ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

「GO WEST! (again)」ツアー、本年4月以来となる四国シリーズ突入です。
その最初の公演地は徳島県つるぎ町就業改善センター

前回のコンサートツアーでも強く感じましたが、
四国各県の市町村を巡ると、人・景観や街並み、もっといえば空気感まで
なぜか不思議なことに心が収まるところにピタリとはまる、みたいな。
たとえるなら、良い枕と良い毛布で良い寝心地。そんな感じ。
三船敏郎なら「んー、寝てみたい」と云うことでしょう。
そうです、理屈ではないのです。

つるぎ町もそのような街でした。
そして、ここで『昭和のうたコンサートを開催することができたのです。

今年の4月に初めて訪れ、同町教育委員会のMさんに
公演のご提案を差し上げました。
その数分後には、会場候補として
就業改善センター(下記写真)を案内してくださったのです。
171107_Tsurugi01
歌旅座にとっては手慣れた空間。



さて、時間は7ヶ月ほど飛んで本番当日。
会場は下の写真のように変わりました。
171107_Tsurugi04
お客様の椅子が並びました。ある意味で壮観。
手前でギターを爪弾くのは、自称「田端義夫」ことアリタ

公演数日前にはMさんからは、前売券の販売数が300を超えたとの報が。
ゆえに当日券を販売できず、お客様にお断りする場面もあったとか。
申し訳ありません。


反対側からの写真を。
171107_Tsurugi03a
おや、手前に誰かいますね。
スマートフォンをいじっています。
これはこれは、自称「スマホプレイヤー」こと、歌旅座BOSS

さらに、別角度から。
171107_Tsurugi02
バタヤンとBOSS、2人のプレイヤーが開演前の客席で
指先を温めているのでありました。

そして、この客席が...。
171107_Tsurugi05
こうなるわけです。
お客様、いっぱい。
歌旅座メンバー、大いに喜ぶ。


今回の公演実現のきっかけをつくってくださったMさんは、
残念なことに町外での仕事が入ったため、
朝からいらっしゃらなかったのですが、
上司のOさんが完璧に引き継いでくれてました。

本番。
同町文化協会のN会長のご挨拶とともに
北海道歌旅座の『昭和のうたコンサート』の幕は上がったのでした。
171107_Tsurugi06




惜しくもご覧いただけなかったみなさんには、
まだまだ四国公演がつづくので他会場をご案内いたしましょう。
一部、兵庫県も入ってます。 

つるぎ町からは、10日吉野川市公演が近いですよ。

11月8日(水) 徳島県阿南市 情報文化センター コスモホール
 開場13:30 開演14:00 前売¥2000

11月9日(木) 兵庫県南あわじ市 南淡路ロイヤルホテル
 開場13:30 開演14:00 ¥3000(ソフトドリンク1杯付き)  

11月10日(金) 徳島県吉野川市 アメニティセンター
 開場13:30 開演14:00 前売¥2000  

11月11日(土) 高知県馬路村 馬路体育館
 開場18:00 開演18:30 入場無料  

11月12日(日) 高知県芸西村 村民会館
 開場18:00 開演18:30 入場無料
  平成29年度 生涯学習振興大会「舞技(ブギ)ウギgeiseiカレッジ」 



ところで、Mさんはよそでの仕事を終えると
片づけ終えた会場に駆けつけてくれました。
メガネをかけてらっしゃらなかったので
最初はわかりませんでした。スミマセン。
そして、ありがとうございました。
 
また、つるぎ町のみなさんとお会いできるといいですね。


ではその日まで、ごきげんよう。