北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


先日、好きなペンについて書きましたが、もっと言うと
手紙が好きだ。書くのも貰うのも。
子供の頃から、なにかあればペンを走らせ、友達に送っていた。
母の日には『オリジナルの肩たたき券』を作ってプレゼント。
学校の授業中にコッソリ回す秘密の文書ってのもありましたね。
(今思えば、別にわざわざ書かなくてもいい内容だったかも)
好きな人にはいつも 手紙で思いを伝えていたような気がする。
基本、口下手なのであります。

古くは、手紙は紙ではなく木に筆で書いていたようです。
平安時代になってから、紙漉きの技術が発達して和紙が登場。
ほんでもってみんな紙にしたためるようになったそうだ。
木だと長文書けないですもんね。仮に書いたとしても、
持っていく人も大変だ。風呂敷に包んでいったのかしら。
昔の手紙はくるくると巻紙になっていてね、運んでもらう時も
勿論巻き巻きした状態で持っていく訳で。
今のように、あの小さな携帯画面の中に、何年ものやりとりが
詰まっていることを考えると、昔は手紙をとっておくだけで
超かさばっていたことでしょう。
でも不思議なことに、何年も前のメールやLINEの文章は
見直したりしないけれど、手紙はそれがなくて、
ハトサブレの缶かなんかに大切にしまってあって、
なんてない時に蓋を開けて、当時のやりとりに思いを巡らせ
たりする。
まるで、昔聞いていた音楽がふと聞こえてきた時のように
思い出が呼吸し始める。
『ナマモノ』の力はそこなんじゃないだろうか。

文字を書くことが日常だった時代、やっぱり『キレイな字』
の人はモテたに違いない。『味のある字』もね。
(今だってそうだ。)
手紙を見るだけで会えない相手を思う訳ですから。
チッタナイ字だと、『チッタナイ字の人間』を想像せざる
を得ないんですから。
逆に言うと、モテる為に文字を練習していたのではと
想像してしまいます。素晴らしき文化。

先日、とある女の子の就職祝いに万年筆をプレゼントしたら
『ちょうどお礼状を沢山書かなくちゃいけなかったの~っ!♪』
と大変喜んでくれました。ほぉ~ 今時珍しいぢゃん。
ちゃんと『書く』ことが日常になっている。フムフム。
良かろう良かろう。
手紙のやりとりが世界からなくなったら、
いつでも捨ててかまわない言葉に埋め尽くされて
心がすさむ。間違いない。危険だ。大変だ。
紙とペンは、なくなっちゃダメだ。

カンカンに入った想いに、たまに浸ってみよう。
一時期流行った『不幸の手紙』※「この手紙を10人に送らなければ
不幸が訪れる」と書かれた手紙。今思えばなんだったんでしょうか。
それ以外は きっとプンとイイ匂いがするんでしょうね。

あ、余談ですが中国で『手紙』はトイレットペパーを意味する
そうです。愛しい人に『欲手紙』と書いたら、トイレットペーパー
が送られてきて、かつ変な人っと思われますので気をつけて。

_20180912_143416

手紙に封をする時に使う、蝋。
ライターで溶かして紙に垂らし、左の『J』の刻印を押す。
後は大好きな切手を見つけて貼って、ポストへ。
ポストの中の収集袋の外にはみ出ませんようにと
程よい力加減で入れる。(私だけ?)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

とうとう10回目となった倉庫番日誌。
10ともなると今まで①(まる1)のようにマルを使って表記していたのに、
 自分のパソコンではマル表記も出来なくなってしましました。

このブログをご覧の方は歌旅座のコンサートを1度でも見た事がある方でしょう…
コンサートの演出は、大きく別けて2つ。
まず歌詞やイメージを映す映像演出と、そしてもうひとつの雰囲気作りは照明。
その照明演出の裏側をほんの少しだけご紹介します。

照明はその機材の特性や仕組みの違いで出来る演出が変わってくるのですが、
歌旅座の使用機材の中ではこれも大きく別けて2種類あります。
まずは昔ながらのスポットライト。
IMG_4516

ハロゲンという電球を使った器具で、白というより少しオレンジっぽい温かみのある色。
レンズが付いていて、それを前後調整する事で照らす広さを調整できるようになっており、
演者ひとりだけ狙った明かりにしたり、ひろくステージ全体を明るくしたりと、
主に人や物を明るく見せるのに使用します。
また、光るスピードや明るさをコントロールする事でより自然な照明を演出できます。

正面からだけでは無く横や後ろから照らす事により見え方が変わり、
出来た影、シルエットもひとつの演出になるんです。
IMG_5692
『ケサラ』でのひと場面。
真横両側から狙いわざと顔の影を出すと…
どうですか、哀愁感でてませんか?

