皆さん元気にお過ごしですか。チエです!
3月3日で33歳になりました!
心待ちにしていた一時帰札がなくなり、またまた
みんなを空港で降ろし、見送ることに。
女ひとり、京都から仙台を目指す旅が始まりました。
記念すべき歳になりそうです。
まぁ、その話はまた後日ゆっくりいたしましょう。

初の京都 京田辺市公演を終えた翌日、
実は同じ町、同じ場所で公演がありました。
その機会をくれたのが、京田辺市商工会の澤井さん。
アポなしの飛び込みで営業に伺ったのが初めての出会いでした。
澤井さんもコンサートの営業?と驚いている様子でしたが
しっかり話を聴いてくれ、「おもしろそうやな」と
嬉しい反応を返してくれたんです。
その日のうちに開催を検討してくれました。
その後、会場の空きを調べている時に
誕生日が同日と判明 !
さらに娘さんと同い年ということも判明 !
勝手に意気投合し、勝手に娘気分♪
二人の誕生日に初の京都公演が実現することになった。
こんなことってあるんだ ! とちょっと感動。

後日、娘もどきのわがままなお願いで3月2日の追加公演を
決めていただいた。
こうして何とも驚きの出会いから2連続公演が決まりました。
2017-03-04-19-58-53
澤井さんとダブルスリーピースでハイチーズ !!

誕生日にはプレゼント交換 ♪
私はサーモンズTシャツを、
澤井さんからは京田辺の風呂敷セットをいただきました。
2017-03-04-19-58-50
丁寧な作業で加工された風呂敷。
JUNCOとNARIKOの風呂敷づかいに秘かな憧れを
抱いていたため、とっても嬉しかった。


この日は商工会の会員さんの集まりで
昭和ノスタルジアを披露しました。
宴の席での公演はワイワイガヤガヤしがちなのですが、
みなさん最後までしっかりと聴いてくれました。
またこの町に来れるんじゃないかというあたたかい温度を
感じながら幕を閉じることができた。
公演後、客席をまわると「良かったよ~ !!」「ケサラ、最高だね~!」
等々、たくさんの嬉しいお言葉をいただいた。
「偶然、北海道の友達に今日のコンサートの話をしたら
すごく良いから、楽しんでおいで~!って勧められたの !
楽しかった~ !」
と嬉しそうに教えてくださった おかあさんの笑顔も嬉しかった。
2017-03-04-19-58-46
ご来場のみなさん、商工会のみなさん、ありがとうございました!
また来年も出会いましょうね。