北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


もう何度目でしょうか。
実際には数える回数かもしれませんが、
気持ち的には数え切れないくらい訪れている感覚。
それは数々の出会いとお付き合いをさせて頂いているからでしょう。

14日深夜、これもまた乗り慣れた苫小牧発八戸行きフェリーに
と思いきや新しく就航になった見慣れない船で出発。
『シルバーティアラ』なる新顔、
紫を基調とされていて、なんかオシャレなホテルみたい。
いきなり一隻だけ異質なのですが、どうした川崎汽船さん 。

 
八戸港から一気に青森市から津軽方面へとご挨拶に回って来ました。
初めてご挨拶させてもらう津軽方面、ご挨拶させてもらいましたが…
必死に聞き取ろうと耳を澄ませど、とてつもない訛りで話しが全然入ってこない。
コンビニの若いギャルですら凄い訛りで、クセが凄い。
声だけを聞くと怒っているようで、ドイツ語か何か違う言葉を聞いているみたい。

一人旅初日から今まで知らなかった青森の洗礼を受けた。
しかし、またみんなで東北に来るために負けてはいられないと思うと
自分も歌旅座の良さを伝えようと話し方のテンションも熱くなる。

これから週末までの一人旅、この熱で火がつく町はいくつ出来るのか楽しみである。
IMG_3955
板柳町から見る岩木山:青森県の最高峰の山。津軽富士とも呼ばれている。


話しは変わりますが。
今年2月のツアーで、痛風発作を発症して車椅子姿をブログにいくつもあがっていた為に
各地でお会いする方、また初めてお会いするブログ読者の方にまで
「足、大丈夫ですか?」「お。歩いてるね」「お察しします」などなど…
たくさん声をかけて頂きました、ありがとうございます。
ご心配をおかけしました。
今は通常に戻り、ちゃんと二足歩行しております。

メンバーにも移動する旅に車椅子を押してもらったり、運転してもらったりと迷惑をかけ、
3日目ともなるとそりゃ車椅子の押し方も荒々しくなるってものです。
『もう本当にあれは勘弁だ』という総意もありまして。

これは今後の為にも絶対に体質改善をしないといけないという事で…

ここで私事ですが、ダイエット宣言致します。

歌旅座に入ってから増えた体重15kg以上。
当時の体重を目指し15kgダイエットしたいと思います。

現体重84kg
これから自分の書くブログ記事の片隅に体重を載せてご報告致します。
長ーーーい目で見守っていてください。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

久しぶりの北海道公演。札幌の隣町、江別市を訪れました。
地元のみなさんはもちろん、なかなか会えないからと各地の後援会のみなさんも
足を運んでくれました。

この日は母の日。
第2部の締めくくりに選んだ曲はJUNCOさんのオリジナル「コスモス」でした。
彼女の母が教えてくれた「生きることは素晴らしいこと」という言葉の意味、
そして母の生きる様を描いた一曲です。

舞台袖でこの曲を聴きながら、ふと思い浮かんだのはやはり母の顔。
生まれた時から毎日当たり前にいた存在だったけれど、成長と共に一緒に過ごす時間は
少なくなり、今では年に数回しか会うことが出来なくなりました。
久々に会うと、笑うと出てくる目尻のしわや、いつもご飯を作ってくれた
手の甲のしわの数が、長いこと会えなかった時間をものがたる…。
子育てをしながら、毎日の炊事、洗濯、掃除をこなし、農作業で汗を流し
ながら家を支えてくれていた母の姿が思い出されました。
時々かかってくる電話では自分のことはさておいて「あんまり無理するんじゃないよ」
と明るく気遣う母は強い人だ。
遠くで支えてくれる母に心から感謝しました。

会場のみなさんもきっとそれぞれの「母」を思い浮かべながら聴いていただけたのでは
ないでしょうか。
歌い終わった後、拍手の温かさが伝わってきました。

ご来場いただいたみなさんありがとうございました。
またきっとお会いしましょうね。



↓画像をクリックすると「コスモス」の動画に繋がります。
是非ご覧ください。
IMG_5921
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

瓶が好きです。
それも、ひらがなで「びん」と書きたくなるような、とろっと厚みのあるガラスでできたもの。

外国製のジャムのびん、ラベルも可愛らしいレモネードのびん、ついつい取っておいてしまいます。
しばらくして数が増えてきたなと思ったら順番にさようならをすることにしているのですが、先日また見つけました。

