北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


コンビニのレジに並んでいる前の男性が
身長2メートルくらいあって、手には牛乳の1ℓパック
を2本持っていることから 『あぁ~やっぱり牛乳か。』
と腑に落ちたJUNCOです。

今日はオイラの大大大好きな文房具ネタを。
その中でも『ペン部門』をご紹介しようと思います。
昔から、なにかと書くことは好きだった。
道路に、白い石で絵を描きまくってたこともある。
(硬い石も、カスカスに軽い石もどちらも好きだった)
学校に通うようになってから、世の中には本当に
素晴らしい文房具が沢山あるんだなと感動したのを
覚えています。なぜか友だちが使っているものが
とても素敵に見えてしまったりして。懐かしい。
ペンと言っても、シャープペン・ボールペン・水性ペン・
油性ペン・万年筆に筆ペン・鉛筆・クレヨン・クーピー・
マジックになんちゃらかんちゃらと、それぞれの
各種色や筆の太さなんかを入れるとまぁ大変です。

で、今辿り着いたマイペンシリーズがコチラ。↓


DSC_0809

左から順番にいきますと
1・ぺんてる筆ペン(中字)~勢いよく太く書いてもインクがちゃんと
ついてきてくれる。細く書きたい時は、出来るだけ二日酔いの時を避け
(手が震えるので)米粒に文字を書くつもりで集中して書く。

2・PILOT 水性ペン(中)~大きめの封筒に宛名を書く際、封筒と
文字とのバランスがずば抜けて良い。ただ、後半 ペン先がへたる。

3、4・LAMY safariシリーズ(万年筆)~ここ最近で最も惚れた一品。
若い世代にも万年筆をと作られたシリーズのようだが、勿論
大人が使っても◎ 万年筆特有のインク感、滑らかな書き心地、
あたたかみ、どれをとっても最高!ちなみにオイラはインクの
色違いを使うので2本使ってます。マヂオススメっす。

5・LAMY safariシリーズ(ボールペン)~万年筆がこんなにイイ
んだからこっちもきっといいだろうと買ってみたら、良かったもの。
見た目もカワイイし、書き心地も柔らかく、毎日使うには指への
負担も少なそう。色もイイ!

6・ZEBRA SARASA(1.0) ~今まで一番人に勧めた回数の多い品。
長くてちゃんとした文章を書かなきゃいけない時、心をキープ
しやすい書き心地。本当に使ってみて欲しい。
ただ、伝票(佐川とかの)書くには二枚目に文字が反映されにくい。
(自分の書いた文字との違いが出過ぎてショックを受ける)

7・MITSU-BISHI 証券細字用(80円)~伝票に書くならコレ。
便箋の一番上からコレを使って書くと10枚ダメにする。(跡が残る)

8・uni 鉛筆(3B) ~絵の下書き用にピッタリ。やわらかいし
濃さも太さも自分次第でいかようにも使える。
濃い鉛筆は最近、メイクさんとかも眉毛書きに使うそうです。

9・MITSUBISHI 赤青鉛筆 ~最近あんまり使ってませんけど
昔 渋谷の場外馬券場に週末行ってた時は やはりコレを
耳にはさみ、競馬新聞の『研究』?を持って行ったものです。
記憶の中の父さんがいつもそうだったことが影響しているでしょう。

10・MITSUBISHI 剥ける赤鉛筆 ~誰でも一度はコレを
剥きたいはず。早く糸を引っ張ってムキムキしたいのに
さほど赤で書く機会がなく、奥歯を噛みしめている日々。
カレンダーの裏など、大きな紙に 大きな文字で野望を力強く
書くのにピッタリ。

…あぁ~随分説明してしまった。本当はまだあると言えばある
のだけれど、とりあえずこれだけあれば十分です。
いいものは インクさえ交換していれば一生モンですからね。
札幌のセントラルには、眩暈がしそうなくらいお高い万年筆
がズラリと並んでいて、よだれを垂らしながら横目で見て
通り過ぎるのが精一杯。。
還暦のお祝いには…誰かにおねだりしてみようっと♪

