教育実習へ通う日々の記憶を辿った「ナナカマド物語 2000」、あの頃から約二十年。

「十年たって変わらないものは何もない。二十年たてば、周りの景色さえも変わってしまう。」

チープさんのドキュメンタリー映画『SAME OLD STORY〜20年目の訪問者〜』の中に出てくるこの一文が、ある小説からの引用だと知ったのは、しばらく後になってからでした。

来年、歌旅座は十年目に入ります。
この十年を切り取ると、変わらない部分も多い。
私達が大事にしていること、関わりを続けてくれている人達、何と言っても、まだ“ただ中”という感覚が強い。

でもどうだろう、2000年の夏から十年を眺めた時には、チープさんと初めて会うことになった2006年の大晦日を境に、私の人生はそれまで想像し得なかった方向へ進んで行ったと言って良い。

そして、この日、同じく初対面であったBoss。
色つきのサングラスをかけて、コマイを勧めてくれました。マヨネーズつけるとうまいぞ、と。
出会ったことのない匂いの人でした。

それから多くの仲間と出会い、人の広がりの素晴らしさを知りました。
そこに時に苦しみや悲しみが生まれることもあるけれど、それを自分達の力にしようと努めることの大切さも、あらためて感じています。

近く訪れる179市町村達成の日は、また次の十年の一歩となるはず。
そんな道の途中の、2017年晩秋。
ナナカマドは葉を落とし、熱燗のおいしい冬を待つ。

KIMG0566~2~2


ともに旅する楽器。
1926年に誕生して、まさか日本中をこんなに駆け巡る運命になろうとは。
週末からは道内ツアーです!