北海道歌旅座コンサートスケジュール


ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

北海道歌旅座、2019年:令和元年は全国各地で
132回の公演をお届けしてきました。
そして、ラストを飾るステージは
12月29日開催「令和元年・大忘年会」。
本年のブログの締めくくりは、
この実録レポートをコンパクトにお届けいたします。

なお、「実録」とは謳ってはいますが、
歌旅座メンバーや参加者の恥部に該当すると思われる箇所は
絶妙に取り除いていますので、関係者はご安心ください。


本番前日、土曜日・午後。
歌旅座メンバーは会場である円山夜想(マルヤマノクターン)に集結。
仕込みとリハーサルが目的。
emptystage
静かな会場。
それもそのはず、本番は明日だ。
開店して16年の円山夜想(マルヤマノクターン)は歌旅座のホームステージ。
北海道の店でありがたいなと思うことは、
アノ昆虫やアノ小動物が床や天井を這いずり回らないこと。
ヤツらは厳寒の地域には馴染まない。ここから去れ。


juncowaving
リハーサルも済んで準備万端。
JUNCO、大喜び。
あとは本番を待つだけ。


本番当日、日曜日・朝。
階下から天を仰ぐ。
sunnyday
爽やかな日曜。降り注ぐ太陽。
今日は、すばすばすば素晴らしいサンデー。

本番直前まで打ち合わせに余念がない歌旅座メンバー。
meeting
手前の機材でダルが音響をコントロールする。
奥の部屋ではBOSSが照明を操作するが、
秘密のベールに包まれている。


そして、いつの間にか開演。
遠方からのご出座、初めてのご来店、
いつも楽しいレギュラーゲストのご着席。
staging2
天気晴朗なれども気温が低い中を、
また、年末お忙しいところを駆けつけてくれた皆々様が
会場全体を盛り上げてくれる。
歌旅座はノドもカラダも力一杯でそれに応える。
これぞ、ある意味、歳末助け合い運動。



終わった。
2019年のラストステージは、こうして終わった。
あまりにも簡略化したレポートなので
終わった感が読み取りにくいかもしれないけど、
とにかく、ステージは終わった。

ただ、ここからが第2の本番。
時間が許す限り、お客様と歌旅座の「心の交流会」がはじまる。
言い換えれば「笑声嬌声蛮声破壊吐瀉の会」だ。
1年の感謝や労いの言葉が会場のあちこちで交わされる。
after01
楽しい時間はあっという間に過ぎ去る、とは言いますが、
正直なところ、いつ過ぎ去ったかは覚えていません。


 

全国各地の皆様、ありがとうございました。
そして、2020年:令和2年も北海道歌旅座を
どうぞよろしくお願い申し上げます。
member
上段左より=ホンマケンジ(円山夜想店長兼ベーシスト)、BOSS、司会太郎、チエ、イソベ(猫と植物愛好家)
ナリコ、ジュンコ、アリタ、ダル、北埜うさぎ(座付作詞家)



それでは、ステキな年末年始を。
ごきげんよう!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

何事もやっぱり『しみじみ』やるのがいい。
先日の喜茂別クリスマス公演の撤収時、BOSSが言う。
『今年のこのバラシも最後だ、お前ら
しみじみしてるか~、なダル、しみじみな~』

2019年も全国を走り回り、例年より少し少ないけれど132公演、
各地にステージを届けてきました。
_20191227_120514

知らない街で目が覚め、窓の外に広がる景色を眺めては、
『今日もまた「はじめて」のなにかが待っている!』と心を躍らせる日々。
平成から令和の旅芸人です。

ーーしみじみーー
各々、どんな朝を迎えたとしても朝食はおいしく。
どこひとつ同じ会場はないその『たったひとつ』の今日を創る為に、
早くから頭を使い身体を動かし仕込む。
休憩中、そばに川が流れていれば眺め
暑い日にはホースで水浴びをし、
凍えそうな日はトラックの中で晩酌の計画を立て…。
_20191227_120948

Tシャツがビチャビチャになる程汗をかき
仕込みを終えるやいなや、
小さな鏡に映る顔に塗装を施し、
お互いのことを気持ち悪いなと思いながらも、
真面目な会話をする。

ーーしみじみーー
本ベルが鳴り、司会太郎がステージに出ていく時
舞台袖にお客さんの笑い声や大きな拍手が聞こえてくる瞬間。
この時、『今日もイイ日になる』とこちらの顔も緩む。

シャイな町、純粋な町、すごく話かけてくる町、
仲がイイ町、女性が元気な町…
自分たちの目と心で、そのリアルなニッポンの人々と
ステージを通して繋がれることは
どんな参考書よりもウィキペディアよりも糧になります。
そして、最高にあたたかい公演後の握手も。
『また会いたい』と書いてくれる何万通ものアンケートも。

ーーしみじみーー
相変わらず今年も、呑みました。
_20191227_115735
(横綱2019も健在)
けれどもそこにはいつも大切なものが詰まっている。
NARIKOに泣かされたダル坊もきっと
その『愛』の意味を知っただろう。
前を向いてるからぶつかるのなら、
どんどんぶつかろうじゃないか。
_20191227_121259