筆は、自分の心を寄せて使う。筆の心地を理解して
時に激しく時に優しく接する。一体となる。
まるでいつも姿を変える波に乗るサーファーの如く。
食材の良いところをうまく操る料理人の如く。
日々、同じ客席はないステージと同じく。
全ての共通は やはり『思いやり』なのだと気付く。
字を美しく書くことは、全てに繋がってるんだな。
奥深き筆の道・・・。

今日も徒然に お付き合い
ありがとうございます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

皆さん、【トムヤムクン】っていうタイのスープはご存知ですよね!?
タイ料理の代名詞。
誰が決めたか、ウソかマコトか世界三大スープの一つと言われるこの一品。
今月のバンコク通信は久しぶりのアローイアローイ・タイランド~トムヤムクン編
をお届けします。

あっ。その前にご挨拶が遅れました。
9月の初め、スコール激しいバンコクにBOSSとやって来たアリーです。
サワディーカップ!

ところで、知らない方のためにウンチクを少々。
トムヤムクンとはタイ語で、トム(茹でる)ヤム(和える)クン(エビ)という意味。
エビがメインの甘辛酸っぱいスープ。
スープといえどもその味や食べ応えはメインディシュになりうる存在感を持つ。
トムヤムクンには2種類あるのをご存知だろうか。

日本の皆さんが持つ定番イメージは、濃厚白濁なスープにチリオイルが
入ったタイプ【ナームコーン】。
こんな感じですね↓
1536027838542-576x294
言うなれば「こってり」でしょうか。

そして、ミルクやチリオイルの入っていない【ナームサイ】こんな感じ↓
1536027835413-576x294
澄んだスープに爽やかな酸味が特徴の「あっさり」タイプ。
東北イサーン料理では豚骨などが入った
【トムセップ】(北海道弁でいうと、美味いべや~スープ)と呼び、
比較的なんでも味の濃いタイ料理にはスープとしてはバランス最高。
札幌・円山夜想で不定期に開催されるタイ料理イベント「メナムの晩餐会」。
不肖ながら料理長をさせて頂く私、アリー。
次回のメニューに決めていた一品なのである。

これまで一体どれだけのトムヤムクンを食べて来たであろうアリーとBOSS。
辛いもの好きが集まる歌旅座メンバーや北海道の皆さんに
本格的な味を届けようというのがメナム。
かつて食べてきたあの店、この店の味に負けないものを作ろう。
かくして、当地バンコクでその味の秘密を探るべく試作を開始した。

どちらかというと2人ともナームサイ派なのだが、
前々回のメナムで「あっさり」のトムヤムガイ(鶏肉)を提供済み。
敢えて挑むのは定番「ナームコン」。
具はシーフード(タレー)の【トムヤムタレー】だ。
さっそく行き付けのホールセールスーパーで食材仕入れ。
エビは生きたままの新鮮なモノが売っている。
1536027865868-387x516
この片手が長いヤツ。タイではポピュラーなオニテナガエビ。
かなり美味く使いたいところだが、日本にはないため断念。
メインはブラックタイガーとイカに。
1536027851974-387x516
*エビを選定していた謎の男
ハーブと野菜はタイではどこのスーパーでも売っているトムヤム野菜セットを購入。
我らヤサのキッチンに揃えられた材料はこちら。
1536027847276-516x387
タクライ(レモングラス)
カー(しょうがの一種)
バイマクルー(こぶみかんの葉)
マナオ(タイライム)
パクチー
生赤唐辛子(かなり辛いヤツ)
ナームプリックパオ(チリオイル)
エバミルク
トムヤムスープの素(エビ出汁)
ナンプラー
イカ
エビ
しめじ

知人のタイ人シェフに事前に作り方をヒアリング。
エビやイカは背ワタや内臓を取り下ごしらえ。
ココナッツミルクではなく、タイによくあるエバミルクを使用。
この辺がポイントか。
出来上がりはこんな感じに。
1536027841682-387x516
まずは見た目より味を重視した。
その味とは、、