注意しなければいけないのが、とっても高温になる為
本体を触るのは厳禁、一瞬で火傷します。



もうひとつの照明が、最近どんどん進化しているLEDライト。
IMG_4515

今では家庭用LED器具も多くなってきたので、一般的にも知られた発光ダイオードの照明。
舞台でも多く取り入れられるようになりました。

LED照明がない頃、色の入った照明を使う場合は先ほどのハロゲンの照明に
カラーフィルターをつけて使用していたのですが。
1つの照明に1色しか出来ないので、使う色があればあるほど沢山の照明器具がいる。 
1つのステージに物凄い数の照明器具と電気容量が必要でした。

LEDはハロゲンと比べて消費電力1/10で寿命も長いので、
大きな電気容量が必要無くなり、
光の3原色(赤・緑・青)を混ぜる事により、1台でほどんどの色が作り出せる為
照明自体の台数を減らす事が出来るのです。

じゃ〜全部LEDでいいじゃないか?!
と思われた方がほとんどかと…

いい事ばかりな感じもしますが、やはりどちらも向き不向きがあります。
LEDはパッと付いたり、パッと消えたり、色も硬い感じで機械的。
電球の「スーと消えてく」ような柔らかさやジンワリした動きができない。
しかし、電球が出来ないストロボのような俊敏な動きを色を変えながら出来る。

どちらも特徴があり、用途によって使い分け演出しているのです。
IMG_4521

しかしどんどん進化しているLED照明ですので、
この先機械的にも電球のような柔らかさにも対応してくる技術はそこまで来てるようです。
そうなった時にはほとんどの舞台はLEDだけになるかもしれませんね。



歌旅座は、どんなに普及してもしばらくは電球を使いますよ。
なんたってLEDを使う最大の難点はお値段ですから…
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

司会太郎です。

この度はご冥福とお見舞いを申し上げます。


今回の地震はいろいろと思い知らされました。
列記してみますと——
◯北海道は直下型地震に対して脆いこと
◯真冬であったら、被害がさらに甚大であったであろうこと
◯スマートフォン・携帯電話は、現代では不可欠な生命線であること
  ◯自衛隊や消防局からと称するデマ情報が多数発信されていたこと
◯こういう時にはラジオがやはり有効であること
◯自動車はラジオ・冷暖房も利用でき、スマホも充電できること
◯でも、停電時には立体駐車場が動かず、自動車を利用できないこと

まだまだありますが、当たり前のことも含めた
備忘録と無防備への戒めとして。



1週間が経ちます。

テレビ局の報道も、被害の大きいところだけではなく、
日常に戻った人々にも焦点を当てて良い頃でしょう。
その点、ラジオ局は数日前から新店舗情報やグルメ情報やってたり。
こういう番組づくりが意外と和みます。



ところで、東日本大震災の頃でしょうか、
被災者を励ますつもりで「頑張れ」と声をかけるのは
「頑張ってる人」に向けていう言葉ではないと
議論が巻き起こった記憶があります。

たしかに。
マラソン中の選手に沿道の観衆が
「頑張れ」と声をかけたところで
「いま頑張ってるだろ」という
反応になるのは当然かもしれません。

北海道歌旅座も全国各地に伺いますが、
被災後の市町村を訪れることもあります。
まだまだたいへんな状況でも
わざわざ歌旅座のコンサートを
観にきてくれるわけですから、
地元の方にかける言葉を考えてしまいます。


