北海道歌旅座コンサートスケジュール


紅葉とはよく言ったもの。
木々に集う葉が、本当に紅く染まっている札幌。

先日、ひらひらと舞うナナカマドの葉が目の前を通過した瞬間、
鳥かと思って軽く飛び上がってしまったオガです。
 

そんな紅葉シーズン真っ盛りの10月31日、
今年3回目となる歌志内市での公演でした。
 
会場は歌志内市コミュニティーセンター。
公民館がリニューアルされ、10月1日にオープンした施設で、
そのお披露目も兼ねた記念コンサートとしてお招き頂きました。

IMG_0807
 
この日は「市民芸術文化祭」。
俳句、絵画、陶芸など、文化サークルのみなさんの力作が所狭しと展示されておりました。

中にはこんなユニークな作品も。

シルバー川柳

わかるわかる。

そう思うのはもっと先になるだろうと余裕をかましていた私ですが、
先日、公演先から札幌へ戻るトラック内での出来事。
ある芸能人の名前を言おうと思ったら全く出てこないという現象に出くわしました。
顔は浮んでいるし、頭の中ではその人の声も聴こえているのに名前が。。。

10分後、なんとか思い出すことができましたが、その瞬間に訪れた妙な安堵感とともに、
少しばかりの悲しさが胸の奥に残る秋の夜でした。


さて、セッティングとリハーサルは予定より早く終了。
昼食は婦人部のみなさんによるバザーにて。
なんと「歌旅座専用」チケットが用意されていました。
IMG_0799

この4枚で1人分なのです。
さすがに全種類だと多すぎるので、カレーライスとそばをセットで注文。
婦人部の皆様の手作りによるやさしい味。美味しかったです。

 
間もなく開場。
ロビーには長蛇の列。
 IMG_3612

1曲目に披露された「時代」。

かつて石炭産業で繁栄し賑わいをみせていた頃の歌志内。
その当時の懐かしい街の様子がスクリーンに映し出されました。
 IMG_3621

第1部終了後、地元の和太鼓グループ「弥六太鼓」のみなさんが登場。
若さと躍動感あふれるバチさばきで、素晴らしい演奏を聴かせてくれました。
 
IMG_0826

 
アンコールで再び登場してもらい「歌旅数え唄」を共演。より重厚な演奏となりました。
弥六太鼓ブログでも公演の様子が掲載されていますので是非ご覧くださいね。

IMG_0827



この日も遠くからご来場くださった方がたくさん。
司会太郎が「プロのお客様」と呼ぶ、北広島市からお越しのこの方は三姉妹でご来場。
そっくりですね。
IMG_3633

こちらは5年前の公演で合唱に参加してくれた二人。
サーモンズTシャツを着て、十勝から駆けつけてくれました。
当時はたしか小学校低学年。大きくなりましたね。

IMG_3634

ファミリーコンサート実行委員会、ならびに歌志内市教育委員会の皆様、
ありがとうございました!
弥六太鼓の田村代表、早川君、小林君、また一緒に演奏できる日を楽しみにしてます!
IMG_3639
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

いかがお過ごしですか。チエです。

歌旅座のメンバーがいつも持ち歩いているスケジュール帳最後のページには
北海道地図が載せられており、訪れた街ひとつひとつに色を塗っています。
このページを開くたびこの地図を塗りつぶすぞ!
と気合いがはいります。
image
 

10月27日。

朝4時、まだ目が開ききっていないメンバーを乗せて札幌を出発。 
北海道の広く見通しの良い道路を運転しながら、 
ふと思い出した、中部・近畿・北関東ツアーで運転した真夜中の首都高速
 
助手席と後部座席から「右に寄っとけ !」「左に寄りすぎだ !」
「もっとアクセル踏め ! 」と自動車学校よりも厳しい教官の指導と、
行き交う車と青看板の多さに、もうこの道は運転したくないと強く思ったあの日のことは
今でも忘れられない思い出です。
(同乗していたメンバーはチエには首都高速を運転させないと思ったことでしょう。)

