北海道歌旅座コンサートスケジュール


さてさて、突然ながらですが、
2/1雪のニセコ町公演の翌日、歌旅座BOSSとサーモンズ・アリタはタイのバンコクに
行って参りました。
CIMG3097
今回は歌旅座とはちょっと別の目的もあり、ツアーの合間を縫って滞在2日間の旅。
バンコクといえば、北海道歌旅座ニッポン全国市町村公演の番外編として唯一の、
海外公演の地ですね。
2009年5月、ASEANと東アジア13カ国のシンガーが集う、タイ国王在位63周年記念コンサート
にJUNCOとNARIKOが日本代表として参加し、文化センターで大絶賛を貰った思い出の街。
そしてタイといえば、タイ料理が辛くて、旨い!
寒い北海道から、たまには、そんなテーマもいいかなあ-なんて思い、リポートします。

深夜便で向かい、久しぶりのバンコクに早朝に到着!
image1
まずは、ハラが減っては戦は出来ぬと、屋台に直行。
屋台では最もポピュラーなのがこいつ、タイ式ラーメン、クイティアオ。
image1a
麺は、小麦麺のバミーか、米麺の太(センヤイ)、中(センレック)、細(センミー)
の3種からチョイスができるが、オーソドックスにセンレックを食す。。
一杯、35バーツ(120円くらい)。
唐辛子、ナンプラー、ニンニクなどお好みで味付けが出来、せっかくだからと、
唐辛子を少々多目に。Oh~辛いがウマイ。<辛さ悶絶度2>
やっぱり辛くないとタイじゃない!長旅も疲れも吹っ飛ぶというもの。
バンコクの街へ出動!!
DSCN0491
お昼は、現地の訪問先の方にタイセレブのご用達レストランで、本格タイランチをご馳走いただく。
たくさんの料理の中に当然のごとく、辛いものが。
トムヤムクン(辛い・酸っぱいエビのスープ)<悶絶度3>
マッサマン<イスラム風チキンカレー)<悶絶度4>
グリーンカレー<悶絶度3>
とにかく全部旨い!

夕食は昔からいきつけ、ドイツ地ビールがあるロンビア・タワンデーンへ。
たまに夢にまででてくる、名物はこれです。
image5
カームートォー(豚足のディープフライ)。
ジャーマン料理のアイスバインをタイ風アレンジした逸品。
地ビール:ヴァイツェンビアとの相性が最高で、写真左のタレが、決め手!<悶絶度は5>
箸休め的に頼んだあわせ料理も、なんと辛かった~
ソムタイ・タイ(青パパイヤスライスサラダ)<悶絶度5>
image7
パクブン(空芯菜)スライス<悶絶度6>
image8

翌日、まずはホテルのプールサイドで、パッガパオ・ムーライス(豚挽き肉のホーリーバジルご飯)
を頂く。朝から辛さ<悶絶度6>

仕事を終え、夕食は、ホテル近くのチャイニーズレストランを探索。
中華でもあなどるなかれ、ここの名物スープ、バミープラーに唐辛子をいれると、OHHHH~
一口食べると、もう、どうしていいかわからない。
熱いスープを飲むと、眼球が飛び出し、水を飲むと上アゴを引っ掻かれる。
これを一番初めに食べたBOSS、大悶絶、MAX<悶絶度10>を記録。

その後、タイ最後の夜、シメの屋台でイサーン(東北)料理をいただく。
現地のタイ人パートナーと行ったからもちろん味付けもタイ人仕様だ。
もはやイサーンは、「辛い」を通り越している。。気絶しそうだ。
おかげで写真を撮るのを忘れてしまった。
ナームトック・ムー(豚肉スパイシー和え)<悶絶度12>
ラープ・ムー(豚ひき肉バジル炒め)<悶絶度12>
ソムタム・プー(ソムタムに生の沢蟹、プララー入り)<悶絶度15>

タイ料理の辛さをを和らげるには、どうしたらいいのでしょうか?
それは、ご飯をたくさん食べることです!
オカズとの比率では、日本の3倍ご飯を食べなければなりません。
体重計にはのっていませんが、身も心もパンパンになる2日間でした。

歌旅座は、激辛作家・北埜うさぎ先生の洗礼により、ダル君はじめ、みんな辛いもの好き。
屋台でワイワイ悶絶、気絶する日を想像しながら、
再びJUNCOの声がバンコクの街に響き渡り、シャケ達もチャオプラヤー川を遡上する
ことがあるように願いながら、期待もパンパン付け足して、帰国の途についた3日目の朝でした。
夢は逃げないぞー!

