北海道歌旅座コンサートスケジュール


20代後半の頃、旭岳を登ったことがあった。
その山は大雪山連峰の主峰で標高は2291m。北海道最高峰の山だ。
友達に誘われ、登山好きの仲間たちの中に混ざり、標高1600mまで
ロープウェイで登り、そこからのスタートだった。
初心者は自分だけ。後ろからはベテランたちが息もあげずについてくる。
足を引っ張ってはならぬとひたすら上を目指して一歩一歩進んだ。
周りの景色を見る余裕なんて何もなく辛い時間だけがすぎていった。
「足が痛い、休もう」そんな気持ちを押し殺し上へ上へ。
頂上に着いたころにはヘトヘトだった。
しかし、なんともいえぬ達成感と疲労感に体が喜んでいるのがわかった。
「登山って気持ちいい!いろんな山登っちゃお♡」
それから約10年。チャラチャラ田舎娘の決意なんてこんなものだ。
一つの山も登ったことがない。

札幌は日本最北の政令指定都市。「都会」ともいえるのだが、住宅街に
熊が出てくるくらい、大自然と隣り合わせでもある。
思い立ったら出かけられる山が数多く、札幌に移り住んでからいつかは
行こうと決めていた。
しかし、「いつ」を決めないといつまでも先に延ばせるもの。
「いつか痩せる!!」。こう言っている人が本当に痩せたところを
私はまだ見たことがない。(私のことだ)
それが決まったのは今年の春だったろうか。
「山に昇りたい」そんな話を会う人会う人にしていたら
一緒に登ってくれる人が現れたのだ。
オヤさんに、アケさん。
ついでに歌旅座からは健康づくりに興味のないダルくん
初の登山日がたまたま誕生日だったたイソベさんを
半ば強制的に参加させ登山部を結成した。

記念すべき一山目は円山。標高225m。往復一時間ちょっとで登れる
優しい山だ。
ここは難なくクリアとしておこう。山頂では市内を一望し、サンドイッチを
頬張った。至福の瞬間だった。
IMG_20190901_144823
二山目は三角山。標高311m。こうして徐々に高さを増してく算段にしている。
この時はオヤさんがネイチャーガイドのミヤカワさんを誘ってくれ
仲間が一人増えた。
植物や鳥の名前を教えてもらいながらゆっくり登ってゆく。
ひたすら登っていくのも良いが、立ち止まって美味しい空気を吸い、周りの
景色に目を向けるのもこれまた良いもんだ。
三角山も、難なくクリアとしておこう。
この日は終わった後に屋上ジンギスカンが待っていた。
体も胃袋も心も大喜び。やっぱり登山はいいものだ。
IMG_20190901_144559
山に登らないと見えない景色がある。
最初からそんな気も起きなければ一生縁のない感動。
いつかやろうと延ばし延ばしごまかしているうちにきっといくつもの感動を
逃していたに違いない。
ここからは逃さずチャレンジしていこう。
次回は藻岩山を登る予定。標高531m。
足腰がきしみそう…でもどんな景色が見れるのか今から楽しみでたまらない。
IMG_20190901_144622

続きを読む
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

みなさんいかがお過ごしですか。
今日は釧路公演のお知らせです。
約三年ぶりに訪れます。

あの頃からだろうか。
身体の細胞が大きく成長してきたのは。
ダルくんに見間違われるようになったのは。
お腹の肉が邪魔で靴下をはきにくくなったのは。
それもこれも、公演で訪れる度に食べたこの人気グルメ
泉屋さんの「スパカツ」のおかげな気がします。
スパゲティの上にポークかつが乗りさらにデミグラスソースのかかった
スタミナ料理。
この大盛りに(二食分)毎回挑戦するのです。
学んだことは"適量が一番"暴飲暴食は止めましょう。
とはいえ、味は保証いたします。
釧路を訪れた際にはお試しくださいね。
1de9d47c
ついつい、思い出に浸ってしまいましたが、ここからが
本題でございます。
歌旅座新演目「フォークソングの広場」の御披露目です。
たくさんの方にお越し頂けましたら幸いです。
お近くにお住まいの方はどうぞお誘いあわせてお越しください。
チケットを買いに行くのが難しい方はお電話でご予約も
いただけます。
たくさんのご来場心よりお待ちしています。

◎日時 201=年10月17日(木)
    開場17:30   開演18:00
◎場所 釧路芸術館アートホール
◎料金 2000円
◎ご予約・お問い合わせ 
北海道歌旅座 011-623-6680
 kushirop

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今月もタイにやって来ました、アリーです。
サワディーカップ!

