北海道歌旅座コンサートスケジュール


最強ロンゲストツアーから戻り、北海道の美しさに
今一度ため息をもらす今日この頃。
皆さんお元気ですか?私たちも元気です。
メンバー・主催者さん・お客さんが一体となって
創り上げたこの一か月20公演ツアーは、普段あまりそんな
ことを口にしないダルも『なんかさみしい』と呟くほど
深く心に刻まれるものでした。
一体どれほどの出会いがあり、どれだけの手を
握らせてもらったことか。宝物たくさんです。

そして、どれだけの飯を食らいどれほどの酒を
呑んだことか。(またかっ)
しかもそれは量だけの問題ではなく、ニッポン全国の
食を食べたという事実。『今回食べたもの、一度
テーブルに並べてみたいよね。お酒もね。』
硬いパンとハムしか食べない(らしい)ドイツ人が聞いたら
ビックリするだろうなぁ。
『アンタタッチ、マイニッチバラバッラ、スゴイッヒ!』

各地でスタイルの異なるうどん、
1575346504926
(富山県南砺市のカレーうどん。卵が味をまとめる)
意外と愛用するサイゼリア(とにかく安い)、ネパールカレーで
汗かいて、ホルモン焼き、笹寿司
DSC_1930
(金沢の平田さんが差し入れしてくれた笹寿司。絶品!)
台湾ラーメンに富山ブラックに中華料理、カツ丼・牛丼・親子丼、
幕ノ内弁当、もつ鍋(焼酎グビグビ)馬刺し(焼酎ガブガブ)、
DSC_1992

フランス料理に地鶏焼き…
1575346714568
(宮崎の地鶏刺)
1575346478941
(金沢で解禁になったばかりという香箱ガニ。お酒は「見附島」で)
1575346528768
(奥飛騨のマス。頂いたお酒と共に)
1575346633254
(鳥栖のすごいごぼ天うどん)
書いててお腹いっぱいに
なってきた…。これでもごくごく一部です。
こんな人、日本にいるんだろうか。
毎日土地の味を満喫出来る幸せ、チカラになりました。ホントに。

千秋楽を終え、フェリー隊は船内でプチパーティーを、居残り組は
宮崎駅界隈で、チンチロリンサイコロドリンクシステム(注1)
にやられ大量のハイボールで一か月の労をねぎらった。

今回、分かった。
行く先々で私たちは『北海道から来てるんです』と必ず言って
いることに。そして、そこにいた人たちは揃って『そーかそーかっ』
と喜んでくれる。なんだったら、『北海道にもし来たら連絡ください。
一緒にジンギスカンしましょうっ』とお誘いまでする。
意外と本気で言ってますよ、私たち。
そろそろ北海道大使になってもいいようなものだが…。
DSC_1908

もう出せる料理がないと言いながらも店に入れてくれて
絶品の鯵しそポン酢和えと極上卵のすき焼きを出してくれた
大和郡山の『ハマチャン亭』のご夫婦。おいしいものを出す顔♪
『ホンマに行くで』と言ってましたが、ホンマに待ってますから。

おいしいは幸せ。
そして、誰かと一緒だとなおおいしい。
各地のおいしいもの大将・女将、本当にありがとう!
そして、約十升分ほどある栄養ドリンクという名のお酒の
差し入れ、しみじみいただきます!
愛媛のみかんを食べながら◎

(注1)二つのサイコロを振り、ぞろ目で一杯タダ、
偶数なら半額、奇数なら量も値段も倍という呑んべえ心を
くすぐるシステム。オイラ達はことごとく奇数を連発し
テーブルにはデカジョッキのハイボールが次々と運ばれて
くる始末。楽しい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

晩秋のロンゲストツアーも残すところ2公演。
最終ラウンドは、歌旅座の本州ツアーのきっかけともなった宮崎県にやってきました。
全国ツアーの中で楽しみのひとつでもある我らの<行きつけの店>。
1575281977988~2
ここ宮崎といえば、毎回登場している高鍋の「道」の地鶏である。
道のマスター今回も大判振る舞いで、刺し身、タタキ、直火焼きに鍋と地鶏料理の
オンパレードのほか餃子、焼き芋、おにぎりを用意してくれていた。
JUNCO曰く、「マスターは相撲部屋と勘違いしてるんじゃ..?」
鍋を囲むその姿は、もはや歌旅座ならぬ歌旅部屋のちゃんこといった様相ではなかろうか。

