父の仕事上、おおよそ2年に一度の転勤→引っ越しという
生活を送っていました。
次の赴任先が決まり、家財道具を箱詰めした後、
引っ越し当日に大きな家具を動かすと どの転勤先でも
ほこりと一緒に必ず ひょこっと出てくるものがあります。

落花生。そう豆まきの落花生です。

"あ、まただ!”
なんだかすぐに捨てるのも忍ばれ、かといっていくら殻付きとはいえ
食べる訳もなく、しばし握りしめた後、"ありがとね”と、
そっとゴミの袋に入れた覚えが幾度もありました。

明日 2月3日は節分。
皆さん、豆まきしてますか?
旧暦では立春が新しい一年の幕明け。
ということは、その前日の節分は大晦日にあたります。
新しい年を迎える為に一年の邪気を払い、
「魔の目(まめ)」に豆を投げつけて 「魔を滅する(まめ)」
というこの豆まき。
小さな頃から この日はまず鉢にいれた落花生を神棚にまつり、
その後、家族全員で各部屋、玄関、そして窓から外に向かい
この落花生を投げて回りました。
我が家では 豆をまく人が 
「鬼は外、福は内、鬼の目ん玉ぶっつぶせ~!!」とかけ声をかけ、
それに対し、落花生の鉢を持った持者(主に母が)
「ごもっとも、ごもっとも」と受けていく—―――――。
これは関西出身の母の習慣だったのかもしれません。
幼い頃は大声でこの豆まきを楽しんだものですが、
年をとるにつれ やはりどこか気恥ずかしく、さりとて
何だかとても大切な行事に思われ、小声でそっと窓から
豆をまくようになりました。

_20180201_151557


前述の引っ越しの時に現れるお豆たちと同様に
雪どけの頃には 玄関先や窓の下から 我が家に入り込もうとした
鬼達を退治してくれたいくつものお豆が顔を出したものです。

子供が成長するにつれ、季節の行事やイベントを一緒に楽しむ機会は
どんどん減っていきます。
ならば、その中で大袈裟にならずにちょっとした季節を楽しめること
たとえば 七草がゆ や ちらし寿司にあさりのお吸い物、
手に入るなら菖蒲湯やゆず湯を入れたり…。
そんなことを、してもしなくても同じように流れていく時間の中で
自分のためのほんの少しのアクセント、一年の中に彩りを添えて
自己満足していこうと思います。
とりあえず、明日は愛猫メイを小鬼に見たてて 各部屋に2粒ずつ
(あとかたづけを楽にするために…あはは)
落花生をまいていくつもりです。

1517468386061
(無理やり角をつけられてお怒りモードのメイ)

「鬼は外、福は内、鬼の目ん玉ぶっつぶせ~~っ!!」
「ごもっとも、ごもっとも」
皆様もどうぞ 邪気の払われた良き一年をお迎え下さいませ。