うたたび ザ・コネクション


長年私達に連れ添ってくれたアルファード
(通称:アルフィー)が、今12周年を前に
息絶えようとしている。
乗用車にしてはありえない40万キロ近くの
走行距離をひた走り、私達の旅を
支え続けてきてくれた最高最強の『相棒』

数年前は、東北を走行中に暖房が効かなく
なり、仙台のインターを降りた時、アルフィーは動かなくなった。
すぐそばのコンビニで、カップスープを
すすり暖をしのいだ。
あの場所まで動いてくれたのは、彼の
根性と愛情だろうと感じている。
そのあとは福島にて心臓(エンジン)移植。

よく毎回車検通るなと思うほど、
車体はボロボロ。
バンパーは針金でくくり、見た目も
気にせずビスを何発も打ち込んでいる。
ドアは悲鳴のような声をあげて開く。
こちら側も右腕の力を最大限に振り絞って
こじ開ける。
時にはハンドルが重くなり、病院に
ピットインさせるが、医者たちは口を
揃えて『時間の問題だ』と言うばかり。
2020年末から始まったツアーでは
遂に妙な煙を出すようになり、
車内のエアコンからは人体に絶対影響を
及ぼすであろう空気が流れこんだ。
漏れたオイルがエンジンタンクで熱され
煙を出していたのだ。
ケーゴは、まるで看護師のように
これまたなかなか開かないボンネットを
こじ開け、漏れたオイルを拭いてやる。
『もう少し頑張ってくれよ』
『一緒に12周年迎えようぜ』
まるで 全員の気持ちを分かってるかの
ように、アルフィーは無言でくらいつく。

各地でレンタカーを借りる度、
アルフィーの心地よさを実感していた。
長年連れ添ってきたマブダチならではの
安心感がそこにあった。
車内でいくつものアイデアも生まれた。
いくつもの物語を、共に創ってくれた。

アルフィーの満身創痍の姿は
私達に語りかける。
夢があるから走っていけるのだと。
ボロボロだって、オンボロだって
走っていけるのだと。
まだいけるだろ?と。
俺の見たかった景色を、これからも
見に行ってくれ。
これはお別れなんかじゃないぜ。
まだ 続いているんだ。

旭川まで、一緒に行こうねアルフィー。
満員御礼の会場の外で、人々の命の
力強さを聞いていてね。
DSC_2621
君の窓から見た景色は
全て美しかったよ。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

開催迫る『北海道歌旅座・結成12周年記念公演 in 旭川』
ついにチケットが完売いたしました。

お買い求めいただいたみなさま、
誠にありがとうございます。
今回ご来場いただけないみなさま、
あなたの街へコンサートをお届けするまで
恐れ入りますがお待ちください。


公演情報は以下の通りです。

日時:2月26日(金) 開場18:00  開演18:30
会場:旭川市民文化会館 小ホール(旭川市7条通9丁目)
料金:前売1,500円・150席限定→完売しました
*前売券が売り切れた場合、当日券の発売はありません。

 
公演チラシは、クリックすると拡大します。
210226-旭川公演チラシA

210226-旭川公演チラシB


コンサートを開催できる喜びを感じながら、
記念となるステージをお届けいたします。
いっしょに12周年の祝福にお付き合いください。 

それでは、会場でお会いしましょう!

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

「十勝晴れ」に恵まれた気持ちのいい朝の空気を
胸いっぱいに吸い込んで、すっかり馴染みになった
文化センターの搬入口に車をつける。
この公演、麻雀で言えば「南の3局」ラス前である。
ここで盛り返しておかなければ、勝利への道は
なかなか厳しくなる。勝ちにいこうじゃないか。
(音楽に勝ち負けはないのだけれど)

仕込みの時から、座席のディスタンスを確保すべく
十勝の後援会の方たちがスズランテープで手際よく
作業を進めていく。
本番の幕が開いた時、その客席には200名もの
お客さんが待っていてくれた。
音更町だけにとどまらず、近隣の街々からも大集合だ。
一曲ごとの拍手の波が、私たちの胸に響く。
チョコレートより身体に沁みるその波動に包まれて
ステージはまるで冬の花火大会のよう。
この状況下で、こんなにも多くの方の笑顔が見られた
ことは宝物以外のなにものでもありません。

