今年もまた ドSの血がたぎる季節がやってきた


まずはヤツを拉致し 頭をぶった切る(ギャ~~)
毛をむしり その柔肌を縛り上げ 寒空に吊るし上げ、いや、吊るし下げる
泣こうが叫ぼうが降ろしてなんかやらない
多少の温情で凍えそうな時はシートをかけるが 基本は吊るしたまま
その柔肌が やせ衰え しわが寄り うなだれる頃ようやく解放してあげる
・・・・・かに見せかけて次なる仕置きは 異臭漂う粉をふりかけ 身動きで
きない樽の中に押し込める
さらにその上から 重い重い石をのせて 暗い部屋に長いこと放置してやる

どうだ!思い知ったか!!
うさぎをなめんなよ!!!

こうして重き刑に深く反省したヤツは 約一ヵ月後 ぽぉりぽぉり みんな
大好き“一座の沢庵”として生まれ変わるのであった
image2

漬物名人二人(義母たち)の手ほどきを受けて会社で漬物作りを始めて
もう十年は過ぎた
隊長:うさぎ 
副隊長:イソベ
名誉隊員:JUNCO
幻の隊員:チエ
その他 作業中通りかかった者は皆臨時隊員


様々な物作り同様 漬物作りも奥が深い
その年の気候により干し加減も味加減も微妙に変わってくる
「今年はちょっと干しがあまかった」とか
「いつもより甘みが薄いね」とか
「今年は上手に漬かった」とか
これからの季節 どの家庭でも昔から交わされてきたこんな
会話が嬉しい

デジタルな音が飛び交い 3次元の映像が蔓延しても
揺らぐことのない先人の知恵が深く残る保存食
お茶請けに 酒の肴に 何より白いご飯のお供にと八面六臂の
働きで私たちの食を支える大切なソウルフード
多少の面倒さはあっても 自分たちの手で作ることができる環境
は嬉し有り難し

主だった作業と指令を出すのはうさぎ隊長だが 一番大変な
天候を見てシートをとったりかぶせたり 粕漬けの元を混ぜたり
力仕事をしてくれるのがイソベ副隊長だ
そして このイソベ隊員のお母様が漬物大名人なのだ
大名人の漬物を食べて育ち あんなに巨大化したイソベだが
私と一緒に漬物作りを始めるまで 自分で作ってみるなんて
考えもしなかったと言う 罰当たりめ! アハハ

↓巨大化したイソベと愛猫クロ
KIMG0114
漬け始めて何年目だったか 実家に持ち帰ったイソベが“うちの
母親が今年の沢庵美味しいね、と言っていました”と報告してくれた
嬉しかった!!
あの一言が今も私の中では小さな勲章のように光ってる
ありがとう!イソベの母上様



さあ 今年の沢庵と粕漬け そして新たにチャレンジした漬物たちよ
いつもいつも フライングして早く食べたがるBOSSとの闘いを前に
その身にゆっくりと旨味を染み込ませ “うまし”の一言を言ってもらう
時を屋上の納戸の中でじっと待ちながら 美味しく漬かるがいい!!
ドSの血はまた来年まで封じ込めておくから・・・・