夏バテしました。
"暑中見舞い"される側になりました。と言っても少し前の話。
今はすっかり元気元気!!

あれは今月上旬、あの猛暑が記録的に続いた頃。
巷では125年ぶりの記録とのニュースから、どこへ行っても
挨拶代わりに "125年ぶりですってねぇ"  という言葉から
会話が始まる有様。
誰か一人くらい「そう言えばあの時も暑さが続いて酷かった!」
と言う人が居てもよさそうだけど、残念ながら私の周りには
そんな付喪神(つくもがみ)のような人はいなく…。
とにかく 頭が痛い、吐き気がする、ダルい、ふらつく、
熱いのに寒気がする…といった症状で、自身の体内ドクターの
"これは夏バテと熱中症のハーフ&ハーフですな"との声をうけ、
1~2日ひたすら安静に、行動は夜涼しくなってからの麻雀のみ、
という特効薬を用い、大事に到らず回復した。

何故こんな事態になったのか?
だって『裏参道祭り』頑張ったんだもん!!
ちょうどメンバーが道南ツアーの真っ最中、我らがアジト
「円山夜想」のある円山裏参道では 恒例の夏祭りが開催
(7/2の本間店長のブログに詳細)
わずか六丁ほどの区画の屋台に のべ数万人が訪れる
一日限りの夏祭り。

裏参道


この祭りに出店するようになって13年目。
時の流れと当日のスケジュールにより毎年作業にかかわるスタッフは
移り変わっているが、最初からの皆勤賞は私とイソちゃんこと磯部の二人。
毎年、前年度の売上を照らし合わせ、当日の天候・気温を予測して
食材や容器を用意し 下準備にかかる。
焼き鳥約3000本、プラカップや容器数千個、やきそばやカレーなど
数百食分、などなど。
今年は祭りにかけられる人手が足りず イソちゃんと二人凸凹コンビの
大車輪をフル稼働させて準備にあたった。

ここ数年は屋台で出すメニューも定番におさまったが、振り返れば
この13年の間、様々な一品が登場し 消えていった。
初期の頃 タラバの足や貝殻付きホタテのバター焼き なんていう
贅沢なメニューもあった。
日がな一日、屋台の裏手で サングラスに頭をタオルで巻いたBOSSが
腰をおろし、ひたすらカニとホタテにハサミを入れていた。
明るい裏参道祭りの一角で そこだけ妙に怪しいものを売っている
異国の裏街道の風情をかもしだしていたことも含め、
コストや労力に実が伴わず 翌年には消えていった。
スイカのスムージーも 作っている人間がスムージーまみれになり、
表に出ることなく これまた消えていった…。
チュロス・一口コロッケ・カリーブルスト etc…。
その年の屋台を彩ってくれた懐かしいメニューたち。
今は定番とはいえ カレーも焼きそばもオリジナルメニューである。
特に焼きそばは 特製の辛いソースにトッピングにはハラペーニョを
使う "ピリ辛焼きそば"  これがお陰様で 味を覚えて毎年
買ってくださる方も多い人気のメニュー。

祭り当日は、今年の人手不足を知って、いつも歌旅座を応援して
下さっているD軒ご夫婦とO&Iさんが助っ人を買って出てくれた。
本間店長の号令の元、イソちゃん親族や店の常連のAちゃん、
元社員のKっしーと共に、祭りを楽しむには好天気・ただ売る側
としては地獄の猛暑の中、休む間もなくひたすら作りまくり
売りまくり、ほぼ完売状態で祭りを終えた。
嬉しいのは皆クタクタになりながらも 「楽しかった!!」と
言ってくれたこと。
そう、こういったお祭りは やってる側も楽しまなくちゃ!!
大きく花開いては消えていく打ち上げ花火のようなこの一日。
苦行になっては意味がない。
片付けを終えて、汗と炭と油にまみれたボロ雑巾のようになった
互いを笑顔で労いながら食べたD軒マスター差し入れの
冷たいお蕎麦の美味しかったこと!!
いつもに増して極上の美味だった。うま・うま♥

そんな裏参道祭りの準備→当日→後片付けと続いたもので
冒頭のようにバテバテになったうさぎだが、もうすっかり
元気・元気でおま♪

さぁ 次なる祭りは 8月11日。
お陰様でソールドアウトとなった "北海道歌旅座 夏祭り2017"
この日は、祭りが本来持つ『感謝』の意味も込め、出演者一同
楽しんでステージに挑みます。
暑さは熱さではね返して パワー全開でお届けしますね。
どうぞ お楽しみに!!

IMG_3159


11種類の野菜を入れた "夏野菜カレー"。
食べるというより、これを作って振る舞うことによって
うさぎのエネルギーはチャージされましたとさ。
めでたし めでたし。