そこで、こういう言葉の交わし方はいかがでしょうかね。
「お互いに!」って。
励ます側も、励まされる側も日々頑張っているわけですから、


「こんにちは」という挨拶も、
「今日は」の後に「カクカクシカジカ」と続いていたのでしょう。
「お日柄もよく」「いい1日でありますように」。

「お互いに」であれば、その後に続く言葉も
「頑張りましょう」でもいいし、「励まし合いましょう」でも。
あるいは、「ガンガンまいりましょうね」とか、
「ツライこともあるし、まあ、いろいろありますけれど、
 元気で生きていかなければなりませんね」みたいに。
マラソン選手などのアスリートには使いづらいけども。




北海道、まだ全面復旧していません。
震源地のそば、司会太郎の実家も近いところにあります。
一族は無事。

だけれども、ご当地の一部、
いまだ満足に自宅で入浴できない友人もいます。
とはいえ、メッセージが行き交うところをスマホで追っていると、
たくましい限りですよ。
「ウチで風呂入れるよ」
「布団があるからいつでも泊まりに来てね」
「あそこの店で、アレ売ってたよ」
互助と協力、情報交換が活発。


北海道歌旅座、今後も全国にコンサートをお届けいたします。
それは、今の北海道のことを直接お伝えできる機会。
そして、各地のお客様からの元気を北海道に持ち帰ることができます。
これこそ、歌の旅一座の冥利に尽きるわけです。


では、最後に、ウチの事務所に生息しているニャンコ先生の
色っぽくも悩ましい寝起き姿の写真で和んでください。
オスですが。

Kuro-the-Cat

それでは、お互いに!
ごきげんよう。







    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

「明けない夜はない!」
はじめて社会人になり、ぺぇぺぇのぺぇぺぇだった時
仲の良い同期の子とこんな合言葉をつくった。
辛かったり、いやだと思うことにもいつかは終わりがくる。
朝が来ればまた一緒に頑張ろう!
そんな意味を込めていた。

この言葉は最強だった。
こっぴどく叱られ気持ちが凹もうが、その日の飯がまずかろうが
好きな男にふられようが、タンスのかどに小指をぶつけ
あの耐えようのない痛みに襲われようが
バチーッといつもの自分自身に立て直すことができた。

歌旅座という今までとはまったく畑違いの世界に、ただただ「好きだ!」
という武器だけ持ち込み、素っ裸で飛び込んでからも、そう自分に言って
聞かせたことが何度もあった。
でもそのうち、コンサートでお客さんがホントに喜んでる顔とか、
真剣に生きてる人のカッコよさとか、めちゃくちゃきれいな景色とかに
出会ってしまうと、辛いとか、なんとか自分の感情なんてどうでも
よくなって、続けてきて良かったな。ただそう思えるようになった。

そんな頃だった。先月腰を痛めてしまった。
「痛み」というのはそれだけで人の心を欝々とさせてしまうものだ。
更にBUSUの根っこの部分にある、コンプレックス、ひがみ、ねたみ、
暗さをあらわにしてしまう恐ろしいものだ。
(痛みを伴ったBUSUにはくれぐれもご注意ください。)
ただでさえいろんなことが混ざり合った頭の中がもっとぐちゃぐちゃや。

この空気をなんとかせねば…と札幌のパワースポットとと呼ばれる
北海道神宮に行ってきた。
一歩その敷地に入ると騒々しい空気が一変して、ピーンとしたほど良い
神聖なものへと変わった。
今まで深く息を吸ってなかったことに気が付いて深呼吸をした。
真っ黒なモヤモヤが少しずつなくなっていくのがわかった。
パワースポットすごいやないか…。

そんなこんなでオフィスに戻ると、BOSSからLINEが入った。

明日のブログはチエだ
テーマは「日々是好日」

意味が分からなければ調べて
今と未来をカタルーニャ

どうしてこの場でネコ言葉を使うのか…。
なぜ語尾が「ニャ」なんだ。
まずそこが気になり「カタルーニャ」を調べると、ネコじゃない。
スペインの地名だった。
この学の無さが、他人様のボケをこれまで幾つ無いものにしてきてしまったのか…
悔やんでも悔やみきれない。
いいや、後ろをみてはならぬ。
悔やんだところで頭は良くならぬ。
前を向けと自分に言い聞かせ、本題の言葉をすかさず調べた。