ーーしみじみーー
今はまだゴールじゃない。そう思います。
やりたいことも、行きたいところもまだまだある。
知らない自分にも会いたいし。
ぶつかってくれる仲間にありがとうを。
開催に力を注いでくれる主催者の皆さんにありがとうを。
私たちのステージを受け止めてくれる皆さんにありがとうを。
後援会の更新してくれた応援団の皆さんの
名前を書きながら、2019年にしか味わえなかった
たったひとつの『旅物語』をしみじみと噛みしめて。

皆さん、今年もたくさん関わってくれて
ありがとう!生きました!
_20191227_114920
(JUNCOの還暦ステージは2037年ですのでよろしく♪
皆さん長生きしてくださいね♪)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今年もクリスマスがやってきました。
歌旅座の今年のクリスマスは、
札幌手稲・喜茂別町での2日連続公演。
特別な日を公演会場の皆さんと過ごせるのはハッピーなこと。

12/24のイブは、札幌市手稲区にある手稲区民センター。
北海道=ホワイトクリスマスというのはあたり前の話し。
なのに、この日の札幌の積雪は1cm。
こんなに雪がないのは41年ぶりなんだとか。
道路はアスファルトが見えているし、冬のまちの風物詩である、
子供を乗せたソリを必死で引くお母さんの姿もない。
これじゃあ、トナカイのソリに乗るサンタも来れないんじゃ?
いーーえ、だいじょうぶっす。
サンタの代わりに、我ら歌旅座が機材トラックとアルフィー号
に乗ってやってきますから。。
1577372467115
会場1階は区役所、保健センターなどが入った活気のあるところ。
2階が区民ホール。
実はこのような区民センター、集会所、いわゆるコミュニティセンター
は、日本全国、町の自治体単位でにたくさん存在しています。
こういう会場こそ、歌旅座の仕込みの真骨頂。
今回はこれまで何度も夏祭りに呼んでいただいてる、手稲前田地区
の町内会が主催になってくれ実現した公演なのですが、
アナタの町内会、アナタのまちのコミセンでもコンサートが開けるのです。
ご用命はいつでも♡

さてさて、今日はいつもとはちょいと別の角度からコンサートを
見てみましょう。
昭和の歌コンサートでは舞台演出として様々な照明が
使われていますが、その中でも昔からショーにはかかせないのが
ピンスポットライト。
その名のとおり演者の動きにあわせてピンポイントにあてる照明のこと。
普通は専任の担当がいるのですが、
歌旅座のピンスポは誰がやっているかご存知でしょうか。
1577372273670
エーッ? あの司会太郎が!? ウエッ?オエッ?
そうなんです。
ネクタイを締めたままなのは、オープニング司会のあと
突っ走って、ピンスポルームまで駆け上がってきたから。
額に光る汗もそれを物語っています。
なんせ表舞台と裏舞台、
本番中は一人何役もこなさなくてはならないのです。
それにより、
1577372279219
こんなJUNCOとチエの掛け合いシーンや
1577372284801
こんな枯れすすきなシーンを盛り立て、
ステージから客席に下りてきたJUNCOを
1577372289729
こんな風に追うこともできるのです。

<昭和の歌XMASコンサート>と題したコンサートは、
昭和どっぷり、クリスマス気分たっぷりでお届けしました。
1577372301570
ご来場いただきました皆さん、ありがとうございました。

そして翌25日は、喜茂別町でのコンサート。
札幌からの距離は約60㎞と比較的近い町なのですが、キタ~ッ!
1577372470702
中山峠を越えて入る、羊蹄山麓のまち。
昨日とは打って変わってまるで別世界の雪景色。
会場は10年前に初の喜茂別町公演のときに訪れた農村環境改善センター。
今回はめぐりめぐって当時と同じ担当者の方が窓口に。
そして実現したクリスマスコンサート。これも歴史ですね。

コンサートはとても温かい、まさにホワイトクリスマスコンサートとなりました。
ステージ上の珍しいアングル、真横からのサーモンズ。
1577372294353
それにしても、真ん中のオッちゃん顔が真ん丸や~。
アンコール最後は、オリジナルソング「大人のクリスマス」で締めを。

ご来場いただいた喜茂別のお客さん、
主催のきもべつ青年交流セミナーの皆さん、
ありがとうございました。
これからが本格的な雪のシーズン。
大雪に気をつけてね~




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

今日はクリスマスイブですね。
皆さんはどのようにお過ごしですか?
歌旅座のお客様の年齢層を考えるとお孫さんとおウチで
パーティー などがきっと多いことでしょう。

歌旅座の一発目のクリスマス公演は、毎年恒例となりました
岩見沢市の市民交流施設『であえーる』JUNCOとNARIKOの
サプライズ・クリスマスコンサート。
今年もサーモンズの3人がウサギの耳!?いやいや、トナカイの角姿で登場!
2人のサンタのお供として会場を一足早いクリスマスへ誘います。
サプライズというネーミングが付いているものの、
近隣の応援団の方々はさすがにご存知。
6年連続で来ていただいている〈常連さん〉もいらっしゃいました。
公共のひなた広場の昼下がりに響く、JUNCOとナリコのハーモニー。
何も知らずに偶然出くわした買物帰りのお客様の中には、
サプライズな歌のプレゼントによほど感激されたのか、
客席で音響・照明のオペ中の自分に一方的に話しかけて来る方も。
何せ本番中、こんなときは対応する余裕がなく悪いことをしましたが、
このお客様、きっとまた来年も来てくれるでしょう。

