北海道歌旅座コンサートスケジュール

歌旅座テレビ


北海道歌旅座、コンサートツアーのご案内です。

2017年6月につづき、2度目のGO WEST!ツアーは、
11月1日から11月12日まで開催。
北海道からニッポンの西へ、今回は関西四国に音楽をお届けいたします。

文化の日を擁する11月は、全国各地で多彩な文化事業がおこなわれます。
またも長丁場となるコンサートツアーですが、
北海道歌旅座メンバーは、充実した秋を迎えてすでに準備を整えています。
ツアーが終わると北海道は冬となりますが、まったく動じません。
お客様からの温かい拍手を土産にする所存です。


11月1日(水) 滋賀県湖南市 甲西文化ホール
 開場13:30 開演14:00 前売¥1800

11月2日(木) 兵庫県宝塚市 宝塚ソリオホール
 開場13:30 開演14:00 前売¥2000

11月3日(金・祝) 京都府大山崎町 大山崎中学校体育館
 開場13:30 開演14:00 入場無料 大山崎町町制50周年記念公演

11月5日(日) 京都府精華町 けいはんなプラザ メインホール
 開場14:00 開演14:30 前売¥2000 77歳以上¥1000 

11月6日(月) 大阪府四條畷市 市民総合センター
 開場13:30 開演14:00 前売¥1800 

11月7日(火) 徳島県つるぎ町 就業改善センター
 開場13:30 開演14:00 前売¥500 つるぎ町 文化フェスタ

11月8日(水) 徳島県阿南市 情報文化センター コスモホール
 開場13:30 開演14:00 前売¥2000

11月9日(木) 兵庫県南あわじ市 南淡路ロイヤルホテル
 開場13:30 開演14:00 ¥3000(ソフトドリンク1杯付き)  

11月10日(金) 徳島県吉野川市 アメニティセンター
 開場13:30 開演14:00 前売¥2000  

11月11日(土) 高知県馬路村 馬路体育館
 開場18:00 開演18:30 入場無料  

11月12日(日) 高知県芸西村 村民会館
 開場18:00 開演18:30 入場無料
  平成29年度 生涯学習振興大会「舞技(ブギ)ウギgeiseiカレッジ」



それではみなさまのお越しを各会場でお待ちしています!
合い言葉は「GO WEST! (again)」!!

171024-GoWestagain

 

夜も明けきらぬ午前4時、薄暗い峠道をひた走る。
ただでさえ視界の悪い中、深い霧がさらなる疲労感を誘う。
札幌から片道5時間の移動。
目指すその街では4年ぶりの公演が待っている。
しかし、夜にはすぐさま同じ道を5時間かけて戻らねばならない。
 
こんな移動、少し前であれば無謀だと思ったに違いない。
あの歴史的大移動を経験するまでは・・・。
 
 
そうです、先のツアー中に決行された
歌旅座史上最長の陸路移動「九州大返し」です。

「もうこんなことやめようぜ…」と心に決めたあの大移動に比べれば、
時間は半分、そして、何度も走り慣れた道です。
我らにとってはもうちょろいもんですよ。
BOSSの言葉がしっくりきました。
 
道南プチ返しって感じだな。」
 
 
というわけで、やってまいりました渡島管内・知内町。
 
目の前の津軽海峡で獲れる海産物は豊富で、
中でも知内の牡蠣は、「外海養殖」という激しい海流の中で
育てる手法の為、実が大きくしまっているそうです。
ランチタイムでその牡蠣を食そうという話で盛り上がりましたが、
時間も無く今回は断念・・・いつか味わってみたいものですね。
 
さて、知内町を訪れるのは4年ぶり。
前回は小中学生対象の芸術鑑賞コンサートでしたが、
今回は【町制施行50周年記念 町民芸術鑑賞事業】として、
一般町民の方々を対象としたコンサートとしてお呼び頂きました。
 
