大新年会を終えた歌旅座が、次に新年のご挨拶に向かった街は、
ホームである札幌市の次に多い26回という公演回数を誇る旭川市

 
何度となく訪れているホールではありますが、
フルメンバーでの公演は、実は初めて。意外でしたね。
 
そんな歌旅座による、おめでたい企画満載の新春コンサートが、
1月6日・7日の2日間にわたり開催されました。
 
昨年、年明けから全道各地で披露され、なんとCDまで発売された「東京物語」
歌旅座の本流であり、根強く支持を集めるオリジナル曲を中心とした「本公演」
全国各地で大旋風を巻き起こしている「昭和ノスタルジア」
そして、おめでたい場所では欠かせなくなってきた、
もはや飛び道具とも言うべきあの曲あの曲

この2日間は、歌旅座の数ある演目から選りすぐりの曲をラインナップした、
新春特別プログラムでの公演となりました。
 

昭和ノスタルジアのオープニングで演奏する「時代」。
今回は、旭川市・ロータリー商店街よりご提供頂いた昭和時代の写真とともに
お届け致しました。
今も面影の残る街並みを懐かしそうに見ているお客様の表情が印象的でした。

jidai


スペシャルゲストとして登場してくれた輝く未来たち。
まずは、三味線奏者・菅野優斗君。
 
司会太郎さんとのひとコマ。
お二人の装い、いかにも新年っぽくていいですね。
kanno

そして、美瑛白金太鼓鼓楽同志のみなさん。
6日と7日、それぞれ違う種類の太鼓での演奏を聴かせてくれました。
shirogane

 
彼らが奏でるキラキラとした音が心地よく響く会場。
ひときわ大きな拍手に包まれた瞬間でした。
 
歌旅数え唄」では、なんとこの2組と歌旅座が共演!
お客様の盛り上がりもすごかった!
kazoeuta

 
締めくくりは、我々も初めての経験だった餅まき

mochimaki2

 
両日とも、大盛況で終えることができました。
ご来場の皆様、ありがとうございました!
 
そして、改めて今年もどうぞよろしくお願い申し上げます
 
 
≪おまけ≫
偶然にも7日は、私オガの誕生日でした。
お祝いのお言葉をかけてくださった皆様、
この場をお借りして、御礼申し上げます。
ありがとうございました!
oga