北海道歌旅座コンサートスケジュール


先日、円山夜想(マルヤマノクターン)で開催しました
「フォークソングの広場」コンサート。
開催のお知らせと共にすぐにソールドアウトとなってしまい、
この度アンコール公演を開催する運びとなりました!

開催日は7月20日・7月21日 二日間です。
この夏フォークが熱い!!
一緒に楽しい時間を過ごしましょう。

5月20日より一斉にご予約の受付を開始いたします。
すぐに満員御礼が予想されますので早めのご予約をお勧めいたします。

もし都合が悪くて来れない方もご安心を。
前回のコンサートの様子をそのままCDにしちゃいました!
ライブ感たっぷりのサウンドをお届けいたします。
販売は5月12日よりコンサート会場、オンラインショップにて行っています。
こちらも要チェックですよ。

ご連絡お待ちしています。

「フォークソングの広場」アンコール公演
日 時 令和元年 7月20日(土)・7月21日(日)
    開場14:30 開演15:00
会 場 円山夜想 札幌市中央区南1条西24丁目1-10ザ・ヴィンテージビルB1F
料 金 2000円(飲食・別)
ご予約 5月20日(月)10:00~ 受付開始
              ☎011-623-6680・📱070-5463-6776
    ✉info@dmj.fm
1557369953436


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

司会太郎です。
今朝の8:48ごろ、宮崎県の震度5弱を最大にして、
九州・四国・山陰山陽の広い地域で地震が発生したようです。
みなさん、大丈夫でしょうか。お見舞い申し上げます。
津波被害の心配はないようですが、
余震も考えられますので、何卒お気をつけください。




さあ、今回も質問をいただきましたので
お答えしていきましょう。

日々の公演活動、たいへんですね
太郎さんは健康にどのくらい気をつかっていますか

(64歳/女性/そろばん塾経営/新潟県) 


このブログでも以前にお伝えしたことがありますが、
偏食しないことは大切であると思っています。
その証拠に、食べ物の好き嫌いが激しいダル君は、
「病気のイオンモール」と呼ばれてきたのはご存知のとおり。

しかし、それ以上に重要なのは「歯」ではないでしょうか。
なにしろ、歯が衰えると美味しく食事ができないのですから。
30歳以上の成人で歯周病の割合は80%と言われています。
つまりはぶっちゃけ、あなたは歯周病です。まさに国民病。

かくいうあっしも、いくつかの歯を失くしています。
美味しい料理と酒をごぶごぶ飲みますと、
途中に意識を失い、そのまま寝ちまいますよね。
いつだったか歯医者にそんなことを話すと、
「嗚呼...」と嘆いた後に、汚いモノを見る目つきで
こんこんと歯磨きの大切さを説かれました。
以来、歯磨きは毎回10分間を目処におこなっています。

IMG_1505z
自宅の歯ブラシ・オール・スターズ。
それぞれの用途がありますが、
みなさん気味悪がると思うので説明はしません。
さらには、歯磨きペーストや歯間ブラシも
複数を使用しているのですが、説明は省きます。


歌旅座のBOSSの母上はすべて自前の歯であるという事実を聞くと、
天を仰いで目を閉じて自分の不明を恥じてしまいます。
あたかも「ゴッドファーザー:Godfather」を直訳しすぎて、
「神父」と読んでしまうような恥ずかしさです。


そうこうしていると、近畿・東北コンサートツアーを終えて、
5月9日は我らがオフィスビルの屋上にて
恒例のジンギスカンパーティーと相成ったわけです。

その写真を掲載するわけですが、
このような画像は散々ご覧になったことでしょう。
だから、カメラワークを工夫したつもりですが、もはや限界。
昨年の写真でもきっといいのかもしれません。
IMG_1509z
手前の黒い物体は、猫のクロです。
こやつもジンギスカンを狙っています。


重ねて申し上げますと、歯は大切です。
80歳でも20本の歯を残す、という厚生労働省のキャンペーンがありますが、
あっしの5月10日の生誕日にあらためて歯の温存を誓うのです。