そんな幸せなひとときを過ごした夜も明け、ラス前公演となるのが川南市。
全国的にも有名なのが、この地区で開催される<トロントロン軽トラ市>だそう。
そこで気になるのが、このトロントロンという響き。
実はこのトロントロンは地名(地区や通り)だったのダ。
由来は、水の流れる音という一説と、西南戦争時に西郷隆盛の一行がぬかるんだ地面を
「とろんとろんしている」と呼んだという説も。面白いですね~
会場名も、トロントロンドーム(サンA川南文化ホール)。
1575281988405
町民が取り組む〈かわみなみ電飾大作戦〉により、外壁デコはすでにクリスマスの様相。
その中はというと、ドーム型の石壁づくりの自然と一体がテーマのホールだ。
1575281981500
*リハーサルでLED照明に浮かび上がるJUNCO
とろんとろんを囲み、町民が仲良く団結している町・川南町。
ご来場のお客さんも皆さんとても優しい人柄が伝わって来ました。
1575282026897~2-1
初めての地とは思えない盛り上がりを見せた、川南町。
また必ず訪れたい町が出来ました。
1575282000482~2
翌日はツアー千秋楽となる日南市。
1575281984867~2
早朝、海から広渡川の河口へ波が逆流するこの風景が見れるのもすでにおなじみ。
南郷ハートフルセンターでの3回目の公演です。
今回も主催をいただく、南郷で地域活性の活動を行う有志からなる
「もえる商忘団」の皆さんがお揃いのジャンパーで迎えてくれました。
1575282037330
1575282014696
シンボルの消火器マークが可愛いらしいです。

ツアー中すべての公演地で、「千秋楽の日南へいらっしゃ~い」
とお客様をお誘い続けてきた司会太郎。
一体どれだけの方が外の町から来てくれたかは不明ですが
会場はいっぱい、大盛況に終わりました。
1575282022899
ご来場の皆さん、そして今回はあまりゆっくりできませんでしたが、
団長の竹本さんはじめもえる消防団の皆さん、
沢山のおもてなしをありがとうございました。
またお逢いできる日までお元気で。
1575282018982
宮崎の2日間はまたまた思い出に残る旅に。
公演終了後、ダル、チエの車両班は宮崎港~神戸、舞鶴~小樽への帰路へ。

残りのメンバーは、翌日ほぼ1か月ぶりの札幌に戻ってきました。
ただいま、北海道♪
途中、初雪、大雪、積雪と聞いていた北海道の天候も、
この日は温かく、そして激しい恵みの雨。
おかげで、夏タイヤのまま千歳空港へ駐車していた車も走らせることができた。
今回もなんてツイてるんだ、我ら。
1575282799177
*雨のススキノを抜ける
さあ、師走は北海道内を走ります!