実は今回、来タイ前から少々楽しみなことがあったんす。
それは、タクシーのこと。
前回の〈バンコク通信〉ブログでは、アンビリバボー!あり得へん小ずるい
タクシーが横行しているタイの話を紹介した。
そんなことを書いた矢先、先月偶然にも居たのですよ、珍しく良いタクシー
ドライバーが。
それでこれは逃すかと降車時にLINEでオトモダチ申請をして、2日前日本から
「アニキぃ、バンコク行くから朝5:30に迎えに来てね♥️」と連絡を入れておいたのだ。
さあ、果たして彼はホントに来てくれるのだろうか?
ほぼ時間通りに指定の場所に着き、電話したところ、
「3分後に行くから待っててケロ」と。
すると間もなくキターーーー。アニキ~ぃ。

約束時間は破ることが当たり前のこの国、しかも
1度しか会っていない得体の知れない外国人とのアポ。
なかなか稀なケースである。
今回も空港発車の手数料も、チップもせびることもなく、高速は走らず下道を通って
ヤサのホテルまできっちりメーターで送ってくれた。
日本から持ってきた飴ちゃんをチップ代わりに渡し、ニヒルなアニキとは再会を約束してタクシーを降りた。
メシは近くの食堂をBOSSと新規開拓でみつけトムヤムスープのクイッティアオ(麺)を、
店員さんオススメの餡掛け生春巻と一緒に頂く。
これは病みつき。アロイマーク(なまら美味いぞ)。
おかげで気持ちのいい到着の朝を迎えた。
CollageMaker_20190827_113258675-576x576
その食堂を出るとすぐ隣りにローカルの薬屋さんを発見。
そういえば欲しかったブツがあったのだ。
このような〈どローカル〉な店の佇まい、きっと手にはいるはず。
「スミマセン。アレ有りますか」と尋ねるとやはりあったのだ。
1566872892916-470x556
それはコレ、ダイセントー。
タイでのアリーの〈御守り〉のようなモノだ。

今回紹介したいのは、これに関連するアンビリバボーな食の話。

ところで皆さんは、「腰を抜かした」ことはありますか?
そんなの比喩表現だろう~と普通は思いますよね?
いいえ、これは現実。
なぜなら私は「腰抜かし経験者」ですから。
思い返せば、今から15年前。
ホイケーンという貝を食べたときのこと。
この貝、タイではとてもポピュラーで形は小さいがほぼ日本でいう赤貝。
これを軽く湯通しし、半生に近い状態でスパイシーなシーフードソースで頂くのが
一般的。ビールのつまみには最高。
FB_IMG_1559014798408-857x405
んで、以前から食べていたコイツをこの日は珍しく〈焼き〉で頂いた。
しかもたった1個だけ。
場所はバンコク市内の観光客も訪れる有名店だった。
異変は翌日の日本帰国後、千歳空港についてからだった。
なんだか居ても立ってもいられない気持ち悪さが込み上げる。だんだん後ろ頭が何かに
締め付けられるようだ。
高熱による悪寒のせいか口はガタガタ、なんとか家に戻りソファーに身体を預けた。
そして立とうとしたこの時だった。
「オイラ、腰が抜けとる。。」
翌日病院に行くと、海外帰りすぐに隔離され緊急入院。
飲まず食わずの5日間を過ごした。
病名は腸炎ビブリオ。「ザ・食中毒」であった。

