北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


ギョーザ。
ラーメン。
ウィンナー。

私にとってのTOP3。
何の?と書きかけて、なんだか堂々と書き進めるのが情けなく
気恥ずかしくなるのだけど…、ま、いいか。
スーパーでの試食販売で素通り出来ないのが上記の三つ。
試さなくたって味は知ってるし、家にまだ買い置きだってある。
なのに、なのにいつだってついつい手を伸ばしてしまう。
ラーメンに至っては試食の数が私まで回りそうになかったら、
さりげなく立ち去り、意味なく他の売場をチェックしながら
タイミングを見計らい また戻ってゲットする。
あーーー、やだやだ、恥ずかしい。
恥ずかしいことを今書いてるんだな、私。
でもね、あの爪楊枝が添えられ おままごとのような容器に
入れられたあのひと口が絶妙に美味しいのですよ。
できるならあとふた口ほど頂きたいが、そこはほれ、大人
だから(当たり前だ!)、"あら、なかなか美味しいわね、
どうしようかしら?でも あとひとつ決め手に欠けるわね”
などと思っている風の、ほんの少し小首を傾げ、うっすらと
笑みを浮かべ、『淳子夜想』ならチョイ役で出られそうな小芝居
をしながら、そっと立ち去る。
とは言え、そこはやはり気の弱さ?三回に一回は買ってしまい、
買い置きが増え、あーまた高いひと口になっちゃったな、と
後悔する連続。
幸いに消費しやすい食材なのでそう無駄にすることはない
のだが、我が家の冷蔵庫には必ずこの三品はあります!!

試食といえば、各地の物産展。
以前、東京に住んでいた時の話。
エリアだった吉祥寺の百貨店で北海道物産展が開かれた。
どこのデパートでも北海道物産展は大人気で、美味しいものを
目当てに多くの人が集まるが、故郷を離れた いち道民にとっても
懐かしい味や地名に触れたくなる嬉しいフェアだ。
かなりの空腹で出かけた私は「あ~、この分だとあれこれ余計な
ものまで買っちゃいそうだな」と思いつつ会場に足を運んだ。
その日は、開催から数日たっていることと、時間も早かったので
思いの外、お客が少なめだった。
二~三、売場をちら見した先にラーメンのコーナーがあった。
北海道物産展でよく見かける光景なのだが、地元では
あまり見かけない商品が並んでいることがある。
特にラーメンには その手が多く、この日のラーメンも私には
初めての商品だった。
興味と空腹に足をとめると 天使みたいなおじさんが
"おねーさん(この一言に弱い…)食べていって!!”と
差し出してくれた試食の器が、これが試食とは思えないほど
大きい。
使い捨てプラ容器だけど BBQのタレ容器ほどの大きさがある。
熱々の正油ラーメンが美味しくってペロリと平らげにっこりと
微笑むと おじさんの天使心が刺激されたのか "ほれ、おかわり”
"いや、もう一杯”と次々に入れてくれる。
さすがに五杯食べきったところで「おじさん、もうお腹いっぱい
だから他のところを見てくるね」というと「あー、行っといで
行っといで腹ごなしして戻っておいで」と心よく送り出してくれた。
あんなに空腹だったのに なみなみ五杯のラーメンで、もうどの売場
を見ても食欲も購買欲も湧いてこない。
普段ならつい余計に買ってしまいそうな美味しそうな海産物も
肉料理もスイーツも全てが色を失ったように見える。
結局あきらめて、一言 おじさん天使に御礼を言って帰ろうと
売場に戻ったら「おー!帰ってきた帰ってきた!!」と大天使に
昇格したおじさんがすかさずまた一杯差し出してくれちゃった。
断ることも憚られ、やけになった私は 満開のサクラになった気分で
側を通る人々にはっきり聞こえるように "美味しい、美味しい”
と連発しながら、そこからまた四杯。
もう試食の域を超え、換算すると普通のラーメン二杯分以上を
食べきることとなった。
もはや 苦しさしか感じられない状態。

