北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


(『はちきん』とは、高知地方で
行動的で気性のはっきりした女性のこと。)


薄々気付いていた。
日々布団に入る瞬間、なにかをし忘れて
いることに。
しかしまだここでは明かさないでおこう。


芸西村公演を盛り上げてくれたのは
とある女性。一人目のハチキンさん。
香南市公演に、馬路村の方と一緒に
見に来、『是非我が村にも』と
かなり早い段階から声をかけてくれた。

客席の1番後ろで 村のみんなが楽しんで
いる姿をじんわりと見守る瞳。
会場が沸き上がる景色は
『最初の一歩』がなければ見られない。
余所の町まで足を運び、自分の目で確かめ
公演を実現する。
こんなにハートフルなハチキンさんが
芸西にはいるのだ。
ちなみにこの日は結婚うん十年記念日
だったそうで。
残念ながら 今後、『あなた、これからも
よろしくね♪』と同時に嫌でも『歌旅座』
を思い出すことになりますが許してね。へへ。
素敵な出会いをありがとう。

そうそうっ。
公演後、文化協会の会長さん(女性)が、
『高知に泊まるんやったら……◯◯が◯◯で、
◯◯の◯◯が…』と とっても気持ち良く
色々教えてくれた。
おぉ~この方もハチキンさんだ。
芸西村に限らず、高知の女性は本当に
気持ちがいい。
泊まった宿の女将も、テキパキしてて
明るかった。
自分は女だけど、奥さんにするなら
高知の女性がぴったりなんじゃ
ないだろか。

今回は残念ながら 土佐人の酒豪ぷりを
拝むことは出来なかったが、
一座としても やはり 横綱ナリコ不在にして
戦いは挑めない。次回の楽しみに
取っておこう。

11月1日から始まった go!west!ツアー、
11公演最終日、トラックの扉を閉めながら
忘れていたことを思い出す。

_20171113_003245



『カツオのタタキ食べてないぢゃん。』

倒れそうな身体を引きずって、
カツオ…カツオ…と呟きながら
会長に教えてもらった店に行く。
風俗店街の片隅の地下。
地酒『土佐鶴』の燗で よく働いた私の喉に
ご褒美を。

_20171113_085629


じわっとお酒が沁みる時、
今回の旅で見た 美しい川や緑の山々が
胸いっぱいに広がった。

ラス前(ラストの前)まで来ましたが、訪れたのは『馬路村(うまじむら)』
村へ向かう道は本当にこの先にあるのだろうかと思わせる道。
崖っぷちのトラックではすれ違えない程の狭い道が延々と続いておりました。

たどり着いた村は360°山々に囲まれた小さな集落。
人口は約900人、北海道でいうと音威子府村くらい。
コンサートがある事は広まっていて、立ち寄ったお店で声をかけられる程でした。

そして、ゆずの名産地である馬路村。
実は我々はとてもお世話になっていたのです。
それは歌旅座の作詞家でもあり、料理番でもある北埜うさぎ。
うさぎさんはよくお鍋料理を振舞ってくれる事があるのですが、
そのお鍋のつけダレが決まって『ゆずの村』というポン酢なのです。

いい香りで、まろやかで、本当に何にでも合うおいしいポン酢で、
うさぎさんは何十年と愛用しているようです。



コンサートは無料公演というのもあり夜公演にも関わらず老若男女問わず集まり、
人口の1割を優に超えるお客様のご来場となりました。
とても楽しんでいるいい笑顔、一緒に歌っている姿が沢山見えていました。

ゆず農家をしている方からのアンケート。
「ゆずの疲れが取れました」の声が多数ありました。
普通はお風呂、飲み物食べ物、香りだったりとゆずに癒される事が多いですが、
収穫のこの時期、生産者の方々は忙しく『ゆずの疲れ』が溜まる時期なのかもしれません。

コンサートを見てこう言って頂けると、
勝手に恩返しがほんの少しだけ出来たように思えました。



立ち寄った紅葉の綺麗なカフェにて。
馬路のパンも旨じ…こりゃ失敬。
IMG_3499



 

長かったGo westツアーも終盤を迎えています。
あっという間でしたが、切ってきたはずの爪は程よく伸び、
眉毛の上でびしっと揃えた前髪がいつの間にか眉下まで到達しており
時の流れを感じております。

さて、この日訪れたのは徳島県の北東部にあります吉野川市。
2004年に鴨島町、川島町、山川町、三郷村の4町村が合併してできた
街です。
今年の4月は鴨島におじゃまさせてもらいました。
今回舞台となったのは山川町。のどかな街並みと、きれいな山々が
静かでのんびりした気持ちにしてくれました。
23472334_1504858002962607_1022765842599045231_n
会場は吉野川市アメニティセンター。
23434783_1504860726295668_3924531546550338351_n
ご来場者のみなさまからは嬉しいメッセージをたくさんいただきました。
・テネシーワルツ 最高です!
・青春時代が蘇りました。全国の隅ずみまで素晴らしい歌を届けてください。
・パワフルな歌声に感無量。
・懐かしい歌を体いっぱいに感じ、一緒に歌ったり手をたたいたり、楽しい時間でした。