2020年の自粛期間や、コンサートのない時期は
本当に辛かったけれど、その間に創ったNARIKOの
新しいアルバムや、新曲を今この時に皆さんに
届けることが出来たのは、立ち止まらなかったから
こそだと胸を張って言いたい。
そして、その想いを組んでくれる方がいるから。

私たちはいつだって、誰かの心をビリビリさせたくて
モノづくりしている。
亡き中村小太郎さんの残してくれた『どさんこどんどん』
は、こんなにも日本中の人々のことを元気にさせて
くれる。遠い場所から、私たちに『夢はにげないよ』と
エールを送ってくれているような…。
ありがとう。小太郎さん。夢は続いていますよ。

今回、ちょっと新しい雰囲気の新曲も披露しました。
もし気になる方がいらっしゃいましたら、旭川で
お待ちしております。

2月26日、北海道歌旅座は12周年を迎えます。
「南の4局」オーラスです。
この公演を境に、一座はまた数カ月コンサートが
出来ない状況に放り込まれます。
積み重ねてきた想い、これから先の未来
愛と希望だけ抱えて皆さんのところへ飛んでいこう。
大切な人に聞いて欲しい歌が、あまりにも
たくさんあるのです。

この時代の追い風と、皆さんからの追い風が合体
して、私たちどうやら前しか見えないようです。
いつも、本当にありがとう。
_20210217_131004


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

みなさん元気にお過ごしですか?
まだまだ寒い日は続いていますが、暖かい日の太陽の日差しが
何となく春の気配を感じさせてくれます。

さて、久々の公演は友のまち大空町へ行ってまいりました。
「友」というだけあり、毎年コンサートで必ず訪れるまちのひとつなのですが
それだけではありません。
地元の方の作詞とJUNCOの作曲によって制作した
大空町のイメージソング「風は友だち」はその絆を深めてくれました。
更に、今年は女満別誕生100周年の記念すべき年。
このコロナ禍、旧女満別町、旧東藻琴村にあった幼稚園、小中高全21校の
校歌を音源化するという光栄な任務を授かり、遂行してまいりました。

里帰りのような気持ちで向かう道中。
楽しみにしていたのは実行委員会のみなさんとの再会。
そしてお客さまとの再会でした。
会場入口には素敵な看板でお出迎え。
IMG_20210212_162306070_HDR~2
そしてコロナ禍にも関わらず、こんなに沢山のご来場。
ありがたいことです。
IMG_20210212_192429205~3
コンサートの中盤ではジュンコとナリコが音源化した校歌の中から
三曲だけ選んでお届けしました。
ナリコがピアノを弾き、ジュンコが校歌を歌う。
大空町でしか見ることができない貴重なシーンです。
後ろから客席を見ていると、胸の前でギュッと手を握りしめて聴いてる方
指揮棒を振るようにリズムを取っている方、マスクはしているものの
その向こうには温かい笑顔があったように思います。
IMG_20210212_193726578~3
いつも応援してくれる大空町の仲間「風はやさしく実行委員会」のみなさんです!
来年もまた会いましょうね。
IMG_20210212_203550449~3
それでは、最後に「風は友だち」でお別れしましょう!
ご来場ありがとうございました。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック


ツルツルの道路。
先週オフィスの近所で今年の「初転び」をやらかしました。
膝が痛いです。
北海道内の皆さんお気をつけください。

さて同じ転びでも今回の「人生七転び八起き」は
アリーがまだ20代だった時の四方山話し。

タイに赴任して間もない頃、初めて一人で5日間の出張に出た。
向ったのはバンコクから西へ約100キロほどラチャブリー県のとある町。
街はずれにある日系の食品工場を訪ねると日本人の工場長が出迎えてくれた。
仕事を終え、夜はまちのレストランで美味しいタイ料理をご馳走になった。
明日一年ぶりに帰国すると嬉しそうに話す工場長。
せっかく来たのに、そう明日からこの町にいる日本人はおいら一人になるらしい。

