北海道歌旅座コンサートスケジュール


数日前に梅雨入りしたと情報があってからというもの、どこへ行っても湿気との戦いです。
梅雨というのはこうもはっきりわかるものなんですね。
兵庫県丹波市公演を終えて向かった先は新温泉町。
宿泊先の湯村温泉へ着いたのは夜。
灯りでほんのり川面が照らされる様子は趣があり、
夕暮れに浴衣と下駄で歩きたいな、などと想像広がる温泉街でした。
朝食には高温の源泉“荒湯”で卵を茹で、熱々のゆでたまごをおいしくいただきました。
野菜なども茹でられるそう。
日々の暮らしの中にこんな習慣があるなんて、いいですね。

PhotoGrid_1561891359507

兵庫県北部、温泉町と浜坂町が合併してできた新温泉町は日本海に面し、西側は鳥取県に接しています。
会場は温泉街からほど近い「夢ホール」やわらかな字の素敵な看板が迎えてくれました。

1561890957348

IMG_20190630_193917

小雨に濡れた木々は緑色をさらに深くし、公演前の慌ただしさもすっと落ち着きます。
初めての町。
山々に囲まれた会場に、少しずつ声が集まります。
途中から身を乗り出して聴いて下さっていたのは、おそらくこの夢ホール館長のお母さまでしょうか.
涙を拭いながら手拍子を続けてくれたおばあさま。楽しんでもらえたかな。

終演後のロビーも賑やかで、たくさん声をかけていただきました。
なんと北海道中標津町で歌旅座を応援してくれていた方も!
こちらに住まいを移したのでこれからは近畿方面で会いましょうと。
全国を旅する幸せのひとつです。

新温泉町、またぜひうかがえますように。
西川さんはじめ、夢ホールの皆様、ボランティアスタッフの皆様、ありがとうございました!

1561805725604
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

梅雨や台風で心配されていた天気でしたが、この日はすっかり晴れ模様。
ただ、暑さと湿気だけは去ってはくれず、毎日大量の汗をかいています。
帰ってからの体重測定が楽しみです。

さておき、早くから外で開場を待ってくれていたお母さんたち。
「今日は何回目ですか?」と聞くと
「前にも来たことあるんかい ! 知ってたら来とったわ !」
「知ってる歌たくさん聴けるから来たんだ」と
これから始まる懐かしのコンサートを楽しみにしてくれていました。
IMG_20190629_180223

開場10分後にはこの通り満席状態。
回を重ねるごとにお客さんが増えていくのは嬉しいことですね。
IMG_20190628_134813

この頃、客席を観ることができない出演者達にBOSSの野太い声で
「超満員でーす」と知らせが入り一同のテンションが上がります。
そして舞台裏ではそれぞれ着々と開演の準備を進めています。
有田さんは緞帳開閉のタイミングを舞台のスタッフさんと最終チェック。
IMG_20190629_060310
ナリコさんはピアノの練習に余念がありません。
IMG_20190629_060418
「眠い」と言っていたはずのJUNCOさんの眼はしっかり開き
司会太郎さんは精神統一中。ジャマすると舌打ちされるので要注意。
緞帳が空くまでの期待と緊張感は何度ステージを重ねてもなくなることは
ありません。
IMG_20190629_060400
コンサートは大盛況のうちに幕を閉じました。
たくさんのご来場ありがとうございました。
丹波市のみなさん、また来年もお会いしましょうね。
それまでどうかお元気で。
1561819558677

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

連日の快晴から一気にジメッと蒸し熱くなり関西もとうとう梅雨入りしました。

大東市は西に大阪市、東は奈良県生駒市と隣接しており、平安時代から奈良と大阪を結ぶ交通の要衝として栄えたのだそうです。
昭和31年、大阪の東から飛躍的発展を期待されるという事から「光は東方より」という古代ローマのことわざに託した事から『大東市』と名付けられました。

