北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


一座には夢があった。歌の旅以外の夢である。
『ぬか床を持つこと』。
ご飯のお供として、酒のアテとしてぬか漬けは
本当になんにでも合う。

以前から、BOSSのお母さまが漬けたぬか漬けが
ぶっ飛ぶくらい美味しくて、これは素晴らしいっ!
いつか一座のぬか床も是非作りたいっ!と
胸の奥に秘めていた夢があったのだ。
どうせ作るのなら、やっぱりお米屋さんで売ってる
生糠を買い、気合入れてやってみようと、他のメンバー
が出張などで不在中、チームフトッチョでコネコネと
作り始めた。

生糠1キロに水1リットル、塩は10~13%くらい。
後は昆布・鰹節・唐辛子等々、お好みのうまみ成分を
投入していく。
しばらくは床に菌を定着させる為に、『捨て野菜』を
しばらく漬ける。
毎日、床が落ち着くまでは、一日に2度程かきまぜて
なじませていく。
この時、混ぜる人の手に微妙についている微生物が
その床の味を決めていくらしい。
ダル・チエ・JUNCO・イソベ…主にこの4人の
『オリジナル微生物が入り乱れた床』である。

・・・これがマズかった。
ほとんどカッパ手ヤロウどもばかりぢゃないか。
乳酸菌の増えすぎた床は、何を漬けてもやたら酸っぱい。
酸味を解消する為に、酒や卵のカラ等をいれて対処して
みるが、なかなか頑固である。
もっと、深みのある味にしたいのにっ…くそぉ~…。
床の3分の1程を捨て、足しぬかをしてみたり、
昆布も入れ替え塩分の調節もしてみるが…むぅ~…。
もっと、年期入った『チーム中年』の手でやるべき
だったか…。

BOSSのお母さまのぬか漬けの味を知ってしまっただけに
この床のクオリティの不安定さが気になる。
生き物と一緒だ。日々変わる気温や湿度、野菜や菌や塩分や
色んなものに心を傾けていないと、どうにも
うまくいかない。

美味しいぬか床が出来たら、ツアーに持っていって
その土地土地の野菜を入れて、お弁当の時や、
晩酌の時にみんなで食べれるね~♪なんて言っていたのに
その夢は、もう少し先のようです。

いつか、トラックの扉から、ぬかの香りがプゥ~ン
と漂ってきたら、『あ、こいつら遂にぬか床持ってきたな。』
とあたたかく見守っていただけたらと思います。
コンサート会場に迷ったら、糠の香りをたよりに来る方も
出てきそうです。
もちろん、コテージなんかで焼く環境が整っていたら
魚漬けて、焼いちゃいますよ。たまらんねぇ~。
これまた、お酒がすすんでしまいそうだわ。

麻雀やって酒呑んでばっかりだと思ったら、糠まで
漬けてっ!ホント、何の団体なのっ!
今日も聞こえてくる誰かの声。

心が豊かじゃなきゃ、元気や感動は届けられません。

今日もどこかで歌旅中です◎

_20181106_164958

(初代なのに、次郎にしてしまったことが悔やまれます。
後ろに居るクロも心配してます。)




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


11月に突入、北海道歌旅座の関西・中部・東北の
コンサートツアーがスタートしますよ。

飛行機でまずは関西へ。
IMG_1068_F
スンバラシイご陽気、ハラショー!
今回の旅の成功は約束されたようなもの。
まあ、天気が良かったくらいでそう思うのは単純かもしれませんが。


到着地は伊丹空港であります。
IMG_1075_F
北海道人にとって、この時期の気温に対応することが
いつも難しいのであります。
道ゆく人々は秋冬のファッションなのですが、
私たちは昼間は暑く感じるから半袖になったりします。
「あ、あの人たち、明らかに北海道の人たちだわよ」
と思われているのでしょう。

それでいて、夜はやはり寒いので上着は必要。
暗くなって地元にこっそりと溶け込めるわけです。
決して寒い国からやってきたスパイではありません。
歌と音楽をお届けする旅一座であります。


さあ、11月18日まで続く「関西・中部・東北コンサートツアー」、
今回も初めての街、再会の街へ伺います。
各地で皆様とお会いできることを歌旅座は楽しみにしています。
よろしくお願いいたします。


札幌で留守番している猫のクロも
暖房の効いたオフィスで旅の安全と成功を
ぬくぬくと祈っているはずです。
IMG_1048_F


それでは、ごきげんよう。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

私には専属のセラピストがいる。
頸椎に少々難あるせいもあって時折、酷い肩こりに
悩まされることがあるのだが、その人の手にかかれば
頑なな凝りのヤツらもやんわりとほどかれ、身も心も
すっきりとリフレッシュさせてくれる。

その人の施術に絶対・絶大なる信頼を置いてるが故に
その手が両肩に触れたとたんにスーーッと血の巡りが
良くなっていく(ような気がする)。
その日の凝り具合によって力を加減し、一番つらいポイント
を見極め、もみかえしのような身体に負担のかからないよう
無理なく、でも確実に凝りを流してくれる。

私の大事な専属セラピスト。
だかしか~し、9年前のその人は今とは比べものにならない
くらい華奢な手をしていた。
力一杯揉んでくれているのに、鉄板のような私の肩では
ただ撫でているようにしか感じられなかった。
これじゃあ、その手を痛めてしまうのではないか と
気の毒になってしまったことを覚えている。
9年経ってその華奢な手が大きくなったり、指が太くなったり
した訳ではない。
見た目の華奢な感じはそう変わってないはず。
ならば この9年間、その手にいったい何が起きたのだろう?
いったい どんな時間を過ごしてきたのだろう?