この日の車内はとっても穏やか。
改めて大地の広さに感謝し、北海道の良さを実感いたしました。

そうして到着したのは初めての街、雄武町。162市町村目です。
オホーツク海から昇る美しい日の出が見られることで有名な街です。
残念ながら雄武に到着する頃には日は昇り、その景色を眺めることは
できませんでしたが、一度は観てみたいですね。




この日は中高生に向けた芸術鑑賞コンサートと、一般町民を対象とした
コンサートの2回公演でした。

中高生に披露したのは「標」「前へ前へ」「海に出よう」などオリジナル曲を中心に
構成した特別プログラム。
はじめは、この人たちは誰だろう? と探られているような雰囲気が伝わってきましたが、
後半に差し掛かる頃にはその空気も和み、手拍子をしてくれる生徒さんも いました。
IMG_3560
アンケートカードには、「歌詞が良かった」「心に響いた」「また聴きたい」などなど、
嬉しいメッセージを沢山いただきましたよ。
これからも幅広い世代の方々に歌旅座の歌を届けていきたいものです。



一般の部では昭和ノスタルジアを披露しました。
昭和の名曲と共に、客席からも歌声が響きます。
IMG_3581
最後の『歌旅数え唄』では「ハイ ! サーッ ! 」の掛け声で会場が一体となりました。
IMG_3594
帰り際のみなさんの笑顔、忘れません。
IMG_3596


主催頂きました雄武町教育委員会のみなさま、ご来場頂いたみなさま、
ありがとうございました。また雄武町に歌を届けに参ります。
そのときまでどうか元気でいてください。


北海道179市町に音楽を手渡しする旅が始まり、7年が経とうとしています。
訪れた街が163市町村に達しました。
出会った人達の笑顔を思い出しながらまたひとつ
地図の色を塗らせていただきました。


 


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

お知らせです。


歌旅座後援会員に向けた会報紙「北の暦通信」最新号を、
11月に発行いたします。

今回は、「渋谷公会堂 さようなら公演」を第1面に、
来年1月に開催する「2016 新春コンサート・旭川2デイズ」速報、
前号掲載以降、思いのほか反響が大きくて戸惑ってしまった
単なるスペース埋め記事「ダル君の愛と血をみつめて」など、
情報満載でお届けいたします。 

そして、今回だけのうれしい特典。
後援会員限定特別付録として「2016年マンスリーダイアリー」同封いたします。

kitakoyo_2016diary
今回のダイアリーは「イエローグリーン」の表紙。
新しい年にどんどんご活用ください。




「北の暦通信」は現在、鋭意編集中。
お手元に届くのは11月中旬の予定です。

いましばらくお待ちくださいませ。










 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

1週間にわたって展開してきた秋の中部・近畿・北関東ツアーもついに最終日!
残ったチカラを全て出し切ろうと、ホテルでの朝食をしっかりとりました。
2015-10-26-11-58-46
さすが茨城、心ゆくまで納豆を堪能させていただきました。
この納豆を目当てに、宿泊抜きでこちらのホテルを訪れる地元や観光客の方もいるとか。


さて、口の中に心地いいネバつきを思い出しながら、
今回のツアー最後の会場がある茨城県城里町へ。
2005年2月 常北町、七会村、桂村、
という三つの地域が合併して名付けられたのが城里町
そんなお話を茨城県後援会の二ノ宮さんから伺いました。

そして会場はこちら。
IMG_3518
サテライト水戸ライブ館
2012年8月 競輪の場外車券販売所である、
サテライト水戸の敷地内にオープンした会場。
地元や城里町を訪れるミュージシャンたちに利用され、
町民の皆さんに音楽を届ける大切な場所となっているそうです。
町にひとつでもこういった場所があるだけで、
人と音楽の距離がグッと縮まる気がしますね。

搬入・設営を行い、少しばかり時間の余った昼ごろ、
一同はある場所へと向かったのでした。
12122553_899395763442255_7848744433039012268_n
Facebookでの投稿を見た方はもう知っていると思いますが、
実は現在チープ広石さんは茨城県城里町に眠っているのです。
他のみんなは再会ということできっと心の中で、
「久しぶり」なんて言葉をかけたのかもしれませんが、
ただひとり僕だけは「はじめまして」という言葉をかけました。
1度で良いから会ってみたかった人、身近な気もするけどやっぱりとても遠い存在。
僕にとってはそんな不思議な存在です。

