北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


北海道歌旅座は道内すべての市町村に音楽の感動を届けようと志し、179市町村中
176市町村のまちをひとつ、ひとつ訪れてきました。
今では北海道にとどまらず、全国を旅しています。
そしてこの音楽を手渡しする旅も10年目を迎えようとしています。
更に北海道命名150年目の節目の年。
もう一度原点に立ち返り、故郷と未来を讃える歌旅座のオリジナル曲の数々を
みなさまにお届けいたします。

大切なご家族、ご友人と一緒に是非足をお運びください。
たくさんのご来場お待ちしています。

  □2018年12月15日(土) 旭川市公演
   会場 旭川市民文化会館
   時間 開場13:30  開演14:00
   料金 2000円 ※当日500円増し
      寿券(75歳以上) 1000円 
      ※年齢のわかる身分証明書の提示をお願いいたします。
      小中高生 500円
!cid_4390AA45-95B6-4D00-86D6-D5D85245D179
  □2018年12月20日(木)恵庭市公演
   会場 夢想館
   時間 開場18:00  開演18:30
   料金 2000円 ※当日500円増し
IMG_20181102_225037

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ホント、バカぢゃないの?ねぇ、また呑んで。
麻雀やって酒呑んでって どこのオヂサンよっ。
今日も聞こえてくる誰かの声。

10月は四国・九州ツアーから始まり、関東へも行き
半月を道外で過ごした。帰ってきたら季節が変わっとる。
とどめの南房総では、一日二回公演、計56曲くらい
歌うとあって、さすがに震えたッス。
『体力勝負だね~』とよく言われるが全くもってその通り。
NARIKOの記事にもあったが、よく食べ・よく呑み・よく動き
が基本。ツアー中のカロリー摂取量は通常の2倍になる。
(NARIKOはドレスが入らなくなる恐怖に怯えながら過ごす)
『明日は公演だから呑まない』ということは皆無。
しっかり毎日、『おつかれ金麦』し、頂いたお酒一升を
スポンと空ける。元気の源であ~る。

頂いたお酒、と言えば。
トラックが札幌に到着し、荷物を一旦全部取り出す。
出てくる出てくる。一升瓶。ゴォロゴロゴォロゴロ。
宝石箱ぢゃ~~♪

_20181101_120944

なんと8升分のお酒がっ!
しかも、オイラのウルトラフェイバリット酒、福井の『黒龍』そして
黒龍の中のまたまた絶品『九頭龍(くずりゅう)』まで!!
自転車盗まれるより、これ盗まれるほうがツライ。って位好き。
焼酎にワンカップも!(家のグラスはほぼワンカップグラスを使用中)
あぁ~ナンタルチ~ヤ。。今、本州に向かって頭を下げております。
各地の皆様、一座の栄養源を本当にありがとう。
コレには鍋かな?とかコレには魚かな?とか…夢は膨らむ。
沢山走ったご褒美だな。yeah!

普通の会社の冷蔵庫って見たことないけど、たぶんこういうふう
にはなってないことだけは確かだ。

_20181101_120850

(8割ビール、1割栄養ドリンク、1割酒のツマミ。
不思議なもんで、これだけあっても2日でなくなる。)

珍しく金麦以外のビールが沢山。これもまた頂き物。
焼き鳥ですかね。もつ煮ですかね。
北海道の乾燥した冬には、ビールが抜群に合います。

今年も残すところ2カ月となった。
心と身体に栄養蓄えて、しっかり走り切って生きよう。
忘れられない2018年にする為に!
今日も、なにかしらに 乾杯!!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

関東から戻り、もう札幌の紅葉は終わりかけているかな…と思っていましたが、
これから一面真っ白に覆われる季節を控え、
黄色に光る銀杏や、合間に赤く覗く紅葉が、晩秋の街を鮮やかに染めていました。

そしてこの時期、必ずやらなければいけないことは。

IMG_20181101_005946

思えば子供の頃から、よくかかっていました。
大人になってからも、予防接種をしているにも拘らず、度々苦しい思いをしています。

子供時代であれば、大手を振って学校を休み、
静かな昼間をちょっと甘やかな気持ちで過ごしたものですが、
大人になるとそうはいきません。

外へ出られなくとも仕事はしなければいけないし、食事を作らなければいけないし、
出先で悪寒に襲われても自力で帰らなければならない。
小さなお子さんのいるお母さん達は、ご自身がかかった場合には本当に大変だろうな…
と想像します。

とにかく来週の関西ツアーに出る前に打たなければ!と、先日病院へ行きました。
今年は絶対にかかりませんように。

ツアー中は栄養も偏りがちな上に、アルコールの量は増え(自己責任です)、
また道外は建物の中が寒い!
出来る範囲で体調にも気を配り、元気に過ごしたいなと思っています。

手始めに、やはりしっかり食べること、でしょうか。

たまに、食べることにあまり興味がないという方もいますが、
歌旅座メンバーはお酒はもちろん、食べることも大好き。

故に宿泊先の朝食も、「米が軟らかい」「野菜最高!」「ヨーグルトない…」などなど、
各自こだわりながらいただいています。

関西ツアーはチエの好きなお好み焼きを楽しみに全6公演、
その前に1ヶ月ぶりの道内、札幌&岩見沢、皆様お待ちしております!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

10/28南房総市公演終了後、トラック組のダルとチエを残し羽田空港へ。

激しい渋滞の東京湾アクアラインを抜け、21時発、札幌行き最終便にはギリギリセーフ。

安堵の表情を見せる、JUNCO、ナリコ、司会太郎を見送り、BOSSとアリーは国際線ターミナルへ向かったのだった。

そんなことで乾季入りしたタイに参りました。
アリーです。
サワディーカップ!

