北海道歌旅座コンサートスケジュール


“僕”の髪が肩まで伸びて“君”と同じになったら結婚するーーー
って、それまでの間“君”はこまめに髪をカットしに行くのかな?
つつましい生活の中での恋愛事情を考えるとずいぶん物入りだよね。
それとも“僕”の髪が肩まで伸びる間に “君”の髪は背中まで伸びるし、
“僕”の髪が背中まで伸びる間に…って、いつまでも結婚できない
じゃないか!!おいおい、結婚するする詐欺かよ!?

小さな石鹸カタカタ鳴らし、赤い手拭マフラーにして行った
銭湯で “一緒に出ようね”って言ったのに 洗い髪が芯まで冷える
ほど女性を待たせる長風呂の男ってどうなのよ!!
そのくせ、その身体を抱きしめて “冷たいね”って…。
冷たい?はぁ?誰のせいだと思ってるんじゃ、こらぁ!

季節はずれの雪が降ってるホーム。
動き始めた汽車の窓に君は“顔”をつけてるんだよ。
“頬”でもなく“おでこ”でもなく“顔”だよ、顔。
顔となるともう真正面からべったりと、それはもう鼻はつぶれ
唇はまちがいなくタラコ唇になってるはず。
その窓ガラスに押しつけられたタラコ唇が“さ・よ・う・な・ら”
と動こうとしたら、そりゃあもう怖くて下を向いちゃうよ。
早く、動け 汽車よ、早く、早く連れ去ってくれ~~!!

いや、これは大変失礼いたしました。

昭和に生まれ昭和に育ち、昭和に青春時代を送った者にとって
フォークソングとは もう身体の中にすっかり染み込んで
いるものであり、ひょいと覗き込むと自身の中に“フォークソング
の広場”ができてしまうものでもあります。
反戦や反支配体制を謳った硬派なものから、さりげない日常や
恋心の悲喜を謳った軟派?なものまで、昭和という時代の流れに
のって生まれた数多くの楽曲が積み重なり、「フォークソング」
という一本の大きな柱となって日本の音楽シーンを支えてきたと
言えるでしょう。

誰もが知っている名曲から、決して有名ではないけれど、
このミュージシャンの、このグループのこの曲が好き、という
個人的な名曲まで広く深く愛され続けているのが「フォークソング」。
私自身 時にギターを爪弾き、時に仲間と合唱し、時に歌詞を
身に置き換えて涙し、そうして親しんできた曲ばかりなので
冒頭のように好きを通り越してついついその世界につっ込んで
みたくもなるのです。

さぁ、前置きが長くなりましたが、歌旅座10周年特別企画
「フォークソングの広場」第2夜も大盛況。
懐かしいあの曲もこの曲も JUNCOの歌心で、チエの歌力と
顔力で、ナリコのヴァイオリンやサーモンズのコーラスで、
新しい色使いの曲に生まれ変わり、来場された方々、それぞれの
『フォークソングの広場』を鮮やかに染めあげていきました。

received_1104534966385723
(新ユニット『雪ん子トリオ』。)


3/31、4/18と日をあけての2DAYSでお届けした特別記念公演は
期待以上の盛り上がりで、円山夜想の店内は一足早く
笑顔の桜が満開。
暖かさを通りこして、身も心も熱い二日間となりました。
ご来場下さった方々に熱烈感謝!

received_795966737428285

さぁ、今月末からは近畿・東北ツアーが始まり、5/16には
この「フォークソングの広場」を旭川でお披露目します。
始まりがあって終りのないこの旅をこうして続けていけるのは、
迎えてくれた笑顔や拍手のぬくもりがあってこそ、と改めて
実感した二日間でした。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ずいぶん前に知った、“泊まれる本屋”というコンセプトのホテル。
今のところ東京より向こうにしかありません。
本棚に囲まれた共有スペースがあり、本はそのまま各部屋にも持ち込める。
その部屋というのはいわゆるカプセルホテル形式なのですが、それはツアーで経験済み、
多少の不自由さは許容範囲内と想像していました。

