北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


みなさん元気にお過ごしですか。チエです。
関西ツアーもあっという間に5日目を迎えました。
寒くて雪深い北海道を離れ、こちらの暖かい空気に触れていると
今が1月ということを忘れてしまいます。

この日訪れた城陽市はこれまで京都でコンサートを開催してきた京田辺市、八幡市、精華町,
大山崎から近いところにあります。
この日会場となった文化パルク城陽はたくさんの人で埋め尽くされました。
もう一度観に来てくれた方はもちろんですが、友達から「行ってごらん」と勧められ
観に来てくれた方もたくさんいました。
こうして少しずつ輪が広がっていくのも嬉しいことです。
来月は近くの木津川市でのコンサート。どんな出会いや再会が待っているのでしょう。
とても楽しみです。
ご来場いただいたみなさんありがとうございました。
IMG_5390
「また帰ってきてください。」担当の方からかけられた嬉しい言葉。
こうして繋がっていく縁を大切にしていきたいと思います。
26733957_1589821331132940_6183718453519680975_n

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


北海道歌旅座、2018年最初のコンサートツアー。
1月15日奈良県五條市。はじめての街。
全国でも有数の柿の生産地なのだそうですよ。
収穫は秋、今回は食べられませんでしたが我慢しました。

我慢したといえば。
こちらのエリア、けっこう寒いですよ。

「なに云ってんの、北海道の人はこんな寒さなんて軽いでしょ」
なんて思うのでしょ。道外のみなさんは。
実を申しますとね、北海道の人間も寒いのはキライです。
だからここに、「北海道人寒冷気温嫌悪宣言」を表明します。

寒いところに住んでいるのは、たまたまです。
許されるなら、外出したくありません。
自宅を含む建物内なんて、各種発熱機器や防寒構造のおかげで亜熱帯気温です。
北海道は冬場にもアイスクリームが売れるというのは本当です。
家に居るとなにしろ暑いのですから。

今回の五條市市民会館、搬入時から寒かったのであります。
手足の指先は寒さでしびれます。
これで思い出すのが、
北海道夕張市出身の歌手・大橋純子さん
「たそがれマイ・ラブ」の一節、

しびれた指 すべり落ちた
珈琲カップ 砕け散って


私たちの場合は、

しびれた指 すべり落ちた
電源タップ むだ毛剃って


まあ、韻を踏むことにこだわり過ぎて意味不明瞭かつ、
小学生の替え歌エッセンスを含んだ箇所もありますが、
だいたいそんな現象となるほどに寒かったのであります。

それでも舞台は整い、コンサートの幕は上がったのです。
IMG_5380_z

北海道石狩市(旧浜益村)に生を受け、
恵庭市で健やかに育ったJUNCOを筆頭に
歌って演奏する歌旅座メンバー。
ホントは実演中も寒かったのでした。
お客様も我慢してお聴きいただき、
ありがとうございます。


最後に、1枚の写真。
IMG_5376_z
歌旅座スタッフ、ダルの珈琲カップです。
プラスティック製だから砕け散りませんので安全です。

垂れている紐は、夜店のクジ引きを再現したのではありません。
紅茶、ティーバッグの紐ですね。
温かい飲み物が必要な1日でした。


今回はこんなところです。
ごきげんよう。



 

♪んボヘミア~~ンッ!♪
どうも、葛城ユキです。ウソです。JUNCOです。
和歌山県かつらぎ町に行って来ました。
遂に和歌山県に上陸です。
さぁ、この町にはなにが待ってるのか…

ツアーが始まってから、意外と寒い関西地方。
白い息。山々のてっぺんのほうには、
うっすらと積もる雪。マイナス3度くらい。
霜が降りた畑を見ながら、ナリコは
関東で暮らしてた頃の冬を思い出したよう。
さぶぃ。。

_20180115_090251


ところで、私達は各地で公演をやる際、
主催者さんが居て、舞台には技術担当の方がいる。
あたたかい人、そっけない人、声をかけられるまで
ずっと携帯電話ばかりいじってる人…
色んな人がいる。

和歌山県かつらぎ町。
この町の人は 『なんて気持ちのいい人達!』。
明るい挨拶、働く働くっ、高いところも登り、
デカイ脚立も運び、階段を何度も登り降り。
なにも言ってないのに、気づいたらウチの平台まで
運んでくれていた。
こういう人達が教育委員会にいたら、
町はどんどん活気づいていくんだろうなぁ~。

一番グッときたのが、公演を自らもめいっぱい
楽しみ、さらに『町の人達が心から楽しんでいることを』喜んでいる。
こうでなくっちゃ!
国民の税金が、しっかりと町の人達の笑顔の為に
使われてこそ 町はイキイキする。

