北海道歌旅座コンサートスケジュール


2009年2月26日、鼻毛も凍る極寒の夕張公演から
10年が経った。
夕張国際ファンタスティック映画祭の会場ロビーに
特設ステージを創り、4日間演奏し続けた。
(持ち曲は多分10曲もなかったと思う)
厨房では仲間達がフライパンを振り、料理も提供。
『うどんのスープがなくなっちまった!』となれば
BOSSは手際よく『焼きうどん』を作ったりして。
まさに『手作り』の舞台。私達の原点。
宿泊はせず、毎日札幌と夕張を行き来。
長いトンネルの向こうには夢の始まりがあった。

あれからCHEEPさんは遠くへ行ってしまい、
ある人は♂と逃げ、あいつやあいつやあいつはただ逃げ、
何人もの研修生が入っては、『山の中腹でトラックが
動かなくなったことに怯え』去り、日曜日のショッピング
がしたい女子は去り、ある人はまた新たな夢に向かって
歩き出し…。色々ありました。

ところで、現時点で1121回のステージをお届けしてきた
一座でございますが、旅の数だけあるもののひとつに
『仲間たちの寝顔(寝姿)』がある。
絶対に写真は載せない(載せられない)ですけど、
せっかくだから一挙にご紹介。

チエは食後に弱い。食べたら眠る赤ちゃんと同じだ。
全神経を脱力させた状態で眠るので顎がほぼ外れている。
悩み多き時は、眉間に深い深いシワを寄せ、なにかに
うなされながら眠る。
ダルは出番前(これも食事後)によく落ちる。
場所を取るのでテーブルの下に押し込められ、どういう訳か
あのお腹でうつ伏せで寝る。
最近は扁桃腺の手術をしたおかげで、呼吸があまり
止まらなくなった。良かった良かった。
NARIKOは、移動の車中後部座席で一切体勢を崩さず
武士の如く眠る。見事だ。
AREEは、お酒を呑むと最後の最後まで頑張って起きている
けれど、最後の最後の最後は落ちる。
(でも質問を問いかけると必ず答えてくれる。不思議。)
部屋呑みしてそのままそこで眠り、深夜目覚めてこっそり
帰る達人。よく聞く言葉は『みんないつ帰ったの?』。
司会太郎は別名『斬首太郎』とも呼ばれる。
車中・楽屋・呑みの席…どこであっても寝姿は変わらず、
あぐらをかいたまま首をもたげて眠る。へその匂いでも
嗅いでるのか?という程のもたげ感。コアを作らない
ことが司会太郎の柔軟性を保っている。
BOSSは読書をしながら落ちる。本を開いた状態のまま
眠るので、寝ていることに気づかない。
寝ているかと思えば、静かに『パラッ』とページをめくる
音が聞こえ皆ハッとする。世界を代表するザ・短眠族。
オイラの寝姿は自分じゃ分からないけど、シートベルトに
首が食い込み、起きると非常に痛い。首が固定出来る椅子
があればいいのにと思う。

そんな仲間たちの愛すべき寝顔を間近で見続けてきた。
全力でやっているからこその姿は、愛おしさしかない。
目が覚めればそこにはステージがあり、出会いが待っている。
私達は激しく命を揺らすだけだ。
   使い慣れたバッグひとつと
   仲間たちの寝顔
   ゆらりゆられてたどり着くのは
   はじめましての街

10年経ってもまだ、『歌旅』が沁みてくる。

DSC_0978



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

九州宮崎ツアー3公演目、都城市でのコンサート撤収を終えると
BOSS、ダル、アリタの3人は残るメンバーと暫しの別れを告げ、
トラックへ乗り込んだ。
ダルは宮崎港からフェリー、神戸経由舞鶴発で北海道へ向かう。
BOSSとアリタは宮崎空港で「んじゃ函館で✋」とトラックを降り
ツアー空き日程でタイランドヘ。
九州は流石に「あったけぇなぁ~」なんてのもつかの間、
乾季の終わりに入りこれから激アツ期を迎えるこの国。
早朝なのに、ナンテ暑サナンダ💫、バンコク。
というわけで今月もアリタからアリーに変身したのでした。
サワディーカップ!

