北海道歌旅座コンサートスケジュール


札幌の雪もだいぶ解け、暖かい日差しが心地よい季節になりました。
春ですね。みなさん元気にお過ごしですか。

来たる3月21日は6年ぶりに仁木町を訪れます。
懐かしい昭和のうたの数々。楽しい時間をお届けいたします。
どうぞお楽しみに‼

〇日時 3月21日(木・祝)
    開場 13:30 開演14:00
〇会場 仁木町民センター
〇料金 1,500円
〇お問い合わせ・ご予約
    北海道歌旅座 011-623-6680
           070-5463-6776 
     
53761248_2200727383375662_7055902359838261248_n

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

毎度ぉ~~!
円山夜想・マルヤマノクターンの店長、kenzzzi(49)でおま!

歌旅座は今年で10周年。
その記念ライブをここ円山夜想でやるっちゅうワケでな。
これや。

190317-HKDUTZ10


嬉しいコトに、すでにソールドアウト(売り切れ)やねんけど。
それはさておき、いつもと違うメンツの写真ありますやろ。

誰やろな〜〜??
思いますでしょ。

ハラスメンズ、さつき、橘亜耶。
この3組は歌旅座にゆかりのある札幌のミュージシャンなのです!

まずはハラスメンズのみなさん。
実力あるメンバーによるアカペラグループや。
地元のアカペライベントを主催したり、後輩の指導などやってはります。(エライなぁ)
メンバーの一人はディスカバリーファームのスタッフでもあります。

次にさつきはん。
現在は「紗つき」として、ピアノ弾き語りのシンガーソングライターをやってますぅ。
JUNCOが歌旅に入る前、千歳の魔界で歌っていた頃に観に来てくれはってんて。
巡り巡って、今JUNCOと同じステージに立つって。なんか縁を感じますなぁ。

最後は橘亜耶はん。
ピアノとギターの両方で弾き語りができるシンガーソングライターや。
独特な詩の世界観を持った曲を歌うで。まるで一本のドラマをみているような曲や。
円山夜想にも何度も出演していただいてますし、歌旅の録音にも参加してはるで。


この3組が自身の曲と、何と!歌旅座の曲をカバーしてくれはりますぅ!
きっと一番の見どころやろね!

そして歌のバトンは継がれていきます。

いつか歌旅座の歌をたくさんのミュージシャンがカバーしてくれたらエエね。
歌の冥利につきるっちゅうもんやな。


10周年記念ライブをご予約をいただいたお客様。
どうぞお楽しみにぃ〜〜!


ほなな。

thanx!!
maru-nock
kenzzzi.




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今日はサンキューデーです。
『みんな俺のこと忘れてんぢゃねぇかな…』なんて
心配はいりませんよ。その証拠に、今頃アジトでは
『サンキューCup』なる麻雀大会してるんですから。
チープさん、大好きでしたもんね。頭に手ぬぐい巻いてね。
二萬と三萬、よく見間違えてましたね。(老眼鏡はちゃんと
かけなきゃダメです)今、有田さんが同じ状況です。

チープさんが遠くに行ってから5年が経ちます。
ええ、私もイイおばさんになりました。油ノッテルどころか
旨味たっぷりのかつお節です。
かつおと言えば、私達、旅に出ると『車呑み』なるものを
してるんですけど、こないだもフェリーの乗船時間まで
2時間あるってんで、スーパーでカツオのたたき(200円)と
玉子豆腐と焼きにしん一匹まんま(100円。安っ!)と
メカブと日本酒一升買って、車の中で呑みました。
(勿論、運転手はガマン)
全員前を向いて、前へ後ろへと食材を回し、プラカップに
お酒を注ぐ。きっと、こんなことやってる人達、他に
いないですよね。チープさんとも車呑みしたかったなぁ。

歌旅はもちろんまだまだ続いています。
あの夕張からスタートした時、一歩間違ったら
『どん底ツアー』なんてタイトルになるところだった
んですよね…。懐かしい…。
円山に引きこもった合宿生活。
朝早く起きてスタジオに入り、夜更けまで作業して、
麻雀もして酒も激しく呑んで、宿に戻ってからもまだ呑んで
… なんかとにかく激しかったけど楽しかった。
コンビニで売ってる味付きイカの缶詰、一体何缶
食べたでしょうね。

音楽は、音楽以外のこと(人と向き合うこと)を
真剣にやっていたら、それが歌や楽器に素敵なグルーヴを
与えてくれる、という事を教えてくれました。命をかけて。
技術を覚えるのは本人の努力でしかないけど、
その技術が『いきいきと呼吸する』為には、とにかく
やっぱり『人』だ。間違いないっすね。

