冬に向けて寒さが増す時期になると、
十勝地方では良く晴れる日が多くなるそうです。
真っ白い平野の上に広がる真っ青な空。
まさに「十勝晴れ」となったこの日、
上士幌町へやって参りました。
 
2017-12-23-12-30-02
 
「JUNCO&CHEEP 北海道180市町村公演」が始まった2009年。
全市町村に向けコンサート開催の提案をした中、
上士幌町は早い段階で「うちの町でもやりましょう」と
手を挙げてくださった町のひとつでした。

その時以来、8年ぶりの「山村開発センター」。
ホールに入ると当時の様子が少しずつ蘇ってきました。
外観はほとんど憶えていませんでしたが、
その日も同じく気持ちのいい十勝晴れだったことは憶えていました。
 
開演前のロビーでは、8年前の開催時に
大変お世話になった方々と久しぶりの再会。
みなさん、少々時間の流れを感じさせる雰囲気は
否めません(もちろん自分もですが・・・)でしたが
当日変わらぬ元気な笑顔はたまらなく嬉しかったです。

さらに売り子で周っていた休憩時、客席から
「小笠原さんですよね!? お久しぶりです!」と
声を駆けてくださったのは、当時担当だった町職員の方!
思わず手を握りながら交わした少しの会話、
そのわずかな時間でしたが、あの時からしっかりとつながる縁を
感じさせてくれた瞬間でした。
 
8年ぶりにご来場くださった方、
何度も見に来てくださっている方、
この日初めて歌旅座を見たという方、
いろんなお客様が埋め尽くしてくださった会場。
 
2017年の「昭和のうたコンサート」は、この日がラスト公演。
上士幌町の皆様に力いっぱいお届けして参りました。
 
2017-12-23-16-30-41
 
使う機材や道具、メンバーも少しずつ変わってはきましたが、
我々一座の「想い」は変わらずに、さらに大きなものとなって
皆様の心に伝わっていたら嬉しい限りです。

上士幌町の皆さん、ありがとうございました。
また十勝晴れの空の下でお会いしましょうね。