本を読みたいというよりもその空間を見てみたいという興味があり、少し前、
プライベートの旅の機会に泊まってみることに。
IMG_20190415_150213

矢印のように、本棚に部屋がはめこまれている。

この日は結局近くに住む友人と食事に行き、ここであまりゆっくり過ごすことには
ならなかったけれど、夜はとても静かで落ち着きました。

(ツアーで泊まったカプセルホテルで良かったのは函館。カプセルなのに立てる!
さらに机まであるという快適さなのです。)

旅中、別の夜には横丁へも行きました。
札幌では一人で飲むことはまずないですし、各地出歩く際には歌旅座メンバーが一緒なので
最初は多少気が張りましたが、一人きりで人の中に飛び込むのも、やってみると、
横丁という気軽さも手伝ってなかなか楽しかったです。
IMG_20190417_235834

旅に出て記憶に残るのは、やはり出会った人達。ほんのひととき一緒に過ごしただけ
だけれど、振り返るといい時間だったなと思い出されます。

ひとつきあればなにができる
当てなど決めずに旅に出ようか
今の自分がどう見えるのか
見知らぬ人に尋ねてみたい
~JUNCO「時の坂道」より~

今回はいくつか用事を作って出かけたので、この歌詞の世界のように趣のある旅とは
少し違いましたが、歌旅座での旅生活も10年経った今、すっと胸に入る。
いい時もそうでない時も、こんな旅にいつでも出られる精神でありたい、と思います。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

地球という星の、まだまだほんの一部しか歩いていない
とは言え、このニッポン歌の旅、かなり心豊かな時間を
過ごさせてもらっています。
ちょうど今、チェ・ゲバラの本を読んでまして、いやまぁ
若い頃からあちらこちらへと旅に出て、各地で僅かなお金
を稼ぎながら貴重な経験を積み、人生の物語を刻んで
いたようです。
好きな女性にプロポーズをしたのに、彼女を残して
そのまま旅に出ていくなんてねぇ~ 
そんな彼をかっこいいなと思ってしまう私は変でしょうか。
二巻が楽しみです。

_20190416_120818


先日チエが『旅は道連れ世は情け』のことわざで悟りを
ひらいて(?)ましたが、旅にまつわる言葉は他にもたくさん。

●『かわいい子には旅をさせよ』
高校卒業後、なくなくだったとは言え、東京に行くことを
止めなかった両親に今でも感謝してます。
自分で確かめなければ分からないことがあるのです。

●『旅の恥は掻き捨て』
にっぽん丸でロシアのウラジオに行った時、現地で髪を
切ってみようと、ダルが恐る恐る階段を上って美容室
の扉を開けました。
全く言葉が通じない世界で、『冒険』した瞬間だったと
思います。(チエと太郎さんはナホトカでカット)

●『あちこち旅をしてまわっても、
自分から逃げることは出来ない』~by ヘミングウェイ
全く違う環境の中にいる自分をいつもどこかで客観的に
見る癖がつきました。旅をしていると、自分がよく見えます。

●『長い旅行に必要なのは、大きなカバンじゃなく、
口ずさめる一つの歌さ』~byスナフキン
旅にも慣れてきて荷物は本当に少なくなりました。
本当に詰め込むべきものは、心の中にあるような気がします。
そう思えば、旅から帰る時、私達は身体いっぱいに
目に見えない荷物を抱えて帰ってきてるんだよなぁ。
そりゃ~重いはずだ。

一年の半分は旅をしている私達。
先日見た『グリーンブック』の中で、『旅先からの手紙』が
なかなかいいスパイスになってるんですが、映画を見てから
やけに手紙が書きたくなっています。もちろん旅先から。
これまた不思議なもので、旅をしていると、家族や友人の
ことをしみじみと思う時間が増えるのだ。ホント不思議。
腕時計に装着した方位磁石の『N』を見ては、『北海道は
あっちの方か』と空を見上げてます。

_20190416_141944


私という人間の旅本、一体どんな内容になるのかしら。
そろそろ格言のひとつくらい言ってみたいなぁ。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

明日4/18は札幌・円山夜想での10周年特別記念
「フォークソングの広場コンサート」の第2夜。
この公演が終わるとシフトチェンジし、全国各地でのツアーが目白押しとなる。
今回は旅に向かう歌旅座のメンバーにとっては無くてはならないアイテムの
ひとつをご紹介。それは、ザ・「ロード」。
我々だけの行程表である。
1555391305932
*去年の南房総公演(1日2回公演)の日のロード。
終了後、札幌戻り組みは羽田空港発便ギリギリセーフの到着。思い出深い。

