北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


ダルです。
今日から1週間、リレー式ブログでメンバーがそれぞれアップしていきます。
今回のテーマは『昭和』
メンバーそれぞれが昭和に感じている事や思い出を綴っていきます。
まずは最年少の自分からスタートしたいと思います。

昭和60年、北海道の東の果ての釧路郡釧路町
男3人兄弟の三男として生まれました。
父は水産試験場の調査船に乗っており、当直や船が出れば土日も関係ない。
地方公務員とはいえ、あまり家にはいない仕事人間でした。
なので自分達兄弟は子供の時の記憶はほぼ母子家庭のよう。

遊びにも連れて行ってもらえない、運動会などの行事にもいない。
子供の時は公務員はそういう仕事という認識だったので、
子供の頃からなりたくない職業1番は公務員でした。

兄達もそうだったのか、考えてみると3人とも公務員になろうとした事がない。
そんな父も家の事は母に任せ、家庭を顧みず働くザ・昭和の仕事人間だったのだろう。

KIMG0013


自分の昭和は3年だけなので、記憶は乏しいが覚えている事もある。
住んでいた公務員住宅のアパートの4階、母と手をつなぎ毎日階段を上り降りしていた。

母は今でこそただの呑ンベェだが、当時はお菓子なんかも作ってくれていた。
特にアップルパイを焼いている姿が印象に残っている。
それがいつからか、お酒に合うのもばかり作るようになった。

昔も今も歌が好きで、昼間に家事をしながら音楽をかけては歌っていた。
母のカラオケは子供頃からずっと聞いていて、なんとも思わなかったが
大人になってくると、歌がそこそこ上手い事に気がついた。
ただ、めちゃくちゃ『後ノリ』だ…
一緒に歌うと輪唱になってしまいそうなくらい『後ノリ』でやってくる。

釧路公演の打ち上げにて、JUNCOが母となごり雪を一緒に歌ってくれた。
恥かし気もなく一座の前で堂々と歌う母、
他人の振りをしたいくらい勘弁してほしい息子。
あまりの後ノリに驚愕の一座。
それに合わせるJUNCOはさすがプロである。

ある意味では昭和の歌い方なのかもしれない?



あと自分の昭和の風景として知っているのは
家の窓から見た景色、道路を挟んで向こう側にどこまでも釧路湿原が広がっていた。
写真でみるような青々とした湿原ではなく、この写真のような茶色が主な湿原。
今そこは空き地もないくらいの住宅街になっている。
釧路町民ならみんな懐かしい景色だと思う。
b2013_0001842616_1


私の感じていた、そんな東の果ての昭和時代。

ここ数ヶ月、運転をすると左肩が痛みます。
内部からズキズキと。
車を運転しているときは特に痛いんです。
身体の歪みか、眼精疲労から来る神経痛か・・・。
いろいろ考えてみましたが、そういえば、
ちょうど一年前、右肩が同じ状況でした。
まさか、これが四十肩ってやつでしょうか。
 
お久しぶりです、オガです。
 

大盛況だった四国ツアーが終わった翌日、
神戸空港でみんなと別れたあとの若干の寂しさと、
この肩の痛みとともにアルフィーにて営業ひとり旅に出ております。
 
全国ニュースにもなっていた強い低気圧による大嵐の中、
兵庫県からスタートしました。
とにかくもの凄い暴風雨の音であまり眠れませんでしたが、
翌日にはすっかりと晴れわたり、穏やかな天候に。
 
播磨五川の1つである「揖保川」のキラキラした水流を眺めながら
縦長の兵庫県を北上し、メインの目的地である山陰地区に足を踏み入れました。
 
 
移動行程の都合もあり、なかなか来ることが出来なかった鳥取県と島根県。
全国の中でも何となく遠い地域のように感じていました。
しかし、こちらの方々にとっても遠いのは同じなのでしょうが、
それ以上に北海道に対して憧れのような印象を持ってくださっていて、
「遠いところから遥々ようこそー」と温かく迎えてくださいます
 
