北海道歌旅座コンサートスケジュール


年間150本の全国公演。たった2時間のステージだが
そこには舞台仕込みから出演、機材の撤収までの目まぐるしい
ドラマが毎回繰り広げられている。
今日は決して客席から見ることのできない楽屋の裏側をちょっとだけ
覗いていただこうと思う。

冒頭に赤いジャケットを羽織り、いち早くステージの前に立って
お客様を迎える歌旅座専属司会者【司会太郎】。
楽屋に入る否や、自分の陣地を決め、目一杯荷物を広げて身支度にかかる。
今まで着ていた服、これから着る衣装、メイク道具、整髪料、育毛剤?
などなど所狭しと並べ、彼の時間が始まる。
私たちから見ればぐちゃぐちゃに置いてあるように見える物たちも、太郎さんに
とってはあるべきところにあるもの。
50歳独身男性のこだわりに逐一口出ししてはいけないのは暗黙の了解だ。

それはさておき、司会太郎にはもう一つの顔がある。
その顔は第一部に出番のないプログラムの時に現れる。
客席へと足を伸ばすJUNCOや、「昭和枯れすすき」を熱唱する
”サクマと秀哉”に光を当てるピンスポットマンだ。
冒頭でお客様へのあいさつを済ませると一目散に4階、または5階まで
続く階段を駆け上がりピンスポルームなる場所から目標を定めて投光。
1部が終われば、休憩のMCがあるため休んじゃいられない。
登りで痛めた膝をかばいながら階段を一気に降り、何もなかったように
ステージに立つのだ。
2部頭に「石狩挽歌」があるときはせっかく降りてきた階段をまたダッシュで
登らなければならない。
足腰は誰よりも強いはず。まだまだイケてます。誰かお嫁に来ませんか。
1559750275022
その一方でアリタさんは小綺麗に自分のテリトリーを作り身支度を整える。
顔にはファンデーションを塗り、りりしい眉毛を更にりりしく、大きな目を
更に大きくするため鏡に向かって奮闘している。
はじめは慣れなかった手つきも、最近じゃ小指を立てながら、楽しんでいる
ようにさえ見える。
今は毎月タイへの買付のついでに、スクラブマッサージもしてるらしい。
(何かに目覚めたのだろうか…)ふとよぎる思いは自分の中に留めておこう。
洋服から和服に着替え、一部が終わると客席で物販。これまたバタバタ。

JUNCOさんもまた机の上をキレイに使う人だ。
そして、きれいに、ばっちりとメイクを施す。髪の毛だって自分でまいて
セットしている。
そして舞台では力いっぱい歌い続ける。
しかし、一部が終わると頭皮から汗が流れ、顔も頭もびっしょり。
せっかくセットした髪もメイクもどこへやら。
生まれたての子牛を思わせる風貌に思わず笑いがこみ上げるが、それも束の間。
短い休憩時間で衣装を変え、メイクを直し、まっさらにした状態でまたステージへ
颯爽と向かっていく。
その姿は結構カッコイイ。

私も同じくばっちりメイクを施すのだが、なんせ衣装替えが多い。
それに伴って髪型も変え、メイクも変えなくてはならないため
いつでも慌ただしい。

特に今回の九州ツアーはステージよりも裏での方が汗だくだった。
ベレー帽から始まり、ドレス、着物、再びベレー帽に七変化しなければならない。
全て時間との勝負だから着替える場所なんて選ばない。男性陣がいても
ステージに一番近い楽屋に陣取り、その場で服を脱ぎ捨てる。
その場に運良く(?)遭遇してしまった司会太郎が「あ、ごめん」でもなく
「チッ ! 」と舌打ちした意味を問う間もなく、「だから結婚できないんだ ! 」
と捨て台詞を吐き自分も独身であることを顧みる間もなくステージへと走らなければならない。
1部が終わると楽屋に泥棒が入った後のような惨事だ。
それをまた片付け、休憩の物販へと繰り出す。

舞台裏ではこんなドラマがいつでも繰り広げられている。
1559750273304
関東、九州ツアーを終えてオフィスに戻ると嬉しい手紙が届いていた。
コンサートを観てくれたお客さんからだった。

