北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


��オロロン鳥の親子、その愛情に捧げる唄��
  DMJS100_Sleeve.png
  「オロロン守り唄」 税込525円(2曲収録)
  1.オロロン守り唄 唄・演奏・・JUNCO&CHEEP
  2.オロロン守り唄[室内楽]編曲:酒井由紀子 演奏・・NOA 
  ■CD売上の一部は海鳥の保護活動のため寄付されます。

9月20日(日)発売JUNCO&CHEEP「オロロン守り唄」CDをご紹介します。
作詞は北埜うさぎ、作曲はCHEEP広石により完成した曲をJUNCOが歌います。

北埜うさぎが詩に込めたメッセージをお伝えします。

「オロロン守り唄」に寄せて

「オロロ~ン」と鳴くから「オロロン鳥」。
そのオロロン鳥が数年前から絶滅の危機に瀕しているという。

かつて、その鳴き声は幾重にも重なって、
“オロロロ・・・”と途切れることなく聞こえたはずだ。
今では、その「オロロン」というひと鳴きでさえ、
耳に届くことは稀となっている。
そんなオロロン鳥の貴重な卵。
岩棚に直接産みつけられ、回転はしても転がることのないという、
洋梨の形をした不思議な卵。
だが、つがいで行動し、ただひとつ産み落とした卵を守る
オロロン鳥にとって、「オロロン卵」は“不思議”などという、
無責任な甘い言葉でくくられるものではないはず。
「生きていくこと」「生き抜くこと」そして「“生”をつなぐこと」。
そのために卵は、卵の時から必死で生きている。
そして、親鳥はその小さな命をさらに必死にあたため、
守り、育て、教え、巣立たせる。
削ぎ落としてみれば、親とは何と無償で子を愛するものか。
ストレートでシンプルで、何よりとても大切なことを
オロロン鳥と「オロロン卵」から教わった気がする。

少し前になるが、そう間をあけずに両親を見送った。
もうとうに巣立ったつもりでいたのに、
その直前には“子”である自分を強く感じていた。
そんな時に生まれたのがこの「オロロン守り唄」。
オロロン鳥に少しだけ思いを重ねられた私は、
かなり倖せなのかもしれない。   -北埜うさぎ-


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

090904_1.png

西興部村 「第26回むら興しまつり」にて出演が決定致しました!

090904_2.png

9月13日(日) 11:00~12:20 【観覧無料】 
会場:森林公園ステージ 西興部村字西興部107番地
主催:第26回むら興しまつり実行委員会
後援:北海道・(財)北海道文化財団・北海道新聞社・FMノースウェーブ
お問合せ:�潟fィーエムジェイ 011-623-6680


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

JUNCO&CHEEP180市町村公演2009秋の道南ツアー第3弾!厚沢部町公演!

090903_厚沢部.jpg

------------------------------------------
JUNCO&CHEEP「悲しいことは数あれど」厚沢部町公演
9月12日(土)開場18:00 開演18:30【入場無料】
会場:厚沢部町保健福祉総合センターあゆみ 厚沢部町新町181番地6
主催:厚沢部町文化協会
後援:厚沢部町・厚沢部町教育委員会・北海道文化財団
   北海道新聞社・FMノースウェーブ
企画・協賛:�甘゙ィーエムジェイ
問い合わせ:厚沢部町文化協会(厚沢部町教育委員会内)0139-64-3436
       �甘゙ィーエムジェイ 011-623-6680
------------------------------------------

IMG_3552.JPG
厚沢部町公演では、アフリカンパーカッション奏者・山北紀彦さん
ゲストに迎え、共演します。魅力ある太鼓の世界をお楽しみに!

:山北紀彦(やまきた のりひこ)
北大水産学部に在学中の1992年、昆虫採集を目的に旅したカメルーン
共和国で木をくりぬいて作った太鼓の魅力に取り憑かれ、帰国後
北海道のカバノキとエゾシカの皮で太鼓を自作し演奏活動を開始。
同大大学在学中の1997年、モスバーガー地球遊学生としてケニアにて、
太鼓のリズムを学ぶ。以来プロ活動に入り、2000年はケニア人音楽家と
2001年はセネガル人音楽家と「SAFAIKO」を結成。2002年には、ジンブバ
ブエ人音楽家とともに、北海道アフリカネットワーク主催の全道ツアー
を行う。2001年、ケニアの先駆的ダンサー・オンディエゲ氏率いる
ダンスグループのリーダードラマーを務め、独自のリズムでアフリカ
のダンサーと二度にわたりステージを作り上げ喝采を浴びる。
遠藤ミチロウ、モンゴル音楽の嵯峨治彦、タンザニアの親指ピアノ
「イリンバ」奏者のサカキ・マンゴー、シンガーソングライター・SHIBA(シバ)、
アイヌの弦楽器トリンコ奏者で音楽プロデューサーのOKI等共演も多い。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

画像 2191.jpg

画像 2221.jpg

画像 2235.jpg

画像 2242.jpg

画像 2271.jpg

画像 2230.jpg

画像 2295.jpg

画像 2288.jpg

画像 2289.jpg

画像 2305.jpg

暖かいメッセージの数々はこちらで紹介させて頂きます。

鷹栖町公演にご来場頂いた皆様ありがとうございました!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

皆様、JUNCO&CHEEPブログをご覧頂き、ありがとうございます。
8/30(日)JUNCO&CHEEPは16公演目となる鷹栖町公演を迎えます。

今年の2月『北海道180市町村550万人全ての人達に歌を届けること』を
目標に掲げ、夕張公演を皮切りにスタートしたJUNCO&CHEEP北海道ライブツアー。

初めて行く先々で、素晴らしい人達との出逢いがあり、感動があり、
そして、聴いて下さった皆様からメッセージを、沢山頂いております。

Message.jpg
↑こちらのバナーからご覧頂けますので、お時間があれば、ご覧下さい♪

皆様のメッセージが、JUNCO&CHEEPの次なる公演の起爆剤になっております。
本当に、ありがとうございました。今後とも、宜しくお願い致します!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.