2017年大晦日、仕事の終演は0:30。

帰り道、北海道神宮の前には車のテールライトが赤く長い列をつくり、大晦日の夜には毎年こんな様子なのであろうことを、初めて知りました。

この辺りの道は、札幌の中でも大好きな場所のひとつです。春は桜、夏には紫陽花が丘に広がり、晴れた日の紅葉はきらきらと美しい。

そういえば、道を少し下った辺りの公園で、いつかの夏の終わり頃、“歌旅座女達のピクニック”をしたなぁ。ピクニックなのにウィスキーと電気ブランを持ち寄る人達。
またやりたいなぁ。
ぼんやり思い出した、2017年最後の夜。


高杉家のいずしは、今年はここ数年でもなかなかの美味しさで、
「しっとり具合がちょうどいい」「野菜がおいしい」「やっぱり柚子♪」
などと言いながら、お酒がすすむ。
KIMG0659~2


おしゃべりできるようになった姪っ子達、バイオリンが気になるようだとその親達が言うので、弾かせてみる。小さな手で楽器を構えている様子は、どの子もとても可愛い。
1515073162106~3


穏やかな日々は束の間、新年向かった先は大空町。かつて稚内の日帰り公演、朝5時出発、朝5時戻りの24時間営業ということがありましたが、今回は日帰り21時間。
2018年 走 RUN、ふさわしい幕開けです。

そして、この年末年始に出会った、ある演奏家の方。
楽器に良く合う体つきと、放たれるリズム感。
その姿を見ながら「私もたくさん弾きたい、うまくなりたい」と、心も澄んで走り始めた、いい新年となりました。

皆様、今年もどうぞよろしくお願いいたします!