師走の慌ただしい憩いのショッピングモールを今年も賑わせてきました。
合言葉は、来年もここで「であえーる」。

IMG_0112

IMG_0106


翌日は長沼町公演。
長沼初の『フォークソングの広場』をお届けして参りました。
今年2月に続き2回目。
複数回やっている会場の場合、着くやいなや「あっ、ここか」
と前回の会場セッティングを思い出す事が多い。
しかし全く思い浮かばず、一から考えて仕込みをする事態に。
二日前から試みている禁煙によるモヤモヤ病なのか、
オイラのもともとの前頭葉が悪いのかは不明だが、大反省。
事前確認を怠ってしまったのであった。
というのは会場によって舞台、照明の操作方法、機材繰りは
古今東西、千差万別。
普段はBOSSと並び、客席の中での音響や照明を操作というのが普通。
ただ今回はBOSSと離れ、客席の最後部にして上部、
調整室からの操作に。
「えっ、今日ダルいないんじゃない?」という日は、
「上」にいるのです。
お客様からはほぼ見えない場所。
ステージはこんな感じで見えています。

 IMG_0131
開演前や休憩中の暇つぶしに『ダルを探せ』なんていかがでしょうか。
それにしても長沼町、前回の「昭和の歌」よりも増して盛上りました。
お寒い中ほぼ満員のご来場、ありがとうございました。

さてクリスマスも真っ只中。
今日は札幌手稲、明日は喜茂別でのクリスマス昭和のうた
スペシャルコンサート。
歌旅座と共に過ごすのはいかがでしょうか?
今年の公演も29日の大忘年会とあわせてあと3つだけ、
まだ間に合いますよ!
是非、各会場でお待ちしております。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。 

今年もまもなくお開きですね。
歌旅座の公演も残すところ、あと5箇所。
本日の岩見沢市・長沼町・札幌市手稲区・喜茂別町、
そして歌旅座のホームステージである札幌市は円山夜想
令和元年のコンサートの大団円を迎えるわけです。

これらはすべて北海道の街。
道内179市町村ある中で、公演していないのは赤平市だけ。
いや、こればかりはご縁あってのことですから。
不甲斐なくて恐縮です。いつか、きっと。


さて、ここでお便りを紹介いたしましょう。
「司会太郎の五里霧中」は、たしか、
ブログ読者からのご質問にお答えする趣向だったはず。
お忘れになっていた方もいらっしゃるでしょう。
実際、あっしも7分前に思い出しました。


今年もあとわずかです
年末年始には実家で過ごしますが
親戚が大勢集まって、毎年息がつまります
何か良い対処法はありませんか

(43歳/男性/配管工/北海道)


うーむ。
個人的には、毎年親戚縁者が集って
ワイワイガヤガヤするのが大好きでしたね。
健在時の祖父祖母が住まう、いわゆる「本家」に
あっしの実家が隣り合わせでしたから、
各地から集結すること激しいわけで。

本家に到着すると真っ先に祖父と祖母の前に膝まずき、
目を閉じてファミリーの誓いの言葉を呟きながら
彼らの手のひらに接吻をしたものです。
すると、祖父と祖母はおもむろにあっしの頬を
ポンポンと優しく叩き、
袋に入った金貨を持たせてくれたのを
昨日のことのように思い出します。

でも、時が経つにつれて大結集はなくりました。
祖父祖母は亡くなり時代は変わったのでしょう、寂しい思いです。
質問者のように、大勢の親戚が集まるなんてうらやましい。
現代でもそういうファミリーはあるのですね。

そこで、息がつまる思いを緩和するために
あるアイテムをご紹介いたしましょう。

北海道方言かるた、ならびに
北海道地名かるた、であります。

HogenKarta
ChimeiKarta


「福笑い」と「かるた」が正月の2大ゲームであることには
異論がないでしょう。
まさか、ニンテンドー・スイッチではないですよね。

北海道の方言を遊びながら学べたり、
北海道各地の個性を改めて知る知育玩具のかるた。
もちろんオトナも楽しいですよ。
いや、しかし、北海道民にかるたを通じて言葉や地名を
伝えることは釈迦に説法か、ローマ教皇に聖書なのか。


純粋に楽しみましょう、ファミリーとの遊びを。
道外にお住いの方でも北海道のことを
少しでも知っているならオススメしますよ。
いや、よく知らないあなたにこそ、このかるたを。



結論を申せば、コマーシャルでした。



令和のステキな年末年始をお過ごしください。
来年こそは頼みますよ、赤平市。

では、ごきげんよう。






 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.