全国共通コンサート入場券
#2020 明日

北海道歌旅座コンサートスケジュール


全国共通コンサート入場券
本日までのご支援枚数:1600枚
多大なるご支援、誠にありがとうございます!

第8回に渡ってお届けしてきた【時には昔の話を】
最終回を迎えたにも関わらず、ふと気が付いたの
です。『このタイトル曲を振り返っていない』ことに。
ゆえに、書いちゃいます。

1987年にリリースされたこの曲は、おトキさんこと
加藤登紀子さんが歌う曲。1992年には、映画『紅の豚』
のエンディングに起用されています。
印象的には60、70年代の匂いがするんですが
それもそのはず。主人公は久しぶりに会った男友達と
昔の話をしている訳ですから。
『揺れていた時代の熱い風に吹かれて体中で
瞬間(とき)を感じた。そうだね…』
2015.6.5 貞広2
(砂川市駅前にある『貞広』 学生のBOSSが通っていた
喫茶店。何を語りあっていたんだろう。)

初めてこの曲の歌詞を見た時、どうも昔の話とは思え
ない自分がいました。
この旅は、決してリッチな旅ではないけれど
小さな部屋にぎゅうぎゅう詰めで集まり、発泡酒と
頂き物のおつまみで語り合う瞬間は、夢に溢れ時に迷い
も生まれ、お金では絶対手に入らない大切なものが
詰まっていた。
行き場を無くしたやりきれなさは、各地の繁華街の
アスファルトに叩きつけてきた。そして、もつれながら
肩を組み明日へ向かった。
DSC_1585
(後輩ダルの背中を押す先輩AREE)

『嵐のように毎日が燃えていた』
このプロジェクトがスタートしてから毎日燃えて
いられるのは、共に走ってくれる仲間や応援団が
いることに他ならない。
コロナでどうにかなっちゃった今でさえ、この胸は
ギラギラと熱を発し、一座のスピードは全く
落ちていないと思っています。(お酒の量は減った?)

この長い長い自粛の間に、この11年間の印刷物や記事
などをファイルに美しくまとめました。
『どこにいるのか今では分からない』あの人やあの人
が残していった想いが、今もなお全国へと繋がっている
ことに、『そうだね…』と、まるで自分に問いかける
ようなそんな気分です。

青春を振り返っても、そのページは色あせずむしろ
輝いているというのは、走っていたからこそ。
私達のこの旅も、10年、20年経った時もメラメラと
燃えている為にも、汗かいて走らなくては!
走り続けなくては!

いつの日か時代が変わっても、また私達と同じように
燃えてる奴らがこの曲に出会い、涙しながら友と
夢を語りあう日も来るんだろう。
大切なものがなんなのか、考える時間はもう十分
過ごした。あとは、形にするのみ。

時には昔の話を
そして、未来の話をしよう。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

この道を行けばどうなるものか
危ぶむなかれ 危ぶめば道はなし 
踏み出せばその一足が道となり
その一足が道となる 
迷わず行けよ 行けばわかるさ


ふとアントニオ猪木の座右の銘を思い出す。

中学生時代のあだ名が「イノキ」でした。
顎のしゃくれ具合がそう呼ばせたらしい。
わたし的には山口紗弥加(同年代の女優さんです)だったんですけどね。
お年頃の女の子には、トラウマになりかねないあだ名でしたが
とりあえず顎を出して「シャーッ」と言えばみんな笑うもんだから
(イノキに失礼)、喜んでやってたわけです。
少々乙女心へのダメージもありましたが、初恋の男の子が
そのあだ名を怒ってくれるわけですよ。
「佐久間はイノキじゃない !」と。
くぅ〜〜ッ !! たまらんねぇ !! さすが私の惚れた男 !!
それはそれでまた嬉しくてほくそ笑んでおりました。
そんな淡い青春の記憶が思い起こされたのは散歩道の花壇に咲いていた
ムスカリのせいだろうか。
この花を見ると、なぜか田舎を思い出すんです。
庭にたくさん咲いてたからかな。
IMG_20200514_093759
散歩で外に出ることすら世間に問われてしまうこのご時世。
嫌になっちゃいますよね。
でも家の中にばかりいると悶々とするし、日光浴びないと
ビタミンDも生成されないから(先日ためしてガッテンの
再放送で情報入手。ステイホームの成果あり。)早朝散歩してます。
ところは札幌市円山地区。北海道神宮、円山球場、円山動物園の
ある、緑豊かな場所です。
そこへ行きつくまでに、よく飲みに行っていた居酒屋を通ります。
入り口には休業の貼り紙。
「早く再開させてくれぇ!」やや怒り気味で神様にお願いしましたが
ものを頼むときの態度じゃなかったと改めました。
「もしも~もしも~できることでしたれば~、 日常~も一度
返してちょうだいませませ〜 ♪ 」と。(字数ぴったり ‼)
さだまさし 風にね。丁寧にね。透き通る歌声でね。神様聞こえたかな。
みんな大変な時ですから。頼みます。