 
知内町といえば、演歌界の大御所・北島三郎さんの故郷。
そのサブちゃんを差し置いて、この記念すべき行事に
公演させて頂くというのは大変光栄なお話しであります。
 
 
公演1ヶ月前に急遽決まった衆議院解散による
総選挙の投票日と重なってしまったにもかかわらず、
たくさんの町民の皆様がご来場くださいました。
恒例となりました休憩時間の「楽屋珈琲」「円山厨房カレー」の販売も
嬉しいことに大盛況、あちこちから声をかけられ売り子は大忙し。
 
 
 
「昭和は一日一日遠ざかっていきますが、
今日はしっかりと昭和を感じ、楽しんでください」
 
開演前のご挨拶でそうお話ししてくださった本間教育長は、
コンサートを楽しむ町民の皆様の様子を、
来賓席から嬉しそうに見守っていらっしゃいました。
 
教育委員会の皆様も、こんなにたくさん集まるとは、
と少々驚いた様子でしたが、最後にはお客様と一緒に
手拍子しながら楽しんでくださっていました。
 
 
知内町の皆様、ありがとうございました。
 
来月はまた道南にお邪魔します。
今度はプチ返しはせずに、隣町の北斗市を含め、
渡島・檜山管内4市町を回らせて頂きますので、
是非また会いに来てくださいね。

露寒の季節、もう冬間近ですね。
来る10月26日は平取町にJUNCO&NARIKOがコンサートをお届けに参ります。
平取でのコンサートは今回で4回目となりますが、今回ははじめて貫気別という地区
を訪れます。JUNCOの歌声と共に、心地よいヴァイオリンの音色をお楽しみください。

〇日時 10月26日(木)開場18:00  開演18:30
〇場所 平取町貫気別生活館 
〇入場無料
!cid_971C6EAA-6515-4C84-8490-A4E4E55151A3@airport
続いてその二日後、10月28日は安平町にてフルメンバーによる昭和のうたコンサートです。
今回は追分中学校の開校70周年式典にお招きいただきました。
ご入場の際は整理券が必要となります。一度お問い合わせの上
足をお運びくださいませ。

〇日時 10月28日(土)開演10:45 頃
〇場所 追分中学校
〇入場無料(要整理券)
〇問い合わせ先 北海道歌旅座 011-623-6680
!cid_9BEA148E-6D60-476F-9358-BF38A0BE60F9@airport

今から20年前、渋谷東急Bunkamura前交差点に
伝説のおでん屋台 『CLUB.F』があった。
冬はテントの入り口にマットレスがぶら下がっていて
奥からはいつも 笑い声が響いてくる。
近くの「神泉」という地区に住んでいた私は
いつもそこを通るたび、入りたくて入りたくてたまらなかった。
そのマットレスの向こうには何があるんだろう…と。

_20171020_141112


気が付けば私は そのおでん屋の店員になっていた。
元阪急ブレーブスのピッチャーだった体の大きな
マスターと共に、夜の7時から朝の7時まで営業した。
セッティングを含めると13・4時間動いていた。
んん~ 若いってすごい。

週末になると 近くのラブホテルに予約をしてから
食べにくる人が沢山いた。これが意外と大切で
週末の渋谷となれば ある時間を超えると ラブホテルは
すぐ満室になる。すごい街よね…。
『お兄さん、先に予約してきたほうがいいよ。』
私も二十歳そこそこで よくまぁこんな言葉を言ってたもんだ。

靴下の中に千円札を折りたたんで来るおばあちゃん、
寂しいヤーサン、酔うと自分の陰毛を燃やすやつ、
お金が払えなくて免許証を置いていくやつ…。
ストーンズ・エアロスミス・ドアーズ・永ちゃんにサザン…
お客さんが聞きたい曲はなんでもかけた。
CDをかけてると駅の方から ホラ向かってくる。
みんながCLUB・Fが大好きだった。
悩みも夢も抱えて 酔いの中に明日を見ていた。

