全国共通コンサート入場券
「時には昔の話を」特設ショップ
#2020 明日

北海道歌旅座コンサートスケジュール


ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

昨日(22日)の北海道白老町公演。
盛り上がりすぎて興奮未だ冷めやらず。
久しぶりでしたが、すべてカンペキにこなしました。
まあ、誰にもわからない個人的な感覚でありますが。

白老公演のレポートは、後日このブログでご紹介します。


さあ、最近は「歌旅座テレビ」が賑やかです。
自粛期間中にも歌旅座のことを忘れないでとばかりに、
いくつもの音楽ビデオをお届けしております。

4月10日の「明日 2020」を皮切りに、 
5月の「ナリコ・バースデイ・ライブ」の前後編、 
6月は「悲しい色やね」「君をのせて」に加えて、
「ハチのムサシは死んだのさ」ときました。
「テネシー・ワルツ」「星の河を渡ろう」のCMもありましたね。
今月は、すでに「人形の家」「韃靼人の踊り」をアップしました。

そして、今回新たに加わりますのが、
「ポル・ウナ・カベサ〜Por una Cabeza」
北海道歌旅座の女性陣3名による演奏のみのミュージックビデオです。

Por una Cabeza

本曲について説明しましょう。

人気絶頂時に飛行機事故で亡くなった
アルゼンチンの国民的歌手・俳優のカルロス・ガルデル氏。
彼が1935年に遺したタンゴ界の名曲です。
この曲のカバーも多く、アル・パチーノやスピルバーグ監督の
ハリウッド映画やテレビドラマに使用されたり、
フィギュアスケートの演技にも活用されたり。
タンゴにとどまらず、様々な編曲も施されてきました。

「ポル・ウナ・カベサ」。
スペイン語の競馬用語で「クビ差」という意味だとか。
1989(昭和64)年の東京競馬場で開催された「第9回ジャパンカップ」
我が国代表のオグリキャップと、ニュージーランド代表のホーリックス
この2頭の壮絶な叩き合いの末、ゴール着差がクビ差でした。
優勝は残念ながらホーリックスでしたが、
これが「ポル・ウナ・カベサ」、あるいは「ポル・ウナ・カベーサ」です。
うん、あのレースを思い出したくなかった。


それでは、
吉田淳子(ピアノ)、高杉奈梨子(ヴァイオリン)、
佐久間千絵(アコーディオン)の歌旅座の女性による演奏をご堪能ください。 
悔しかったことを忘れるはずです。

 
 


それでは、ごきげんよう。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

前回の記事で本人が話題にした高杉奈梨子のニューアルバム、
『晩夏(Banka)』の発売日が決定、ここに情報を解禁します。

ナリコのヴァイオリンによる珠玉の作品が収められたこの新作は、
ユーミンのカバー曲「晩夏」で幕を開け、
古典的名作から現代の音楽家まで、多彩な楽曲で構成されています。

ナリコ本人による各曲ごとのライナーノーツ(解説文)には、
収録曲とともに彼女の思いが込められています。 

 CDアルバム
 『
晩 夏』高杉奈梨子

  9月6日(日)、発売
  通信販売価格 2200円(税込・送料別)

  収録曲[ヴァイオリン演奏]
  晩 夏(曲:荒井由実)
  パリは燃えているか(曲:加古隆)
  G線上のアリア(曲:J.S.バッハ)
  氷 点(曲:玉置浩二)
  韃靼人の踊り(曲:A.ボロディン)
  旅 路(曲:坂田晃一)
 


すでにコンサートで披露していたり、
初めてお聴きいただく楽曲も収めています。
夏の終わりに、ナリコの新しい魅力をお楽しみください。
CD「晩夏」

 
収録した1曲「韃靼人の踊り」の映像も合わせてどうぞ。 


ご予約は下記からどうぞ。
電話
 011-623-6680  
FAX 011-623-6664
メールこちら 



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

先日、音楽大学受験を目指す男の子が、歌旅座のスタジオに来てくれました。
練習は1日8時間。コロナで時間がたくさんある分、どれだけやるかで差がつく、と。
8時間とは凄い!と思いながら、それでも私も受験の頃、随分やったなぁ…と
懐かしい気持ちになりました。

