北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


通常道内のツアーでも巣から遠く離れた処にはなかなか
参戦することのないうさぎだが、今回珍しく耳を伸ばして、
いや足を伸ばして東北ツアーに二日ほど参加することとなった。
目指すは宮城県東松島市コミュニティセンター。

東北ツアー7日目。
東松島は昨年の8月についで二度目の公演。
初夏と呼ぶにはまだ少し早いけど、青天の5月は緑も濃く
前日ののり日でリフレッシュしたメンバーは、お昼にご馳走になった
”サクサク天ぷら付きのりうどん”のパワーも加わり、搬入、セッティング
リハーサルを手際よくこなして本番へと向かった。
前回は文化協会の会員限定LIVEだったが、今回は一般向けの公演ということで
お客様の入り具合を担当のダルもコミセンの方々も心配していたが
どうして どうして 予想を上回る沢山の方で、用意していたアンケートも
急遽追加するほどだった。
”昭和のうたコンサート” ではあるが この日は少しオリジナルを増やし
それに合わせて いくつかの場面にうさぎも登場。
18486290_1300267566754986_5480595685171083935_n
ステージの上と そして客席の後ろ 両方からLIVEを体感したが 
JUNCOの歌声に ナリコのバイオリンに サーモンズのパフォーマンスに
自然に湧き上がり広がっていく拍手や歓声に何度もうるうるしてしまった。
LIVE終了後は私も多くの方と握手をして再会を約束した。
18582117_1301908559924220_5340120476090464733_n

この東松島も東日本大震災で大きな被害を受けた町だ。
あの時多くの時計が止まった。

誰の心の中にもある時計。
順調に一定のリズムで時を刻み続けることの方が稀ではあるが
この町には抗えない大きな力で強引に止められてしまった時計がたくさんある。
東川町在住写真家 飯塚達央氏 は震災後、何度も被災地を訪れてボランティア活動を
しながらフィルターを通し、その現状を、苦しくなるほどの人々の息づかいを
伝えている。
「時計」をテーマにしたこの写真を是非見て頂きたい。
(「この写真」をクリックすると飯塚氏のブログにリンクします)

今日のこの公演を観に来てくださった方の中には、もう二度と動かない時計を
見つめながら必死の思いで自分の針を動かしている方も多いだろう。
”復興”という言葉は公の言葉であり、社会として目指すのには正しい言葉だ。
では個々は?
大きな悲しみや恐怖を味わった心が ”再び元のような勢い”を取り戻すことは不可能だろう。
それでも針は動き出す。前とは違った速度で・・・。
「元気になった」「元気をもらった」
私たちの公演の見終えた方がかけて下さる一番多い言葉だ。
ありがたい言葉だが、決して歌旅座の元気のパワーをお客様に受け取ってもらっている
だけではないと思う。
”元気になろう、元気でいよう” とする力は誰にでもある。
ただ、そんな力が自分にあることを忘れてしまったり、使う気になれないことも
また 誰にでもある。
こうして懐かしい歌を直接届けることによって、一緒に会場で歌ったり
楽しんでもらうことによって、元気の力を呼びおこす後押しに少しでもなれば・・・。
時計のネジのひと巻きなれるなら・・・。
そんな寄り添うような公演の形を目指し、忘れずにいたい。
「ありがとう」「楽しかったよ」「また来てね」笑顔と共に交わした
握手の手がとても堅く、とてもあたたかかった。
18486193_1301925796589163_5080347666200129475_n

最後に千葉センター長をはじめ、スタッフの皆様 ありがとうございました。
東松島の皆様 また会いましょう !!

