北海道歌旅座コンサートスケジュール


眞宗寺さんでの激しい夜を過ごし、数時間
の軽い睡眠を取り、恒例の『昨夜の記憶』
の答え合わせから始まる朝。
もう大人なんだから、知らない傷を作る
のはやめましょうね、皆さん。
奇跡の起床に成功した一座、函館名物
『ハセガワストアの焼鳥弁当(塩)』を購入して江差港へ向かう。
これがまたうまい。付属の紅しょうがが
抜群に合う。 米の硬さ・塩加減、バランス
言うことなし。
ご当地飯を食べられるのも、旅の醍醐味
です。

ハートランドフェリーに揺られること
2時間弱。奥尻港で手をふる愛すべき
ご夫婦の姿。
奥尻公演は、この工藤ご夫妻なしでは
実現出来ない。
いち建設会社の社長さんが、『町の
みんなが喜んでくれることがしたい』
と、自らが立ち上がりコンサートを
企画してくれている。
今回もまた200名近くの皆さんが足を
運んでくれたのだけど、お二人は
既に来年を見ていた。
行きたくても、手段がないというお年寄り
の為に、マイクロバスを出そうと
目論んでいるのだ。
島民みんなに楽しんで欲しいという
思いが底なしである。
そんなお二人と出会えたことが、私達に
とっての宝物。

雨でグズつく奥尻二日目。
一年ぶりの『奥尻の夏休み』だ。
今年は絶対に魚を捕るぞと意気込み、
フィッシュランドでモリまで入手した
ダル。
ほぉ、そこまで言うのならと、陸では
酢飯と海苔とワサビまでスタンバイ。
あとは新鮮な魚を待つのみ。
その間、工藤さんの奥さんが入手して
きてくれたポップコーンと焼きマシュマロ
で、心を満たす。

_20190728_094043
海の向こうでは、巨大なアザラシ?がモリ
片手に魚達に茶化されている。
すぐそばで鵜が魚をくわえ、ダルを
嘲笑って去っていった。
結果的に、私達は『酢飯巻き』を食べる
こととなった。
包丁を研いで待ち構えていた料理長の
司会太郎は出番をなくし、待ち時間の
長すぎたBOSSは4本もワインを空けて
しまった。
これもまた、意味があるんだろう、
ね、父さん。

_20190728_094003


グズついてただけの雨も本降りになり、
ずぶ濡れで宿へ戻る。
工藤組の皆さんが用意してくれた
バーベキューで、心も身体も満たされ
ていく。ありがたい。
本当にありがたい。

コンサートだけではなく、私達にとっての
『奥尻の夏』をコーディネートして
くれる。
こうしてまた、忘れられない夏のひととき
をサンタさんからもらったのでした。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

夏の道内ツアー、この日の会場は、函館市中島町にあります「眞宗寺」の本堂。
お寺公演は久しぶりです。
各地お寺でのコンサート、以前は連日のように開催していましたが、ここ数年はコンサートホールでの開催がほとんど。

ホールには搬入口があり、機材を出したらすぐに舞台袖に運べ、たとえ外がどんなに暑くても中に入ってしまえばこっちのもの。

しかしお寺の公演は、まずトラックの奥に収納されている平台を、二人一組になって
運び込むこと全部で9枚、ステージを組むところから始まります。
置く場所によって形が少しずつ違う箱馬を配置して、その上に平台が乗せられて行きます。

DSC_1221
必要機材も置き場がないので、ある程度の形ができるまで雑然としています。
つまずき注意。小指の爪をぶつけたりしないよう、スリッパ必須です。
いつもは静かな本堂、ここで暮らす猫達もそわそわ様子を覗きに来たり、
積まれた照明ケースの中に入ってみたり。
DSC_1224
1564055982596
お寺公演が続いていた頃はこの仕込みが普通でしたが、ホールコンサートに
慣れてしまうと、なんだかとっても大変。
取りかかるまでは、宿題が手につかない小学生のような気分。
この日に限って気温も湿度も高く、「原点回帰、原点回帰…」と呟きながら、
汗をふきふき、それぞれの作業を進めます。