半年間、あの頃と同じように練習したら、やはり効果はあったのだろうなと思うけれど、
本番が全くない中で楽器に向かうのは、時には鬱々と骨が折れるものがありました。

けれども、そんな日々の紆余曲折を経て、「Newアルバム」が完成に近づいています。
その中の1曲「韃靼人の踊り」は、ロシアの作曲家、ボロディンの曲です。



この曲をアルバムに入れることを決めた時、原曲のメロディーはそのままに、
新たな旋律を作ろうという構成が浮かんでいましたが、
その構成を形にする“作曲”という作業は私にとって新しい試みのひとつでした。

遊牧民をテーマに、韃靼人が馬にまたがり高原を駆け、景色が目まぐるしく移り変わる…。

歌旅座の大事な節目に登場して下さるギタリスト下谷淳蔵さんに、
オーケストラアレンジをお願いしました。
下谷さんへ悩みに悩んだメロディーを送ると、イメージが何倍にも広がる音に彩られ
手元に届く…というやり取りを何度もさせていただき、まるで一緒に旅をするように
完成に導いて下さいました。

下谷さん、本当にありがとうございました。
また一緒に、タコ刺しでお酒を呑みたいです♪

半年間。
時間はあるのにアイデアがまとまらない現実的なもどかしさ、
また、人生の在り方、バイオリンは自分にとって何なのか…というような思い、
さらに、時間に比例して増えた酒量による肝臓の危機(私だけではないゾ)と
隣り合わせで制作したアルバムは、思い出深いものになるだろうと思っています。

たくさんの方に聴いていただけますように。
2020-08-16-15-41-03-441
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

とても素敵な出会いがありました。
Areeが、歌旅座の曲をタイ語に翻訳してもらう際に
依頼していた女性。
アムソン・ナッティダー(通称・ナナ)さん。
愛知大学のタイ語講師をしています。
今までメールでのやり取りが主だったのですが、
今回、日本のある曲をタイ語で歌い、そしてタイの
人たちに発信しよう!という企画がありまして
ナナさんに発声指導をお願いしたのであります。

初めて会ったその人は、ワンピースに華奢な身体を
おさめ、ロングヘアーにマスク姿。このままどこか
の海辺で撮影したくなるような佇まい。
そして何より、レッスンの為に名古屋から札幌へ
来ることを快諾してくれたことが嬉しい。
めちゃくちゃイイ人。
話もそこそこに、早速スタジオへ。

ところで、日本語は母音が『あいうえお』の5つ
なのですが、タイ語は9つ。「イ」の形で「エ」と
言ったり、「ア」の形で「エ」と言ったりもする。
ほんの少しの違いで意味が全く異なるものになって
しまう。ひょえ~~。
北国に住む私たちが普段どれだけ口を動かさずに
会話しているかが良く分かります。
あたたかい国の人たちの顎(顔)が小さいのは
こういった言語によるものもあるかもしれませんね。

そんな超難しいタイ語で歌ってみよう、しかも
「うまいタイ語で」っていうんですから
盛り上がるなんてもんじゃありません。
顔面ストレッチを入念にしてからいざスタート。
(どうか顔がツリませんように…)
1597130058694


ナナ先生の指導が入る。とても丁寧で分かりやすい。
だのにだのにっ!いざ音にすると、それは違う と
なる。んじゃ、これかしら?こうか?と色々やって
みるが、先生の顔が『ん~…おしいです…』と曇る。
フンガーっ!なにが惜しいのかすら理解出来ない
事実も苦しい!申し訳なさが募る。
しかし、限られた時間の中で少しでもネイティブな
タイ語に近づけるように、妥協もせず一緒に取り
組んでいただきました。ひゃ~ありがたい本当に。

脳みその違う部分を使った歌。
初めての感覚。知らない言語を知るということは
まだ見ぬ自分にも会えるような気がして燃えます。
果たしてタイの皆さんにどう伝わるのか…。
タイ語でお仕事出来るAreeは本当にスゴイ人だ~。

さぁ!1泊二日しかない札幌滞在。
日本で一番だと思っているお通しが出る我らの
行きつけのお店で乾杯。
日本に4年しかいないなんて全く感じさせない
抜群の語彙力に終始ほれぼれしながら過ごす。
ナナ先生は、私たちの尋常じゃない酒量に微笑。
元々、歌うことが大好きだった先生。
なにか今後、楽しいこと一緒にやりたいですね
と気持ちを寄せ合い、とっても意味深い日に
なりました。
1596855860531
(翌朝はチエのガイドで大倉山へ)

次会えるのは、愛知公演の時かしら。
会いたい人が増えていくのは本当に嬉しい。
ナナ先生、JUNCO頑張ります!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

突然ですが、クイズっス!
次の数字は何を表している?

