北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


みなさん、お元気ですか。
今回はアリタが「9年目の挑戦」についてお届けします。



「JUNCO&CHEEP 北海道180市町村公演」と銘打った
コンサートツアーが2009年からはじまった。

お客さんとともに楽しめ、感動を共有するコンサートを届けたい。
ギャラはいらない。とにかくコンサートに来てほしい。観てもらいたい。
そんな思いを込めて、市町村への提案からはじめた。

JUNCOとチープ広石、そしてスタッフ兼任の我らからなる
〈札幌円山みちくさ合唱団〉がメンバー。出演・スタッフで総勢10名。
「えーっ、お金いらない? 入場無料?」と驚かれることも多かった。

この頃の自分と来たら、コンサートなんて何もわからないズブの素人。
ステージでは毎回緊張するし、裏方としてもわからないことばかり。
こんな状況で、続けていけるのかと疑問もあったが、
「俺たちは無名な集団。まずは人に見てもらうところからはじめて、
 場数を踏むことだ」。
そんなBOSSの言葉を信じ、ただ走った。

「来年はぜひ町の文化事業として来てください」。
翌年から各地から公演の依頼の声がかかるようになってきた。
歌旅座流の公演の作り方が実を結んできたのである。

そして自分自身の中にも、お客さんに喜んでもらうという、
エンタメの醍醐味を知るようになった。このときすでに40代。
まさかこの年でステージに上がるとは思いもしていなかったが。



2017年。あれから8年。
営業も制作も自分たちで作り上げる歌旅座流のやり方は今も変わっていない。
公演回数も800回を超え、現在では「ニッポン全国市町村公演」を旗印に
北海道を飛び出して歌を届ける旅をさせてもらっている。

変わったのは、ステージにも立たせてもらっている自分自身だ。
オッサンサーモンズながら、まだまだ。
やれるとこまで、頑張らせてもらいたい。

さあ、今年は北海道180市町村公演達成の可能性あり。
そして、さらに多くのお客様を楽しませたい。

maruyama_michikusa

(2013年7月・撮影)

こんにちは、ここでは初めまして!
ナリコです。

ブログリレーにあたり、読み返してみようかなと思いついた8冊の日記。

1489557892050


毎日書く丁寧さを持ち合わせておらず、何日も飛んでいたり、
今でも大事に思い出すことが意外と抜けていたりするのですが、
この度とってもひさしぶりに、2009年のところから、ぱらぱらページをめくりました。


2009年3月19日、小樽ライブ後、チープさんのバースデーを円山の地下でお祝いした夜。
Bossは「何にでも終わりがある、今やらないと。」ということと、
「180終わったら全国があるかもな。」と、すでに話してくれていました。
この日はこのBossの言葉を皮切りに、5ページにわたって思うことを書いています。


あれから8年。

歌旅座での8年がなければ知らなかった気持ちがたくさん書き記してありました。
数々の出来事が、一緒に過ごしてくれているメンバーと、応援団のみなさん、
関わってくれるみなさんの「人の輪」の中に、詰まっている。


それが糧となっていることに、ここへ来てようやく実感を伴って思い至り、
9年目をやり抜く力を得られたように思います。


チープさんが映画SAME OLD STORYの中で、
「自分の人生こんなもんだ…と思ってしまったら、
関わってくれたみんなのことも、そんなふうに思うことになってしまうもんな。」
というようなことを話している場面があります。


私も、まだその境地には行ったり来たりですが、
同じように毎日を生きている誰かの人生に、ひととき寄り添う音を追求したい。
まず、179の地を楽しみに。

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。
今回はわたくしが「9年目の挑戦」を担当します。

-----------------------------------------------------------------------
 
私のおふくろさまは、もう10年以上も毎週水泳教室に通っている。
同じような世代が多数プールで泳ぎまくっているそうだ。

あるとき、プールで流れるBGMが不調をきたした、と。
具体的にいうと、「テープが伸びた」のだ、と。
今どきカセットテープを使用しているのに驚いたのですが。


話を聞くと、BGM用テープが長年の使用に耐えきれずに
ビローンと伸びてしまって音楽もスローモーションになってしまって
非常に困っているらしい。軽快感がまったく無くなってしまったと。
でも、どういうワケか再生はされていたらしいのだけど。


予算の関係で新しい機材の導入もままならず。 
最終的にはBGMは停止され、生徒さんたちは、水しぶきの音と
指導する先生のかけ声だけのなかで水泳をつづけた。


お盆休みの帰省時に、おふくろから新品のカセットテープを2本託された。
「なんでもいいから、泳ぎにピッタリな曲を入れて」という乱暴な要望。
カセットテープが懐かしかったので引き受けた。
そして、時間はかなり経過してしまったけど、
正月にテンポ感のある音楽をビッシリと収録した
2本のテープを携えておふくろに手渡した。
うれしそうに受け取ってくれた。



そして先日、おふくろから電話をもらった。
世間話をひとしきり終えた最後に水泳教室の話題。
曰く「みんな大喜び」
曰く「また楽しくなった」
曰く「いろんな人を誘って、生徒さんが増えた」…。
声を弾ませてそう伝えてくれた。
こちらも自然と微笑んだ。



電話を切ったあと、思った。
「北海道歌旅座のやることは、こういうこと」。
喜んでもらい、楽しんでもらって、広がる。
これが歌旅座が届けるべき音楽のかたちだと信じる。