さておき、とにかく今は新しいスタイルを作るとき。
早朝散歩、朝ドラ鑑賞、料理、筋トレ、その他たくさん。
やることはないといっても作ればできるもの。
5月24日(日)は一座初のライブ動画配信が待っていますしね !
YouTubeのチャンネル登録よろしくお願いします♪)
6月には、歌旅座の会報「北の暦通信・特別号」が完成します!
全国各地から続々とご寄稿いただいていますよ。
本日締切ですが、0時過ぎるまではお待ちしていますから、じゃんじゃん
送ってくださいな。
コンサートが再開した時に、「あぁ ! あなたが〇〇さんでしたか ! 」なんて
新たな出会いも待ち受けているかもしれないと思うとワクワクしますでしょ♪
会場で顔を合わせていた方々も知らないエピソードが出てくるかもしれません♪
みなさんより一足先に届いた原稿を読ませていただいていますが、それぞれの
ストーリーや想いが伝わって泣けてきます。ありがとうございます。
楽しみにしていてくださいね。
北の暦通信2020-表紙[40650]
楽しみと言えば、家庭菜園始めました。トマトです。円山散歩道で見つけました。
「お前をカプレーゼにしてやろうか。ぅぇあはははははは。」
そんな気持ちで、丸々、赤々とした実をみのらせようと思っています。
父にこの写真を送ると、「うちはもっと間隔を空けている 」とご教示
いただきましたので早速 苗を二つに分けました。
大した親の言うことは聞いてきませんでしたが、これに関しては別です。
IMG_20200514_101835
苗を買った時についつい手が伸びてしまったサボテン。
なんだか丸っこくて、かわいくて。
こいつも育てちゃろうと買いました。「まるちゃん」です。
ちょっとコロナウイルスに似てますけど、違います。愛しい我が子です。
きれいな花咲かせてあげるからね。
IMG_20200514_092718
この道を行けばどうなるものか…わかりませんが、とにかく前に進む
しかありません。
今は道を作っている途中。日常が戻り振り向いたとき、ちゃんと道が
できているはず。
そうしたら、大いに喜びましょう ! 握手しましょう !
ハグしましょう ! 乾杯しましょう !
コンサートでは大声で歌いましょう !

それではみなさん、ご一緒に。

元気があれば何でもできる !
イチッ・二ィッ・サァンッ!!!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

全国的な「緊急事態宣言」も39県で解除 
という政府の方針決定が今日にも出るようですね。
この先どうなるのか~と思いながらも、一筋の光は見えてきたはず。

ご存知のように残念なことに北海道は対象外。
こんな状況の中、またひとつ公演情報の灯が消えてしまいました↓

・7月5日(日)白老町コミュニティセンター フォークソングの広場コンサート
 が延期に。

いち早く緊急事態宣言を出し、注目をされていた鈴木知事の記者会見。
皆さん覚えていますよね?
upopoi
この会見で全国的に有名になったのがこのコトバ。
「ウポポイ!!なんやろ?」
「ウポポイの文字が気になりすぎて会見が入ってこない」
「後ろのウポポイが浮かれた感じでちょっと・・」
ネット上、SNSなど巷で大注目のウポポイがあるのが実は白老町

国立のアイヌ文化復興拠点「民族共生象徴空間」の名前。
JUNCOのバースデイでもある4月24日華々しくオープンする予定であったが、
いまだ開業延期中。
「ウポポイがオープンすれば白老町公演も盛り上がるな~よーし」と思いながら、
ギリギリまで主催者さんは開催を考えていてくれていましたが、残念無念。

しかし、白老町公演は中止ではなく、延期ですから。
ウポポイ&歌旅座・白老町公演。
1日も早いコロナ収束を待ち、新たな日程をお知らせできる日をお楽しみに。

札幌の桜シーズンも終盤に。
近所では濃いピンク色の「八重桜」が満開でなかなかの見ごろな並木道。
歌旅座公演の「サクラサク」のを待ちわびながら。
IMG_20200513_143333
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

肝臓の数値があまりよろしくないと医者に言われ、
米の量を制限して1年が経ち、まだ少し高めとは
言え数値は半分まで下がりちょっと油断している
今日この頃。
元々ワタクシおにぎりが大好きでして、旅の出発
の際、うさぎさんが握ってくれるおにぎりは
それはそれは『パワーボール』と名が付くほど
心も身体も元気になる逸品でした。
_20200509_152109
(お米1合分以上入っていると思われる
うさちゃんのパワーボール。朝・昼いける)

家でご飯を作る時間が増えた今、おにぎりの
うまさを再確認中。
そしてワタシは気づいたのです!
『おにぎりは握るべからず』
ゴキゲンな具を詰めてから、とにかく握るのは
一回で良し。塩をまぶし海苔を巻き、アルミホイル
で包むその時にもう一度軽くキュ。以上。
米の間に程よく入った空気の層が、具と米の良さ
を最大限に引き出してくれます。
一番好きな具は、梅干しと削りたての鰹節、そして
表面にとろろ昆布を少々。んん~♪最強♪
つまり、元気です!

