2015年、北海道歌旅座は新参者の顔見世公演、題しまして
「クライマーズSHOW・新参物語」からスタート。

新参者・佐久間 千絵武内 建が昭和の人気歌謡曲、ポップスの歌唱と
その合間に哀愁を誘う小芝居で当時の若者たちの青春群像を描く青春音楽劇。

何が起こるかわからない歌旅座の新演目、新春ツアーの初日の舞台となったのは、
大人気!NHK朝の連続テレビ小説「マッサン」でお馴染みの余市町

なんと余市町での公演は今回で12回目!!
2015110余市町CS 001_R

雪の舞う中、いよいよ新参物語の幕開けです!!

先陣を切って颯爽と登場したのは、下半身が大型新人の佐久間 千絵

奇抜な衣装で乱れ舞を披露。
2015110余市町CS 008_R

そこへ、人民服を着た女現る。

一転、乱れぬ舞を披露。
2015110余市町CS 020_R

一方、爽やかな白シャツ姿で登場したのは武内 建

2015110余市町CS 017_R

JUNCOのピアノと共に1970年代の名曲達をじっくり、そして激しくと歌いあげました。
2015110余市町CS 016_R


アンコールでは、今回、案内役として登場する看板シンガー・JUNCOが、
新曲「海に出よう」を初披露。

作詞は、「夢は逃げない」でお馴染み、余市町在住の中村小太郎先生。
激しい荒波に向かって船出した新参者たちの背中を押すかのような熱いメッセージが
込められています。

2015110余市町CS 036_R

余市町公演を皮切りにスタートした「クライマーズSHOW・新参物語」。

笑いあり、涙あり、新参者たちが贈る歌旅座の新演目、是非その目で一度確かめに来てください!!