会場となった総合文化センター 「サーティホール」は市制施行30周年記念事業として建てられ、多くの市民の集いの場や文化発展の中心として親しまれています。

コンサートは最初からとてもいい雰囲気でリアクションも大きく笑い所では激しく笑ってくれるような距離感が大阪らしさなのかなと強く感じさせてくれました。

IMG_6621

この日は嬉しいお客さんが来てくださいました。
BOSSとは30年以上のお付き合いで、CHEEPさんが当時所属していたロックバンドLOOKの照明を担当されていた今西 尚史さん。
JUNCO&CHEEPの東京高円寺公演の照明も手掛けてくださいました。
現在も日本全国で照明プランナーとしてご活躍されています。
自分も今西さんの事を照明の大大先輩として憧れを持ち、とても尊敬しています。

IMG_6606

歌旅座のホステスと一緒に記念撮影。
本番前の楽屋にて。
コンサート中も客席で一緒に楽しんでる姿がとても嬉しかったです。
まだまだ旅は続いていきます。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

初めての街です、橋本市。 
日本における仏教の聖地、高野山の参詣口。
柿の名産地としても知られているようですね。
 

さあ、橋本公演。
会場は橋本市産業文化会館↓↓↓
hall
独自の雰囲気を持つホールです。


まずは、ステージ写真をどうぞ。
stage
ステキなお客様でしてね。
嬉しくてね、盛り上がりましてね。
ウチらも楽しくてね。
また伺いたいのですけどもね。
これからもよろしくお願いします。


さあ、ここでちょっと本番前まで戻ってみましょう。
palldance
ポールダンサー、ダルの登場。
呆然とするメンバーを横目に、華麗なダンスをする直前。


parlights
照明を調整する2人。
ゴーストバスターズみたいな。


2inthedark
光の中に浮かぶJUNCOとナリコ。


juncoshadow
JUNCOの奇妙なダンス、影も踊る。


redstage
重要な照明、舞台を赤に染める。

といった具合です。
橋本市には北海道歌旅座、いつでも再訪する意思があることを
ここで明言しておきます。




それでは、今回のメイシー。
macy190626
橋本市産業会館の楽屋にて、
意味なくメイシーを水に少しだけつけてみました。


それでは、次回までごきげんよう。





 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

1561539518174-544x368
本日も晴天なり。
今年の関西の梅雨入りは56年ぶりになし。
なんてことはホントにあるのだろうか!?
ペルー沖エルニーニョ現象の影響なんだそうだが、6月だというのに鬱陶しさのない連日快晴の空。30℃を超える暑さも道産子の我らには心地良い気候だ。

常宿にしている奈良の大和郡山から車で走ること約1時間。
やってきたのは京都府八幡市。
「やわたのはちまんさん」と親しまれている日本三大八幡宮のひとつ〈石清水八幡宮〉が、平安の世からまちを見守り続けていることもそうだが、その歴史感はハンパではない。さすが京の都。
日本最古の物語と云われている「竹取物語」で翁がかぐや姫を見つけた竹林も、ここ八幡の地という説もあるらしい。
05~2-540x360
実際には行けなかったのが、ザンネン。
信長も修復したという男山の頂にある〈はちまんさん〉の社殿(国宝)。朱色が眩しい。

八幡市文化センターは満員御礼。
開場時間前にはすでにたくさんの方々の列ができていた。
1561539531969-546x409
回を重ねる毎に来場者数が増え続けているここでのコンサート。
開演直後からの手拍子、かけ声、その〈圧〉がステージ上にもビシビシ伝わって来る。
2部オープニングは新演目の「フォークソングの広場」から雪ん子トリオも登場した。
1561539541093-462x539
後半のメドレーでは、我慢出来ずステージ前に踊り出てくる男性も。
「昭和のうたコンサート」文字通りの歌って、踊って、楽しんで、暑くて、熱い!
ひと足早い初夏の「真夏の夜の夢」のような一夜となった。
1561555481771-1-550x483
3度目の八幡市はすでに友のまちに。
また、お会いしましょう!

終了後、宿に戻った我らを待っていたものは。
1561555485796-531x398
『京都名物・さば寿司』
これも歴史のある文化、地域ならではの一品。
この日北海道から応援に駆けつけてくれたお二方から差し入れに頂いたのだ。
嬉しいですね♪
食べ応えはお腹も心もクライマ~ックス。
もう、しばらくシメサバは食べなくていいっス。
ご馳走さまでした🔘
明日への活力いただきました!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.