うーーん。。
試作にしては悪くないのだが、
かつて食したバンコクのあの店、この店の味を超えていない。
やはりなにかが足りないのだ⤵️
実際にエビの頭で出汁をとった方がいいか?
「カピ」というシュリンプペーストを足した方がいいのか?
はたまたナンプラーが足りないのか?
バンコク郊外のホテルのキッチンに佇む日本人の男2人。
こうして夜は更けていくのであった。

というわけで、料理長の私の都合上、
納得のご提供ができるまで「メナムの晩餐会」はお預けとさせて頂きますが、
トムヤムの秘密を必ずや暴くことをお約束します。ゴメンチャイ(*^-^)

歌旅座のみんなももう少し待っててね。
それでは、この先の続編に乞うご期待!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

旅に出ると思いも寄らずキレイな景色にでくわし
心が浄化されたり、元気をもらったりすることがしばしばあります。
そんな景色に出会いたくて、営業の時にこんな本を買い
あえて見に行こうとしているのですがまだ実現していません。
公演が決まった時のお楽しみにしています。
IMG_20180903_151806
とにかく大好きな自然の風景。
キレイな場所は私のパワースポットです。
今日はその中から私のお勧めスポットをご紹介しましょう。
その名は『激流の滝』。
私の故郷 美深町 にあります。
町から雄武町につながる北海道道49号線を東に約10㌔ほど
進んで行くと目印の看板があり、そこから続く林道を更に約1㌔ほど進むと
その滝はあります。
「滝」と聞けば高いところから水が流れているのが一般的ですが
そこはものすごい速さで水が流れているのです。まさに「激流」。
その流れに巻き込まれると間違いなく生きては帰ってこれません。
その躍動感が、見る人の心を興奮させます。
しかし、20メートルほど下流に行くと、深いため池につながり、
その激しさが嘘だったかのように消え去り、穏やかに下流に
向かって水が流れていくのです。

美深に住んでいた時は、事あるごとにこの場所を訪れていました。
最近すっかりご無沙汰しているので、近辺の道北ツアーに
滝見学ツアーを盛り込めないかと企み中です。
体いっぱいに自然のエネルギーを感じるとパワーが出ますよね。
興味のある方は是非行ってみてください♪
IMG_20180903_153633

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

だいぶ過ごしやすくなってきたこの季節、
常に日陰の倉庫はだいぶ涼しく、かなり作業もしやすくなってきました。

なにかしらの商品を扱っているお仕事をされた事がある方は経験があると思いますが、
年に1回の『棚卸し』という作業があります。
全て商品の在庫を商品別に数をチェックするのですが、
実際に1商品ごとに数えて行くので、商品が多ければ多いほど大変な作業となります。
大きな販売店などになると1日掛かりになる事もあるようで。


歌旅座も棚卸しの時期となり、CDやDVDの枚数をチェックした訳ですが、
久々に手に取る商品や、もうサンプル用の数枚しかないCD、
これもあったね〜なんて物も。
まるで実家の大掃除をしているような会話をしながらの作業。

皆さんは歌旅座グッズ、どこまで集められているでしょうか?
今ではレアグッズとなった懐かしい商品をいくつかご紹介。
まだお持ちじゃない方は手に入れる最後のチャンスかもしれません。

THE BOOK (エッセイ・フォト・スコア)
「悲しい事は数あれど」に収録曲の楽譜や当時の写真、
JUNCOや北埜うさぎ、CHEEP広石によるエッセイと盛り沢山。
なんといっても残り3冊のみとなった超レアグッズ。


「歌旅一座」CD付き写真集
コンサートに密着した写真集。
会場準備や楽屋風景、開演前の表情まで…
そしてJUNCO&CHEEPから北海道歌旅座へとなった時の商品。
テーマ曲とも言える『歌旅』CD付き。

個人的には本当に歌旅座に入ったばかりの時で、
新人として載っている初心的な思い出の1冊。


フォー・ティアーズ
作曲家・林哲司の35周年記念作品。
このCDはCHEEP広石が4人の女性ボーカルをプロデュース、その一人がJUNCO。
これはJUNCO&CHEEP結成のきっかけとなる2人が出会った作品。
最初の一歩を皆さんも是非。


ご紹介した商品の他にもシングルCDもあったりと、
実はまだゲット出来ていないグッズがあるのではないでしょか…
今一度、皆さんも家のCDやDVD棚卸ししてみてはいかがでしょうか?