しかも、今日までお会いした方々の中だけでも、
北海道に縁のある方も多いのには驚きました。
 
親戚が斜里町にいらっしゃる方
以前一緒にお仕事をされた方が共通の知人だったという方
学生時代に岩見沢に住んでいたという方
 
歌旅座ダイアリーの北海道地図をお見せすると、
みなさん、楽しそうに指さしながら、
それぞれの「北海道」をたくさん聞かせてくださいました
 
そして何よりも、こちらの提案を内容だけでなく想いまでも
しっかりと受け止めてくださっているのを感じます。
みんなで訪れる日が来ることは、そんなに遠くないかもしれません。
 
まだまだ続く山陰営業、素敵な出会いがたくさん待っている気がします。
さぁ、今日も元気に行って参ります!

2017-04-19-08-20-26
鮎釣り発祥の「揖保川」中流の流れ(兵庫県・宍粟市)


2017-04-19-15-50-18
風が作り出した独特な模様が続く砂丘(鳥取県・鳥取市)


2017-04-19-18-49-12
美保湾に沈む夕陽に染まる空(鳥取県・米子市)

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

現在、四国に滞在ちゅー。
居残りで次回のコンサートツアーのご提案で四県をまわっています。

四国公演が終わった翌日から春の嵐に見舞われた西日本、
その夜が明けた新しい朝には、清々しい青空がつづいています。

IMG_0221zz


提案書を携えて関係各所にお伺いするわけですが、
その時点で、
「ワタクシ、司会太郎と、あ、申します」
とは言わないようにしています。
とっても照れ臭いからです。臭いのです。
ご提案をシリコンバレーの起業家のごとく
説明いたすことにしています。


ところが、後日に歌旅座のホームページや映像をご覧になって、
あるいは実際に公演をおこなった後に、
「あなた、司会さんだったの?」
と尋ねられることもあります。これが驚きます。
関係各所のご担当者も驚きます。
両者、一斉に驚くワケです。
その直後、Super Very照れます。



以上のことから、四国をはじめとする
全国関係各所のみなさま、
ワタクシが訪問しても司会太郎であることは
内心だけに留めてください。
または、ワタクシが姿を消した後に
自由な議論を同僚のみなさまでおこなってください。


それでは、居残り佐平次ならぬ、
居残り恥の上塗り営業を四国でつづけます。
次はどこの街かな。待っててくださんし。


ごきげんよう。
IMG_0199z
IMG_0200z
 

10連続公演で またチカラをつけてしまった
JUNCOです。

神戸から始まった今回のツアー
旅の思い出は数知れず。
いやしかし こんなにもブログがピンクに
染まったことなどなかったんじゃないだろうか。
行く先々で 桜達が『よく来たねぇ~』と
歓迎してくれてるようだった。

私達の毎日は とてもハードだ。
長距離移動、機材の搬出入、
重い平台を担ぎ、850公演以上分の汗がしみこんだ
独特なニホヒのするパンチカーペットを敷き、
舞台設営・照明仕込みに
音響、楽屋セッティングにチラシのセット…

IMG_20170418_155733


僅かな時間で お昼の弁当をかきこみ
口にご飯が入ったままで煙草を吸う。

眩暈がしそうなくらい高い場所にある
『シーリング』と呼ばれる照明を合わせる為に
暗くて長くて恐ろしい階段を上ったりもする。
長く愛用している照明用のスタンドに
ちょっとした凹みが出来てしまい
とにかく力まかせに直そうと試みたり。
お昼からさほど時間が経ってないにも関わらず
出番前には 夜の弁当がスタンバイ。
全員 腹をさすりながら なんとか胃袋へ入れる。
衣装のボタンが『もう無理です…』と言ってる声が
聞こえてくる。
会場によっては2時間前から もうお客さんが
並び始めている。
その間に 営業の電話もかけまくる。
15分だけ と言って短時間睡眠をとるものもいる。
そのまま眠ってしまいたい身体を無理やり起こし、
さぁ 化粧の時間だ。
男達は 濃い髭を剃りはじめ その上から
異常なまでに白い(100均の)ファンデーションを
塗ったくる。首の色と違い過ぎて
かなり気持ち悪い。

