長かったGo westツアー。朝ごはんから寝る直前まで四六時中一緒だった
一座の仲間達。
近頃では、私が楽屋でパンツ一丁になっても誰一人振り向きもしなければ
笑いもしなくなりました。強いて言うなら、司会太郎さんの右眉が怪訝そうに
ピクリと上がるくらいです。
もはや家族以上に馴染んでおります。
風呂だって一緒に入れる気がしてくる。

そんな仲間たちとしばしのお別れでした。
またもや歌旅座の愛車「アルフィー」と共に一人旅を始めておりました。


今回初の大阪、奈良公演もありましたが、関西のお客さんのノリが
めちゃくちゃ良い !もんで。
こりゃもっと関西に広げねばならぬとブスが始動。
紀伊半島をぐるりと回り和歌山県を攻めてきました。
今まで見たこともない海の景色に感動しちゃいました。
私の説明では言葉足らずすぎますから、一度見に行ける方は
見に行ってみてくださいね。心がすっとします。
そのまま奈良県に入り、崖っぷちの狭い道路を運転しながら、
次の街はまだかまだかとヒヤヒヤ運転。
大阪奈良の県境は車の量が多い上に車線も多い。
一本道の40号線しか運転したことなかったのにやるじゃんと自画自賛するも
のろのろ運転過ぎて後ろからクラクションを鳴らさられ冷や汗・・・。
ナビの通り進んでいくと、とんでもなく狭い道に遭遇。
私以上に身幅のあるアルフィー君にはなかなか難ある道も多々通ってきました。
運転だけでもなんだか忙しくしております。

ありがたいことに今のところ毎日晴れが続き、腕はこんがり小麦色に焼けています。
青ドレスを着た時にくっきり跡がみえちゃいけねぇと、Tシャツの袖を肩まで
めくりあげ運転しています。
ものすごく暑いため、顔からは汗がにじみ出ているため、
ある意味ものすごく輝く笑顔で営業しております。
そんなこんなで、巡業は順調に進んでおります。

「絶対に決めて帰る。」「わかる人に出会うまではやめない。」ことが私の営業のテーマ。
時に、ギラギラした腕時計を身に着けて「うち予算ないんよ~」と言うおっちゃんやら
堂々と「うち人集まらないんだよねぇ~」と言ってしまう館長に出くわすとなんとも
やるせない気持ちになるのですが、その次行ったとこの人が「うわぁ~、めっちゃ
楽しそう♪」なんてノリノリで話を聞いてくれると、やっぱりやめたらあかん。
そう思うのであります。
今回はどんな花を咲かせることができるのか。乞うご期待。

今日は一時帰札いたします。
うわさによると明日は歌旅座アジトの屋上でジンギスカンをするそうな。
わざわざそのために帰って来いと、飛行機のチケットを取ってくれた
BOSSの粋な計画に感謝感謝でございます。

次回は6月21日~6月23日まで兵庫、大阪、京都を走り回る予定です。
我が町にいらっしゃいという方は是非ご一報くださいませ。
メッセージでもお電話でも構いませんよ。お待ちしています。
和歌山県の串本町にある橋杭岩。途中で車を停めることができず
海の撮影を断念したところで出くわしました。これまたきれいだったぁ〜