それでは生誕の1967年(昭和42年)について、
ちょっと振り返ってみましょうか。

・米国で第1回スーパーボール(アメフト)、開催
・森永製菓「チョコボール」発売
・第2次佐藤栄作内閣、発足
・阪急線で日本初の自動改札機設置
・高見山、史上初の外国人十両に昇進
・サントリー、瓶入り生ビール発売
・FMラジオ番組「ジェットストリーム」放送開始
・「オールナイトニッポン」「パックインミュージック」放送開始
・タカラ、リカちゃん人形の発売開始
・資生堂、男性化粧品「MG5」の発売開始
・東南アジア諸国連合(ASEAN)の発足
・JCB、日本初の国際クレジットカード発行
・ツイッギー来日、ミニスカートブーム到来
・吉田茂元首相、死亡。戦後初の国葬
・餃子の王将、第1号店を京都で開店
・読売ジャイアンツ、阪急ブレーブスを下して日本一
・ヒット曲「真赤な太陽」「ブルーシャトー」
 「帰って来たヨッパライ」「銀色の道」
・ヒット映画「怪獣島の決戦 ゴジラの息子(東宝)」
 「大怪獣空中戦 ガメラ対ギャオス(大映)」
 「大巨獣ガッパ(日活)」「宇宙大怪獣ギララ(松竹)」
 「007は二度死ぬ」「華麗なる賭け」
・ヒット番組「三姉妹(NHK大河ドラマ)」
 「コメットさん」「仮面の忍者 赤影」
 「キャプテンウルトラ」「ウルトラセブン」
 「光速エスパー」「ジャイアントロボ」「怪獣王子」
・ヒットCM「イエイエ(レナウン)」
 「どこまでも行こう(ブリジストン)」
 「象が踏んでも壊れない(サンスター筆箱)」
 「パンシロンでパンパンパン(ロート製薬)」

この年、大雑把に言いますと、怪獣の年です。
なんか、ある意味で幸福な年だったのかもしれませんね。


それではみなさん、健康であらんことを。
本日は30分間、歯磨きして
次回のジンギスカンパーティーに備えます。


ごきげんよう。




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ツアーから戻り、20時間一回も起きずに眠り続け
ました。後は、うまい味噌汁とだし巻き卵とホウレン草
のおひたしを食べて大復活です。元気元気。

さすがに今見るのはやめておこう、と思っていたある
分厚い紙の束に手を付けたのは今回の旅の前。
BOSSが手配してくれた6月から7月にかけての
一か月分のツアー資料だ。これをまとめるのが役目。
オイラに渡してくる時はいつも、『ホイ。』くらいの
テンションなのに、この時ばかりは、ニヤニヤして
そっとデスクに置いていった。厚さにして約1.5㎝。
過去最高の厚み。血眼になって公演を決めてくれた
メンバーの想いがさらに厚みを増して感じさせる。
遂に一か月間のツアーをやる時が来たのか…。
盛り上がるぜぇぃ。作ろうじゃないか、私達の
ザ・ロード』。

BOSSの見事な資料は、札幌を何時に出発し、
『サブロク』と呼ばれる下道の36号線を走り、
駐車場に何時に到着し、新千歳空港は何時・便はナニナニ
と、何も知らない人でもソレを見るだけで心は
既にその街へと飛んでいけるものになっている。
(現に、北埜うさぎはこの行程表を眺めながら、一緒に
旅をしている気持ちでいてくれる)

オイラがこのザ・ロードを作成するようになってから、
実はものすごく楽しい作業をやらせてもらってることに
気が付いた。
例えば、2009年以来となる天売・焼尻公演。
あの時、Cheepさんのことを慕い離れようとしなかった少年
は10年経ち、既に働き始めているんだろうな、とか。
意外に訪れるのは初めてというダルとチエは、また
新しい物語を作るんだろうな、とか。
全身の毛穴から溢れ出しそうなほどの大量のウニ…とか。

DSC_1402

(時に、私情が入りこんでくるのがJUNCOのロード。
フェリー内で二人がトランプしてる姿を想像してしまうのです)

