阪南公演の日、ナリコさんから誕生日祝いでもらった銀色に水玉模様の名刺入れ。
「いつでも出せるように、いくつあっても良いと思って」と嬉しい思いやり付きだった。
ギラギラ光る名刺入れ、こりゃぁ決まりそうだ!!ということで、早速その後始まる種まきの旅で
使うことにした。
「ギンギラギンにさりげなく」が妙に頭の中でリピートしてたのはきっとこの名刺入れの影響に違いない。
IMG_0840
今回目指したのは和歌山県。今年の1月に行ったかつらぎ町のお客さんのノリが温かかったもので
次はここを回ることにした。
ものすごく良い天気の中、快調に車を飛ばした。国道42号線を南下していくと右手には
きれいな紀伊水道。思わず車を停めて、岩場で暫し休憩することに。
キレイな景色を見ると、次はみんなで来たいなぁ〜。この辺で2公演ぐらいできたら
ゆっくり海遊びできるかな?と旅の行程をイメージすると種まきのテンションは更に上がる。
IMG_0841
それは美味しいものと出会った時もそうだ。
和歌山のみかんはやっぱりおいしかった。みんなでみかんを買って海に行こう♫
なんていうコンサート以外のプランも重要だったりする。
IMG_0842
良い種まきをする時「帰る場所」も重要だ。
2日間の和歌山の旅を終え、3日目からは大阪北部から京都、福井まで足を伸ばした。
この長旅の疲れを癒すにはここが最適と選んだのは敦賀市にある海辺の宿「ひがし」。
かつて、2回この宿にお世話になったが、女将のさりげない気遣い、思わず顔がほころぶ
娘さんの笑顔、明るい旦那さんが居心地の良さを作ってくれている。
「ほっ」とひといきついたおかげで、また今日から良い種まきができそうだ。
FullSizeRender
実は「ひがし」には飛び切り美味しい食事もあるのだが、今回はみんなと食べることができないから
素泊まりにすることにした。

キレイな景色も、美味しい物も、居心地の良い宿も、何を選ぶかじゃな誰と過ごすかが大事なんだな。
そう感じる旅なのでした。