JUNCOとダルは、最北の目的地へ向いながらソロ公演ツアーを敢行中。
今から利尻島・礼文島へ向かう船に乗り込む頃じゃなかろうか。。
週明け一時札幌に戻るもののすぐに向かうのはSeptember関東後編ツアー
COMING SOON!
 
初日は27日の神奈川県・座間市からスタート。
その後、富士吉田市、南足柄市と続き、3度目となる東京・日野市での公演となる。
ここでご紹介するのはタイトルにある、座間市と日野市について。
なぜこの2つを特記するかと、スペシャルゲストが登場するのだ。
 
ゲスト名は、『成蹊大学ギターソサエティ』
そう、歌旅座・最年少メンバーにして共に旅を続け、あの渋谷公会堂でも、
舞台照明を担ったリンタロウ。
彼が現在在籍し、部長を務めるクラブなのである。
 
9月27日(水)座間公演では、
本編中の曲「ケ・サラ」に、クラブ精鋭3名のギター・アンサンブル奏者が
JUNCO・NARIKOと競演参加。
公演情報はこちら↓
 zama
そして、9月30日(土)過去2回大盛況であった日野公演では、
<オープニングアクト>で14名の編成で登場する。
リンタロウは指揮者としてメンバーを率いる。
演奏予定曲は、
・戦場のメリークリスマス
・ラ・クンパルシータ
・ハルニレの詩   

もちろん、コンサート本編でも再び3名が「ケ・サラ」で出演。
こちらも公演情報↓
 日野チラシ
長野・志賀高原でのハードな夏合宿も乗り越え、準備してきた若者たち。
新たな試みであるが歌旅座もとても楽しみ♪
このチャンス、是非、お見逃しなく。
近隣にお知り合いが居ましたら、お声かけください。
 
歌旅座テレビ(今月の曲)でもある「ケ・サラ~故郷の風のように」。
リンタロウの<故郷の風>であろう歌旅座、来る日の競演をイメージしながら、
この曲、ご覧いただけましたら◎