ごきげんいかがですか。
司会太郎です。


過日の3月9日に「チープ広石:サンキュー! DAY」
札幌・円山夜想(マルヤマノクターン)で開催されました。
当日は彼の一周忌でありましたので、生前の彼と面識のある
後援会員のみなさまにお運びいただきました。
平日の月曜日だというのに満員。ありがとう。

彼の旅立ちから1年。
今回は彼がいた日々の想い出をたどり、
彼を見守ってくれた皆様に感謝の気持ちを込めて
第1部を映画「セイム・オールド・ストーリー 20年目の訪問者」上映、
第2部を彼が送り出した楽曲の演奏という2部構成のイベント。

さて、ここで。ご来場いただけなかったみなさまは、
どんな雰囲気の会場をご想像なさっているのでしょう。
囁く声が静かに消えゆき、女性はハンカチーフを取り出し、
男性はおもむろに天を仰ぎ見てそっと手を目にやる。
誰かが忍び泣きをするに至り、またひとり、またひとりと
堪えきれずに嗚咽する......。

とんでもない。
酒池肉林に唖然失笑、合縁奇縁の天衣無縫。
兼愛無私にて竹脇無我な一夜。

これこそ彼が求むモノ。
お涙頂戴よりもおかわりちょーだい、
みなさまはそれを知ってか知らずか
なごやかで陽気な破天荒ムードが手放しで広がっていきました。
それを感じ取るならばJUNCOのブログ記事に詳しいです。
ソフトなイメージをお求めなら、高杉奈梨子のブログで。

映画が終わったら「ええぞ、チープっ!」
彼の歌声やサックスが流れると「どひゃー、チープ、もっと行けえっ!」

タコの刺身を報酬とすることで、嬉々として東京から
駆けつけてくれた下谷淳蔵さん。彼の「心友」のおひとり。
チープ広石の朗らかな秘話を聞かせてくれてありがとう(もちろん演奏も)。

歌旅座の旗揚げ時から彼を撮り続けてきてくれた、
ある意味で一座の専属「写真太郎」こと飯塚達央さん。
ステージ上で何を話されたか忘れたけどありがとう。
この夜に経験したタクシーの運転手の件、スゴイね、ありがとう。

後援会長も途中まで飲酒をガマンして挨拶してくれてありがとう。
もうそろそろ酒をやめてもいいんじゃない、ありがとう。

えりも・日高・むかわ・音更・余市・岩見沢・旭川・
東神楽・名寄・美深・大空・恵庭・北広島・札幌からのみなさま、
ひとまとめにしてしまい恐縮だけれども、ありがとう。
来られなかったみなさまもありがとう。

宮崎県のHさん、フルーツを送ってくれてありがとう。

ピヨ、正体不明の包みを送ってくれてありがとう。
一瞬、むかし飼ってたセキセイインコからの恩返しだと思ったぞ。

そして、尚子さん。
お忙しい中、メッセージを寄せてくれてありがとう。
北埜うさぎがそれを読んでいるときは、
さすがに天を仰ぎ見ようかと。



150313_39_b

150313_39_e

150313_39_c

150313_39_a



チープ広石さん。
ありがとう。