_20180830_134613


もう見たくもない程なのだけど、やはり買わなきゃ…と商品に
手を伸ばしたら大天使のおじさんが「買わなくていい。買わなくて
いい。そんなもん 無理して買わなくたっていい!」
その時 おじさんは"神”となった。
押し問答の末、何とかラーメン二食分を購入し、後光差すおじさん
から逃げきったのがちょうど秋に向けての今のような季節。
あんなにお腹一杯な試食は後にも先にもない。
商品名すら忘れてしまったけれど、ラーメンの試食コーナーを
見ると思い出し、普通のおままごと容器の試食にほっとするやら、
ちょっぴり残念に思うやら…。

各地の物産展巡りも回を重ねれれば、ほぼ知った味ばかりになる
ので 本来の試食の魅力は薄れてしまってはいるが、ほんのひと口
の美味しさ、幸せが購買意欲につながり、そして "美味しかったから
誰かに食べさせたい”と皆を招いての賑やかな食卓につながる。
そうだ!!
私のこの食い意地の張った試食癖は きっとJUNCOやチエや
メンバーの胃袋を優しく満たすためにある大事な行程のひとつ
なんだ。
と、大義名分がついたところで どうか皆様、スーパーのラーメン
売場の周囲を挙動不審にウロついているうさぎを見かけても
声をかけずに あたたかく見守って下さいませ。

ちょうど今、札幌では 東北と、江戸老舗めぐりの物産展が
開かれている。
明日にでもチラシをもう一度チェックして試食に、いやちがった
何か美味しい物を手に入れに出かけることにしましょ。
みんなのために…ね!!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

先日、JALの機内誌で[パイロットの食事事情]というコラムを読んだ。
長時間の国際線フライトではパイロットもCAももちろん機内で食事をするのだが、
非常事態に備えて、操縦士と副操縦士は食事時間も別々にとるのだと。
メニューも別々。
万が一食中毒を起こしてしまっても対応できるようにとの策であるようだ。
そして食べ終わったらお弁当の箱に「ごちそうさま」や「ありがとう」、
クルーを笑わせる一発ギャグなどのメッセージを書くパイロットが多いとのこと。
作ってくれた人、片付けてくれた人に対する感謝の気持ちとして。
乗組員どうしのホノボノ感が出てますね。

そんな記事を見て、我ら歌旅座の食事情のことを重ねて思った。
公演地では主催者さんが手配してくれるお弁当や、カレーライスなどの
賄いごはん、コンビニでサクっとなどが多い。

しかし札幌出発時の朝は、メンバーお決まりの朝メシがある。
その定番とは、ドゥルルルルルル~(ドラムロール)ジャン!!
北埜うさぎ特製おにぎり「ザ・パワーボール」。
1535599785619
*写真は、パワーボールを手に九州ツアー広川公演仕込み中のJUNCO&NARIKO。

おにぎりは、中味も形もレパートリーがとても豊富。
ある時は、オニギラーズ。
ある時は、食べ応え充分、巨大ライスボール。
具の中身は、メンチカツ+サラダ、ハムエッグ、スパム、シャケ、明太コンブ、
ホタミミジョ(ホタテのひもチャンジャ)、明太高菜などなど。ご飯もチャーハン、
ジャンバラヤライスなどバリエーションがいい。

これを車中で一つ、飛行機内で一つあるいは仕込み中の腹ごしらえに、
それぞれコンディションにあわせて頂くのがこれまた楽しめる。
うさぎさんも一緒に旅をしているようだ。

そして必ず入っているのがメンバーへのメッセージ。
1535599789715
大体、おにぎりの中には一つ二つ大当たりパワーボールが入っている。
なにが大当たりかって!?
うさぎさんと言えば大の激辛マニア。
顔も歪む激辛の中味が。
1535599793272
上のメッセージの④【逃げ場なし】というのがナニだ。
③の【やさしめの、、】も実は優しくない。
はじめからわかるときは辛いもの好きなダルやチエに白羽の矢が立ち自動的に
彼らの胃袋へ。もちろん激しく顔を歪ませながら。
パワーボールこそ美味しさ、楽しさ、文字通りパワーを頂けるオニギリなのである。

そんなエンタメ好きなうさぎさんがこの夏、暑さをぶっ飛ばすのにイイモノ作る
から寄ってらっしゃいと誘ってくれた。
玄関を開けるとそこには「夏の風物詩」なる手作りの旗。
1535599773480
1535599781957
ひと夏の美味しい思い出をまたもらった気がする。

