メンバーみんなが大きくなると 
『いつも通り』に見えてしまうのはなぜかしら?♪
食べることは生きることですからね
今回のツアーも 『しっかり生きた』ということだと
思っております。
ということで 今回は旅の食べ物の話を。

この旅も900公演近くやっていたら
各地でおいしいもん食べてるんだろうねぇ~と思われがち。
そんなこともないんですよ?カップ麺・すき屋・弁当…ets
意外と質素な時も多いんですよ  と以前なら言ってました。
確かに今でもそういう食事の時もあるにはある が、
それでは なんかもったいない気がするっ!と立ち上がった我々。
と言っても いちいち高いお金を払って 黒豚だフグだ地鶏だと
食べてもいられない。

『地元のスーパーに行こう!!』
この画期的なアイデアっ。たかがスーパーされどスーパー。
鮮魚コーナーには 北海道では聞いたことのない魚が並び、
総菜コーナーには その土地で愛されている食べ方のものが
アレコレと揃っている。
水がきれいな町に行けば やたらと豆腐の種類が多かったり。
もちろん九州だと お酒コーナーには信じられない量の焼酎が
ところ狭しと並んでいる。

瀬戸内海添いの町に行けば 『タイ食いたいよな~』となる。
物色してみる。…ちょい高い。そのまま棚を眺めていると
隣には 『ちぬ』と書かれたタイそっくりな刺身が半値以下
で売られている。 なんだ?ちぬって?
クロダイのことらしい。へぇ~~。しかもうまい。

『紋甲イカ』なんつぅイカも食べましたねぇ。
…なんだこのデロデロした食感は…ひどい。ぬちゃぬちゃ?
全員の箸が止まる。『やっぱヤリイカだよな。』
とか。

IMG_2966
(居酒屋ヤトチのどんよりした風景)
※各部屋から持ち寄ったトレーの下は 食材を入れてきたダンボール
が敷いてある。ヤトチマスターのベットを汚さない工夫だ。
ここだけ見ると かなり貧し過ぎて 涙が出てしまう。

しかも我々 公演後にスーパーに行くと そこそこ遅い時間
なので ありがたいことに 『半額セール』になってたりする。
わらび餅なんて 元値が55円。の80%オフ。買え買えぇ~っ。
一本40円の焼き鳥。150円の刺身。…
8人分の夜食代 1700円。とか。
ポイントは 『全てその土地の食』ってとこだ。

うまくても まずくても こうやって食の分野から街を
知るって 面白いです。
ニッポン全国市町村の旅、より多くのことを吸収して
走っていきたいと思います。

次回の『居酒屋ヤトチ』の開店が楽しみです。