4回目となる眞宗寺さんでは、最近加わった新演目「フォークソングの広場」を
お届けしました。
お寺はお客さまとの距離も近く、会場全体が何かに守られているような温かさがあります。
“お寺あるある”、突然ブレーカーが落ちてしまって、照明もスクリーンも音も消えるという
事故もありましたが、一体感のあるいい夜になりました。

待っているのは撤収作業。
でもこれを全てトラックに収納し終えたら、美味しいビールで乾杯です!
お寺の方々にもお手伝いいただいて、本当に助かりました。

前回の懇親会もずいぶん飲んだねという話をしながら時間を過ごし、
それでもやっぱり飲み過ぎてしまう眞宗寺さんでの宴。

ふっと部屋を出ては、次から次へとおいしいお酒を手に登場する伴田住職。
皆様とまた来年もお会いできますように。
ありがとうございました!
1564045024703
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

毎度ぉ~~!
円山夜想・マルヤマノクターンの店長、kenzzzi(50)でおま!

九州の雨災害、大変な事になってますね。
お見舞い申し上げいたします、そしてどうぞお気を付けくださいませ。

7月20日と21日に、ここ円山夜想で北海道歌旅座の「フォークソングの広場」アンコール公演が二日にわたって開催されましたで!
初日の20日はお天道さんに恵まれましてな。日差しの強い、でも良い風が吹く日和でしてん。
開場時間が14:30と、いつもの円山夜想ライブより随分早い時間やから、歌旅はん達の入り時間も午前中や!
眠い眼ぇ擦って私も店へと向かいます。。

会場入りすると、すでにステージはセットされ音出しを今か今かと待っているようや。
しか〜し!今回の2デイズライブのお食事はアリーはん監修のタイ料理が出ますから、厨房ではアリーはんを板長に仕込み・準備が粛々と進められてはります。
タイ風唐揚げ、スパイシー春雨サラダ、グリーンカレー。
アリーはんは、これら料理の準備&指示出しをしながらサウンドチェックの様子も気になりながら、何ともソワソワしてはりました。
厨房には北埜うさぎはん、磯部はんも加わり料理達が揃いますぅ。

IMG_5025

IMG_5027


美味そうやろぉ〜〜!
けど、辛いねんで。とっても。

開場と同時にゾクゾクとお客さんがやってきますぅ!
あっという間にドリンク・料理が出ましてな、喉とお腹を満たしてライブ開始や!

IMG_5041

いつもは何百人規模の会場で観る歌旅座のライブを、円山夜想では40〜50人で満席になる大きさの店や。
最前列では、砂かぶりモトイ。唾かぶりの至近距離で観れますから、
もしかしたら、JUNCOが腰に貼ってるサロンパスや、チエの衣装からはみ出したお肉や、司会太郎はんのモミアゲの仕上がりも見えてしまうやろ。
もし見てはいけないものを見てしまったとしても、そっと心にしまっておいてや〜。

IMG_5028
出番直前。集中してはります。
 

さて二日目や。
この日は参院選やってんな。
歌旅座は(私も)期日前投票または会場入り前に投票を済ませ、心置きなくライブを行います。

1日目と同じく、アリーはん監修のタイ料理をお出しして。
ビールもたっくさん出ましてな、日曜の午後のライブは一気に盛り上がりますぅ!

IMG_5055

ライブっていうもんは、同じライブは二度とありません。
たとえ観に来てくれはったお客さんが全く同じだったとしても。

その日、その時の音が客席と循環するんやで。
中空に描いた音楽の景色もその時によって違うしな。
だから見逃したら、それはもう観られないんや。

北円山の応援団の盛り上げも、ライブのエネルギーになるで。
応援してくれるお客さんあってのライブや! 


みなさん、また円山夜想でお会いしましょうね! 

ほなな。
THANX!!
maru-nock
kenzzzi.
 
p.s. 打ち上げで聞いたんやけど。。歌旅メンバーで投票に行かないのおったって。アカンで。
 
IMG_5047



 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

私が生まれたのは1977年。その年ヒットした曲の中に
中島みゆきさんの『わかれうた』がある。
(カップリング曲は「ホームにて」)
20190717_113515

他にも桃色女子(ピンクレディー)や沢田研二さん等、
魅力的な歌手が沢山いた中から、『中島みゆきが気になる』
までそんな時間はかからなかったように思います。
生まれたばかりの赤ちゃんが、さすがに当時の歌声を
記憶しているとも思えないんですが、ある程度大きくなって
あの語るような歌い回し、やりきれない中にシュっと通る
筋のようなもの、北の大地を思わせる曲の構成、
白シャツ、なにに狙いを定めているのか気になる眼差し、
意外と軽快にしゃべるラジオ…。
どういう訳か、身体にスゥ~っと入ってきた。
道に倒れて誰かの名を呼び続けるほどの悲しみを
体験したくなってしまったのかな…。
幸せの後ろをついてくる別れに怯えながらも。