帰国後、翌日からBOSSは今金町公演へ出動!
そう、「クライマーズSHOW新参物語」はまだまだ続きます。 
北海道内各地の皆さま、益々張り切って参りますのでどーぞお楽しみに!
 
最後に前にも一度乗せましたが、6年前のタイ国王イベントの日本代表・JUNCOとNARIKO
のテネシーワルツ。厚化粧ながら、この2人のパフォーマンスをどうぞ↓
たまにいいですよ☆

ASEAN+3 "Concert for the King" Part 2 Bangkok Thailand (Tennessee Waltz)





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

この日はニセコ町での公演 ! いつもお世話になっているファーマーズキッチンポンポンにて
2月のスタートを切りました!
こちらでの公演は今回で3度目です。また来れるなんてうれしいなぁ~

IMG_9155_R
ポンポンさんはイタリアンレストランです。
お店の大きな窓にはところ狭しとピザやパスタメニューがびっしりと書かれていました !
公演前にいただいたトマトクリームパスタとサラダ、ピザ。どれも美味しかったです。
いつか全メニュー制覇したいなぁ。

おいしいイタリアン料理とおいしいワインにクライマーズSHOW !
ぴったりの組み合わせになりますように ! と願い膨らませ、開演です。


会場は満員御礼 !!

皆さんの声援、手拍子、拍手、とってもとっても嬉しかったです!!
IMG_9167_R


ありがとうございます !
IMG_9162_R

前回の公演後にJUNCOが描いたメッセージです。
ニセコ町の皆様に心ときめくステージはお届けできたでしょうか。
再びニセコ町でお会いできる日を楽しみにしています。

公演を開催して頂いた大道さんはじめ、ファーマーズキッチンポンポンの皆様ありがとうございました。
IMG_9196_R


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。司会太郎です。
お久しぶりですよね。

やられてませんか、インフルに。
ご自愛ください。
私? やられましたよ、インフルに。 
体温は44.3度になりました。気分的にですが。
療養中、缶詰のフルーツしか食べませんでした。
高熱フィーバーでうなされながらも
食べたいものが夢と現実の狭間で
次々と浮かんでくるのでした。
たとえば、コレ↓
maruchu_curry01

カレーライスですね。
フィーバーで夢うつつ、「エアウィーヴ ピロー(スタンダード)」を枕に、
このカレーを思い出していたのでありました。
なお、写真は盛りつけ例です。

歌旅座のコンサートにお運びいただいたアナタならご存知。
円山厨房・特製カレー」であります。

円山厨房は、よく勘違いされる御仁もいらっしゃるのですが、
決して厨房機器ショップでございません。
札幌の円山にあるレストランです。
否、「あった」と云わなくてはなりません。
と、申しますのも、およそ10年に及ぶレストラン営業に
ピリオドを打ったからであります。

過日の2014年1月30日(金)。
最後の営業を終えた閉店後、円山厨房のスタッフと北埜うさぎさんと
ささやかながらフェアウェルパーティーを催しました。
生まれ変わったかのように完治した私も同席、
フルーツケーキファクトリーのケーキと紅茶の小さな宴席は
あたかも英国貴族の語らいを思い起こさせてくれました(ウソ)。
また、ケーキのフルーツは缶詰のモノより美味でした(ホント)。

参加者はそれこそじっくりと味わうように
数々の思い出をかみしめました。
円山厨房のスタッフはみんな異口同音にして、
「ほんとうに楽しい職場だった」
「仕事に来るのが毎日楽しみだった」
「もう二度と経験できないかもしれない」などなど......。


コンサートツアーで不在の歌旅座メンバーから託された
円山厨房スタッフに宛てたメッセージが披露され、
笑いと淋しさが渾然となった、
何とも言えない雰囲気が宴席を包み込みました。


楽しいことにも必ず終わりが訪れるもの。
みんなで再会を誓い合い、宴席はお開きとなります。
印象的だったのは、ケーキを載せていた皿や空のカップを
いつものように運んで、いつものように洗い、
そして、いつものように片づけているスタッフの姿。


毎日のように通ってくれたお客様、お別れを伝えに
わざわざ遠くからお越しになったお客様で
最終日のランチタイムは空前の混雑だったそうです。

クローズする理由はあえてお知らせいたしません。
あるレストランがコンロの火を落とす、というだけです。
しかしながら、円山厨房というブランドは終わりません。
歌旅座のコンサート会場で人気のカレーは、これからも味わえます。

maruchu_curry_pack
通信販売でもお買い求めいただけますし、
姉妹店である円山夜想(マルヤマノクターン)でも食することができます。
恋しい味わいとの再会は、いつでも。


