北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


四国なんて縁遠いところ
私にとっては同じ日本ながら どこか“日本昔ばなし”的な場所
いつかは行ってみたいとは思っていたが その“いつか”はもしかしたら巡り合わない、
そんな“いつか”だと思っていた。
歌旅座が四国に赴くようになり、回を重ね、各地での盛り上がりや人々のあたたかさを
漏れ聞くことが増えるとさすがに現実の地と認識するようになったが、それでもまだ
縁遠いところだった。

それが、二月のある日 「四国来るか?」と、野太いBOSSの一言。
え? え??  いいの?  いいの??
生まれて初めて空に飛び立つ仔雲雀のように、ぴちゅぴちゅ、うさぎの心は一気に
西へ西へと舞い上がっていった。
“待ってろ、四国!   ウヒヒヒヒ”
__________________________________

5月4日 まだ肌寒い千歳を出発する三泊四日のこの旅は、同じく応援に駆けつける
後援会会長夫人であり、JUNCOかーさんでもある由美ちゃん(今回だけこう呼ばせてね)
との妙齢美女二人旅。

 強力雨女のうさぎが来る、ということでメンバー全員がその日からの雨模様を
覚悟していたようだが、予想を裏切り、最終日までは一滴も降らせなかったことを
最初にご報告しておこう。
私の威力が落ちたのか?
いえいえ、これはやはり由美ちゃんのお力です。
どんな曇りの日も、その背に太陽の存在を感じさせるような、
明るいお人柄の由美大明神のお陰。
ほれ、このとおり、羽田から徳島へ向かう機内からはこんなに美しく、
富士のお山が私達を見送ってくれました、とさ。
1525935119822
(絶景フジヤマパラダイス)

今回私達が参戦したのは、徳島県阿南市と阿波市の二公演。
いつもなら搬入やリハを少しでも手伝い、本番も一部MCや朗読を仰せつかるのだが、
今回はステージが始まるまでは全くのフリータイム。
皆を見送った後は由美ちゃんと徳島ぶらり旅。
ただ、どちらも昼公演のためさほどゆとりはなく、しかも、愛と勇気と真心はあるけど、
足となる車のないこの旅は行ける範囲も限られる。
阿南公演のこの日は、飛び込んだ観光センターのとても親切な方々が、この条件に見合う
場所を苦心して探してくれて、電車で行ける日和佐という所の『薬王寺』と
『うみがめ博物館』をすすめてくれた。
動物園巡りを趣味としている由美ちゃんと張り切って「う~みがめ う~みがめ♪」と
目指したが、悲しいかなローカル線。
一時間に一本しかない電車でたどり着いた日和佐駅には2㌔先の博物館へ向かう
タクシーもバスもなく、戻り時間を考えればやむなく断念。
豆粒のような遠くに日和佐城と23番札所の薬王寺を眺めつつ“うどん屋”を探したが、
これまた見つからずあきらめて道の駅で三口で食べ終わるぼったくり(?)ラーメンを
お腹に入れて、とんぼ返りで阿南会場へ向かった。
1525935125302
(コーランを手に日和佐に降り立ったイスラムの姫??)

阿南のステージは、前半に北海道の、それもオリジナルの曲を中心に取り入れたのだが、
初めて耳にする人々に涙を誘うほど染み入っていく様子が垣間見れて本当に嬉しかった。
(5/5阿南市公演リポート ブログ 参照)
公演終了後、縁ができ歌旅座を応援して下さっている小料理屋『魚まさ』にて
美味しいお酒とお肴を心ゆくまで堪能!
そう、アリタのブログに載っている珍客二名は由美ちゃんうさちゃんでした。
1525935130962
(魚まさにて)

翌、阿波公演は宿泊先から少し距離のある所。
朝早く皆を見送り、私達も少しでも会場に近いところに何か観光できる場所はないかと
地図を睨んで見つけたのが阿波川島駅。
どうやら近くに『川島城』なるお城もあるし、吉野川も眺めることができそう。
のどかなローカル線を乗り継ぎ、ゆらりゆられてたどり着いた♪のは小さな無人駅。
幸いに徒歩10分ほどのところにお城はあり、さらにその向うに吉野川が広がっていた。
イベントがあるとき以外はめったに観光客など訪れそうにない小さなお城だけど白くて
とても美しい形をしていた。
・・・・と思ったら、後で調べたところ、元のお城の天守閣を模擬で造った
“城風”の模擬天守閣らしい。
1525935136214
(川島城と姫様)