おっと、話がそれてしまいました。
本日は、「時には昔の話を」シリーズ最終回。
全国でもファンが多いこの曲『ハルニレの詩』

豊頃町の十勝川河川敷にひっそりと佇むハルニレの
木をテーマに作られたのが2011年。
作詞を担当した北埜うさぎも実際に町を訪れ、
ハルニレに耳をあて心を傾け樹齢140年の歴史に
想いを馳せてきました。
(その後、大好きなラーメンもしっかりすすって
きた様子)
時がいくつも過ぎようと、喜びも悲しみも
全て受け止め生き抜いてきたハルニレ。
自然はいつも、人間になにかを語りかけてくれます。

ところでこの曲、女性の支持を得ることが多い
のです。なぜか?
ハルニレを自分の身に置き換えた場合、
「必ず私のもとへ帰っておいで」と願う気持ちは、
家を出ていった子供へ対するものか…。
故郷はいつもあなたをあたたかく迎えてくれるよ
というふうにも取れる。
もしくは旦那か?まったくもぉあなたったらっ!
どこの女の人に気をとられてるのっ!もぉ!
でも、わたしはここで待ってるわ、永遠に。
というふうにも取れる。
多分、鮭の遡上のことではないはずだ。

歌詞は、作り手のもとを離れた時、それは
お客さんによって育てられます。
それぞれの心のままに言葉が生きていきます。
皆さんの中で、一体どんな物語に仕上がっている
のか、一度聞いてみたいですね、こ~っそり。
それはきっとハルニレの詩に限らず、この世に
ある幾つもの楽曲は、人の心の数だけ物語が
出来上がっているんでしょうね。
ゆえにおもしろい。

ちなみに、この曲を歌う時私は、木そのものに
なって歌おうと思ってステージに立っています。
他のどの曲を歌う時よりも下半身に重心を置き
大地から力を引き上げ、両手は大きく広がる枝
のように。140歳の力強さに少しでも近づこう
と。ステージ上では、その『JUNCOハルニレ』
にBOSSとダルが照明を創ってくれることで
これまた素晴らしく幻想的な世界が広がっていく。
言葉・曲・歌・演奏・音・照明…全ての想い
が重なり生まれる空間は、きっと皆さまの胸の
奥に届いていることと思っています。
ハルニレ JUNCOポーズ


豊頃町にはとても立派なホール(何億もかかった
という)があります。年間に数回しかコンサート
が開かれないと昔聞きました。
このハルニレの詩が、町の人たちに親しまれ
遠い未来までも歌い継がれていったら嬉しいな
と思いを馳せるのはきっと私だけではないはず。
いつか町を出ていくかもしれない子供たちも
大人になった時、この歌が心の支えになるかも
なんて考えると、妙にキュンとくるのです。

今、この時
『たとえこの葉が枯れたとしても
 必ず新しい芽が生まれてくる』
という言葉も、私たちに勇気をくれます。

この曲も、当時発売されたシングル盤が
特設ショップにて発売されています。
吉田利一さん(宝くじの絵でもおなじみ)
による点描画で描かれたハルニレがまた
素晴らしい!額に入れて是非飾って欲しい
一品です。この機会にどうぞ!
ハルニレ ジャケデータ


<ご注文方法>
時には昔の話を 特設ショップ
②TEL:011-632-6680 または 070-5463-6776
③メール:info@dmj.fm
④FAX:011-623-6664
お待ちしております◎




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

速報です。

CD「2020 明日」のメッセージを広くお伝えしたく
先日から全国のマスメディアにご案内を続けて
結果、いくつもの記事に取り上げていただきました。
各社の記者のみなさまにこの場を借りて感謝いたします。

そして、本日5月9日付の北海道新聞・朝刊[全道版]
北海道歌旅座の記事が掲載されました。
200509_DoshinZ

歌旅座の歴史から現在の状況、
これからの展望を網羅した内容でまとめられています。
「残すは赤平」とある見出しは、北海道179市町村のうち
まだ公演できていない唯一のまち、赤平市のことなど。

難しい世界へと変わってしまいましたが、
この記事で歌旅座のことを
あらためてご理解いただけましたら嬉しいです。

----------------------

ところで、楽しみの1つ「北の暦通信・特別号」
各地から原稿が続々と届いています。
ありがとうございます!

原稿内容についてお問い合わせをいただいています。
簡単に捉えてください。例えば・・・
お住いになっている地元自慢やあなたのお仕事のこと、
宣伝やホームページ案内も加えていただいて大丈夫。
最近気付いたこと、ちょっと面白かったこと、
青春時代の想い出も含めて書き入れていただいてOKですよ。


新聞記事、みなさんのご協力による「北の暦通信」。
言葉で紡ぎ、言葉が繋ぐ。人と人が結びつく。
メロディーをつければ何曲か作品ができそうです。


それでは、元気でまいりましょう!




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ



© HOKKAIDO UTATABIZA. ALL RIGHTS RESERVED.