ゲロを吐きそうなくらい暑い日々。
もうここまで暑いとさらに動いて汗をかくしかありませんね。
という事で、みんなで倉庫整理となりました。

まずはツアー機材があると作業するスペースもないので、
機材やケーブルを整理、トラックへ積み込んでしまいスペース確保。

ここからが今日の本題で、倉庫の掃除と物の定位置を決めるスタンダード作り。
まあ自分のズボラな性格を表しているかのようなとっ散らかり方。
分かってはいたが見て見えない振りをして、なんとなくまとめて置いてある現状。
時計まで止まっていて、まるで使われていない物置小屋。

これをBOSSをはじめとするA型の人達の力を借りて整理整頓。
照明、音響、映像と棚を分け、さらにケーブルや細かい物も種類別にカゴに入れ仕分けしていく。
文字で書くと一文だが、種類も多いし、まとめてみると量も多くて、
何に入れるか分からなくなってきて結構大変。
ザックリとカゴ入れたりすると見つかってやり直し。

この箱は何入ってるんだっけ?という物もあり、開けてはひとつずつ表に書いて貼る。
手作りの小物を見つけては、これ何する物だったか…これ懐かしい…などと手を止める。
まるで引越しの時に懐かしいアルバムの見始めるみたいに。
今まで公演で使っていた幕もそうだが、ライトひとつにしてもこんなの使ってたなぁとか
まだ8年かもしれないが、試行錯誤しながら手作りでやってきた歴史を感じた。

片付けてみると棚がまるまるひとつ空き、今までしまう場所も無く片付かなかった
楽屋グッズや物販グッズの収納スペースが確保され、これにはJUNCOもチエも嬉しそうだ。
嬉しそうな顔を見る限り、ここはチエがちゃんと管理してくれるだろう…きっと大丈夫。



















修理したりする作業台もめっちゃ綺麗。
さぁこの状態をいつまでキープ出来るだろうか。
自分が一番不安だ…