一人ひとり墓石に水をかけていく途中、
「頭からぶっかけてやれ!!」そんなBOSSの一言で響く笑い声。
そして静かにみんなで手を合わせ、その場をあとにしました。


会場に戻り準備を再開、いよいよ開演です!
IMG_3538
IMG_3544
IMG_3558
お世話になりました 茨城後援会 二ノ宮さん
サテライト水戸 金山支配人をはじめとする関係者の皆様、本当にありがとうございました。
また次回も是非とも宜しくお願い致します!!


これにて、この度の秋の中部・近畿・北関東ツアー完結です。
ご拝読ありがとうございました!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

後援会会長の要望に応え遠く5000キロ離れた異国からエアメールする。
「エアメール」は喪失単語になるだろうな。

2002年、13年振りにチープと再会したのもここバンコクだった。

20年近くアジトにしているコンドミニアムのプールサイドで会うなり
彼は嬉しそうにテンモーパン(スイカシェイクジュース)を注文したのを思い出す。

あれから13年、俺は変わらず朝風呂ならぬ朝プールで河童になっている。
2015-10-23-17-54-48

今回はタイ王国について論じてみよう。
この国の有り様と来たらアメージングである。

20年前最初に訪れてから起きた出来事。
タイバーツ暴落、クーデター、大水害、そして最近では民族問題による
爆弾テロなど数えたら切りが無い。
今ではオリンピック同様、四年に一度何かが起きるものと確信している。

その事柄はすべて人災によるもの、タイ人特有の
マイペンライ精神から起因するものだろう。


日本との繋がりは天正年間、山田長政が当時シャムの国と言われていた
アユタヤ王朝との交流から始まる。
スペイン艦隊に攻められていたシャム国は山田長政率いる義勇隊を受け入れ
勝利したと言う話がある。


時は過ぎ1933年国際連盟、日本の満州国即時撤退の可否を採決した一幕。
今でもニュース映像として残る松岡洋右外相の演説シーン。
国連加盟国44カ国、賛成42カ国、反対は1カ国(日本)、棄権1カ国。
棄権、タイである。

どっちでもいい。オイラ知らぬ。
無関心なマイペンライ精神の現れである。
通貨暴落で経済植民地になったこの国はODA及び
外資による経済発展を遂げてはいるが
未だに格差社会、貧富、差別は残り
人々の基本精神は変わっていない。

サンダルから靴を買う前にスマホを手に入れ
Facebook友だち平均500人の誰からも愛されたい国民気質。

人種も多くアジアのコスモポリタン国家。
最近は日本の外食チェーンが猛進出しショッピングモールは
日本と間違えるほど見慣れた看板だらけである。

そのうち氷河期が来てフリーズすると撤退する日系企業は多いのだろう。


「♫この国ときたら賭けるものなどないさ だからこうして漂うだけ…」
吉田拓郎 落陽

そう、漂う国タイランド。沈むこともないが自力で泳ぐこともない。

還暦前にこの世を去った、開高健の「漂えど沈まず」を思い出す。
「悠々として急げ」
「たとえ明日、世界が滅びるとしても、あなたは今日リンゴの木を植える」
名言をたくさん残した好きな作家のひとりだ。

好きといえば大ボラ吹き作家、落合信彦も迷言を言っている。

「人生とは偉大なるエンターテイメントである」



エンタメねぇ。。。

長いことそんな事を生業としているが
最近つくづく時代と共に生きることの難しさを実感する。老けたか。


ナラティワート24通り、アジトのプールサイド、
心に移り行くよしなしごとを、そこはかとなく書きつくれば
怪しゅうこそものぐるほしけれ。


乱文にて失礼 ラコーン!




追伸
スコール後のバンコク名物「渋滞」
2015-10-23-17-54-51

タイニューモードヘアーモデル「有田秀哉」
2015-10-23-17-54-53



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.