全国共通コンサート入場券
「時には昔の話を」特設ショップ
#2020 明日

北海道歌旅座コンサートスケジュール


6f48138d.jpg

bc7d0207.jpg

a62c49b3.jpg

4月18日(土)
JUNCO&CHEEP北海道180市町村公演、
洞爺湖町温泉:ライブバーCOVO(コーボー)にて。

ed5904f6.jpg 869eeb0a.jpg

洞爺湖温泉街の地下を降りると、ひっそりと隠れ家のように
存在しているCOVO。知る人しか知らないであろう場所。
50人位入ればいっぱいになってしまう会場。

リハーサルが開演ギリギリまで押してしまう中、
会場の外では、まだかまだかとお客様が列を作り、
オープンと同時に、用意していたイスは満席に。

ラストの曲には『悲しいことは数あれど』CDに
参加している「円山みちくさ合唱団」がコーラス
ギターで出演、座って聴いていたお客様も気が付いたら、
一緒に歌ってしまう♪笑顔が溢れる公演となりました。o○☆*゚。+゚


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

オロロンライン、、
日本海側に面した2本の国道と1本の道道で結ばれる、
南は小樽から北は稚内までの沿海ルートに加え、
天売・焼尻・利尻・礼文の4離島の航路のことをいい、
18市町村で結ばれている道路です。

4月17日、JUNCO&CHEEPはこのオロロンラインと
日本海を眺めるように建てられた“小平町文化交流センター”
での公演を実現することとなりましたぴかぴか(新しい)

小平町は小平臼谷海水浴場や、砂浜にスロープを設置するなど
バリアフリーも万全とし、お子さまからお年寄りの方まで楽しめる
ようにと、平成20年に本格オープンした鬼鹿ツインビーチなど、
夏は、多くの海水浴客が訪れとっても賑わう場所でもありますかわいい

この日JUNCO&CHEEPが小平町の皆さんに喜んで
頂けるようにと温めてきた新曲、日本では北海道の天売島だけに
生息し、絶滅の危機に瀕しているオロロン鳥(ウミガラス)を
イメージした【オロロン守り唄】を演奏します。.:☆・:*:

----

開場10分前には、入り口扉の前には列ができており、
開演10分前のアナウンスが放送される頃には150名程の
観客で埋め尽くされておりました!

円山みちくさ合唱団長でもある弥藤氏によるMCでは、
沢山の笑い声が飛び交い、和やかなムードで始まったライブ。

【オロロン守り唄】では作詞をされた北埜うさぎさんがゲストと
して出演。うさぎさんからの歌詞に対するメッセージと合わせて
JUNCO&CHEEPが心を込めて歌いました。

そして、今回の小平みちくさ合唱団、なんと過去最高人数
10人のご参加となり、今までにない盛り上がりとなりました♪

2d030ee3.jpg

52f6b233.jpg
公演終了後、JUNCO&CHEEPから今回お世話になった、
小平町文化交流センター 金子さんや皆さんへのご挨拶です。

86a46ae7.jpg
小平町の公演は、4月20日に放送された“どさんこワイド180”
の報道番組で紹介されました。沢山の人達に観て頂けたようですTV
公演まで精力的に動いてくれました金子さんをはじめ、
小平サポーターズクラブの皆さま、入場の際の受付や
舞台の後片付け、最後までご協力頂きありがとうございました!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

d6cf73b7.jpg

3月19日(木)
JUNCO&CHEEP北海道180市町村公演、
2公演目として選ばれた歴史のある街『小樽』船

少し路地に入れば、坂道が多く、坂の上まで登りきると、
日本海と小樽港、そして、小樽の街を一望することが出来る。
夜には、こんなに綺麗な夜景も待っていた。


19時開演、ウィングベイ小樽3階【ヲタル座】に
JUNCO&CHEEPの音楽が鳴り響く事となりました。

120席近くある固定席は、全て満席状態。
初めて聴く方達が、半数以上だったと思います。

オープニング直後、マイクのトラブル発生!!

