ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

現在、北海道歌旅座は海を越えて関東公演ツアー、旅の途中。
こちらでも秋を感じたいところですが、
そこは北国育ちの私たち、
昼間はじわりと汗ばむほど
まだ暑く感じるのです。

歌旅座の本拠地、札幌の歩道には秋桜
すなわちコスモスがあちらこちらに咲いているのを
通勤途中に見つけることができる季節。
最近では品種によって夏に咲くコスモスもあるようですが、
やはり秋の歳時記にあるのがふさわしいと思います。

10月、歌旅座テレビはこの曲をお届けします。
「コスモス」
季節・秋——満を持しての登場です。


この曲は、JUNCOが北海道歌旅座に加わる以前から存在していました。
誕生してから10年ほどの歳月が経過しています。

彼女の母親が笑顔とともに伝えてくれた
「年をとることは素敵なこと」という言葉と
母親が大好きな、路傍で力強く咲き誇る花を主題として
1曲にまとめ上げた楽曲です。

のちに、JUNCOが歌旅座 (JUNCO & CHEEP)の結成時に持ち寄って
悲しいことは数あれど』、さらには再編曲を施して『OLD & NEW』
これら2枚のCDアルバムに収録されました。

この司会太郎、JUNCOの自作曲のなかで
いちばんのお気に入り作品でもあります。


歌旅座テレビ、10月の歌「コスモス」。
どうぞお楽しみください。
下記の画像をクリックすると、YouTubeがひらきます↓
コスモス-COSMOS

それでは、ごきげんよう。