一年の行事や風物詩を迎える度に 
“もうそんな時期?”とか“もう一年経っちゃったんだ”
などと感嘆半分、ため息半分の言葉を吐いてしまう。
家を与る奥様方は特にこんな思いを強く抱かれると思われ・・・。

今年もまた「ドSの季節」がやってきた  (2016.11.17ブログ『ドS の季節』参照)

九月も半ばになるとスーパーの平台には様々な漬物用食材が積み上げられる。
買い物の度に横目で眺め、今年は早めに動きましょ、と思っていたのにイソちゃん
ことイソベ副隊長と、少しでも安く材料をゲットすべく小春日和に郊外まで車を
走らせたのは、去年とほぼ同じタイミング。
漬物作りも十年を超えると、脳も身体も一年の周期を覚えてしまっているのかもしれない。

安く、品揃えも多いその店で、やはり大きなカートに大根や白菜の大袋や、ぬか・酒粕・
麹などを載せている人と何人もすれ違った。
どちらかというと年配者が多いかな?

『同士よ、今年もお互いに良き“漬かり”を!!』
などと心の中でエールを送り店を後にした。

その店で手に入らなかった赤かぶを帰路の反対車線側、ともすれば見過ごしそうな
小さな青果店の片隅に発見!
カーチェイスさながらイソちゃんにUターンしてもらい、めでたくゲット。
ここ一週間で一番HAPPYな瞬間だった。

去年から漬け始めたこの赤かぶ。
硬いかぶを薄くスライスする手間をのぞけば、ごく簡単に、しかも秋に漬けて春先
まで色も味もかわらず楽しめる優れもの。

たくあん・粕漬けとともに、刻んだ昆布とこの赤かぶを一緒に盛り付ければ彩りよく、
ご飯もお酒もすすむ自慢の漬物一座。

いつにもまして前のめりに駆け抜けたこの一年の終わりに、少しでも皆をねぎらう一品
となりますように・・・。
十一月はそんな思いを胸にイソベ副隊長と共に、下準備・塩漬け・本漬けと『ドSの血』
をたぎらせて漬物道を邁進していこう。
本漬けの最後の“美味しくな~れ、美味しくな~れ”の儀式も忘れずに・・・。
1509328955597
珍しく会社のデスクで難しい顔をして作業をしていたJUNCOに、
買ってきた大根二本 「ほれっ!」と掲げて見せたら、満面の笑みに変わった。
真冬の青空のような、何とも言えないいい笑顔をもらった。