~現在の世の中 社会の悲しいニュースばかり。心なき世の中になり
人間が人間らしくというのがどこかに消え去りつつある今。
淳子さんたちの歌声はどれほど一人一人が心癒されるか。
中略
多くの人に触れてもらいたい 元気に生きて欲しい 久しぶりに
”本物”に出会えた気がします~

そこにはこんな想いを綴ってくれていた。

あなたに会うために
この旅は続く。
あなたに会えたからこの旅は続く。

慌ただしく汗臭い楽屋裏。
普通なら面倒なサイクルも、ひとつの感動さえあれば
私たちに欠かすことの
できない輝く時間となる。
向かっている先は、いつでもお客さんの喜ぶ顔。
観に来てくれた人たちには毎回思いきり楽しんで欲しい。

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ツアーも最終日の玖珠町も無事終え、メンバーとは会場でお別れ。
一足早く北海道へ向かう為トラックで大分港へ。

最近ではなるべく長距離を走らないようにと、ありがたいプランになっていて、
今回はまず初めての乗る航路で大分港から瀬戸内海を横断し神戸港へ。
瀬戸内海の島々を避けながら進み、瀬戸大橋や明石海峡大橋を抜けて行くのですが、
夜の出航で景色は見れなかったので昼間の景色はいずれ見てみたい。

乗船した船は利用客も多く賑わっていました。
九州から関西までお手頃にいける手段として人気なのでしょう。
嬉しかったのはトラックドライバー専用の部屋が喫煙だった事。
今時フェリーでも喫煙所があり、個室や公共スペースでは禁煙なのですが、
部屋に入るとなんと昔ながらのアルミの灰皿が置いてあり、
ベット傍でタバコが吸えるなんて喫煙者にとってなんと嬉しい事か。

翌日早朝、神戸港へ到着し鳥取県に寄り道。
まだ手付かずの山陰地方でも開催すべく、公演のご提案をしてきました。
お伺いした担当者の方が「さっきトラックを見かけましたよ」と、
トラックで営業へ行くと宣伝効果は抜群。
開催にも前向きに考えて頂けるに違いないでしょう…

そこからは舞鶴港からいつもの新日本海フェリーで北海道へ。
いつものように十数時間の睡眠をたっっぷり取り、無事札幌に帰ってきました。

束の間の札幌滞在で道内の島公演のあと、その足で広島県へ向かいます。
船旅もまた続いていきます。
船や海によってそれぞれ違う旅、全国の海も楽しみたいと思います。
IMG_6289

    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

  ~あかりも消えた ステージで振り返る
迎えてくれた笑顔や拍手のぬくもり~

1559528073575


私が、歌うことをやめられないのは
あの瞬間にしか味わえない、実に人間臭く
そして心震える感覚があるからだ。
私達のステージを見つめる瞳が輝いている
と、それだけでこちらの命も より震える。
『エネルギーの循環』ってやつだ。
元気が元気を呼び、感動が感動を生む。
なんという幸せな時間だろう。

10泊8公演の旅の最終日とあって、
メンバー全員、残ってる力を全部出しきった
ステージだった。
帰り際の握手や会話の多さは、きっと
そんな私達の想いを拾ってくれたからだろう。また、会えそうです。

~歌をうたうことだけが人生じゃないけど
歌い続けるこの旅がいつか花咲かせる~

1559528082438


続けてきたからこそ見られるこの景色。
改めて、10年というかけがえのない瞬間の
積み重ねを愛しく思う。
頼もしい仲間たちと共に、まだまだ新しい
発見をしていくぞ!

最終日ということで、この日はなんと
馬料理専門店でご褒美ディナー。
絶品の刺身・桜もつ鍋・桜酢もつに
舌の鼓をポンポン打ちまくりました。
そうして私達はまた、『馬力』をつけて
駆けていきます!