※不思議な二人の会話です。歌声と話し声がこんなに違う人
 いるだろうか…。

その頃父さんは、プレスリーが亡くなったことにショックを
受け、家の珠のれんを見る度に衣装を思い出し泣いていた
(ハズ) 母さんはジュリーの色気に夢中でいつかハグして
もらいたいとマヂで思っていた(ハズ)
30歳の父と母。若いなぁ~。
世界では、ピストルズにシドビシャスが加入し、ぶっ飛んだ
「マイウェイ」を歌ったりなんかして。
(このヴァージョン意外と好きでした)

全国各地で歌っていると、『北海道らしい歌声だね~』と
言われることがあります。すごく嬉しいお言葉。
もちろん北の大地が育ててくれたボディが鳴っているという
のもあるけれど、影響を受けてそう仕上がってきた部分も
あります。
旅を始めた当初、『歌は語れ、語りは歌え』とBOSSに
言われたことを思い出す。
昔、五・七・五で歌詞を書いていた人も沢山いたけれど、
それはもちろん歌いやすいんだけど、でも人の心を歌う
には時として、小節や音符からはみ出しちゃうような表現
も必要だったりする。はみ出し万歳。
吉田拓郎さんの『春だったね』も、その「はみ出し感」を
楽しませてくれる一曲。最後の最後で『春だったんだね』
とたたみかけてくる感じ。くぅ~シビレるぅ~。
語るような歌は、これからも私のテーマです。



色んな昭和の歌達と向き合うようになって、その曲の
チャームポイントのようなものを探すのが楽しくなって
います。
歌旅座のフィルターを通すと、どんなミラクルが起こせる
だろう…そんなことを思いながら、今日明日とやる
『フォークソングの広場』、盛り上げてみたいと思います。



    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

7月の3連休はどのように過ごしましたか?
きっと「海の日」ですから、海水浴に出かけた方もいらっしゃいますね。
私たちは北に車を走らせ、2連続公演。

1日目は深川市。
年間10本以上の音楽コンサートや寄席を深川、滝川で開催している

アートステージ空知の皆さんに呼んでいただきました。。
良い音楽を多くの方に聴いてほしいと精力的に活動しています。
今回の深川公演は一座の公演を観てくれたという方々の声によって
実現されました。有難いですね。
JUNCO&NARIKOのコンサートでしたが、私もちょっとだけ参加。
1563240329320
会場とステージが一体となった温かいコンサート。
ご来場者の方々も主催者のみなさんも喜んでくれました。
P7130256 (2)

2日目の秩父別は、恒例の「バラの音楽祭」に参加してきました。
毎年「ローズガーデン秩父別」で開催される催しで、地元の中学校の
吹奏楽部、町内外で活躍する音楽家やバンドの方たちが集まり
思い思いのステージを披露しました。

町内で結成した実行委員会のみなさんです。
会場設営から、運営まで全て皆さんで力で創り上げます。
「10回続いたら良いな」
実行委員会を立ち上げた山本さん(写真・1列目左)が当初話していたそうです。
IMG_20190716_174223
そのコンサートも今年で8回目を迎えました。
私も一座に入って以来毎年参加していますが、みなさんともすっかり
顔なじみになりました。
回を重ねるた度に増えていくお客さんの数、どんどん早くなる仕込みと
撤収は
私たちのコンサートと重なります。

来る人がいないと成立しない様々な企画。
しかし、まずやろうという「想い」がないとなにも始まらない。
良い音楽をたくさんの人に届けたい。
音楽を通じて町を盛り上げたい。
全国すべてのまちに元気を届けたい。
「想い」なしでは出会わなかったであろうみなさんとのご縁
これからも大事にしていきたいと感じる時間でした。

1563202265133

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.