快晴の下、寿都を出発
透き通る青の海を眺めながら追分オロロンラインを南下。
 
2017-07-07-10-54-21

織姫と彦星の1年に一度の逢瀬の日。
乙部町の皆さんにお逢いできたのは2年ぶりでした。
 

到着後、まず試練です。
ホールのある2階への機材搬入。
なんと、エレベーターが無いため、外階段からの搬入です。
 
しかし、見てください、この屈強な男たち。
実行委員会の皆様が総出でお手伝いくださいました。
まさに人でできた天の川のごとく、
機材が見る見る2階へと流れてゆきます。

2017-07-07-13-11-59

この日も暑く、汗だくになりながらの設営と本番でしたが、
会場では、嬉しいおもてなしが。
乙部町の水「Gaivota」。

2017-07-08-07-32-18

町内を流れる姫川水系の井戸水を用いたきれいな水。
冷たく澄んだ美味しい水が来場者の皆様に無料配布されました。
我々にもスタッフの皆様が、キンキンに冷えた美味しい水を
ご用意してくださり、喉も心も潤してくれました。
おしゃれなパッケージは女性に喜ばれそう。
 
そして、天上に天の川が姿を見せる頃。
「七夕コンサート」の幕が開きました。
 
image

1年に一度のこの日。
皆さんは何に出逢えたでしょうか。
昔の思い出、明日への元気、溢れる笑顔。
お越しいただいた皆さん一人ひとりが
素敵な何かに出逢えた時間であれば嬉しい限りです。
 
image

ご来場いただいたお客さま、
運営から設営までご尽力いただいた実行委員会の皆さま、
ありがとうございました。
またぜひお逢いしましょう。