車もないため宿泊先は工場近くにある社宅を使わせてもらうことに。
お湯がでない水だけのシャワー(今はすでに慣れている)、
冷蔵庫がない(今は慣れている)、テレビはあるが映らない(そもそも見ない)、
虫が出る(田舎だと当たり前)
おまけにこの頃はケータイも持っていなかったのでいわゆるライフライン無し。
決していい環境ではなかったが「たった5日間だから」とあきらめて寝ることにした。

夜中、突如目が覚めた。
「ハラガイタイ・・・」
夕食で食べたイカか、慣れない激辛トウガラシのせいかはわからないが、
食アタリである。
この日は一睡もできないまま朝を迎え工場へ向かった。
初日からツイてないな~と思いながら。

朝食とランチは仕事の合間、工場内の食堂で済ませることが出来た。
が、夕飯は宿舎そばの大通りに出る屋台が1軒だけ。
屋台横にはよろず屋のような店があり冷えたビールも売っていた。
タバコと酒を燃料としていたこの頃。小さくガッツポーズ。
「よっしゃ~これなら生きていけるぞ」

屋台に行くと小さな女の子が店番をしていた。
タイ語で「何にしますか?」と聞かれたので「ラーメンちょーだい」と伝えた。
すると女の子が急に大声で叫んだのだ。
「オーイ、お父さーん、この人何言ってるかわかんなーい」と。
くぅぅぅ、おいらのタイ語通じねぇ。
と軽く落ち込む。

オヤジさんが来たので「バーミー(ラーメン)とチャーハンください」というと「オーケー」。
何とか通じてよろず屋で買ったシンハービールを片手にタイの片田舎、
一人屋台メシを喰らう。旨かったが寂しさもあった。
次の日ももちろん連日この屋台へ。
3・4日目になるとオヤジさんと目が合えば黙ってラーメンとチャーハンが出てくる。
実は他の料理が食べたかったのだが、注文の仕方がわからなかった。
IMG_20210211_160621
*同じラチャブリー県にある水上マーケットでバーミーを食う当時のおいら

最終日の仕事を終え、すっかり常連気分で大通りへ向かうと「えっ‼」
あるはずの屋台がない。おまけによろず屋も閉まっている。
メシはともかくも、とにかく「あー、ビールが飲みたい」。
ビール無くして一日の終わり無し と体が勝手に騒ぎ出し、
2,3km離れたガソリンスタンド(コンビニ隣接)を目指すことに。
照明もない田舎道を懐中電灯を手に歩き出す。
すると前方に蛍光灯の青白いあかりが見えてきた。
「これは食堂に違いない」と勝手に決めつけ敷地へ入っていく。
灯りの中からお婆さんが近づいてきて何か喋ってくるが全く理解できない。
手にはでかい線香のようなものを持っている。
なんだか様子が変だぞ。「えっ!これは、、」
なんとそこはお葬式会場だったのだ。
おいらもビックリだが、お婆さんはもっと驚いたことであろう。
逃げるように民家を後にしコンビニに到着。
ひと安心して買い物を終え帰路へ。
「あ~早くビールっ」と早歩きしていくとすぐそばで
「ウ~~ッ」と地鳴りのような獣の声が近づいてくる。
野犬だ。しかも群れてやがる。一瞬凍りつく。走ったら間違いなく追ってくるだろう。
なるべく脇を見ないようにしばらくソロリソロリと歩きやり過ごす。
作戦は成功、ラッキーなことに犬ヤロウたちは掛かってはこなかった。
かなり疲れた。
あ~あ、日本に帰りたい。人が恋しい。
考えてみると、ここに来てから一度も日本語を話していない。

空を見上げるとタイの水平の三ケ月がおいらを嘲笑っているように見えた。
P1000337s
こうして「食アタリに始まり野犬で終わった5日間」は終わった。

今思うと、このたった5日間の体験はかなり鍛えられた。
ツイていないと思っていたツライ日々の経験が、
人生に置き換えると転じていい出来事になることもあるのだ。
前向きな気持ちがあれば挫けても起き上がれるんじゃないかと。

あれから25年。
当時では考えられなかった日本全国に歌の旅を続けさせてもらっている。
これは人生ツイているというしかない。感謝とともに、
今月迎える12周年をかみしめながら、これからも人生七転び八起き、
勝越しの8勝を目指して前を向いていきたい。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

このページのトップヘ



© HOKKAIDO UTATABIZA. ALL RIGHTS RESERVED.