SNSだなんだと 携帯端末にフリフリ
振り回される時代。
40歳にして初めて『スマホ』というものを
持ったわたくしJUNCOでございますが、
便利さの奥に潜む『コミュニケーション不足の闇』には絶対に入りたくないので 人のぬくもりは
大切にしたいなと、パッカン携帯を持ってた時より
強く思うようになった。

私達のコンサートに来てくれるお客さんの
年齢層は 主に60代から80代まで。
『フェイスブックで友達に』なることも、
『LINEの交換をする』ことも、ほぼ
『なんじゃそれ?』の方達。
コンサートの案内は やはり新聞に!
ラジオで聞いた曲、知ってる!
◯◯さんがイイって言ってたから、
一緒に行きましょ!
◯◯に張ってあったポスター見たの!…
どれもこれも、『リアル』だ。

時代と共に、宣伝方法は変わってきている。
パソコンやスマホを開くと
CMだ広告だ、なんだとまぁ忙しい。
便利は便利ですけどね。


音更町公演。300人のお客様!
誰が?何が?どうして?そこまで…
寒い夜、白い息を吐きながら 家々をまわり、
『本当に素晴らしいから』と走り回ってくれる人。
小さな端末に頼らず、その足で
想いを伝えに行ってくれる人。
あぁ、私達は 完全に 応援団に支えられている。
ふれあいホールは 人が繋いでくれたぬくもりで
いっぱいだった。あったかい。本当にあったかい。

70近い応援団の一人が、こう言う。
『私達、JUNCOさんの60歳になった時の歌も
聞きたいのっ』
うっひょ~っ!うれぴ~!
あと20年。

『100年続く歌旅座』のうち、生きた証を残せるのは何年かな。。
皆さんと一緒に、時を重ねていく一座。
還暦を迎えた私は、どんな景色を見てるんだろう。

ほろ酔いで見上げた空には
星がたくさん降ってました。
音更の愛すべき皆々様、いつも
本当にありがとう。

_20171130_201502


(O家の娘、チャッピー、いや、あずきちゃん。
彼女もまた沢山の人を支えて生きている。
これからもよろしくッス!)