会太郎もツルリとやってしまいまして。
クドめのラブリーフェイスに赤い斑点をつけてしまったのです。
近所にはクスリのツルハどころか、あかひげ薬局もありませんでした。
taro_scars
ひたいに2箇所。顔で硬い地面を受け止めたようです。
でもね。
JUNCOから借りたオロナインH軟膏を患部にぬりぬりしたら、
全治2週間(推定値)だったところ、78時間(確定値)で完治したのです。
野性のイヌ並みの治癒力といえましょう。
おかげで、26日の旭川公演では、
人形の久月のようなフェイスで出演できました。
オロナインの効能もさることながら、
ふだんから安物のセサミンを服用していたのも良かったのでしょう。
なお、写真の頭髪は980円で処理してもらいました。

氷の世界にお住まいのみなさんは、本当にお気をつけください。
なんだったら、外を歩かないでください。



お題4:啓発看板
PoorDog
誰かあ、頼むから、かたづけてあげてえ。
いそべー!



以上です。
今回の「太郎's View」、カタカナと店名を多めに使用してみました。

ソレデハ、ゴキゲンヨウ。



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

長年私達に連れ添ってくれたアルファード
(通称:アルフィー)が、今12周年を前に
息絶えようとしている。
乗用車にしてはありえない40万キロ近くの
走行距離をひた走り、私達の旅を
支え続けてきてくれた最高最強の『相棒』

数年前は、東北を走行中に暖房が効かなく
なり、仙台のインターを降りた時、アルフィーは動かなくなった。
すぐそばのコンビニで、カップスープを
すすり暖をしのいだ。
あの場所まで動いてくれたのは、彼の
根性と愛情だろうと感じている。
そのあとは福島にて心臓(エンジン)移植。

よく毎回車検通るなと思うほど、
車体はボロボロ。
バンパーは針金でくくり、見た目も
気にせずビスを何発も打ち込んでいる。
ドアは悲鳴のような声をあげて開く。
こちら側も右腕の力を最大限に振り絞って
こじ開ける。
時にはハンドルが重くなり、病院に
ピットインさせるが、医者たちは口を
揃えて『時間の問題だ』と言うばかり。
2020年末から始まったツアーでは
遂に妙な煙を出すようになり、
車内のエアコンからは人体に絶対影響を
及ぼすであろう空気が流れこんだ。
漏れたオイルがエンジンタンクで熱され
煙を出していたのだ。
ケーゴは、まるで看護師のように
これまたなかなか開かないボンネットを
こじ開け、漏れたオイルを拭いてやる。
『もう少し頑張ってくれよ』
『一緒に12周年迎えようぜ』
まるで 全員の気持ちを分かってるかの
ように、アルフィーは無言でくらいつく。

各地でレンタカーを借りる度、
アルフィーの心地よさを実感していた。
長年連れ添ってきたマブダチならではの
安心感がそこにあった。
車内でいくつものアイデアも生まれた。
いくつもの物語を、共に創ってくれた。

アルフィーの満身創痍の姿は
私達に語りかける。
夢があるから走っていけるのだと。
ボロボロだって、オンボロだって
走っていけるのだと。
まだいけるだろ?と。
俺の見たかった景色を、これからも
見に行ってくれ。
これはお別れなんかじゃないぜ。
まだ 続いているんだ。

旭川まで、一緒に行こうねアルフィー。
満員御礼の会場の外で、人々の命の
力強さを聞いていてね。
DSC_2621
君の窓から見た景色は
全て美しかったよ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

開催迫る『北海道歌旅座・結成12周年記念公演 in 旭川』
ついにチケットが完売いたしました。

お買い求めいただいたみなさま、
誠にありがとうございます。
今回ご来場いただけないみなさま、
あなたの街へコンサートをお届けするまで
恐れ入りますがお待ちください。


公演情報は以下の通りです。

日時:2月26日(金) 開場18:00  開演18:30
会場:旭川市民文化会館 小ホール(旭川市7条通9丁目)
料金:前売1,500円・150席限定→完売しました
*前売券が売り切れた場合、当日券の発売はありません。

 
公演チラシは、クリックすると拡大します。
210226-旭川公演チラシA

210226-旭川公演チラシB


コンサートを開催できる喜びを感じながら、
記念となるステージをお届けいたします。
いっしょに12周年の祝福にお付き合いください。 

それでは、会場でお会いしましょう!

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ



© HOKKAIDO UTATABIZA. ALL RIGHTS RESERVED.