山川町にも元気をお届けすることができました。
またきっとお会いしましょうね。ご来場ありがとうございました。
IMG_4918
 

本州と四国の間に位置する淡路島。
一年を通して豊かな食材に恵まれ、日本古代から平安時代まで
皇室や朝廷に食料を貢いでいたことから「御食国(みけつくに)」と呼ばれていた島。
現在も「淡路島たまねぎ」を始めとする淡路島ブランドが数々存在しています。
 
世界三大潮流「鳴門のうずしお」が渦巻く鳴門海峡を越え、
その最南端にある南あわじ市へやって参りました
 
会場は、淡路島を代表するリゾートホテル、南淡路ロイヤルホテル

2017-11-09-09-30-33
 
 
ありがたいことに、前日から宿泊させて頂き、
広々とした部屋と素晴らしい温泉を堪能。
疲れもすっかり癒され、迎えた清々しい目覚めの朝、
飛び込んできた景色はまるで南国リゾートにいるようでした。
 
2017-11-09-08-46-25
 
今年6月の九州公演で開催した、北九州八幡ロイヤルホテルでの公演を
ご覧頂いた運営会社の西日本統括責任者の方が気に入って下さったのが縁で
今回の公演が実現しました。
 
 
開演間近の会場内は、美味しい飲み物を手にお喋りするお客様で賑やかな雰囲気。
コンサート中も楽しそうな手拍子と歌声で包まれました。

2017-11-09-14-09-48
 
公演後には、「こんなに素晴らしい歌が聴けると思ってなかった!」と、
嬉しそうにJUNCOと写真を撮って行かれた方も。
 
2017-11-09-15-41-00

スタッフのお話しによると、地元の漁師さんやご商売をされている方など、
仕事柄、遠くまで出歩くことが出来ないような方々が多くご来場頂いていたようです。
普段、お忙しい日常の中、ひとときでも楽しい時間を過ごして頂けたのであれば、
我々も嬉しい限りです。
 
南淡路ロイヤルホテルのスタッフの皆様、
また是非、地元の皆様に楽しんでもらえるイベントとして、
再公演が実現できることを願っています。
 
そして、何よりご来場頂きました皆様、ありがとうございました!
またお会いできる日を楽しみに。

今年4月、桜満開、絢爛の頃に初めて訪れて以来、
歌旅座の面々も大好きになった四国。
今年は2度もツアーで来ることになるとは、昨年までは思いもしなかったこと。
出会いや未来というものは予期せずとも願えば叶うものである、と実感する今回の四国。
11月。春とは違いながら、相変わらずいい空気、気持ちのいいところです。
さて上陸2日目は、四国最東端に位置する徳島県・阿南市。
知りませんでしたが、コスモスで有名な町なんですね。
会場の名前も情報文化センター・コスモホール。
楽屋に入ると、会館のスタッフさんからのメッセージのおもてなしが。
1510237369427

徳島県というと、学生時代の同じサークルに徳島出身の女子がおりまして、、
ある日飲み会で盛り上がり、彼女が突然<阿波踊り>を見せてくれまして、、
なにやら、阿波踊りには男踊りと女踊りの2種類あるらしく、
両方とも披露してくれましたが、それが上手いこと、上手いこと。
それ以来、
「ほほう~徳島の人はみんなプロ並みに筋金入りの阿波踊りができるんだ~」
と自分勝手な思い込みをしてきました。(違っていたらゴメンナサイ)

となんでこんな話をするかというと、
初の阿南市公演の会場、
開場1時間前にロビーに出てみると、なんともうすでにお客様の行列が。。
1510237377323
1階から2階までも。
1510237381347

その時、ふと想像してしまったのでアル。
ここに並んでいる人たちは実は阿波踊りがウマいはず。
今一斉に踊り出したら凄い光景にナルだろうと。
。。。。。
なーんて、つまらない妄想はさておき、
「昭和のうたコンサート」はたくさんのお客様で大盛況。
「ジュンコ~ブラボー」「サーモンズいいぞ~」と暖かい声援もかけて
頂いて、本当に楽しんで頂けているようでした。
1510237385591
前日のつるぎ町に続いての徳島、阿南市。
歌旅座も人生の先輩方の元気パワーを浴び、また明日から旅の糧を頂きました。
1510237364074
阿南の皆さん、またお会いしましょう。



このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.