北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ
サーモンズPOLOシャツ


とうとう夏っぽくなってきました、今日この頃。
こんにちはダルです。

BOSSと有田さんが汚染された国から無事に帰還したという事で…
いつもなら屋上でジンギスカン、略してOJをする所ですが、
OTF(屋上でタイフィスティバル)を開催しました。

夏に熱々の辛い鍋、辛いツマミ。
もう最高でーーーす! 
 
歌旅座は本当に辛い物が大好きですね。
苦手な人は一人もいません。
前は3月にうさぎさんと自分の誕生日を兼ねて、
タイスキで誕生日パーティーをしてもらいました。

今回もタイスキも食べましたが、目玉は『サイコー・イサーン』
これは有田さんが先日のブログで紹介していた料理。
日本ではなかなかお目にかかれないが、本日限定でタイ本場の味を楽しむ事ができた。
今日しか味わえないと思うと更に美味しく感じる。
IMG_3062
これがサイコー・イサンを調理中。
多め油で揚げ焼きのようにして、外側をパリパリにしている所。
すでに美味しそうでしょ??
改めて写真を見てもヨダレが出てきます。
調理をするのも屋上で、気分はすっかりタイの屋台です。

サイコー・イサンにもタイスキにも絶対に欠かせないのが薬味。
タイバジル、パクチー、ニンニク、ナッツ、キャベツ、ライム、生姜(ガリ)
thumb_IMG_3064_1024
全てスプーンに乗せて一口でパクッと。
こりゃもうたまりませんなぁ〜。

まだありました、タイ料理の必需品。
必ずないといけないのが『プリック』と言われるタイの唐辛子です。
刻んでタイスキのタレに入れる、サイコー・イサンの薬味として乗せて…
噛むとしばらく無言になるくらい辛いですが、これがたまらなくクセになります。
汗が吹き出て止まらなくなりますが、かなりいいです。
IMG_3068
辛ければ辛いほどグビグビと飲まさる訳です。
飲み物もタイ式に、氷を入れたキンキンのビール。
それとタイのウィスキー『285』のソーダ割り。
お昼から始めて、気がつけば8時間呑み続けていました…


そしてこの日はお客さんも来ていました。
タイ同窓会と称して『ASIAN PARADISE』でJUNCOとコラボレーションした
写真家の飯塚さん、ヘアメイクの樋口さん。
辛いもの好きのアンジェラさん(日本人)。
後援会会長夫人(会長はタイ料理恐怖症のため欠席)。
といつもに増して賑やかな会となっておりました。
IMG_3063

その日の夜から翌日にかけて…
本当に辛い物は2度辛い。2度目の辛さにヒーヒーしております。
解る人は解る、意味の解らない人は辛い物好きの人に聞いてみて下さい。


 

7月に入り、北海道の本格的な夏が到来いたします。
夏は涼しいと言われる北海道ですが、最近では本州に
負けないほどの暑さを感じます。
夏バテにはご用心くださいね。

さてさて、季節も変われば衣装も変わるということで、
サーモンズの衣装が新しくなります !
今年の夏は真っ赤なポロシャツです !
上質なコットン素材は着心地抜群 ♪
左胸にはサーモンズのロゴとそれぞれの名前の刺繍を施しました。

夏の暑いステージを真っ赤なポロシャツで更に熱くいたします!
初お披露目は7月6日の寿都公演にて。
どうぞお楽しみに。
02_Polo_name




お知らせです。

盛夏の季節!  毎年恒例!
北海道歌旅座・夏まつり今年も開催決定!!

今回のテーマは「北海道讃歌を謳う」。
すなわち、歌旅座のレパートリーから「北海道」にまつわる楽曲をラインナップ、
短い北国の夏に、我らが北海道を歌で綴って讃えるステージです。
JUNCO、ナリコ、ザ・サーモンズ、北埜うさぎの歌旅座メンバー総出演。

2018年に迎える北海道命名150周年に先んじて、
みんなで楽しいお祭りにしちゃいましょう!



北海道歌旅座・夏まつり2017「北海道讃歌を謳う」
●日 時=8月11日(金・祝)  開場13:30 開演14:00
●会 場=ライブバー円山夜想(マルヤマノクターン)
         札幌市中央区南1条西24丁目 ザ・ヴィンテージ24ビル B1F
●料 金=2000円 (飲食・別)
●ご予約=電話011-623-6680  メールinfo@dmj.fm
  先着順・40名さま限定

utz_blogtop170704
*この写真はイメージです。開演時間はお昼ですよ。




 

この日はうだるような暑さの中、JUNCO、Nariko、オガ、ダルの4人で来たのは
中富良野町の仏教会主催の花祭りです。
 お昼頃に到着すると会場の外では出店などの屋台が出店、
午前中には雪を作り子供たちが雪遊びをしていたそうな。