IMG_20170418_155659


女達も 『輝けぇ~輝けぇ~…』と
全くあてにならない呪文を唱えながら
細いまつ毛を太くし、薄い唇を濃くし、
元気のない髪を盛り上げる。
出番直前の楽屋は 人に見せられないほど
異様だ。
チエのドレスのチャックを締める為に
二人がかりで 生地を寄せて
『せ~のっっ!』『フゴッ!』『もぉちょいっ!』
『せ~のっ!!』『肉!』『フゴッ!』
私とNARIKOの指はおかげさまで 腱鞘炎寸前だ。

衣装を着たまま前日までの金勘定もする。
前日の物販の売れ行き次第で
晩酌のメニューがほぼ決まる。

10回の『じゃ、今日もヨロシクなっ』という
BOSSの一言と メンバーの『よろしくお願いしますっ!』。
全員が全身で創り上げたステージの幕が上がる。
緞帳を開ける、歌う・踊る・話す・売る・照らす・鳴らす…
きっと 各地の皆様にも届いたんじゃないだろうか。
あまりにも自然体な四国の人達
すっかり大好きになっしまった。
また遠くない未来に 行こうじゃないか。
皮手袋とファンデーションを持って。

そうそう。
汗だくの公演後、撤収作業をし 宿に向かう。
近くは 畑しかないような場所。全員が
どうしても食べたかった『カツオのたたき』を
少し離れたスーパーで買う。
閉店間際 棚にひとつだけ奇跡的に残っていたのだっ。
『おぉぉぉ~~~~~~っ!!』
『しかも半額だぜぇ~~~~!!』
30センチほどのカツオがなんと280円!
ミョウガに豆腐に納豆、40円のハムカツに
50円のゲソ揚げ。 男部屋の和室で乾杯。
包丁を貸してくれないホテル。
仕方なく ステーキ用のナイフで カツオと
ミョウガを切る。
頂きものの日本酒も あっちゅうまにカラッポ。

貧乏でも なんというこの豊かな食卓!
完全にこのスタイルにハマった我々は
次回から 『今度、地元の市場行こうぜ。』と
既に盛り上がっております。

身体も心も豊かに。
旅はやっぱりイイもんです。
そして 帰る場所があることも。

昨日 ダルのオカンから 行者ニンニクが届いた。
昼から早速テンプラにして頂いた。

IMG_20170418_155316


たまらん。贅沢だ。。
疲れた身体は また ギラギラと呼吸し始める。

さぁ 次は江別公演。
皆様 震えて待っててね♪


 

皆さん元気にお過ごしですか。
チエです。

満開だった四国の桜もいつの間にか花びらを落とし、
新しい葉が芽吹いていました。
本当に良い時期に来ることができました。
時が経つのは本当にあっという間で、
神戸から始まり、その後8日間にわたって続いた
四国公演は最終日を迎えました。
さいごは香川県三豊市にある
文化会館マリンウェーブを訪れました。
14433132_1057378047710607_1555943279053375475_n
毎回全力投球のメンバー一同。
連日続く仕込み、本番、撤収をこなすことができたのも
たくさん食べて、たくさん飲んだおかげでしょう。
(このツアー誰一人として痩せることはありませんでした。)
そして忘れちゃならないのは客席からの拍手と笑顔。
この日も会場は大いに盛り上がりました。
IMG_2949
会場を後にするお客様がJUNCOとNARIKOの元に
駆け寄って「良かったよ~!!」と手を握る姿を見ると
はるばる北海道から来てよかったと心から思います。
温かい方々にたくさん会うことができました。
DSC_2972
この日はこんな嬉しいお客様もいました。
愛媛県砥部市で公演を観た息子さんご夫婦が
「絶対に観た方がいいから ! 」とご両親を誘い
2時間かけて足を運んでくれたんです。
「次はいつ来るの?また追っかけるよ!」と
嬉しいお言葉をいただきました。
他にもこのツアー中に2回、3回と続けて観に
来てくれた方もいらっしゃいました。
DSC_2977
繋いでくれる歌の旅。
この出会いをひとつひとつ大事にしていきたいです。
ご来場いただいたみなさま、マリンウェーブの
スタッフのみなさま、次回お会いできる日を
楽しみにしています。
ありがとうございました。
 

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.