日本三大暴れ川のひとつ、といわれる吉野川だが、この日この場所の吉野川は穏やかで、
澄んだ美しい流れで私達を癒してくれた。
親切な土地の人に教えてもらい、昼食は念願のうどん!
名物だという店名の付いた『八幡うどん』は、薄味の牛肉、鳴門のわかめ、お揚げさんや
玉子が入った具沢山のおうどん。
それぞれの味がけんかせず、おだしにうまく染み出て美味なるものでした。
1525935141051
(八幡うどんと姫様)

大満足し、途中また遠くに豆粒ほどの10番札所『切幡寺』を眺めつつ、阿波会場へ。
この日はツアー最終日。
大入りのお客様が、ナリコのバイオリンに聞き入り、サーモンズのパフォーマンスに笑い、
そしてJUNCOの歌声に酔いしれて、千秋楽にふさわしい会場一体となったステージを
作りあげてくれた。感謝! 
(5/6阿波市公演リポート ブログ 参照)
終演後は、この日一足先にフェリーで戻るダルが歌旅号でホテルまで送ってくれた。
1525935146447
(トラック野郎とお荷物二名)

めったに乗る機会のないトラックでの小一時間の旅。
一座NO1ドライバーダルの運転は安心かつ心地よく、いつもより高い座席から
町並みも人も見回して、おしゃべりしながらの道中はあっという間。
途中 3番札所『金泉寺』・・・への入り口を示す看板は見た!

楽しい旅は終わるのも早い。
徳島だけ、それもほんの一部だけど、霊場も遠くからの三ヵ所だけだけれど
私にも四国は存在した。
書ききれなかったが、幾つもの『親切』が由美ちゃんうさちゃんのぶらり旅を
繋いでくれた。
いつかまた、今度はもう少しゆっくりと四国を感じてみたい。
この“いつか”は必ず巡りあえる“いつか”であろう。
最後はうさぎらしく大雨を降らせて四国を後にした。

長文となってしまった似非お遍路道中記。
おつきあい、ありがとうございました。
そして楽しい時間を共に作ってくれた由美ちゃんに謝々!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

四国の某県某市の某ホテルに滞在しています。
例によって、四国コンサートツアー後の居残り営業です。

今回のコンサートツアー、ご来場してくださったお客様に、
まずは御礼を申し上げます。

ゴールデンウィーク、各地で多種多彩なイベントや観光地が
ここぞとばかり張り切って呼び込んでいるのにも関わらず、
脇目も振らずに北海道歌旅座の公演に足を運ぶとは驚異です。
次回はご家族・ご友人・お知り合いと一致団結し、
さらなる集団を組んでお越しください。 

また、主催してくださった関係者のみなさまにも感謝申し上げます。
なにしろ、相手は大型連休ですからご苦労もあったとお察しします。
でも結果としては、お客様は大いに楽しんでくれましたよね。
次回も精一杯がんばります(次回、ありますよね)。



先日、うれしいことがありました。
徳島新聞のコラム「鳴潮」で
北海道歌旅座のことを題材にしていただいたのです。 

新聞社のコラムといえば、全国紙でいえば、
朝日新聞は「天声人語」、読売新聞は「よみうり寸評」、
北海道民なら北海道新聞の「卓上四季」がよく知られていますね。
このコラムを毎日楽しみにしている読者も多いと聞きます。

旅先の公演地、地元の新聞社に取り上げていただけたのですから
光栄であり、恐悦至極の至りであります。
(クリックすると拡大します)
tokushin_column


おわかりのように、司会太郎の箇所は、
司会太郎の本名であったものをあっしが修正しました。
新聞社のご担当者さま、申し訳ありません。
ここで本名のまま紹介するには勇気不足でした。
きわめて照れくさいのでありまして。
決して検閲ではありません。
 