今回は昨年暮れから続く『円山夜想物語』の最終章をお届けします。

**************
第4章『円山夜想で逢いましょう』

〈本格BAR〉エイジアンブルーに幾つものエッセンスやスパイスが加わり、
〈LIVEのあるBAR〉として他のライブハウスやサロン等とはちょいと違う
味の店になってきたマルノク。(*マルノク=円山夜想の愛称)
今ではMr.マルノクこと本間ケンジ店長のもと、全国各地のミュージシャン
からのオファーも絶えない店となった。

それは歌旅座のホームステージになるのも必然であった。
今では大人気のメイン公演『昭和のうたコンサート』も、ここで実験的に
行われたライブ『ジュンコとチープ・昭和ノスタルジア』が始まり。
2011年3月18日の出来事。
これが店名「円山夜想」となって歌旅座初めてのライブでもあった。
マルノク夏の風物詩〈円山裏参道まつり〉に合わせて、
〈祭りのお客さんいらっしゃーい。ビバ!無料でライブ〉を2回まわしで
やったこともあった。懐かしい。
この頃から年数回のペースで様々なステージをお届けしてきているが、
新しい見せ方、新曲、パフォーマンスをトライし、実はその度々ここで
生まれてきているモノが多い。
お客さんとの距離感やハコの持つ雰囲気。
敢えて実験的なことを行い「生々しさ」を感じる場でもあるのだ。

そこで生まれてきたのが、「円山夜想」とJUNCOが融合した演目
淳子夜想―ジュンコ・ノクターン』である。
images (1)-1
〈JUNCOひとり競演〉と題された、
新しい形の歌旅座流「小劇場型音楽エンターテイメント」。
1380031_552569351496630_1116461913_n-506x445
あるときは世界をオマタにかける高飛車女。
あるときは謎の占い師。
そしてあるときは、場末のスナックに流されたチーママ。
しかして、その実体は。。

JUNCOが様々なキャラに七変化し、歯に衣を着せないセリフで
お客さんとも絡んでいく。
あまりにストレート過ぎて、ドン引きしてしまう、
「あら~歌旅座がこんなことまでっ」なんてな賛否両論が飛びだすも、
多才なJUNCOが多彩に演じる歌旅座の新境地となる出しモノだ。
a4899625
主演:JUNCO、脚本:北埜うさぎ、総合演出:BOSS
で作りあげる「魔法」にハマる人たちも続出。
「ノクターン・シリーズ」はマルノクを飛びだし、北海道内各地でも
開催されるように。
シリーズも第10章まで続き、総集編となるブック付きCDアルバム
淳子夜想~アンソロジー』も発売された。
そうそう、映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットで
ジュンコ・フレディが歌うあの曲が今また旬。
残念ながらアンソロジーのCDはすでに売り切れ御免。
そろそろ聴きたくなってきたアナタに耳寄り情報。
歌旅座10年達成の今年、アンソロジーに変わる新たなCDが登場するかも!?

そして特別編として、JUNCOとチエが繰り広げるステージ
黄昏を待ちながら』も登場!
FB_IMG_1551147981754-486x365
昨年の大納会ライブ・年末特別編も大好評。
今年は、また何かがうごめく予感が。

前回第3章を掲載した時、ある人からFacebookページの方に
「ドキュメントだな。。」とのコメントいただいていたが、その通り。
マルノクは15年の歴史が詰まった宝箱のような場所。
そしてこれからも、〈ここから生まれる物語〉は続いていくのです。

もうすでにマルノクに来たことがある方も、まだ未体験の方も。
  
  アナタとワタシの合言葉
  円山夜想で逢いましょう♪
                              完
************

さてさて、今年は歌旅座のマルノク公演が目白押し。
3/17 歌旅座10周年記念ライブはすでにソールドアウト。
追加公演として決定の新プログラム「フォークソングの広場」2日間
3/31は満席御礼!
4/18公演も残りわずかに。
ご希望の方は今すぐご予約を。

↑詳細はブログのヘッダーを参照ください

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

宮崎県3公演を無事に終え、帰りの船内にてこの記事を書いてました。
先日のブログでも書きましたが、今回は1日早く出発。
帰りも同様に1日遅れての札幌到着となります。

その今回の経路は今までになかった『フェリー&フェリー』
いつも利用している新日本海フェリーの小樽ー舞鶴に乗り、
約2時間だけ陸路を走り神戸へ。
ここからいままでになかった航路、宮崎カーフェリーという船に。
神戸19:10発ー宮崎8:30着という13時間20分の船旅。
新日本海フェリーの21時間15分を合わせて、2日間かけ34時間35分が海の上。
IMG_5606

陸路より時間はかかってしまうのですが、
1000kmを走るリスクを考えてBOSSが配慮してくれたルート。
しかもガソリン代、ETC料金を計算してみると陸路の方が高値になる事に。
さらにはタイヤの磨耗など歌旅号のくたびれ方や経費を考えるとさらに…