DSC_1443


各地の皆さん、パワーをたくさん
ありがとうございました!
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

今回のツアーも終盤になってまいりました。
会場となったのは旧吉井町にある『うきは市文化会館 白壁ホール』

嬉しい事にどんどん埋まっていく客席。
初めて訪れた町でのこういった光景は楽しみと同時に身が引き締まります。
 871DF293-710A-4933-A3FB-24972C14A32A

昭和のヒットパレード盛りだくさんの曲目でお届け。
このプログラムで人一倍出番が多いのがチエ。
数分の間に衣装を着替え、メイクを変え、曲によって違うキャラに変身するのです。
出てくる度に違う人だと思っている方もいらっしゃるかもしれません。
ベレー帽のアコーディオン弾き、ドレスの昭和歌手、着物の花魁になったと思ったら
アコーディオン弾きに戻り、最後はワンピース姿でクライマックスを盛り上げます。
笑顔で歌い、袖にハケた瞬間に真顔でダッシュしているに違いないでしょう。
84473FA3-3820-4A2C-AFA7-63B5E9CBA902

 881AE3EC-C8FA-4E88-8A81-C71B2A801097
DEDF29C7-F9BA-480E-9F3B-A77399B82667
41175F66-2F9C-4D90-87B3-971BA7673E03


そして大盛況に終える事が出来た後、今日のお疲れ一杯。
ホテルに戻り、一室で歌旅座的〈下地〉ビールで乾杯。
飲みながら行く店を検索した結果『やきとり太郎』というお店へ行く事に。
嘘かと思うような場所にひっそりある、地元の方々が集まるお店。
F4DFE5B8-00A3-492A-9EA8-94B5CBBFCCC7

Facebookにもアップされているのでご覧になった方もいると思いますが。
筑後川にある夜明ダムに近すぎるくらいすぐ側で、ほぼダムの一部と言っていいくらい。
お店の外でも飲めるようになっていて、そこからの景色も最高。
もちろん焼き鳥や料理もとても美味しい。
4CE97DC8-150F-4F2E-A3E6-2049540A3360


女将さんや常連さんも皆さんとても良い人達で、
北海道から来てる事を話すとよく来てくれたと大歓迎してもらい、
日が暮れるまで盛り上がり、最高の一日の締めとなりました。
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

6月に入ってワン・ツー・スリー の九州3日間。
まずは熊本、長洲町へ。

今回のレポート、写真を多用してドキュメンタリー風に。

IMG_01
我々は、公演会場:ながす未来館へたどり着いた。
なだらかな曲線を描く屋根がセクシーだ。


IMG_02
機能的で美しいホールに、一同、思わず息をのんだ。
チエが落ち着きなくステージ上を跳ね回るのは、いつものこと。


IMG_03
JUNCOが発声練習をおこなうと、いよいよサウンドチェックの時間。
なお、搬入や機材仕込みの写真は、ない。
撮影よりも、ケーブル接続が優先されるからだ。
 


IMG_04
どういうわけか、オペレーション席で歌い始めるダル。
曲目は松田聖子「裸足の季節」。声は良好の様子。 


IMG_06
休憩時間、搬入口で談笑する男3人。
話題は「キャッシュレス時代」について。
ホッとするひとときだ。



IMG_05x
めまいを覚える高い位置からステージを見下ろす。
照明のセッティング。
手前の金網は、客席に落ちないために設けられている。
落ちたら、突き指だけでは済まないだろう。


IMG_07
JUNCOとチエ、2人のリハーサル。
菅原洋一の「恋心」。
司会太郎、洋一のコンサートを観たことを、今、思い出した。
当時の住まいのすぐそば、中学校の体育館で公演してくれたのだ。
2曲ほど聴いて、帰宅した。4歳か5歳のころ。
 

IMG_08
本番。
暗闇に浮かぶアリタとチエ。
2人の儚い姿が観客の涙を誘う。 


IMG_09
本番。
華やかな装いのJUNCOとチエ。
彼女のたくましい二の腕と窮屈そうな衣装が
観客の涙を誘う。


IMG_10
突き指もせず無事に公演をお届けできた。 
今回の収穫は、初めましてのまち、長洲町に赴くことができたこと。 
そして、菅原洋一コンサートの記憶が蘇ったことだ。

ありがとう。

では、ごきげんよう。 

 
    このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Clip to Evernote

このページのトップヘ



© DMJ, INC. ALL RIGHTS RESERVED.