他のメンバーよりも先に出発することが多いダルとチエ。
フェリーの中で一体どんな風に過ごすんだろうと
勝手に想像してみたり。
公演地によっては、出番前の食事を自分達で用意
しなければならないこともしばしば。せっかくだから
土地のものを食べたいな、でも時間がないから炊飯器
を持っていってカレーを食べようかな、とか。
おっと、今日は早く終わるし宿も近いぞ。つまり、
『岩国の夜』(ナイトパトロールとも言う)だ!とか、
『倉敷の夜』だ!とか。
初めて訪れる街は、ネットで人口・名物・きれいな川・
海・山・あずましい居酒屋等々、下調べをする。
今回一番気になっているのが、山口県光市の
『おっぱい都市宣言』。大阪府阪南市のマスコットは
クラウドファンディングもやってるようだし、
京都府八幡市の『志ばん宗(ういろう』は食べたいし、
大和郡山市のホテルには5泊もするってんで、
これはもはや家だな とか、丹波市の宿ではホタルも
見られそうだし、兵庫の新温泉町は我らが金麦『檀れい』
の出身地ということは、やっぱり呑まなきゃなとか。

ふぅ…。書いていてお腹がいっぱいになってきたぞ。
あ、愛知県田原市に至っては、アカウミガメの産卵も
見られる場所だと!むぅ~…ニッポン各地では
私達の知らないものが溢れているのだぁ。

もちろん、これは『サブ』の情報。
心揺さぶる最高のステージをお届けするのが最大の
目的。
うまい食事も、美しい景色も、最高のステージと
共に笑える仲間あってのもの。
オイラがザ・ロードに書いたサブメニュー、
どれだけ実現するかしら♪

DSC_1377


行程表を作る時、一度心の旅をし、そしてその紙を
抱えて二度目の旅に出る。
なんて贅沢なことでしょう。
修学旅行で作っていたしおりを思い出します。


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

10連休の今年のゴールデンウィークもこの日で終わり。
再びやって来ました~岩手県・遠野市に。
初公演となった去年7月は1日目〈JUNCOの合唱ワークショップ〉
2日目〈昭和のうたコンサート〉と連日にわたり開催。
その際、主催者さんに1年間有効の<カッパの捕獲許可証>を頂いた。

期限が切れる前に再来することが出来たのは嬉しい限り。
会場は、いかにも普通に河童が歩いてそうな自然豊かな郊外であったのだが、
今年はJR遠野駅からもほどよく近い中心地のホール。
宿泊も出来る<あえりあ遠野>が会場。
1557211328285
道路向いには遅咲きの枝垂れ桜がまだあり、海外からの観光客を喜ばせていた。

遠野市は民俗学者・柳田國男によって編集された『遠野物語』を生んだ風土。
古くから岩手県の沿岸と内陸を結ぶ7つ街道の交流拠点で新しいものを取り入れながら、歴史と文化を大切に守り伝えてきたまちだ。
本番前、武家屋敷調の建物が川沿いに並ぶ近所を散策してみると、
横断歩道にノラ猫が立ち往生。
危ないので手招きすると寄ってくる。
1557211333175
この人懐っこさと態度はウチのオフィスに居るクロと同じ。
そういや、クロにも暫くあってないなあーーと思うも、この日が
長かったGW近畿・東北ツアーの千秋楽。
さあ、この地2回目の公演もまもなくスタート。

会場は、昨年のワークショップに参加いただいた地元の方々の顔もたくさん。
<ホーム>のように暖かい雰囲気があふれていた。
昨年のブログリポート
1557211793424
*エンディングに観客と握手をしながら舞台を降りるJUNCO
1557211323936
*ロビーで声をかけられる3人娘
ご来場頂いた遠野のみなさんありがとうございました。