音楽は形がないものなのに、
心に響く音楽の「かたち」は確実に存在する。
それによって人の行動を変えることもできる。 

チープ兄貴、JUNCO、BOSSを筆頭に
歌旅座がこれまでやってきたことは間違っていないと確信。

司会太郎としての9年目の挑戦は歌旅座がやってきた
音楽のかたちをさらに広げていくこと。
喜んでもらい、楽しんでもらうのは当たり前。
多くの見知らぬ人に歌旅座をみつけてもらうために
多くの親しい人に歌旅座を再発見してもらうために鋭意奮闘する所存。
そのためには、これまで以上に出会いを重ね、芸を磨くこと。



新しいテープが先に伸びるか、その前に自分がのびてしまうか、勝負!

cassette_tape




それでは、ごきげんよう。


 

お久しぶりでございます。オガです。
 
ありがたいことに、旅の始まりから一緒に歩ませてもらい、
9年目を迎えるところまで参りました。
 
実は、このツアーが始まる少し前、担当させて頂いたある仕事があります。
おそらく自分にとっての歌旅座の原点は、そこかもしれません。
 
作曲家・林哲司氏のトリビュートCD製作プロジェクト。
ほぼ名ばかりでしたが、ディレクターとして関わらせてもらいました。
 
参加してもらったのは4名の女性シンガー。
偶然にも、全員北海道出身であり、ピアノ弾き語りを
基本スタイルとする点も共通する4人。
 
その中で、周りを寄せ付けないほどの緊張感を漂わせ、
その集中力が、他とは違うカッコよさを感じさせる
1人の女性シンガーがいました。
 
「ぶっちぎりで一番に。」
 
口癖のようにそう言っていた彼女の歌は、それを裏付けるかのごとく、
他の追随を許さぬ、圧倒的なものでした。
 
【悲しい色やね】 
歌:JUNCO
サウンドプロデュース:チープ広石
 
これがJUNCO&CHEEPとしての第一歩だったと思います。
この瞬間に立ち会えたことが、「感動」を作り上げていくことの
楽しさを教えてくれた、心震えた出来事でした。
 
 
 
それから間もない2009年2月。
雪深い夕張から始まった「北海道180市町村公演」という旅。
 
まさに手探りで進む日々。
人を集める術を知らず、開催当日まで何度も現地に赴き、
チラシを1枚1枚配り、1軒1軒電話し、ひたすら走り回る。
不甲斐ない結果に悔し涙を流したこともたくさんありました。
 
失敗し、つまずき、何度も迷惑をかけたにも関わらず、
その度に手を差し伸べてくれ、「一緒に行こうぜ」と
背中をバンバン叩いてくれる仲間たちの励まし。
そして、なにより満面の笑顔で迎えてくれる
各地のお客様に支えられ、ここまでやって来れました。
 
そして、この8年間の旅の途中、チープさんはじめ
偉大な先輩方との別れもありました。
 
ただ、ひとつ変わらないことがあります。
それは、あの時と同じように
「ぶっちぎりの一番」で歌い続けるJUNCOの姿です。
 
そんな心揺さぶる歌を、まだまだたくさんの街に、たくさんの人に届けたい。
その場所をどんどん作っていくことが、僕の使命だと思っています。
 
歌旅座9年目の挑戦。
すぐ目の前まで来た北海道全市町村での公演。
その先に広がるニッポン全国への旅。
北海道の皆様にとって誇りに思って頂けるようなチームを目指し、
いま一度、あの心震えた原点に帰り、初心を思い出し、
改めて確実に、そして大きな一歩を踏み出せる、
そんな飛躍の年にしたいと思っています。

特報!
あのヂュンコゲイブリエル画伯が、帰ってきた!!
どこからか、とにかく帰ってきた画伯。
特異な筆致と対象を有無をいわせずに別次元へと変形させることで
そこそこ噂された画伯の新たなるチャレンジがはじまります。

ヂュンコゲイブリエル画伯の
コレクターズTシャツシリーズ化 決定

毎月、新デザインを発売

そして、栄えあるシリーズ第1弾「千絵虎Tシャツ」緊急販売。

ヂュンコゲイブリエル画伯による鬼気迫る筆致で描かれた図像は
ある人物の表情を通じて、現代における屈強と不安を表現したもの、
結果として胸部に鬱陶しいほどの存在感を主張する意匠となっている、など
画伯が聞いたら驚いて赤面してしまうような深読みまでしたくなる作品。

毛色の異なる収集家、好事家が垂涎必至のコレクターズTシャツシリーズ、
その先陣を切るには最適といえるでしょう。
いや最適ともいえないので、衝撃度としては適切です。



この記事の読者にだけ、この「千絵虎Tシャツ」を販売します。

商品名:千絵虎Tシャツヂュンコ画伯のコレクターズTシャツ・第1弾)
サイズ:M・L・XL
カラー:黒色/白色印刷
価 格:2000円(税込)

しかし、今回は[緊急特別販売]のため、下記の条件があります。
 数量限定のため、売り切れご容赦
 注文は電話限定(公演会場では販売しません)
 注文受付は、本日より3日間だけ



chie-T-170313-soldout


*「千絵虎」とは、現在のNHK大河ドラマ主役の女優さん、その髪形だけが似ているために
 自らのことを「千絵虎」と云いだしたオッペケペーな人物のこと。

*この「千絵虎Tシャツ」は、お察しのとおり公共の場での着用に不向きです。
 万が一、外出時に着用して犬に吠えられたり、友情が失われても
 北海道歌旅座は一切の責任をもちません (サクマチエを除く)。


 

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.