目を閉じてゆったりとマッサージを受ける至福の癒しの時間。
時折、その日の凝りに見合う新技を取り入れてその人は
私以上に私の身体と向き合ってくれる。
最後に肩から腕へと大きく血流を促して施術終了。
瞳をあけると、あら、不思議。
一段階視界が明るくなっている!
何ルクスかは確実に上がっている!
あんなに辛かった身体が嘘のように軽くなっている!!
凄いでしょ?私のセラピストは。

_20181106_114755


人を喜ばせることが何より好きなその人は、マッサージ
だけではなく、実はイラストもめちゃ上手い!!
『画伯』と呼ばれるほどだもの。
でもね、
でもね、
それよりも何よりもその人が ずば抜けて上手いもの、
何か知ってる?
それはね…うふふ…ご想像にお任せします。
さぁ、至福の時間を作ってくれた御礼代わりに
明日から始まるその人の関西ツアーの無事と成功を
心から祈ることにしましょ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

いまや歌旅座クリスマス恒例コンサートとなっている、
お馴染み、岩見沢市の市民交流施設・であえーる岩見沢
JUNCO&NARIKOのサプライズコンサートとして開催
頂いている場所だ。

過去、昭和ノスタルジア公演や東京物語などもお届けしたことがある、
館内の[であえーるホール]が地階スペースに昨年から移転。
「いつかここのホールでも」と担当の三部さんから話しを
頂いていたが、この日実現した。
開場時には当日券を求める方で行列となり、予想を超えるお客様がご来場。
1541397528385
ホールスペースは狭くなったものの、歌旅座の機材もフルで駆使し、
手作り感のあるステージが出来上がりました。

お届けしたのは歌旅座も久しぶりのホッカイドウソングス公演。
オリジナル曲を含め、北の名曲をたっぷりお届けした。
ここはであえーる。<サプライズ>が付きもの。
今回は、歌旅座の隠れた名曲・司会太郎作詞の「平岸追分」と「流されて伏古」
の間奏に、昭和のうたコンサートの「昭和枯れすすき」でチエが扮する和服姿の
さくらがスクリーン前で「舞」を披露。
1541397524404
あまりに突然、一瞬の登場に会場も
「なっ、なんだ、今の?」と呆気にとられる一方、
ドッっと盛りあがる一面も。
神出鬼没の「さくらの舞」。果てして次回のお目見えはあるのか⁉

お客様との距離感も近く、温かく盛り上がった新・であえーるホール。
1541397520720-1
今年のクリスマスイブも例年どおり、2階のひなた広場に
JUNCOとNARIKOが再登場!
公演最期には、JUNCOから川柳を一句。
クリスマス きっとアナタと であえーる

また来月お会いしましょう✋



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

清々しい秋晴れの空の下、札幌公演の成功を予感させてくれました。
この日のコンサートは一本の電話から始まります。
今から1年半ほどまえ、江別でコンサートを見てくれた女性の方からで、その方が所属している札幌音鑑という団体でコンサートを開催したいというお話でした。
何度も事務所に足を運んでもらい、団体の方にもコンサートを観に来ていただき、"これならみなさんに喜んでもらえる!"と開催を決めていただいたのがこの日の始まりだったのです。
1541326681345
札幌は私たちの居住地。
しかし、市外でのコンサートが多く、地元で大きなコンサートを開催するのは本当に久しぶりでした。
情報を公開してからは問い合わせがひっきりなし。
公演日5日前にはソールドアウトしてしまい
嬉しい限りです。
私たちの本拠地ですから、当日は歌旅座専属の作詞家 北埜うさぎ も参加し
本当のフルメンバーでお客様を迎えました。
1541326679649JUNCOの父さんが定年を迎えたときに作った「重ね日」を北埜うさぎの朗読つきで披露。
客席から聞こえる、鼻をすする音。
IMG_20181103_110129_BURST004
そして、超満員の会場がひとつになった感動。
客席から帰ってくる一つ一つの瞬間がまた私たちの心を大きく揺さぶるのでした。
1541326677220
コンサートが終わった後の懇親会。
音鑑のみなさんが感想を語ってくれました。
コンサートを成功させるまでの想い、今日の喜びがぎっしりと詰まった言葉の数々。
笑いあり、涙ありの懇親会はあっという間に終わってしまったのでした。
また一緒に超満員の会場を作りましょう。
実行委員会のみなさんありがとうございました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.