斜里町コンサート終了後、歌旅座の黒いダウンジャケットに身を包んだまま
厳寒の女満別空港からの機内に乗り込んだ。
前回のBOSSの渡タイ時のように、さぞ激しい気温差かと思いきや、
11時間後に着いた翌未明のバンコクは気温18度。
現地ではこの日から急激な冷え込みで寒くなるというニュースを聞くと、
もしや、我々が〈オホーツクの北風〉を連れてきたのではないかと、
ほくそ笑んでしまう。

サワディーカップ!
そんなことで、仏歴2560年12月心地のいい涼しさのバンコクに
滞在中のアリーです。

今回ご紹介するのは、こちらで良く利用するホールセールスーパー
「Makroマクロ」。
日本ではすでにお馴染みアメリカのホールセラー「COSTCOコストコ」と同じ
、いわゆるまとめ買いする業務用の特大卸売スーパー(Cash&Carry)だ。
食料、家電品、日用品、アルコール飲料、薬品などなんでもあり。
現地の飲食店や小売店などの御用達となっている。
1513746366929-590x443

「COSTCO」は本場アメリカでは「コスコ」と呼ばれているらしい。
同じようにオランダ資本の「Makro」はタイ人には「メコー」という
呼び名で愛されている。
日本人ならタクシーで「マクロまでいってください」と伝えても決して
通じることはない。
言い方は悪いが、ちょっとアホっぽいマイケル・ジャクソンになった
イメージで、ささやくように「メコ~」と言えばOK。

ここで我々は何を購入しているのだろうか。
お教えしましょう。
まずはイチオシのこちら↓
1513692932240-443x591
「ディコージェン」
現地のかぜ薬(総合感冒薬)
日本では<薬九層倍>という言葉もあるように薬代は高く、
また薬事法もあり、その効果も制限されてることが多い。
この「ディコージェン」は、一箱に1パック4錠入りが25パック、
1日4錠飲んだとしも25日分。
市販でも1パック50円以下という安さ。
しかも日本の市販薬の3倍効くと言われ、我々はすでに実証済み。
首回り寝汗率ナンバー1だ。
歌旅座の長い公演ツアーは体力勝負、もし風邪を引いても即効性が
求められるための常備品にしている。
もしどうしてもほしい方がいらっしゃったら、アリーに連絡を。
こっそり「メコ~」とお伝えください。

1513692929018-590x443
カップ麺ママー
去年、日本にはない味のタイNISSIN製カップ麺をご紹介、
一時的に公演会場でも限定発売し好評を頂いた。
今回はタイのインスタント麺の代名詞・ママーラーメンから
ニュー・シリーズが発売。
辛いモノ、新しいモノには目がない一座メンバーの試食用に購入。
写真は一部だが、もちろんダースで。

その他、歯みがき粉など旅には欠かせないアイテム。
また買いました◎
備えあれば憂いなし、一座もきっと喜んでくれるでしょう。

そしてメインはこちら!
1513726682818-465x562
本日の晩ごはん
20年来外食中心のタイ滞在をしてきて、最近たどり着いたのが
ひとときの「自炊DAY」。
肉や野菜などの生鮮モノは、少量から計り売りしてくれるのが
「Makro」のいいところ。
今夜は、BOSSシェフによるグリルポークをいただき❗
アローイマーク👍

観光ではなかなか訪れられない「Makro」。
機会があれば、あなたも日本へのお土産としてダース買いを楽しんでみては。
合い言葉は、そう、《メコ~》で♪