活動が始まった2009年の公演時から作っていたので、全てを保存していたら
莫大な活動記録になるだろう。
歌旅座が1隻の船だとするならば、ロードは旅の航海図。
10年前とは時代は変わり、今ではスマートフォンという羅針盤までそれぞれ備えている
我らには怖いものはなし。
しかもこの中には、入念に計画された様々な情報が含まれているのだ。
“自称・少数精鋭”がモットーの歌旅座メンバーは、ツアーのイメージ会議を欠かせない。
オフィス内でも、公演先の楽屋でも、呑んでる席でも気がつけば開催される。
一緒にいないときはも気がつけば<LINE>ですぐやり取りすることも。
コミュニケーション(情報共有)というヤツですね。

東北地区でひとつの公演が決まると、この期間は東北ツアーで行こうと目標を立てる。
例えば、
・この日に全員で苫小牧港から八戸にフェリーで入るか、それともトラック以外は仙台空港に行くか。
・北海道の道南での公演ツアーを先に入れて青函フェリーで青森に入るか。
・期間内の公演決定がイエスorノーでどうするか。関東までいっちゃったりするか。
・公演地から次の町への道路状況はどうか。高速を通るか、下道を行くか。所要時間は?。
・宿泊先はこの町のビジネスがいいのか。それとも近くにいい温泉宿があるのか。
・この宿の朝食のごはんの炊き方が良かったぞ。
・この町は2回目。前回行った中華屋さんは外せない。予約せねば。

とかとかとか。
考えられるすべての条件を考慮して、道路地図、所要時間、予約、必要なチケットなど
手配、まとめてくれるのがBOSS。
宿代、航空券代などは早く手配をすればするほどメリットがある。
そのためイメージと決定のタイミングが重要となる。
最近は、可能な限り宿を変えず連泊が増=精神的にも楽に。
テーマは、より効率的に。よりリーズナブルに。そしてより快適に。
それが詰まった「ロード」として完成するのである。

現在「ロード」を最終作成するのはJUNCOの仕事。手配と同じく大変な作業だ。
ツアー前にメンバーに配られる「ロード」にはこれまでの開催数や会場情報、
その町のマスコットや歴史、エピソードなどもJUNCOがしたためてくれたりするのだが、
いつも和ませてくれるのがたまに登場するメンバー個々の予想スケジュールだ。
例えば、去年の奥尻島での公演翌日のロード。奥尻の秋、完全休日の日。
※この日の奥尻ブログはこちら。
1555391309706
上から誰のスケジュールかというのは、ご想像にお任せする。
JUNCO本人は「誰もその通りに動いてくれない~」と言うのだが、
それでよかったじゃないか。
なぜなら、一番下のご存知〈酒呑番付の横綱〉女子メンバーが、最後に「溺れかけ」なくて。

GWツアーからのJUNCOの仕込みも期待!

これからもニッポン全国1719市町村への航海は続く。
積み重ねられる「ロード」とともに。
1555391313650

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

60年代~70年代に流行したフォークソング。
その世代のアルバムを開くと必ずと言ってよいほど出てくるのが
ギターを弾く青年と、それを囲む友人たちの写真。
私が幼い頃、父もフォークギターを持って「フォーク全集」なる楽譜を開き
よく弾いて聞かせてくれたものです。

この度新しく誕生した演目「フォークソングの広場」
歌旅座流のアレンジが加えられた昭和のフォークの名曲たちが次々に登場します。
これまで旭川では新演目ができると欠かさず披露してきました。
今回ももちろんお届けに参ります。
会場はCoCoDeという場所です。180席と座席数は限られた数しかございません。
ご予約・お買い求めはお早めにどうぞ!
旭川公演_Moment
旭川「フォークソングの広場」
日時 5月16日(木)
   開場18:00 開演18:30
会場 旭川市市民活動交流センター
料金 2000円
ご予約・お問合せ  北の暦友の会(樋口)0166-73-3225 
          北海道歌旅座 011-623-6680
asahikawa (2)


    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.