マルノクにて、その日のゲストの方が飲まれていたテキーラのびん。
中身がなくなったら持ち帰って良い、というKENZZZI店長の許可と、飲みきってくれる頼もしい協力者を得て、無事獲得。

IMG_20180512_210757

決して普段からこんな贅沢をしているわけではないのですが、どうしてもお花が生けられている姿を見たかったので、この度のツアーから戻ったら!と楽しみにしていました。
しばらく大事に眺めます。

おかげさまで充実した旅となった関西四国ツアー、去年は桜満開の季節でしたが、今年は残念ながら終わっていました。
札幌に戻る頃には、こちらも散っているだろうなぁと思っていましたが、まだところどころに見られますね。

IMG_20180512_112942

夜桜もいい。
暗闇に、生き生きと生命を主張している感じ。

釧路、稚内などは先日開花宣言をしたばかり。爽やかな季節になりますね。
Bossが各地で、「会社の屋上ジンギスカンへぜひ」とお誘いしている場面を何度も目撃していますが、これから八月上旬頃まで、こちらはとっても気持ちがいいですよ♪

旅に出るようになり、各地の気候とその暮らしを感じると、私達の住む北海道も体感してみてほしいなぁと思うようになりました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

2009年から始まった北海道179市町村公演。少しずつ着実に前進しています。
来る5月23日は175市町村目となる沼田町公演。
たくさんのご来場心よりお待ちしています。
当日は沼田町役場からのバスも出る予定です。地元の方はどうぞご利用ください。
(要予約)

◎時間 18:00開場  18:30開演
◎会場 ほろしん温泉ほたる館 
◎料金 2000円 
◎ご予約・お問い合わせ
ほろしん温泉 0164-35-1188
北海道歌旅座 011-623-6680
!cid_712B43F4-C169-4F25-AFD9-B66C4782D75A
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

俺の名は『エンジ』。キャリーバッグだ。
JUNCOの相棒となって25年。そこそこ長いこと
一緒に旅をしている。
出会ったのはヤツが高校生の頃、確か地元のヨーカドーでだ。
可愛いキャリー仲間が売れていく中、俺のこの渋いエンジ色を
手に取ったのがJUNCOって訳だ。思ったね。『オッサンか』って。
修学旅行、上京時、オーストラリア…お役目としては
そんなにしょっちゅうご一緒する感じでもなかったけどね。

しばらく物置に放置された時間があったけど、なにやら
2009年位から出番が増えてきた。
やたらにぎやかな旅。車の中で、他のキャリー連中と
ぎゅうぎゅう詰めになって目的地へ向かう。
『お前、どこのもんだっ?』『日高よ』『小樽ぞ』
『中野だろぉめぇ』『シンガポールだわ』◎▽※♪●◇■※…
乗ってる連中もにぎやかだが、バッグもにぎやかだ。
そして日本全国の多種多様な道々を、俺様のこの軽快な
フットワークで駆け巡ってきた。

旅が始まった頃は、JUNCOのヤロウ、俺の身体がちぎれそうな位
パンパンに荷物詰めやがって、俺の大事なチャッキーも
限界値まで引っ張られていた。
時には、中で粉ものこぼされたり、汁ものもこぼされたり
油ものをこぼされたり、ヒドイもんだよ。
ホテルに着いたってのに、中を開けずに翌朝 吐きそうな顔で
そのまま閉じて連れていかれたこともある。
今はまぁ なんと荷物の少ないことか。大分旅慣れしたようだ。

不思議なもんで、その時のヤツの調子は 取っ手を掴むニュアンスで
分かる。元気な時、嬉しい時、疲れた時、悲しい時…
分かるんだな、これが。
でもよ、毎日元気なやつなんていないからな、なんか人間らしくて
イイよなって思う訳。
俺はこの通り、割と丈夫に出来てるから まぁうまいこと
ヤツの今後の旅も一緒について行ってやろうかななんてね。
中でなにかとこぼされるのは御免だけどね。

_20180511_123448


キャリー仲間も増えたり、減ったり。
『おめぇんとこのご主人は、中身キレイでイイよなぁ』
『あなたのところ、ヒドイわね』
『もう、耐えられねぇよ』
(消火器5本入っているかのような重さの司会太郎のキャリーが
嘆いている)

ま、実際大事なのはよ、鞄には詰められない心の荷物は
沢山持っていこうぜ って話よ。
俺もそんな旅にご一緒出来て 言いたくねぇが
幸せだね。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.