私は、花が咲くような笑う人が好きです。
ステージから見えるお客さんの顔は
まるで、大きな花束みたいでした。
本当にイイ町です。

次訪れたら、『ザ・ミーカンズ』が結成されてるかも♪

_20180115_090151


初めての和歌山県で 宝物頂きました。
また行きます。

アリタです。
近畿の公演ツアーに備え、12日から奈良県大和郡山市に滞在ちゅう。
天然温泉のある居心地のいいビジネスホテルを根城に過ごしています。
滞在4日間は好きな時間に温泉に入り放題。
こんなチャンスはなかなかないですねー。
一座全員旅中の疲れなんてを飛ばしながら、走っていけそうです。

New Yearツアー2日目、やってきたのは大阪・摂津市民文化ホール。
今回の公演はウチのサクマチエが以前こちらのホールにお邪魔し実現
したのだが、担当者の方が昨年11月宝塚市でのコンサートを見に来てくれ
この日を迎え入れてくれました。
全国的な知名度はなくとも、「百聞は一見に如かず」の公演を心掛け
お届けする我々の「昭和の歌コンサート」。
こうして開催まで、盛り上げて頂くのは嬉しい限り。
開場時、ホール玄関前にはこの日を楽しみにしてくれていたお客様の
行列が。
地元・摂津市のお客さんはもちろんのこと、北は北海道、南は沖縄から
日頃応援してくれる方たちの顔も。
また各地へ繋がっていく予感あり。

一座も終始、会場一体となる熱いステージをお届けしました。
1515934933893-1
年間160回の公演は、会場も主催者さんもご来場のお客さんも違い、
舞台仕込み、内容もひとつひとつが新しい試みで勝負。
そんな1日1日が我々の「糧」となり、踏みしめる「一歩」となる
ことを感じた摂津市。
次回ここ摂津でお会いできるときは、また一味違う歌旅座にご期待ください。
1515934926376
みなさんありがとうございました。
またお会いしましょう!

あけましておめでとうございます。
オガです。
遅いご挨拶となってしまいましたので、
もうお正月気分など抜けきっている頃ですね。
皆さまの2018年、素敵な一年になることを祈っております。
 
さて、歌旅座の今年メンバー全員揃っての公演は、
関西で迎えることとなりました。
 
私はトラック歌旅号とともにフェリーにて大阪入りしました。
先日の低気圧の影響で、ダイヤは4時間遅れ・・・。
船内は時折爆発したかのような音とともに激しい揺れ。
浜育ちで船酔いなんぞしたこともない私も、
内臓がうごめくような揺れが20時間続くと、
さすがにヤバくなりました。
 
前日飛行機にて大阪入りしていたメンバーとは、
当日の朝、会場にて合流。
すると車から降りてきたみんなが、
なにやら同じく船酔いしたかのような顔色。
楽しいお酒を酌み交わしていたようです。
 
同じ酔い方でも、そっちは幸せそうですねぇ。。
 
 
関西ツアー初日は大阪府南東部に位置する
人口12万人の街、富田林市にやって参りました。
会場はすばるホール

IMG_6743

ここ数日続いている寒波で、この日は氷点下。
館内はかなり冷え込んでおり、暖房がついているのに
ステージにはどこからか冷たい風がひゅーひゅー吹いてくるため
さすがの道産子の我らも、凍えながらの仕込みとリハーサルとなりました。
 
舞台スタッフの方に伺ったところ、元々温まり難いうえに厳しい寒波。
しかも、気温差の関係でステージから客席に風が流れるような
構造になっているとのこと。
 
案の定、公演がスタートし緞帳が開いた瞬間、
ステージ上の冷たい空気が一気に客席へ!
お客様もびっくりしたでしょうね。
北海道から寒さまで持って来たと思われてしまったかも・・・。
 
しかしながら、コンサートが進むにつれ、
コートや上着で身を包みながらも、楽しそうな歌声とともに、
しだいに位置が高くなる手拍子。
休憩時間、売り子に出た時には「寒いねぇ、お兄ちゃんは大丈夫?」
「楽しんでるから頑張ってねー」とたくさんお声を掛けてくださいました。

皆さまのお気遣いに心が暖かくなりましたよ。
移動の疲れもすっかり吹っ飛び、これからのツアーの励みになりました。
富田林の皆様、ありがとうございました!
 
IMG_6740
 
2018年一発目の「昭和のうたコンサート」、そして、ツアー初日は無事に終了!
今年も全国各地へアツいステージを届けにいきますね!

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.