10年目のRUN
「ファインダーから見つめた9年間」


北海道歌旅座・9周年、おめでとうございます。
9周年を迎えるとは、あの日、 思いもよりませんでした。

あの日とは、9年前の2009年2月26日。
〈ゆうばり国際ファンタスティック映画祭 の一角で
北海道歌旅座が産声を上げた日のこと。
僕は縁あって、その場に居合わせた1人なのです。

 

あれから9年経った2018年2月26日、
僕は単独で夕張に来ました。
 
来春に無くなる夕張の鉄道を撮りに行こうと
かねてからタイミングを見計らっていたところ、
天候の条件が整ったこの日の朝に
急遽、宿の手配をして夕張に向かいました。

この日が歌旅座の9周年だということは、
出かけてから知ったのです。
なんという偶然。
引きの強さでしょうか。
いや、これはチープ広石さんに呼ばれたのに違いない。
ですね、きっと。


夕張では、歌旅座のミュージックビデオ
 「名画座」を撮影したロケ地を巡りました。

マイナス20℃以下にしばれた早朝の沼ノ沢駅。
チープさん、それから吉田聰後援会長と奥様の「かあさん」には
ここで初めてお会いしたように思います。
J&C20090128-125T7221
 
当時、寒くてゆっくり話す状況にもありませんでした。
それに狙いの一番列車もすぐにやってきます。
そんな堅い雰囲気の中で撮影スタートしました。
列車の運転手が、
「こんなところで勝手になにやってんだ!」
という顔で我々をにらみつけていきました。
無許可のゲリラ撮影だったんですね。
昔も今も予定調和なところはない北海道歌旅座です。


そんな駅も列車もあと1年でなくなってしまいます。
ファンタスティック映画祭の会場だった
夕張市民会館の入口もベニヤ板でふさがれてました。
時は無情にも流れてしまうのです。


そんな中での9周年。
公演回数は重ね重ねて1000回以上ですか!
本当にびっくりします。
歌い続けているJUNCOもそうですが、
1000回以上も舞台の設営撤収を繰り返してきた
歌旅座のメンバーたちにも尊敬の念を抱きます。継続は力なり。
なかでも同年代の司会太郎さん、アリタさん、
よくもまあ、身体が動くねえ~。みんなタフだわ。


カメラマンとして、JUNCOの歌う姿を舞台袖のあたりから
ファインダー越しに見てる僕ですが、
心に残ってるライブシーンは数知れず。
 
その中でも、あれは2017年春の旭川公演だったかなあ。
旭川・木楽輪(きらりん)のグランドピアノで、
尾崎豊の「街路樹」
オリジナルの「どこか寂しい幾度の夜に」
歌ったときのJUNCOの歌声の凄み。会場の張り詰めた空気。
未だに忘れられません。みな固唾を呑んでいました。
彼女のグランドピアノと
高杉奈梨子のバイオリン、
ぜひまた聴かせて欲しいです。

そして「走 RUN THE 10 YEAR」
10年目は、ぜひJUNCOのオリジナル曲を
たっぷり聴きたいというのが1ファンの気持ちです。
 
特にチープさんを欠いてからの4年、
JUNCOが感じて来たもの、伝えたい想いが、
きっと、ぎっしりと詰まっていることでしょう。
JUNCO、そろそろ吐き出しておくれ~。期待してます。



飯塚達央(いいづか・たつお)
  写真家
  
写真スタジオ〈フォトシーズン
 経営 
(北海道東川町 在住)
tatsuoiizuka