そうなると、陸路の時は夜走りして朝にそのまま会場へ入り、
そのまま公演をするという毎回長い1日となる九州ツアーの初日だったのが、
結果的に自分の睡眠も十二分に、いや十五分にくらい取れる事になり、
体調万全にツアー初日を迎える事ができる事ができました。

なんて書いたりすると他のメンバーからは、
新日本海フェリーでも散々寝てるんだから関係無いだろうという声が
今にも頭の中でリアルに聞こえてきますが。
確かにそう言われれば返す言葉は無いのですが…


ツアーのスケジュールを組む時には空港や港の入り口を考慮して、
希望の公演地に当たったりする訳なのですが、
これで入口出口が一つ増えた事で宮崎が以前より近く感じられ、
今後のツアーの可能性がまた増えたのではないでしょうか。

さらに今回は宮崎市公演でお世話になったライオンズクラブの会長さんが
宮崎カーフェリーのOBという事で便宜を図ってくださり、さらにお得にして頂きました。
堀川会長、ありがとうございました。
IMG_5617

まもなく小樽港へ到着の時間になりました。
次の船旅は道南北斗市から東北ツアーへ、メンバーみんなでの移動です。
穏やかな海の旅になりますように。
 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

宮崎県内での公演はこの度の都城で20回近くになります!会場は「都城市総合文化会館」。
この日も宮崎市同様、チャリティコンサートの一環でライオンズクラブの皆様に
ご協力いただきました。

IMG_20190225_132855

都城では2017年に一度コンサートを開催していますが、
アンケートを見ると初めて聴きましたという方がほとんどで、これから少しずつ
2回目です、3回目です!という声が増えたら嬉しいなと期待しています。

本日、結成10年を迎える歌旅座。
最近はプログラム終盤で「歌旅」を歌うことが多いのですが、JUNCOが曲の冒頭で
10年が経ったことを伝えると、お客さまも温かい拍手とともに聴いてくださいます。
こうしてこの曲がコンサートの度に生き生きと育ち、
存在感を増していることを感じる瞬間は、心が弾む。

1551092477440

IMG_20190225_214717

今回の九州ツアーは宮崎県内で3公演、思えばひとつの県に数日間滞在するというのも
歌旅座にとっては稀なこと。
移動が少ないと誰かと会う予定を立てることができ、宮崎最後のこの夜は、
2017年初めての都城公演を繋いでくれた女性と一緒にお酒を飲むことに。
酔って“てろん”となった、愛すべき姿(でもガンマはなんと一桁なのだそう!)が思い浮かぶ
あの楽しい打ち上げの日から、あっという間のようでやはり2年という時間が経っていて、
その間の出来事や他愛ない話などしながら、人の魅力の奥深さを感じた夜でした。

1551069311274

今日は10年記念のお祝い。常日頃応援してくださっている皆様、ありがとうございます。
11年目も、どうぞよろしくお願いします!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

初めて宮崎に行ったのは2010年。
北海道の富良野公演にたまたま来ていた
宮崎県の方が、『是非宮崎にもっ!』と
呼んでくれたのがきっかけ。
本州を飛び越えて、一座と九州を繋いで
くれたのが宮崎なのである。

_20190224_163954
(もうすっかりこの景色が染み付いた)

時を越えて2019年2月23日、やってきた
のは木城町。3年連続の開催です。
ステージに出て行くと、見慣れた顔が
あちこちに見える。最高に嬉しい瞬間。

歌っている時思う。
私達の輝きはお客さんにもらっている
ものだと。笑顔は嬉しい、だから笑う。
拍手の圧に感動する、だから震える。
この相乗効果が、『心揺さぶられる』瞬間
を生む。私達もお客さんも『本気』です。

初宮崎公演で出会ったジュンコさんは
五歳になる息子さんを連れて、元気な
顔を見せてくれた。
今回のツアーを盛り上げてくれたオカベさん
は、こっそりお母さんと来てくれた。
寄り添う姿が目に焼き付く。
それから、ここ最近一座のフェイバリット
プレイスとなった高鍋にある地鶏焼き『道』
のマスターと仲間達。

上からでも下からでもない丁度いい
ナチュラルな木城町の皆さん。
いや、宮崎がそうなんだろうか…。
まるで親戚と一杯やるように、私達は
絶品の地鶏と、地鶏のつみれ鍋をいただき
ながら、旅の幸せを噛み締めてます。

_20190224_164030


『次はいつくるっちゃですか?』
(合ってるかな?)と言われると、
半年に一回は来たくなる。
いつまでも手を振ってくれるみんなに
再会を誓って、しばしのお別れ。

宮崎、これからどんどん盛り上がりそうな
予感がします。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.