1年後:50%
10年後:5%
20年後:0.3%
30年後:0.02%

正解は・・・「起業した会社の生存率」。である。

今年8月9日、ディスカバリーファーム(DF)社が創立30周年を迎えた。
パチ、パチ、パチ、パチ~👏
0.02%は「万に一つ」ならぬ、「万に二つ」。
30年という年月は、一筋縄で達成できるものではない。

1990年東京目黒区でDF社を立ち上げて以来、
バイタリティある行動力で「発見」と「創造」をゼロイチで
やり続けてきたのも、BOSSの類まれな人間力と好奇心、
ブレない精神のなせる技に他ならない。
*DF社の歴史は、BOSSが3年前のこの日に寄せた
 ブログ【羊にまつわる話】を参照ください。

そんな天晴れ(アッパレ)な記念日を迎えるにあたって、
我々が封印してきた楽しみが二つある。

ひとつ目は、ついに来たーーっ!
屋上ジンギスカン(略:OJ)
IMG_0007
例年4月に入るとそろそろOJの季節だな~と
まだ肌寒い空の下、屋上で円陣を組んでいた我ら。

今年はコロナ禍の中ジンギスカン鍋を囲むのはさすがに、、
と泣くゞ自粛してきたが、解禁はやっぱこの日!
毎年この設立記念日には欠かせないのがこれでしょ⁉
ついにやっちゃいました(感涙)

お祝いに駆けつけてくれたY会長夫妻、ご近所さんのOさん、Iさん
も加わり、この夏一の青空が広がる屋上へ集合。
カンパイと共に我らのソウルフード美味しくいただきました。

「この羊いいね」と君が言ったから 8月9日はOJ記念日(古いかァ~?)
IMG_0005

宴もたけなわの頃、JUNCOがなにやら参加者を誘導。
二つ目は、過去のスタッフやパートナーの有志の方々からの
DF社30年、BOSSへの❛サプライズ❜ビデオレター・メッセージ
【30th ANNIVERSARY DISCOVERY】のタイトルから上映が始まった。
IMG_0006
入社18年のオイラもお会いしたことのない先輩の方々、
十数年来ぶりとなる懐かしい人たち、家族ができ現在の幸せな顔を見せてくれる
かつての同志の姿、想い出のエピソードなど、世界中からのメッセージに
BOSSだけでなく全員がホノボノする暖かい上映会となった。
参加して頂いた皆さん、ありがとうございました◎
またお逢いできるのことを楽しみにしてます。

記念すべきDF社の節目の30周年がコロナ真っ只中であったこと、
そしてこの記念日に屋上ジンギスカンを今年初めて解禁できたこと、
ディスカバリーの一員として出会いの奇跡を感じたこと、
これはきっと未来へ向けて、「意味がある」ことにに違いないのだ。
と思う1日となりました。
IMG_0008
*30周年の屋上記念写真

帰宅後深夜気づくと、ケータイにBOSSらしいLINEメッセージが入っていた。
(原文のまま)

親愛なる皆様へ

30周年メモリアルOJお疲れ様でした。
8時間飲んで食べましたね。
サプライズビデオは驚きました。
いつもは企てる側ですが、
純粋に懐かしく楽しめました。
ジュンコの発案で太郎とみんなで協力して仕上げる。
discoveryの伝統受け継いでるね。
熱烈感謝です。
もう少しだけ走ってみようと思いました。
さぁ明日から何しようか!


さっさと寝ろ!
(怒りのオヤジ・スタンプ)

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ



© HOKKAIDO UTATABIZA. ALL RIGHTS RESERVED.