12月27日(水)
もうどこを見渡しても本格的な年末感を感じますね。
この日、滝川市の興禅寺にてHOKKAIDO SONGS公演でした。

外はまだ暗い時間の出発。
キンキンの刺さるような外気にホワイトアウト。
今年は本州に行っている事が多かったからか、改めて北海道の本格的な冬を感じる。

最近は公民館や設備が整ったホールが多かったですが、久しぶりのお寺。
しかも今年最後のフルメンバーでの公演でした。

搬入は手作業で、尚且つ全て持ち込みの機材でステージから作っていく。
電気すらブレーカーから直接ケーブルを引き廻してくる。
久々のお寺ならではの仕込みに、休憩中BOSSが言った。
「これが歌旅座の原点なのかね…」

確かに、機材を揃え、ステージや分電機までもを手作りをして、
「屋根と電気さえあればコンサートは出来る」と言えるまでになり、
それを合言葉のようにして沢山のお寺で開催して頂いたのが2011年から。
自分が加入した年であり、『昭和ノスタルジア』を始めた年である。


「初心忘るべからず」そんな言葉、正直今まで思った事がなかったが、
今年最後にそう感じる公演でした。
来年は初心と積んだ経験を合わせて、
より楽しさを伝えられるステージが作っていこうと思います。


IMG_5310