北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


歌旅座、香川県に再び戻ってきました。
四国巡礼7ヶ所目の公演地は香川の中央部、2006年に高松市と合併したまち、
国分寺町。
image

会場の高松国分寺ホールは、5年前に建てられたキレイで気持ちのいい、町の憩いのホール。
館長を中心に町民の演劇サークル、吹奏楽サークルなど活動も盛んに行われているところ。
到着すると、館長の多田さんから、
「お昼は、うどんをどうぞ!」と頂いたのが〈うどん県のうどん券〉。
これ、うどん屋さんに持っていくと、なんでも食べれちゃうんです。
粋なはからいですねー。
前回のアリタ担当ブログでも『朝うどん』をご紹介したのですが、
今回もうどんに大当たり。
image

会館の近くにあるお店にいくと、地元の人たちでいっぱい。
ちょっといつもと味を変えて、カレーうどんを美味しくいただきました。
早朝6:00から開店しているところもあり、香川のうどん屋さんはどこも賑わっています。
香川県のソウルフードを体感、そして、うどんの腹持ちのいいこと。
舞台仕込み前のチカラメシには最適。

さて、本日の公演、
開演1時間前になると、ロビーにはすでにお客様の行列が。
気持ちも、自然と盛り上がってきます。
image

コンサートは、初めからノリのいいお客さまの歌声が聞こえる中、
進んでいきました。
IMG_2924
IMG_2935
image
image

終演後のロビーでは、皆さん爽やかな笑顔でお声をかけてくれました。
image
image

ご来場いただきました皆さん、舞台仕込み前から気持ちよく対応して
くれた、多田館長はじめ、スタッフの皆さん、ありがとうございました。

歌旅座、かならずここ 国分寺ホールに戻って参ります○
うどん県のうどんも、また楽しみにして。

お元気で。



四国に入り、6日目となりました。
一座の面々もまだまだ元気に食べて、呑んで、歌っております。
ダルです。

ツアーも終盤戦となってまいりました。
訪れたのは徳島県 吉野川市にあります『鴨島公民館わくわくホール』
到着すると、目の前の桜吹雪舞う吉野川にテンション上がる一座。
そこへ岡田館長さんを始め、スタッフの皆さんが明るく迎えてくださいました。 image


会場準備をしていると、開場の2時間以上も前からお客様がお待ちになっていて
開場時間30分前には長蛇の列が出来ていました。
お待たせしているかもしれませんが、
開場前に沢山の方が並んでいるとお客様の期待度や盛り上がりが見えてくるようで、
我々にとってもすごく気が引き締まり、嬉しいものです。

開場10分後には、もう満席になってしまいそうな雰囲気。
image
平日のお昼にも関わらず、最終的には300名を超えるお客様にご来場頂きました。
そして公演の中でお客様と一緒に歌った『ふるさと』はとても圧巻でした。


公演後のサイン会でも沢山の方に立ち寄って頂き、
写真を撮ろうとしても近寄れないくらい。
遠巻きからカメラを頭の上に構えないと撮れないほどでした。
image

アンケートにも再演を望むご意見が沢山ありました。
我々もまた来られる事を、心より楽しみにしております。
今回、共催頂きました鴨島公民館の皆様ありがとうございました。


さぁ、初めましての挨拶もあと2公演!
張り切って行きたいと思います!!
 

四国ツアー5日目は、愛媛県新居浜市へやって参りました。
 
青空の下、桜と並んで輝くあかがねミュージアム
なだらかなカーブを描く外壁には銅版が張られています。
 
2017-04-13-14-55-21
 
ここは昔、別子銅山で栄えた街。
銅(あかがね)は街の発展のシンボルとして、
静かに歴史を教えてくれています。
 
2015年開館した真新しい施設内には
美術館、ギャラリー、カフェなど、様々なスペースがあり、
市民の憩いの場となっています。
 
地下1階にある多目的ホール「あかがね座」が今回の舞台です。
 

2017-04-13-15-00-21

この日はツアー唯一の昼・夜2回公演。
それぞれの演目に変化をもたせてお届けいたしました。

2017-04-15-03-31-32
 

センタースクリーンを使用しての映像投影はかなりの迫力でした。

2017-04-13-14-58-58
 
おかげさまで2公演ともたくさんのお客様にご来場頂き
客席との距離感が近いステージからは、
楽しそうに笑顔で盛り上がるお客様の顔がはっきり見え、
我々も楽しく歌うことができました。