音響スタッフ
「あれ?!・・・JUNCOの声が聴こえない?!?!」

「リハーサルでは、全く問題が無かったのに・・・
 そんなことは言ってられない!!とにかく、
 今すぐに二人の声をお客様に届けなくては!!」

2階にある音響ルームからすぐに舞台袖まで駆けつけ、
何があろうとも足を運んで頂いたお客様に、
JUNCO&CHEEPの歌を届けるための執念で、
すぐに問題は解決、ほっと、胸を撫で下ろし、、、、

そんなトラブルがあったにも関わらず、
来て頂いたお客様は温かく、涙を流してくれた方、
大笑いしてくれた方、一緒に歌ってくれた方、
皆さま、最後まで真剣に聴いてくれていました。

ライブとは、お客様が作ってくれるものなのでしょうね。


小樽公演のご感想を頂きましたので、ご紹介致します。

・あの日 小樽で出逢えて良かった!
私の息子と同じ年のあなたが伝えたい事を歌にして
北海道を180ヶ所も回ろうだなんて、とてつもない
大きな目標に向かって心の底から、体全部で表現して
いる姿に感動しました。

私はピンクリボン啓発活動をしています。
昨年一人で啓発グッズを販売し、売り上げを
寄付する活動が初めての活動でした。
行動を起こす事で同じ目的を持った仲間との出逢いが
生まれ活動を続ける事により、今年はJUNCOさんが
小樽で歌ってくれたあのウィングベイさんからお誘いがあり
ウィングベイさん全体でPR活動にご協力して下さる事になりました。

『伝えたい』それはJUNCOさんも私達も同じだと思います。

握手をしてもらった時にあまりにも細い指に驚きました。
その細い指で奏でる大きなパワーを伝える演奏を、歌を応援します。
180ヶ所周り終えたら また小樽で歌って下さい。
(ちっこ!かあさん)


・こんばんは。小樽でのライブ、感激しました。
恥ずかしい話…涙が、止まらなかったです。
JUNCO&CHEEP素晴らしい。

こんなにも、歌声が、心に染みるとは、正直思ってなかったです。
あの日出会えて良かった・・・本当にありがとうごさいました。
久しぶりに嗚咽がでるほど泣いたので、心がすっきりしました。
またライブお願いしますね、まだまだ伝えたい人たくさんいるんです。
体に気をつけて下さい。人生捨てたもんじゃない・・(ひとみ)


・180市町村に歌を届ける、、
まさに素晴らしい企画だと感じる事ができました。

本当に参加をさせて頂き心から感謝です。ありがとうございます。
JUNCOさんの素朴でありながらも「心に深く染み込む歌」
CHEEPさんのプロデュース力とJUNCOさんを支えている優しさ。
紅白出場目指して、広げて行きましょう!!
必ず成功する企画だと感じております。
その為に、人の心を繋いで行きましょう。
(小樽みちくさ合唱団:坪ちゃん)


・先日は、貴重な経験をさせていただきありがとうございました。
ライブでしか味わえない感激をいただきうれしっかったです。
とくに、消えていく音に対してのプロのこだわりは、
背筋がゾクゾクしました。
私で何かお役に立てるならいつでも声をかけてください。
(小樽みちくさ合唱団:ブッチ)


・先般の小樽でのコンサ-トなぜか解らんけど 
感動して帰ってきました。
帰宅してから購入したCDを聞いて、改めて何かが解ってきたようです。
人間って、特に自分自身あんまり振り返らないで生きているな!
特に最近前向きに考え突き進んでいる感がいたします。

『頂きます』『有難う』『いってらっしゃい』『ただいま』
凄く単純で 当たり前で なんの変哲のない言葉。
だけど旅をしていた人で無いと、解らない凄い会話。
人とのふれあいで話すことができる言葉。
人と逢っていないと使えない言葉。
身近にある 当たり前だけど 凄いものを探そうという。
この感激66歳にして振り返りながら生きることを教えてくれた。
JUNCO&CHEEP有難う。

小樽みちくさ合唱団笑えるくらい楽しかった!
あらゆる生き物「カエル」も「蛇」も「リス」も
「カラス」も「スズメ」も「バッタ」もすべての生き物が、
雑草の中から飛び出して歌いだし、JUNCOのピアノと
CHEEPのサックスにあわせて歌いだしたような。
そんな人達のエリ-トでないコ-ラスグル-プでした。
あの世界での楽しい妄想でした。

ますます忙しい仲で、ご活躍期待しています。(66歳・男性)



・コンサートやライブへの参加は久しぶりだったのですが
楽しませていただきました。ありがとうございます。

余市公演・仁木公演については出来る限り協力させて
いただきたいとおもますので、そのときはご連絡頂けます
ようよろしくお願い致します。

今回はお誘いいただき本当にありがとうございました。
(60代・男性)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ



© HOKKAIDO UTATABIZA. ALL RIGHTS RESERVED.