四国は今回も、各地で記憶に残るコンサートツアーとなりました。


そういえば、歌旅座メンバーで舞台担当のダル
高知県内のに興味を示しておりました。
だから、彼のために2つの岬を土砂降りの中を訪問、
写真に収めてきました。
みなさんにも披露いたしますね。

まずは、室戸岬。高知県の東側にあります。
時間は18:00を過ぎたところ。
muroto01
寒々しいところでした。


muroto02
展望台から望む。
100円ショップで購入した傘が
強い風雨でぶっこわれました。


muroto03
駐車場にいたネコです。
室戸岬で見つけたので、ムロトミサキネコと名付けました。
新種発見のような気分になれました。
何か、石灰みたいのを一所懸命に食べていました。



お次は、高知県の西側、足摺岬
ダルくんのお気に入りの岬です。

ところで、室戸から足摺まで1〜2時間で移動できません。
それぞれ別の日に訪問しました。
そして、両日とも土砂降り。カメラは雨まで捉えられないようです。
Ashizuri01
「四国最南端」に位置するんですね。
向こうに見えるは、ジョン万次郎の像。
正面に回り込む気分ではありませんでした。


Ashizuri02
こんな童話の世界のような路を歩いていきました。
行く先に何が待ち構えているのでしょう。
答えは足摺岬です。


Ashizuri03
着きました。
では、帰ります。



すっかりカラダが冷えて、ホテルへ急ぎました。
その上、雨の運転は疲れるもの。
やっと落ち着いて心身の休息をとれるはずです。

ここで、恒例の「ホテルの小部屋」写真集。
1枚ずつ紹介しましょう。
まずは、室戸から移動した先のホテル。
hotel01
ザ・昭和です。
テレビが液晶なのが、かえって混乱させてくれます。
いろいろ連想するでしょうが、悪くはなかったですよ。
和室、けっこう好きです。
ただ、エアコンを運転させると、
カビの匂いが盛大に噴き出したのがマイナス。


つづいて、足摺からたどり着いた先のホテル。
現在、このブログ記事を執筆している部屋です。
hotel02
普通に見えるかもしれませんね。
でも、ここは「訳あり部屋」として紹介されていました。
興味本位と経費抑制のためにと予約。
果たして、歯ブラシやタオルなどのアメニティ、一切無し。
テレビ無し。イス無し。

歯ブラシは持参しているし、テレビは不要だからOK。
でも、バスタオルぐらいはなんとかならないだろうか。
フロントと交渉したら、バスタオルとハンドタオルのセットを
100円で貸してくれるとのこと。
最初から宿泊代に入れても文句はいわないよ。

問題なのはイス。
いつもホテルでは仕事をパソコンでおこなうわけですが、
この部屋にはイスがないから、ベッドの端に座って手を伸ばし、
背中を低めにしてキーボードを打つわけです。
ちょっとしたヨガ体型です。
しかし、ヨガの経験がないためか、現在、首と背中と肩に
著しい負担がかかっていることを思い知らされています。
目つきも悪くなってきたようです。



そんな状況下で、本年も誕生日を迎えることができました。
父母とご先祖様、ありがとうございます。


四国は今回も、記憶に残る居残り旅となりました。



それでは、ごきげんよう。



追伸。
北海道でコンサート、ありますよ。
5月13日(日)の江別市。演目は『ホッカイドウ・ソングス』!
5月22日(火)の旭川市。デザートバイキング付き!
5月23日(水)の沼田町は、歌旅座・初公演!

お待ちいただいていた北海道のファンのみなさん。
もうすぐ会えますね。


ふたたび、ごきげんよう。

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

皆さん元気にお過ごしですか。
本日はベルクラシック旭川「昭和のうたコンサート」開催のお知らせです!
結婚式場のイメージが強いこの会場ですが、コンサートや、記念イベント
新年会や忘年会など地元の方に様々な用途で愛されております。
レインボーホールはとてもクラシカルな空間で、昭和のうたにぴったり!
いつものステージとはまた一味違う雰囲気を味わっていただけるでしょう。
この日はちょっとお洒落なデザートバイキング付き。
地元、聖月流日本吟剣詩舞道会のみなさまによる演舞や、アクセサリー小物などの出店もあります。
ご家族や、お友達などお誘いあわせの上、是非足をお運びくださいませ。
沢山のご来場お待ちしています。