ツアー後半になってくると 逆に声が出てくるJUNCOです。
皆さん お元気ですか?
40歳になったってことで なにか しっかりしなきゃいけない
ような気がして 旅日記をつけ始めました。(今更ですが…)
長い長い旅、一週間前 どんな場所で 誰と会い、
何を語って どんな日を過ごしたのか…。
みんなで寄ったスーパーの名前、食事した場所、舞台のアレコレ・・。
出来るだけ書き込むようにしてます。

今回のツアー 12公演。
ここ最近 『連続公演』ってのが増えてきて 気を張って
10だの11だのと記録を作ってきましたが ありがたいことに
なんと 『のり日』があるではないかっ!
ひっひっひ。 ただただ 身体を休められるのだ。
那須塩原を出発した私たちは 次の目的地、『蔵王』に向かい
車を走らせる。
途中 まだ開催してない町へと 営業に回る。
須賀川という街に寄った際、川にまたがる 大量のこいのぼりを見た。

IMG_20170517_143145


ええ景色や…。円谷幸吉の出身地ということで 東京オリンピックの
問題なんかを出しながら進んだりする。
円谷選手が最後に抜かれたのは イギリスのヒートリーという選手です。
ためになる旅です。

昼飯 何にしようかと思っていたら 福島はなんと
ラーメン王国というじゃないか。
白河ラーメンという 手打ちの平麺がスタンダードとな。
もちろん行く。だって のり日ですもの。

住宅街の中にひっそりとたたずむ 『いっぽん』。
なみなみのスープ。どんべえの麺に似てる。

IMG_20170517_143133


スープの濃さは自分で調節出来るようになっている。
地元の人たちは この大量のスープを全部飲み切ってた。すごい。

日に日に大きくなっていくお腹をさすりながら
蔵王を目指して走る。
実は 今日 『温泉』なんです♪ 歌旅座では 300公演に一回
あるかないかの温泉宿。ひっひっひ♪

宿には 先に到着していた 『湯上りうさぎ』がぴょんぴょん
はねて待っておりました。
みんな揃ったっ 宴じゃ宴じゃ~~っ!
まずは 相馬の森田さんにいただいた日本酒『飛露喜』呑もうぜぇ~!

IMG_20170517_143056


乾杯じゃ乾杯じゃぁ~!

宿泊とセットになっていた 『焼き豚しゃぶしゃぶ』コース。
どれだけ私たちがよだれを垂らしながら食べたことか
想像は容易に出来るでしょう。

IMG_20170517_143044


蔵王の山々と元気よく流れる川、空にはツバメがヒュンヒュン飛ぶ。

IMG_20170517_143112


心地よい酔いと 温泉のぬくもり。きれいなシーツに
身をゆだねる。
遠くなっていく意識の向こうに 川の ザザザザ~という音が
気持ちよく響く。
自然界の『音』はどうしてこうもすんなり入ってくるのだろう。
大きな音なのに うるさくない・・。

音楽も一緒だな。
まるで 自然の一部みたいに 私たちの音楽が
みんなの奥の方に届けばいいなと 夢の中で思う。

旅はまだまだ 続きます。
一座らしい匂いを各地にバラまいてこようと思います。


みなさん元気にお過ごしですか。チエです。
今回のツアーも早いもので半分を過ぎました。
5月15日は東北から一歩外に出て栃木県にあります
大田原市にやってきました。
会場は「那須野が原ハーモニーホール」2度目の開催です。

毎日繰り返される機材のセッティング。
ひとつの公演を開催するにはトラックの中身をすべて出し、
ステージの上に平台を運び、照明を吊って、マイクやピアノを
セットして、ケーブルを引いて・・・などなどやることは盛りだくさん。
セッティングが終われば次は本番。そしてそれが終わればすべて撤収
するという繰り返し。
18486290_1300267566754986_5480595685171083935_n
照明を仕込んだあとは、位置を調節していきます。

だからこそ食事はしっかりとらないと体がもちません。
この日はセッティングの合間に近くの蕎麦屋でランチタイム。
きっと地元の人以外は知らないであろう昭和のにおいが残る佇まい。

