札幌から東に向かって車を1時間ほど走らせた場所にある安平町は
10年ほど前に早来町と追分町が合併して誕生した町です。
追分町は明治の頃、室蘭本線 と夕張線分岐点であることからその名がついたそうです。
早来町と合併する前は追分町というひとつの町でした。
その追分中学校が今年開校70周年を迎え記念式典が開催されました。
学校の体育館には全校生徒70名のほか、先生方、町長や議長、
歴代の校長先生や卒業生などたくさんの方々が参列されました。
祝い事の大好きな歌旅座もそこに花を添えるべく「昭和のうたコンサート」を
お届けしてきましたよ。
スクリーンには昭和時代の学校の写真を写し、中島みゆきの「時代」に合わせて
その歩みを辿りました。
写真を選ぶ際「この写真は必ず使って欲しい」というリクエストを受けました。
それは昭和43年、校舎が全焼するという大惨事に見舞われた時の写真でした。
生徒、教師、地域が一丸となり、翌年には新校舎が建てられ、その後長い年月をかけて
その苦難を乗り越えたといいます。
会場にはその歩みを真剣に見つめる現在の生徒さん達の姿が見えました。

昭和のうただけでなく「ハルニレの詩」「北の暦」「ケ・サラ
など、故郷をテーマにした曲も披露しました。
これから社会に飛び立っていく彼らへの応援歌となることを、そして故郷を思う方々の
心に届いていることを願います。
P1340863