関東での6連続公演終了後、1日空き日を挟み日本海側へ移動、
初の新潟県へやって参りました。
 
12年前、中条町と黒川村が合併し誕生した胎内市
その街の名の由来となった飯豊連峰を源とする胎内川を中心に
手つかずの豊かな自然が広がる、新潟県北部の街です。
 
この街の文化拠点・胎内市産業文化会館の管理と事業を行う
クラレテクノ株式会社が新潟営業所をここ胎内市に開設して20周年。
それを記念する事業として「昭和のうたコンサート」が開催されました。
 
「中秋の名月」となったこの日、あいにくの曇り空ではありましたが、
陽が沈んだ頃は、姿は現さずも青白い月明りが雲の合間から見え始めていました
 
その頃の会場のロビーには長蛇の列。
チケットを手にしたたくさんの方々の賑やかな声で埋め尽くされて行きます。
 
2017-10-04-17-50-10
 
ステージにも伝わってくる歌声と手拍子、特に第2部の一曲目、
客席に登場したJUNCOの姿を見つけた瞬間に聴こえてきた拍手は、
本当に楽しんでくれているのがびんびんと伝わってくる温かさを感じました。
 
2017-10-04-20-42-27


「また来てね!待ってるから!」と、手を振りながら会場を後にするお客様。
その様子を見送るクラレテクノのスタッフの皆様の笑顔も最高でした。
 
image


斉藤所長はじめスタッフの皆様、20周年おめでとうございます!
素敵な胎内市の皆様とともに、さらなる発展を祈念しております。
そして、またお会いできることを楽しみに!
ありがとうございました。