頼んだメニューはがっつあるミックス。
(そばとうどんが同時に出てくるんです)
そのボリュームの多さに全員驚きを隠すことができなかったが…
見事完食 !!
膨らんだお腹をさすり作業をしながら、夜は何を食べようか考えるのでした。
(そりゃみんな痩せませんよね)
18555853_1300267676754975_9091349102891284062_n (1)
今回うれしかったのは舞台スタッフのみなさんの協力でした。
嫌な顔ひとつせず色々手伝っていただきました。
準備の間に感じる「気」の良さがまたステージのやる気にもつながります。
美味しい蕎麦屋も紹介してもらいました。
会場を去る時、社交辞令でもなく自然に交わされた「それではまた次回」の挨拶。
きっとまた会うことができるでしょう。一同楽しみにしております。
この日会場には地元の方だけでなく茨城県や北海道からも応援に駆けつけて
いただきました。ご来場のみなさま、どうもありがとうございました。
IMG_3236


 

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


はじめて訪れる南会津町は山々に囲まれた町。
前日までの雨は上がり、穏やかな風が吹く、
すごしやすい1日となりました。


会場は御蔵入交流館
ご担当のお気遣いが感じられて
舞台裏の整理も行き届いた気持ちの良いホールでした。
陽だまりで休憩をとりながら舞台の準備は進み、
やがて公演がはじまります。

ぶっちゃけ、冒頭は静かなんです、お客様は。
南会津のみなさん、恥ずかしがり屋とは聞いていました。
でも、第2部に突入した頃にはふつふつと沸いてきて...。
IMG_3184z

次第に客席のあちらこちらで
ほころぶ笑顔。
朗らかな歌声。
あたたかい拍手と声援。
キャッキャッと反応してくれたご婦人たちや、
子供さんと盛り上がってくれたご家族連れ。
IMG_3186z


結局は、北海道歌旅座がまた訪れたい街のひとつに加わりました。
みなさま、また行きますよ。ご来場ありがとうございました。
IMG_3192z





蛇足です。
終演後、宿舎に戻って反省会の開催。
中座して、ゴキゲンな気分でちょっと用を足していたら、
あっしのスマートフォンがどっぷんと深く潜行してしまいました。
悲鳴、嗚咽、機能停止。

これで生涯、南会津を深く記憶することができた、と。こう思うワケです。
決して忘れることはできません。




とにかく、ごきげんよう。


アリタです。
前日の五戸町公演を終え、次の公演地へ向け移動距離を少しでも稼いでおこうと、
中間地点の岩手県・一関市まで走り、宿泊。
翌日は、福島県初の公演地・相馬市へ。
早朝からあいにくの強い雨模様の中、南へひた走る。
image

相馬市は、太平洋側、浜通りの北に位置する歴史ある町。
戦国時代から相馬氏の本拠地で、江戸時代には中村藩6万石の城下町として
栄えたそう。明治に入り北海道に移り住んできた人も多いという。
実は、ここ相馬市はBOSSの曾祖父上が150年前に北海道開拓に移住する
前に居た、ルーツの町。
しかも公演会場は、BOSSの名字を冠した地区のすぐ傍。縁がありますねー。
image

会場の「音屋ホール」は、ちょうど1年前に建った綺麗な佇まい。
ホール内には、ドリンクカウンター、ピザレストラン、隣りには、
オーナーの青田さんが運営する、ラーメンのお店も。
image

お昼は、地元でも美味しいと評判のお店〈よしお〉でラーメンを頂きました。
店内で製麺、焼豚も自家製、こだわりの肉味噌ラーメン、
また食べたくなる味でした🎵
image

さあ、準備、リハーサルも終え、相馬公演のスタート。
一日中台風並みの大雨、ご来場の心配とはウラハラに、
会場にはたくさんのお客さまが来てくれました。
image

image

ご来場いただきました、地元相馬の皆さま、クライマックスは本当に
楽しんでいただけたようでした。
歌旅座またこの地に高速リターンしたいですね。
またの再会、楽しみにしています。
image

公演終了後には、今度は手作りの美味しいピザもご馳走いただきました。
オーナーの青田さん、音屋ホールのスタッフのみなさん、お世話になりました。
喜んでいただく〈こだわり〉が歌旅座と一致した、嬉しい日にもなりました。
ありがとう~~。相馬。
また、会いましょう👋
image


このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.