それは禅の言葉だった。
困ったときの救世主 ウィキペディア によると「にちにちこれこうにち」と
読むのが正しいとされるが、「にちにちこれこうじつ」とする例、日常的
には「ひびこれこうじつ」とも読むそうだ。
日々についての良し悪しを考え一喜一憂するのではなく、常に今この
時が大切だ。あるがままを良しとして受け入れるのだ。
という意味が込められているらしい。

いまが悪いと思っていても、のちにあの時があって良かったと思えるように
思ってもらえるように、1日1日をポジティブに過ごそう。そう思った。

神社の空気に心あらわれ、禅の言葉で考えを改め、クリスマスになれば
フライドチキンとケーキを食べているであろうちょっと先の未来を
想像すると、めでたい奴だと笑えてきた。

まずは腰を早く直そう。
少し後退してしまった365歩のマーチ。
今日からまた前に進みます。
IMG_20180911_161242
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

未だ北海道の被災地では、日常を取り戻せず
避難所生活を送っている人が沢山いる。
いくらウチで大根ばっかり食べていようとも、自宅で過ごせている分、
本当に幸せだ。
一座の拠点となっている札幌は、停電・断水等が起きたとは言え、
耐えられない状況とまではいかなかった。
ウチのカーサンに至っては、地震が起き停電した直後、
無事であるという知らせと共に、『真っ暗で星が綺麗☆』という
まるでローマの休日のヘプバーンみたい(初めて外界を知った人みたい)
なメッセージを加えてきて、頬がゆるんだ。さすがっす。

家の中を照らす蝋燭や懐中電灯的なものは割とあった(しかも手回し式の)
のでさほど困らず。
ただやはり携帯電話の充電があの時既に30%程。
連絡したいけど、受信するだけでどんどんバッテリーがなくなっていく。
こういう時、『大丈夫か?』と『連絡しない』ことも
サポートになるのだなと知る。
こんな状況の中で、個人的にため息が出たのはトイレ。
こういう時に限って、寝る前に飲んだ『BOSSがタイから入手して
きてくれたサプリ』が非常にチカラを発揮にて、アレがモリモリ出て
しまうんだから。何度もね。題『愛しさと切なさと心細さと』みたいな。
普段、美味しい出汁しか受け止めてこなかった愛用の雪平鍋が
まさか、自分のウンちゃんを流す役目までやることになるだなんて。
(しかも暗いから流れたのか流れてないのかよく見えない)
でも、風呂に貯めておいた水のおかげで『流す』ことが出来た。
これすごい大事だと思う。

奇跡的にガスが通っていたので、料理には困らない。
使った食器、洗えないけど。(拭く)
どんな時もうまい味噌汁が飲めるのは幸せだ。
米も土鍋があるから大丈夫。そしてうまい。洗えないけど。
(これがオール電化の家だと大変。)カセットコンロがある家は
便利ね。

フェイスブックに一座の『都市型サバイバル』の様子が載って
ましたが、これも非常に大事。
みるみる溶けてゆく冷凍庫の中身を、みんなで寄り添って
おいしく元気に食べるっ!素晴らしい!
寄り添うことこそ最大の節約。

いやしかし、スーパーに並んで大量に買い込む人の姿や
ガソリンスタンドで意地でもガソリンを入れそうとする姿は
異様だった。
とりあえず数日なんとか踏ん張ろうとする力はなかったのか。
本当に家にはなにもなかったのか。
仲間同士で補いあったり出来なかったのか。
成人病まっしぐらの日本人の食。
こういう時こそ 粗食OK。腹5分目OK。

備えあれば…という言葉があるけれど、物の備えは日常から
いかようにも出来ることだけど、心の備えというのも
しっかり身につけておかないと、自分も人も大事に出来ないな
と実感。
いかに私達は、普段物に頼り、文明に頼り、満たされ、
便利な世界で生きているか。
利用はしても 頼ってしまったらダメだってことを
今一度胸に刻んでおこうと思います。

雪平鍋
(雪平鍋:「大」をした場合、コレで4杯位は必要。水マヂ大事。)

そしてやはり、
大坂なおみ選手、マヂでおめでとうっ!!すごいっ!
セリーナウィリアムスも好きだけどっ!
(大分昔、酔って帰宅した後にやってる深夜放送で、姉妹対決の試合
を見て『この人達、男だ…』と思ったことを思い出します)
試合見たさに、WOWWOW加入しそうになりました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.