〇会場 ベルクラシック旭川 レインボーホール
〇時間 開場13:00 開演14:00
〇料金 3500円(デザートバイキング付き)※当日500円増し
〇ご予約・お問い合わせ
 北の暦友の会 0166-73-3225(樋口)
 北海道歌旅座 011-623-6680(佐久間)
!cid_EE9BACD5-289F-47D6-B1A8-2E60B87942CF
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

4月27日から始まった関西・四国ツアーもいよいよ千秋楽。
訪れたのは初めましての徳島県阿波市。
会場は2015年にオープンしたばかりの『阿波市交流防災拠点施設 アエルワ』
まだ新しい匂い残る会場に、気持ちの良いスタッフの方々が迎え入れて下さいました。

IMG_3904

そしてフィナーレに相応しい、今回のツアーで一番の動員。
初めての町にも関わらず350名を超えるお客様で、会場の席は早くから埋まり、
出番を待つメンバーからも楽しみな笑みがこぼれていました。

JUNCOの歌、Narikoの音に聴き入り、サーモンズで笑う。
自然と湧き上がる拍手と歓声がとても気持ち良くツアーを締めくくってくれました。
IMG_5952
IMG_5965

終演後、有田さんブログの応援に来てくれたお二人を、
せっかくの機会なので歌旅号へ乗って頂きホテルまでお送りし、
そこからは単身、舞鶴港へ向けて走り出しました。
乗り心地は大丈夫だったかな…


ツアーは終わりましたが、まだまだ四国を堪能したい歌旅座。
太郎さんが居残り、また新たな四国の地を開拓に向かっております。
目指せ四国88ヶ所お遍路公演!なんて出来たら素敵ですね。

またすぐお会いできる事を楽しみにしています。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

一日移動日を経て、徳島県の港町・阿南市にやってきました。
ここ阿南は歌旅座にとって思い出の再来のまち。
昨年11月に初めて訪れたのだが、会場は満員のお客さんで大盛況、
その後打ち上げでお邪魔した「お気に入り」のお店が出来ていたのだ。
そんなことで市街地へ入るとメンバーはワクワク感も気合いもたっぷり。

会場は昨年と同じ阿南市情報文化センター。
1525617471084-585x447
主催の徳島新聞社皆さんの宣伝のおかげもあり今年もたくさんの方に
ご来場いただいた。
1525617455306-582x450
(写真は開演一時間半前だがすでに並ぶお客様)

歌旅座の2度目のコンサートを心待ちにしていてくれた方が多くいて、
「Juncoありがとう~」「ブラボー」と会場からは熱い声援も。
1525617465213-575x389
終演後のロビーでは「会いたくて待っていたんよー」と
Juncoの手を握りに来る地元のお母さん達がいっぱいいた。
1525617459952-585x447
阿南の皆さん、またお会いできることを我々も楽しみにしています。
ご来場ありがとうございました。

さてさて、この日のために数ヵ月前から連絡をいれていた
「お気に入り」のお店をご紹介しよう。
「魚まさ」さんである。
テレビのケンミンSHOWでも紹介された徳島のソウルフードのひとつ
〈フィッシュカツ〉もさることながら、旬の魚と地酒をリーズナブルで
美味しく提供してくれる。
コの字型のカウンターの中を忙しく駆け巡る気さくなおかみさんの姿も
地元に愛される所以だろう。
1525617450866-590x443
カウンターで横の席に居合わせた地元のお客さんともすぐに打ち解ける
アットホームさ。
仕込みがある中、おかみさんは我々の公演にも来場してくれ、
今回ももてなしてくれました。
四国ツアーでこんなに俺たちゃうどんが好きなんだー
と強く実感してたものの、北海道と全く違う類の魚たちも最高でした。

そしてこの日は海を越えてここ阿南市まで応援にかけつけてくれた
お二人さんが。。
あーっ、一緒に飲んどるぞ~♪
1525617446278-540x405
ご両人がだれなのかは、近くこのブログでわかることになるでしょう!?
さあ、残すは関西・四国ツアーラストの阿波市公演。
明日も張り切って行ってきます!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.