時は過ぎ、23歳で私は北海道へ戻る。色々重ねて現在40歳。
いつ振り返ってもあの場所での日々が胸に焼き付いている。
『目の前のことだけを見るなよ ジュン。おでんの火も
お客さんの目も話もお酒を呑むスピードも 街も匂いも
風もなにもかも 全体を見ろよ。』マスターはいつも
そういうことを言っていた気がする。

今回のロングツアーで新潟公演があった。
『ん?確かマスター 今 新潟でBARやってるんだよな…』
会いにいこうっ!!
燕三条の駅から新幹線に乗りJRに乗り 暗~い道を進んでいく。
…なんかドキドキするな… ほとんどテナントの入っていない市場の
奥に灯りがともる。
新潟市白山 『ROUTE  51』。

_20171020_141332


20年目の訪問者。
まるで私が来ることを分かってたみたいに 変わらぬ笑顔があった。
忘れていた記憶もどんどん取り戻されていく…。

なんだか夢みたいな時間を過ごした後、帰りのことを
全く考えていなかった私は 駅員さんに『あと3分しかないから走って!!』
『はい!!』タッタッタッ!・・・振り返る。
『あの! どこ走ればいいですか~~っ!』
『そこっ その線のとこっ!』『はい~~~っ!』
と吐きそうになる位走るハメになったのも これまた良しか。

翌日の胎内市公演を見に来てくれたマスターは
一万円分のCDとDVDとカレーとコーヒーを買って
固い固い握手をして帰っていった。

おでん屋当時お付き合いしていた女性が今の奥さんだと。
後日、『奥さん 泣きながらDVD見てたよ。』とメッセージが届く。

長い旅の中でまた 歌い続ける意味をもらってしまった。
私の心を枯れさせないでいてくれる人達に
ありがとうありがとうと何度もつぶやきながら
今日も仲間が照らしてくれるステージに立つ。

あの 悩みも夢も抱えて明日を見ていた日々。
マットレスの中のワンダーランド。
若い私に影響を与えてくれたマスター、一緒に働いたゆうちゃん、
色とりどりのお客さんに 今一度感謝を込めて…

今日は おでんにしようかな。

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


そうです、北海道歌旅座は期日前投票へ行ってまいりました。

19日の愛別公演を終えてご当地で1泊、翌朝はアジトのある札幌へ。
その帰路に歌旅座メンバーは国民が誰しも持つ選挙権のうちの
投票する権利を行使するべく、いざ、第48回・衆議院議員総選挙へ。
18歳から投票できるはじめての総選挙でもあります。

来たる選挙当日の22日は、知内町公演。
拠点とする札幌からは300キロの距離がありますから、
投票するには、ちと難しい。プチ難しい。
だからこの20日、メンバー全員で期日前投票所の扉をノックしました。

「誰だ、そこにいるのは」
「北海道歌旅座という旅芸人であります」
「何の用だ」
「あの、事前に投票しようと思ってですね」
「誰にこの場所を聞いた」
「選挙管理委員会のほうで」
「その証しはあるのか」
「はい、この案内ハガキがございます」
「うむ、よかろう。入るがいい」

うまいことに歌旅座メンバーの居住地は全員が札幌市中央区。
だから期日前投票所は1箇所で済みました。

171020a


「1票の格差」という言葉がありますが、
本当に各個人で1票の重みが変わると興味深い。

たとえば、司会太郎の投じる1票は38票の価値があるとか、
歌旅座BOSSの場合は1826票の価値、逆にチエマイナス5286票とかね。
こうなると、チエに入れられる政党や候補者はたまったものじゃない、
どーにかしてチエの投票を阻止するために策を講じる...。


こんな想像をしてしまう選挙が好きだ。
棄権するなんてもったいない。
せっかくの国民の権利、大いに使いましょう。

投票締切は22日・日曜の20時まで。
また、台風21号が近づいていますので、
安全確認の上、気をつけてお出かけください。
地域によっては18時で締め切られるところもあるそうですよ。


171020bb
上の写真、チエが投票しています。
政党、候補者のみなさん、間に合いませんでした。


 
それでは、ごきげんよう。 

 

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.