今日の話題は、『読み手CD付き・北海道方言かるた』

1540977469200~2-561x469

 先のブログでも取り上げましたが、
リニューアルしたカルタをここタイで製造し完成。
歌旅座のコンサートグッズとして、この10月ツアーから発売となりました。

カルタといっても巷のカルタとはちょいと違う、
この『北海道方言かるた』をあらためてご紹介しましょう。

誕生は歌旅座結成前の2003年。
実はこれ、歌旅座メンバーのオリジナル商品なんです。
アイディアの発端は、歌旅座で以前照明を担当していたリンタロウ(当時小学生)。
彼が冬休みの自由研究で作った手作りカルタを元にこれは面白いぞ!とプロジェクトチームが立ち上がった。

コンセプトは「北海道ネイティブが作る、5感に訴えるカルタ」。
そして「北海道の地元に愛され続ける商品に」
かくして制作者探しが始まった。

絵札の制作は、はた万次郎氏(釧路市出身)
当初、北海道らしいほのぼの感を出せるイラストレーターを一般公募してみたがなかなか出会えない。
ちょうどその頃、JR北海道の車内紙での漫画エッセイの連載や、かつて週間ヤングジャンプやビジネスジャンプで作品を連載していた人気漫画家・はた万次郎氏が候補に浮上。
そのヘタウマ画風は、はた画伯とも呼ばれ熱烈なファンもいる。
東京から北海道へUターン移住し、下川町に移住しているらしい。
ダメもとでお願いしてみようと、直接アポを取ることができた。
打ち合わせに向かったのは下川町の隣町の名寄市。
歌旅座公演ではすでにお馴染みの街であるが、
この時がアリーには初めての名寄市訪問。
はた画伯は快く制作を受け入れてくれ、拙い指示書だけで10日もかからず、仕上げてきてくれたのを思い出す。さすがプロの仕事。

読み札のCD読み手音声は、谷崎尚之氏(芦別市出身)
地元で自ら劇団の主宰も兼ねる、俳優・声優・ナレーター。
ちょうどこの頃は、北海道の人気バラエティー番組で「ヨネさん」というお婆さん役で人気者だった。
北海道内で当時テレビ・ラジオで谷崎さんの声を聞かない日はない。
と云われるほど活躍されていた方。
谷崎さんも快諾してくれ音声レコーディングに参加してくれた。

初版のパッケージデザイン担当は、司会太郎(日高町出身)
このときは、某デザインコンペで表彰され賞金まで頂いたのですよ。

出来上がった「CD付・北海道方言かるた」
「生きた方言と札毎に違うBGMや効果音が入った面白CDも付き、楽しみながら方言の文化も後世に残せる商品」とメディアにも大きく取り上げられ、
地元北海道では4万個を越えるヒット商品になったのでした。

そうして、15年越しでの今回のリニューアル版。
何がリニューアルしたのかと言えば、コレだ!


1540977473945-1~3-435x573

 ボーナストラック札「そだねー」入り。
この札の絵札イラストを描いたのは、
我ら歌旅座看板シンガーのJUNCO(石狩・旧浜益村出身)。

ジンギスカン鍋に喜ぶ2人もどことなくチエとダルに似てますね~
おまけに「そだねー」の読み手音声もJUNCOが担当、効果音は音響担当のダル(釧路町別保出身)が制作。
2人とも北海道ネイティブとして特別参加だ。

その「そだねー」の読み手音声はこちらから試聴できますよ。↓

価格もなんとリニューアル。
これまでの@1800円から@1500円に。
お買い求め安くなりました◎

1540977465157-565x564

さて、リニューアル版かるた、今後道内のお土産さん等にも登場しますが、

11/3札幌・教育文化会館、11/4岩見沢・であえーるホールを皮切りに北海道上陸します。
道産子だからこそ楽しめるこのアイテム、
北海道の皆さん、どうぞお楽しみに~♪

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

関東ツアーの間、しばらく北海道を離れているうちに、山はすっかり紅葉の季節を迎えていました。
10月も今日で終わりですね。
北海道での2公演(札幌・岩見沢)を終えると、また道外ツアーが待っています。
関西から東北にかけての長い旅が始まります。


公演スケジュール
     
□2018年11月8日(木)兵庫県宝塚市公演
        会場 宝塚ソリオホール
        開場 13:30  開演 14:00
        料金 2000円 ※当日500円増し
       
□2018年11月9日(金)大阪府四条畷市公演
        会場 四条畷市市民総合センター
        開場 13:30  開演14:00
        料金 1800円 ※当日500円増し
 
□2018年11月10日(土)京都府城陽市
        会場 文化パルク城陽
        開場 13:30  開演14:00
        料金 2000円
                               ※77歳以上 1500円  
                               ※当日一律 2300円
       
□2018年11月11日(日)奈良県下市町
        会場 下市観光文化センター
        開場 13:00  開演13:30
        料金 1000円
       
□2018年11月13日(火)福井県南越前町 
        会場 南条文化会館
        開場 13:30  開演14:00
        料金 1500円 ※当日500円増し
   
□2018年11月14日(水)岐阜県大野町 
        会場 大野町総合町民センター
        開場 13:00  開演13:30
        料金 1000円 ※当日500円増し
       
□2018年11月17日(土)宮城県白石市
        会場 ホワイトキューブ
        開場 17:30  開演18:00
        料金 2000円 ※当日500円増し

□2018年11月18日(日)福島県相馬市 
        会場 音屋ホール
        開場 13:00  開演13:30
        料金 3500円 ※ワンドリンク付き

コンサート1
  
ご来場お待ちしています! 
        
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.