そんな苦い経験がありながら、5年前またホイケーンに手を染めてしまったのだ。
翌日、また腰あたりがワナワナお腹はピーヒャララ~。
そんな時に、場末な感じの薬屋のオバちゃんに勧められた、タイでの最強の
(食中毒用)下痢止め薬が上のダイセントーだ。
4錠入りで39バーツ。1錠@40円位。
それ以来、少しでもヤバいと思ったらこれを1錠飲むと半日で改善の兆しが。
現地では、もはや切らさずにいられない常備薬なのだ。

タイ料理は美味しい。
しかし慣れない日本人には決して食べてはいけないモノがある。ホイケーン以外にも、
ソムタムに入っている沢蟹はエキスだけでもいっちゃうし、プリプリで旨い生ガキ、
イカなんかも危険がいっぱい。

タイはアンビリバボーな食べ物もいっぱいだが、薬もアンビリバボーであった。
皆さんも御用心。

さあ〈御守り〉も手に入れたし市場の屋台に繰り出そう。
1566872898234-443x591
今日は、これまた病みつきになるタイ式鶏麺(40バーツ:120円)。
センミー(米の細麺)で頂く。アロイマーク。

それでは、また。アリーでした✋

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

北海道、涼しくなりました。 
まもなく冬です。


さて、今回は、「司会太郎の視界良好」をお届けします。
でも、どんな内容のブログだったかはっきりしません。
したがいまして、ここ最近に身の回りで起こったことをつづってみます。 



先日、ある地のコンサートで回収したアンケートを読んでいて
こんなメッセージを見つけました:
「久しぶりに司会太郎さんを見ましたが、やつれているようで心配です」

あのー、個人的にカラダが重たいなあと思っていたので、
ちょっと痩せるような改善をしただけなんですね。
なんか誤解を与えてしまったようで恐縮です。

振り返れば、高校生〜社会人1年目まで68キログラムでした。
徐々に重ねていって、最重は歌旅座に入っての81キロ。
しぼった現在は70キロ。舞台での動きが軽くなります。
体重増減は随時調整していますので、
やつれているわけではないと宣言しておきます。




先日、オフィスを掃除する時間があり、トイレを担当しました。
「いつもありがとう」とつぶやきながら、
洗剤やブラシなどを駆使してあちこち磨き上げました。

ふと、小便器の用足し後の水量を多くしようと思い立ち、
マイナスドライバーで水量調整栓をいじっていたら、
驚くような大量の赤い水がパイプの隙間や小便器から放出され、
トイレという狭い空間のなかで気を失いそうになりました。

シビれる脳味噌を再起動させて慌てて調整栓を停止することができましたが、
あれはあたかもオカルト映画のような地獄絵図でした。
スタンリー・キューブリック監督の映画『シャイニング』です。
トイレの復讐か怨念なのでしょうか。
TheShinning
映画『シャイニング』より。ある意味でこんな状況を体験しました


「赤い水」の正体は当ビルの錆びた水道管によるもの。
豊かな鉄分に恵まれていますが、見た目が良くありません。

ご安心ください。ちゃんとキレイにしました。
床に這いつくばり「今度やったらブッ殺す」とつぶやきながら、
フロアをモーレツからビューティフルに仕上げました。

飲料水はちゃんと浄水器を使用しています。


 

今回はこんな感じです。

ごきげんよう。






 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

まだまだ残暑厳しい折、みなさまいかがお過ごしでしょうか。
来たる9月8日、私たちの本拠地札幌で新演目「フォークソングの広場」を
開催することになりました。
「自分の住む街に歌旅座を呼ぶことが「夢」だった」と長年私たちを
応援し続けてくれている後援会の方が実現してくれたコンサートです。
100名限定のスペシャルコンサート。予約可能です。
お近くにお住まいの方は是非足をお運びくださいね。


なお、駐車場のスペースには限りがございます。
またこの日は同日、近くで神社祭があり駐車場の混雑が予想されます。
ご来場の際はなるべく公共の交通機関をご利用いただきますようお願い
いたします。

それではご連絡お待ちしています。

ご予約・お問合せ先
☎011-623-6680・070-5463-6776

~交通機関~
真駒内駅より、じょうてつバスにて「石山緑小学校」下車
omote-01

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.