ご来場くださったみなさま、そして、主催してくださいました
あかがねミュージアムの皆様、ありがとうございました。
 
2017-04-13-20-12-25



楽屋前の白い壁には、これまでに出演されたアーティストの方々のサイン。
公演後、我々歌旅座もその壁に名前を刻んできました。

2017-04-13-21-03-39

白い壁が埋まる前に、また来られるようにと願いをこめて。

みなさん元気にお過ごしですか。
チエです。

北海道歌旅座 四国八か所巡りコンサートツアーの
4日目は愛媛県へ。
歌旅座のツアーもそうですが、個人的にも人生初の
四国巡りです。
見るものすべてが新鮮なのですが、その中でも
一番見て心踊るのが満開の桜です。
現在こちらは桜前線真っ只中で、移動中咲き乱れた
桜を何度も目にしました。
そして今回会場となった西条市の丹原文化会館は
写真のとおり見事に咲き誇る桜の木々に囲まれていました。
この景色に一同うっとり。私は大はしゃぎ。
フォトグラファーTAKAに頼み込み、しばし記念撮影
楽しませていただきました。
17884130_1259457550835988_3977818413729128173_n (1)
今回の四国ツアー、近隣での公演が重なることもあり
何度見に来ていただいても楽しめるように
その都度中身を少しずつ変えています。
今回は歌旅座のオリジナルソングをいつもより少し多めに
お届けさせてもらいました。
「ハルニレの詩」「北の暦」「重ね日」。
舞台袖で聴いていても会場のみなさんに伝わっている様子が
すごく伝わり、嬉しい瞬間でした。
IMG_2866
フォークソング広場も久々に登場いたしました !
IMG_2868
この日会場にはたくさんの方に足を運んでいただきました。
嬉しいメッセージもたくさんいただきました。
「笑いあり、涙あり、素敵な演出に引き込まれました」
「自分の若い頃を思い出し、今に感謝し元気になりました」
「会場全体が盛り上がり、今までの違ったコンサートだった」
「みんなで歌った『ふるさと』「ケサラ」胸がじーんと来て
本当に心に残りました」

皆さんからいただいたメッセージ、しっかり受け取りました。
また必ずお会いしましょうね。
ご来場ありがとうございました。 

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

ご存知のとおり、北海道歌旅座にとって
初の四国8箇所巡りコンサートツアーの真っ只中。

3日目は高知県へ。
一座、初めての土佐入り。
IMG_0141z



2017年は「大政奉還・海援隊150年」の記念年とは
メンバーの中では司会太郎だけが知っていました(ウソ)
IMG_0158z
土佐藩に脱藩を許された坂本龍馬が隊長となって
名称も海援隊に改めたのが1867年4月。
その11月に大政奉還成立。
そして、150年後に北海道歌旅座が高知を訪れて
またまた歴史が動き出す、と。
そんな想いと希望、あり。



2006年、野市町をはじめとする香美郡南部の町村が
合併して生まれたのが香南市
リハーサル風景の1コマ。
レンガで装飾したキレイなホールでした。
IMG_0145z




さて、本番。
JUNCOは歌い上げ、ナリコは演奏する。
ザ・サーモンズは跳びはねる。
メンバー、いつものように元気で舞台を努め、無事終演。
お客様の反応、最高!
 
IMG_0179z


のいちふれあいセンターのみなさん、
観客のみなさん、ありがとう。
また会えるかな。会えますよね。
大政奉還から151年後か。
意外ともっと早かったりして。

IMG_2854z


四国のコンサートツアー、まだまだ続きます。
ごきげんよう。

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.