一月往ぬる二月逃げる三月去る。
時はあっという間だが、今年の1月、2月のツアーは各地の印象、
思い出が多くありすぎるほどの濃ゆいもの。
一時札幌に戻ったものの、
「ずっとツアーが続いているようだ」というのが歌旅座メンバー今の心持ち。
2月最期の公演地はここ京都の南のまち、木津川市だ。
三重へと続く一級河川の木津川が流れる静かなところ。
2007年、木津町・加茂町・山城町が合併し木津川市が誕生したが、
旧山城町の山城総合文化センター・アスピアやましろが今回の会場。
1519705208209
開場前にロビーを覗いてみると、市民のためのサロンのような
スペースになっていて、皆さんおくつろぎの様子。
1519705201327
1519705205109
この日は「昭和」にどっぷり浸るべくまちの昭和写真が展示されていたり、
昭和の玩具、めんこ、ベーゴマ、けん玉などの販売・貸出コーナーも
設置され、おかあさんたちが懐かしく、優しい面持ちで眺めているのを見ていると
こちらも嬉しくなってきた。
そんなロビーでの昭和の「誘い」からの「昭和の歌コンサート」がスタート。
1519705190926
公演中は、会場全体で歌い、熱い手拍子を頂いた。
岐阜・関ケ原市から、奈良、京都と続いた今回の5日間公演は、どこの会場も
3度目、4度目というかつて開催した近隣町から、そして前日の公演の余韻が
忘れないからと翌日の公演にも来ていただいた方たちが多くいらっしゃった。

歌旅座は皆さんのリクエストがあれば何度でもやってきますよ。
またお会いできることを楽しみにしています。
そして、今週末3月3日(土)はまた関西地区、今度は大阪・阪南市へ再び。
1519705194400
ご来場、お待ちしております。