公演終了後は、主催の皆さんとの食事会が。
今年は歌旅座メンバー全員参加できるのでと主催者のみなさんが企画して
くれたのだが、なんと、宴の席は〈ジンギスカン〉。
実は遠野はジンギスカンが名物でソウルフードなのだという。
ジンギスカン=北海道フードというこれまでの常識も覆してくれたのだ。
確かにお肉はラムはラムでも北海道とは違い、ニュージーランドから
チルド輸入したという生ラム肉。美味しくないはずは無い。
本当に気のいい方たちと山鍋を囲み、次第にお酒も進む。
再会の約束をしながら、東北でまた「ただいま♪」と言えるまちが出来た
実感とともに夜は更けるのであった。
また会える日までお元気で✋

そして2019年GWツアー、お疲れ様でした~
1557211352071


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

2006年(平成18年)に、
水沢市・江刺市・前沢町・胆沢町・衣川村が
合併して誕生したのが奥州市。 
昨年の2月9日以来、2度目の公演地。 


天気は最高。
IMG_1480z


ホールも抜群。
IMG_1476z


ご来場最速のお客様は12:19に到着。
IMG_1483z


そして14:00に開演。
IMG190505z


この大型連休、各地で行事やイベント、ご家庭の所用があるなかを
歌旅座の公演に足をお運びいただき、誠にありがとうございました。
おひとりずつに表彰状をあげたいぐらいです。


ところで、この公演の裏側では、
ある2つの問題が発生し、
そして解決されていたのです。

そのひとつ。
司会太郎の紙吹雪問題。
地元北海道、札幌市の近郊にお住いのSさんから、
およそ2年前に大量の紙吹雪をいただきました。
折込チラシや古新聞を使用していない、
ウラオモテ真っ白の、純度の高い用紙の紙吹雪です。
通常、それを結びの1曲でブワーッとバラまくのですが、
それが今回のコンサートツアーに入った頃、
無くなりかけていたことに気づきました。
まさに風前のともしび、友禅のモモヒキ、大連のピロシキです。
あるはずだよと思っていたのに、無くなる時がやってきたのでした。

急遽、アマゾンだかベルメゾンだかアン・ルイスのラ・セゾンだかの
通信販売で注文して無事に納品されました。
それは、桜の花をかたどった、文字通りの桜吹雪。
令和元年になった直後なので、奮発してみました。
IMG_1501z

ただ、汗ばんだ手のひらでこれを握ると湿気によって、
丸まったちっこいチリ紙を放り投げているだけに見えてしまう欠陥あり。
高純度の紙吹雪の素晴らしさを再認識しています。


でも、司会太郎の紙吹雪なんて、
次の問題に比べればとてもささやか、
可愛らしいハムスターパンチのようなもの。

もうひとつの問題。
それを端的に言えば、
サクマチエがホテルの部屋の鍵を失くしました。

歌旅座・ホテルスタッフ・宿泊者、
それぞれの部門の捜索隊が組織され、
1平方メートル単位で鍵のありかを探し求めることに。

彼女のとった行動を資料にまとめ、必死にホール内を探すダル。
IMG_1488z


高いところが大好きな彼女の性格から、
わたくしもホールの、いわば屋根裏を捜索。
IMG_1494z


しかし朗報は聞けず、夜は更けて翌日に持ち越されたのでした。


そして翌日の夕方。
奥州公演を終えて連泊のホテルに戻ったら、
ホテルのフロントスタッフが、
「見つかりましたよ、サヌマさん」
「サクマですけど、え、鍵があったですか!?」
「名もなき宿泊者のかたがフロントに届けてくれたんです」

どこにあったのか。
サヌマチエが公演後の衣装を
コインランドリーに持ち込んだ際にポロリしたようで、
同じホテルの宿泊者が鍵をはんなりと見つけてくれた、
というシンプルな結果。
このランドリーも捜索した場所なんですけどもね。


それでは最後に、
鍵が無事に見つかった時のサヌマのお顔をどうぞ。
IMG_1503z


鍵を届けてくれた名もなき宿泊者とは、いったい誰なのか。
はたまた、同じホテルの宿泊者なのに、
フロントの人はなぜその宿泊者名がわからないのか、
それとも正体を隠す必要があるのか。
サヌマはその人にお礼を伝えることができるのか。

このつづきは、次回の奥州公演で!
(いつになるか不明)


それでは、ごきげんよう。







 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.