歌旅座グッズのお問い合わせ、ご注文はオンラインショップからどうぞ!!

 IMG_4501
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。 

9月、別名で長月。
夜が次第に長くなっていきますね。
仕事や家事を片付けて、自宅で映画を観るには良い季節。
いや、別に春夏冬でもいいけれど。

僭越ですが、いくつかオススメの映画を紹介させてください。
秋の夜長を楽しむ参考になれば幸い。
ほら、秋っぽい感じのテーマでしょう。

映画のあらすじ紹介としてアマゾンにリンクを張っておきますが、
アマゾンから司会太郎には一切の金銭は支払われません。
でも、今回の記事も広告宣伝っぽいことは否定できません。


180902image


[1]失われた週末 (1945年製作)
主演=レイ・ミランド 監督=ビリー・ワイルダー
アル中は怖いよ、という映画。
主役の作家がアル中なのだけど、
酒が欲しくて欲しくて、もうたまらんという演技が
陰影の強い白黒映像と相まって強烈な印象。
中学生の時、深夜のテレビ放送で観てブッとんだ記憶が。
今でも酒を飲むと、映画の題名と映像が断片的に頭をよぎります。
でも飲み続けていると、そんなことは忘れちまいます。
大根役者と称されていたミランドがアカデミー主演男優賞獲得。
アカデミー作品賞、監督賞、脚本賞も受賞。
同じワイルダー監督の『アパートの鍵貸します』も大推薦。



2スパイナル・タップ (1984年製作)
主演=クリストファー・ゲストほか 監督=ロブ・ライナー
架空のロックバンドを追ったニセモノドキュメンタリー。
いわば、ロック/ヘビーメタルバンドを馬鹿にした映画。
例えば、スパイナル・タップ のドラマーは早死にすることが多く、
その死因が初代の場合「園芸中の奇妙な事故」だったり、
2代目は「他人の吐瀉物をノドに詰まらせた」
3代目「自然発火」、4代目「舞台で爆発」など。
この映画のみどころは、過去の有名なロックバンドを
パロディーにした笑いの数々と、出演者によるアドリブの応酬。
物語の流れだけが決められていて、セリフや動きはすべて
出演者の即興に委ねられていたそうです。
これによって、当時の音楽業界とドキュメンタリー映画を
同時に風刺している不思議な作品です。
アメリカ議会図書館に永久保存されている映画でもあります。
これを言い換えれば、国会図書館にクレージーキャッツの
『ニッポン無責任時代』が永久保存されているようなもの。

主演のひとり、クリストファー・ゲストはのちに映画監督として
ニセ・ドキュメンタリーを多数発表。
なかでも、60年代のフォーク歌手たちが現代に同窓会コンサートを
おこなうという設定の『みんなのうた』もぜひ。



3無法松の一生 (1958年製作)
主演=三船敏郎 監督=稲垣 浩
福岡県小倉(現・北九州市)を舞台に、無学で粗野だけれど
優しい心意気を持つ「無法松」こと富島松五郎を三船敏郎が演じています。
この映画は戦時中の1943年にも稲垣監督が田村正和のお父ちゃん、
阪東妻三郎を主役に据えて公開していますが、当局に
「戦時下にふさわしくない」と一部がカットされてしまいました。
これは同監督自身による完全版です。泣けます。
その後、三國連太郎、勝新太郎の映画、さらにテレビドラマや舞台で
何度も無法松は演じられてきました。
観たのは三船版と阪妻版だけですが、どちらも甲乙つけがたい傑作。
イタリアのヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞(最高賞)、受賞。



以上の3作品。いかがでしょうか。
レンタルビデオ店や販売店、
ネットサービスで見つかると思いますよ。
テレビを観るときは、2メートル以上離れて部屋を明るくしてネ。


では、ごきげんよう。




 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.