10周年を迎えた今、あの時の激しさをもう一度胸に。
死ぬほど泣いて死ぬほど笑い、そして新しいなにかが
生まれていったあの日々。
今一度、サンキューを込めて、今日のスタジオ作業
グルーヴィーにやってみようと思います。

sketch-1552003925477




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

「今日は啓蟄(けいちつ)だ」。
BOSSが朝呟いた。
啓蟄とは「冬ごもりをしていた虫や動物が春を感じて這い出る」
という二十四季のひとつで春の季語。
今年の啓蟄の日がこの日3月6日なんですって。

昨日のブログでナリコも書いていたが、ありがたいことに
前日は旅の中の楽しみでもある温泉宿でのひととき。
歴史ある湯治場で身体も温まり、おまけに気持ちのいい春日和。
我ら歌旅座も春を感じた虫や動物たちのように
朝からリフレッシュして動きだしたのであった。
1551949429311~2
安比高原から向かった先は岩手県・一戸町。
我らにとってはすでに馴染みのある一戸町コミュニティセンターが会場。
去年は軒下に大きなつららがぶら下がる、2月の寒い1日でだったのを思い出す。
岩手と青森の近隣に存在する〈一戸〉から〈九戸〉まで四を除く八つの町」のひとつで、
〈戸(へ)のつく町ツアー〉をやってほしいという声もかつて上がったことがあった。
その中で1番多い3回目の「昭和のうたコンサート」となるのがここ一戸町。
会場につくと、「お待ちしてました♪」と主催者の皆さんに温かく迎え入れて頂いた。
早くもいい公演になる予感。

また、ここの会場には忘れもしない名物(名所!?)が。
舞台上の演者を前から当てる照明のことを、俗にシーリングライトというのだが、
その吊り位置がなんとも高い所ににあるのだ。
聞くところによると地上からの足場の距離は約23mもあるらしい。
間違いなくこれまでのどんな会場より、高所日本一。
1551949432507
(*写真上部に見える足場がシーリングライト)
そんな盛り上がる仕込みもスムーズ終え、お客さまを迎える準備ができました。
アーチ上の天井がきれいですね。

「歌旅座公演のクチコミが広がり、年々来場者も増えているのですよ」と、
代表理事の高橋さんの云う通り、開演前には予定数よりも多いお客さまで
埋め尽くされました。
1551949981556
青森つがるの弘前、秋田の北秋田、そして岩手なんぶの一戸と
廻ってきましたが、それぞれが独特な言葉、方言のあるところ。
イントネーションは違うども、どちらも暖かみのあることばで、
たくさん声をかけてくれる。
そして皆さん「素」でコンサートを楽しんでくれる。
こんなに嬉しいことは御座いません。
たまりませんな~東北。

会場を後にするとき
「次はまたお客さんがもっと増えてるはず」とのお声も頂いた一戸町、ありがとう◎
歌旅座、また必ず戻ってきますよ~。
1551949450613

さあ、今日はこれから八戸港からフェリーで北海道戻り。
宮崎からの長い今回の旅もまもなく終わる。

札幌はまだ雪残ってるべか!?



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

たくさんのお客様が迎えてくださった弘前公演。
良い公演になったな!とメンバー皆が晴れやかな顔をしている時のお酒はとてもおいしく、昨夜は熱燗を何本空けたかわからない。

まだ雪の残る田んぼを眺めながら、この日の会場「北秋田市文化会館」へ向かいます。

IMG_20190306_183101

前回は2016年の12月、約2年ぶり。
今日もJUNCOの髪はちえが綺麗に整えます。
プログラムを考慮しつつ、ふんわりさせたりタイトにしたり。
手早く上手。

IMG_20190306_175658

東北の方達はおおらかで明るく、親しみの込められた笑顔にいつも安心します。
ステージ上で歌っているJUNCOにも「いい声だねぇ~!」と話しかけ、太郎さんの問いかけにも必ず答えてくださいます。

北海道を出て全国を旅するようになり、各地の気質の違いを肌で感じる機会が増えたことで、自分自身や北海道という土地を客観的に見る面白さを知りました。
旅の味わいのひとつ。

今宵の宿は岩手県八幡平市にある新安比温泉。
暗闇にお湯の音が響く、夜の露天風呂が好きです。
その日の公演のこと、続いて行く旅のこと、日々のこと、のんびり思いながら、いいお湯でした。

大好きな秋田県。
秋田市や能代市からいらしてくださった方もいました。
ありがとうございました!
また来ます!


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.