うさぎさんいつもありがとうゴザイマス◎
そしてこれからもパワー補給、宜しくお願いします✌





    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

高校生の時、学校祭で尾崎豊の『シェリー』を歌った。
友だちの『みやこ』にピアノを弾いてもらって歌った。
白いTシャツにジーンズ履いて。
高校生のじゅんちゃんにとって、尾崎豊のメッセージは
痛く・儚く、そしてなぜか希望の匂いがしていて
何度聞いても泣けた。そのメッセージを どうしても
己の身体から投げてみたかった。

体育館に集まった友達や学年の違う生徒達。
幾人もの涙を拭う姿がステージから見えた時
私は『歌を歌って生きていこう』と決めた。
(後日談だけど、他校から『歌のうまいやつがいる』と嗅ぎ付け
偵察に来てたヤツもいたと。やるぢゃん。じゅんちゃん。)

あれから25年。
先日、懐かしい人から連絡があった。
その時ピアノを弾いてくれた『みやこ』からだった。
恵庭公演があると知って、見に来てくれると。
嬉しかったなぁ~…。
子供も大きくなって、最近またピアノのお仕事始めた様子。

白いTシャツとジーンズの思い出が、突然カラーになって
飛び込んできた。大切な私の分岐点。
あの時、尾崎豊を知らなかったら、
あの時、ピアノを弾いてくれる友がいなかったら、
あの時、涙を流してくれる人がいなかったら…
また違う人生を歩いていたんだろう。

25年ぶりに聞く私の歌は、みやこにどう響くだろうと
考えるだけで、なんか涙が出そうになる。
続けてきて良かったと思う瞬間です。
ひとつひとつの出会いや想いが、人を創りあげていくんだね。

_20180828_112242

高校3年生のオイラとみやこ。
多分、優勝した。(ハズ)
久しぶりに写真見たら、兄貴と同じ顔でウケました。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

北海道命名150年。北海道を讃える曲の数々を集め、皆様に北の大地の風をお届け致します。
舞台となるのは、歌姫JUNCOの第ニの故郷恵庭市夢創館。
チケットのご予約、お求めはお早めに。
沢山のご来場を心からお待ちしています。

○日時 2018年9月9日㈰
    開場13:30 開演14:00
○会場 夢創館 恵庭市島松仲町2-20
○料金 ¥2000 当日500円増
○ご予約・お問い合わせ
    e_niwa ℡0123-29-7778
                北海道歌旅座 011-623-6680

1535323850952

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

友人と話していた時のこと。「最近、着たい服が変わってきた。」と言う。
もともと突飛な格好をする人ではないので、そんなものかなぁ?と思いましたが、
確かに、好きで大事にしていたけれど着なくなったなという服は、結構あるものです。

一方で変わらない傾向というのもあり、手触りの良いもの、そしてとにかく、
好みにぴったりの色合いのものには、つい目を奪われてしまいます。

着るものに限らず、朝焼けや、月の光る直前の空、お酒を注がれた盃、
ひらひらした尾の金魚、和紙の便箋…その時々で、うっとりする色に出会うことがある。

IMG_20180826_234856

この綺麗な色合いの装丁に、思わず近づき手に取ったのは、去年の冬でした。

タイトルにも惹かれましたし、読み進めている間、いつでもこの物語の空気感に
すっと戻って行けるのが心地よかった。
音楽について細やかに文章にされているのも興味深く、
それはそのまま作者の方の魅力として心に残っています。

この小説が秋に映画化されると知って楽しみにしていたのですが、
いつ頃だろうと詳しく調べてみると、

2019年!来年の秋とのこと。。。
ごく最近の、とっても残念な出来事でした。

そんなに前から宣伝するものなんですね…普段あまり本を読み返すことはないのですが、
気持ちを落ち着かせるべく、もう一度開いてみようかなと思っています。

IMG_20180826_234109

今日はめずらしくウイスキーデイ。
でも、まだまだすっきりした頭で、このブログを書いています。
やはり一座で集まる時の飲酒量は多すぎるのかしら。

強いお酒だと、円山夜想で以前飲ませてもらった、
冷えてとろっとしたコアントローが好きでした。
ウイスキーも、好きな方の話を聞くと、奥が深そう。おいしかったです。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.