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

2019年最大のロンゲストツアーも終わりを迎えようとしています。
最後の一週間を安全に駆け抜けられるよう、みんなで滞在先にある
浮羽稲荷神社を訪れました。
京都の伏見稲荷大社、松尾大社、福岡の太宰府天満宮の三神が祀られた
由緒ある神社です。
90本の鳥居に約200段の階段が連なり、そこをせっせと
登りきると市内を一望できる絶景が待っています。
なんとか登りきり、神様にお祈り。
足腰はガタガタでしたが、祈りは伝わったはず!
その日の公演地に向かいました。
IMG_20191125_134756
三年ぶりに訪れた久留米市にあるレストラン ビストロときつ。
2階に会場があるので、ここでもまた階段を乗り降りして
仕込みをしました。
足が吊りそうになりながらも、頑張れたのはこのあとに待ってる
美味しいディナーのおかげかな?
ご褒美!と思い一口ずつ噛み締めながらいただきました。
心も胃袋もご満悦です。JUNCO さんとNARIKO さんも
この通り幸せ顔。
二人の奏でる音色も幸せに響き渡りました。
IMG_20191125_171728
毎度恒例の記念写真。
変わらずに温かく迎えてくれる河野家のみなさんとスタッフのみなさんに
大感謝です。
IMG_20191125_203726
翌日は初の福岡市内での公演でした。
地元の企業がいくつか集まり、地域のみなさんに感謝の気持ちを
還元したいと開催されたこのコンサート。
客席を埋め尽くすたくさんの方々。
主催者のみなさんの想いも伝わっているはず。
1574918137306
帰り際に「本当に良かった!次はもっと連れてくるから!」と
やや興奮気味に想いを伝えてくれたおかあさん。
その嬉しい姿に感動しました。
IMG_20191126_225113
その翌日、訪れたのは大分県にある竹田市。
「荒城の月」を作曲したあの滝廉太郎氏の故郷でもあります。
IMG_20191127_121259
少年期に、荒廃した城跡で遊んだ思い出が、この曲の
イメージを構想しているのではと言われています。
ステージではその原点となった岡城跡とこうこうと光る
満月をバックにNARIKOさんが哀愁漂うメロディーを奏でました。
この美しい城跡とメロディーが、またたくさんの方々に届くことを
願っています。
1574907519729
残すはあと2公演 !!
張り切ってまいります !!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

今回の長いツアーで多くの方に心配されていますが、
司会太郎は今のところ、
ホームシックにはかかっていないことを報告しておきます。
なんか、こう、調子がいいんですよ。

こちらでは、初めての出会い、久しぶりの再会を
舞台の上や外で楽しんでいます。

11月23日は福岡県久山町。会場はレスポワール久山
2016年2月以来、2回目の公演地です。
Busstop
穏やかな陽黙りの中のバス停。ポスターがうれしい(写真:JUNCO)

本番前のいとまに会場の外へ散歩と洒落込んだ女性たち、
血相を変えて楽屋に戻ってひと言、
「ひ、久山の人たちが動いていない!」

実はそれ、「上久原ふるさとかかし祭り」の真っ最中だったようです。
すっかり騙されました。
Kakashi01
お地蔵さんも案山子(写真:JUNCO)


Kakashi02
牛もおじさんも奥の子供も案山子(写真:JUNCO)


Kakashi03
4人のうち、3人は案山子。1人はホンモノの人間(写真:チエ)

そして、本番。
HisayamaStage
客席は案山子じゃないよ。生身のお客様です。ザ・盛況! 



翌24日は福岡県筑前町。会場はめくばーる町民ホール。
2018年6月以来、こちらも2回目の公演地。

ChikuzenHall
客席からステージを見下ろす。傾斜がキツめ。

ここで、ポスト印象派の画家が描くような作品を。
WindingCables
題名「ケーブルを巻く女たち」
作:ゴーギャンセ・ザンヌホッゴ


筑前のお客様もサイコーでありました。
こちらが勘違いして思い上がってしまうくらい
反応が素晴らしかったのです。


では、最後に。
ChikuzenStage
忘れませんよ、お客様。


次の街はどんなんかな。
それでは、ごきげんよう。
 


 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

11月も、あとわずか。
まもなく師走です。

今年も、やります。
北海道歌旅座が贈る、令和元年・大忘年会のご案内。


「北海道歌旅座・令和元年・大忘年会」

日時=2019年(令和元年)12月29日[日曜]
開場13:30  開演14:00 

会場=ライブバー 円山夜想(マルヤマ・ノクターン)
札幌市中央区南1西24-1-10 ザ・ヴィンテージ24ビルB1F

料金=5000円(税込・飲食も込み!)

  ご予約=tel.011-623-6680070-5463-6776
    メールはこちら 

定員に達しましたら、
ご予約を締め切りますのでご了承ください。
 
 

皆様におかれましては、お忙しい年の瀬となりますが、
年末恒例のステージですよ。お楽しみに!

191126_Image


インフルエンザにお気をつけください。




    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.