少し動いただけで汗が止まらなくなりがら、我々も粛々と会場準備を始める。
お寺の住職さんや役員さん達も集まり始め、一緒に会場の準備をしていた。
予告なしに緞帳が下りて来た時は、冷や汗が出ましたが…
上から物を下ろす時は危ないので一声かけてから下ろしましょう。絶対に。

中富良野の花祭りの主役は子供達。
会場準備を終えた頃には町を子供達が白像を引いて、
小さな鼓笛隊を先頭に一歩づつ、ゆっくり練り歩いていました。
 歩きながら必死に楽器を演奏する勇姿を撮ろうと、
沿道には親御さん達の行列も、まるで民族大移動。
IMG_3045
 終点である会場に着いたのも束の間。
主役である子供達は今度は会場のステージで歌と演奏を披露するのでした。
我々の楽屋前に待機していたのですが、疲れたのか、緊張か…
激しい泣き声が響いていました。
それが、釣られるのか1人が泣き出すとまた一斉に泣き声が響き渡る。
そんなに泣くかというぐらいの泣声に、逆に笑えてきてしまって和む楽屋。

それでもステージではしっかり立っていて、元気な歌声が会場中に響き、
楽屋までにも届いていました。
この中に音楽に目覚める子はいるのかな…
IMG_3050
子供達の出番が終わり、しばしの休憩時間。
今度は大人達やご年配の方達が会場へやってきます。
子供達を外で遊ばせて、ご覧になられる親御さんもいらっしゃいました。
今度は大人に楽しんで頂くための時間、JUNCOとNarikoの登場です。

皆さん凄く聴き入ってる感じの雰囲気で、自然と湧き上がる拍手と
アンコールの声がとても沁みているなと思う公演でした。
約45分という短い時間の出演でしたが、
歌旅座の匂いがいっぱい出ていたんじゃないかと思います。


本番前にタバコを吸っていると、あるお寺の役員さんと一緒になりました。
お話し聞くと、その方がご住職にJUNCOがいいと提案してくださったとの事。
正直な話し、この方は後援会の会員さんではないし、追っかけの方でもない…
なので自分は話すのも多分初めましてな気がする。
でも過去にJUNCOのステージを、歌を、覚えていて、
良さも解ってくれていて呼んでくださった。

最近は北海道を離れる事も多く、冗談半分で「北海道もう捨てたんでしょ?」
なんて言われる事がある。
しかし今までずっと北海道でやってきた事は根付いている。
だからこうして呼んで頂く事も出来ている。
今回も道内各地から会場へ来てくれたり、帰りを待ってくれている方々もいる。
やはり我々の拠点は北海道なのである。
北海道発の北海道歌旅座なのである。
 
 

毎度ぉ〜〜!
円山夜想・マルヤマノクターンの店長、KENZZZI(47)でおま!

表題の通り、今年もやりまっせ!
思い起こせば、エイジアンブルーの時から参加した裏参道夏まつりも、今回で16回目をむかえましてなぁ。
13回くらい参加してる うちらの屋台も結構ベテランさんの域やと思いますぅ。 
馴染みのお客さんには、過剰なサービスもさせていただきますよって、ご期待くださいね!

お出しするんのは、焼き鳥、焼きそば、唐揚げ、えだ豆、フライドポテトにビールにワインにジュースにスマイル100円や。
お祭り屋台のド定番メニューで今年も行くで! 
このお祭りは例年晴天に恵まれてな、とにかく暑いねん。まさに暑は夏いねんな。
そんな時は迷わず円山夜想さんに駆け込んでや。クーラーキンキンに効かせておくで〜。



ほんで、今年の見どころはな、磯部家メインの布陣やろな。
磯部って誰? おもた方、あなたは歌旅初級です。
ヒトと話すよりネコと話す時間の方が長い、くしゃみが長い、食べてる時間が長い。
っと「3長」の歌旅会計番長でっせ。
その磯部さんの甥っ子3人も祭りに参加するから、さぁ大変。
磯部家の店。大盛り間違いなし。乞うご期待でっせ〜。

IMG_1405
↑大盛りにしようとして注意されてはる磯部さん



第16回 夏祭りだ 裏参道
日時:7月9日(日) 12:00〜19:00
会場:裏参道 札幌市中央区南1条 西20〜25丁目(歩行者天国)



このお祭りは裏参道のおしゃれなお店が屋台を出しはりますから、他のお祭りでは滅多にお目にかかれない食べ物や飲み物が沢山あるで!
お腹空かせて、お金持ってきてや〜〜!
円山夜想も焼き鳥いっぱい焼いて待ってるで〜〜!

焼き鳥とかけて
べっぴんさんの身だしなみととく
そのココロは
どちらもクシが必要です。

お後がよろしいようで。


a0132449_21273239


このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.