このブログ記事をここまで読んだアナタ、
「結局はコマーシャルかよ」と思うでしょう。
ある意味で当たっています。
でも、大勢のお客様や歌旅座メンバーを迎え入れて、
円山厨房スタッフが調理して盛りつけてテーブルに運んでいた光景を、
わずかながらでもアナタと共有できれば幸い。
そしてカレーを味わうことでいろいろと想像していただければ
ことさらにウレシイのであります。


最後に円山厨房のスタッフをイラストで紹介いたしましょう。
描いてくれたのは、H.ケンジ氏。北海道の東から流れてきた風来坊です。
長谷川町子ではありません。

maruchu150130


これでまた、想像の幅が広がりますね。
想像が暴走して「どーゆー店だったんだ」って感じで
夢と現実の狭間でうなされるかもしれませんが。


ごきげんよう。


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

クライマーズSHOW ツアー、9公演目は白老町にやってきました!

会場は、石倉を改装して出来上がったイベント会場「蔵」。
白老町にの文化を盛り上げようと熱い思いを持った佐藤さんの協力で、この町でのコンサートも6回目となりました。

IMG_9045_R

今回宣伝はしたものの特にチケットの販売をしなかったという佐藤さん。
にも関わらず100人を超えるお客様がいらしてくれました。
嬉しいですねぇ~。

IMG_9043_R

会場はこの通り満員御礼!!

IMG_9047_R

この日は司会太郎が参戦。
久々に3人仲良く彼の18番「とっても馬なみ」を披露しました。前座はここまで!

IMG_9074_R

新参者ならではの歌や、メンバーそろってのフルコーラス。
そして、昭和の青春群像を描いた小芝居とバラエティーに富んだステージ、白老のみなさまいかがでしたでしょうか。
ご来場の皆様ありがとうございました。

IMG_9136_R

近隣地域からの応援団の皆様です!
むかわ町実行委員の皆様。
IMG_9153_R

北広島応援団より石黒さん。(菅原さん作:ミニチュアチエ・ケンも連れてきてくれました!)

IMG_9151

千歳市より谷口さん。むかわ町にも来てくれました!

IMG_9150

いつも温かい応援ありがとうございます!!

今回主催頂いた「文化を通して育ちあう会」の皆様、ありがとうございました。
歌旅座の音楽が、明るい街づくりのお手伝いになることを願っています。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

むかわ町を後にした我々は、太平洋を眺めながら国道235号線をひた走りました。
この日の公演地は浦河町。

主催の<浦河36年会JUNCO応援隊>の播磨さんが経営する寶龍・浦河店にて、
美味しい味噌ラーメンを頂き、会場へ。

ここ、総合文化会館でのコンサートは、今回で4回目。
初めての公演は、2010年11月11日、「JUNCO&CHEEP」としてのコンサートでした。
当時、チープさんがブログでこの日の様子を書いていました。
そう、あの時はチープさんも一緒にこの街で歌とサックスを響かせていました。

あれから約5年。

歌旅座の門を叩いて来た新参者のチエとケン。
その魂を受け継ぎ、どんなステージを見せてくれるのか。

搬入・セッティングも順調に進み、いざ開演の時!

IMG_9035_R

前日に続き、満員!
近隣のえりも町、様似町、新ひだか町からも多くの方々がご来場頂きました!

IMG_9016

チエの早着替えも好評。 この日もセーラー服姿に会場は大盛り上がり!

IMG_9023


「JUNCOの声が好きでね~!どうしても聴きたくなっちゃうんだよ!」と、
嬉しそうに話してくれた年配の男性。

「楽しかったー!また来てねー!」と、笑顔で手を振ってくださったご婦人。

「久しぶりです!お元気そうで!」と、声を掛けてくださった懐かしい顔。


改めて、いつでも歌旅座を迎え入れてくれる人の心の温かさを感じる公演でした。


終演後、浦河町公演で初めての実行委員の皆様との打ち上げ!
たくさんのご馳走と、公演実現に向けて走り回ってくださった熱い想いを頂きました!

いつも快く引き受けて下さる播磨さん、石垣さん、
お酒を一滴も飲まずに送迎してくださった奈良さんはじめ、
<浦河36年会JUNCO応援隊>
の皆様、本当にありがとうございました!

またお会いしましょうね!


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.