ここの肉そば(肉南)は たまらん。
二日酔いにもたまらん。長いツアーから帰った後に
食べると これまたたまらん。
肉の旨味がぎゅっと浸み込んだ最高のつゆ。
最後の一滴まで保たれる熱い熱い汁に 蕎麦が見事に
絡む。お酒は大量の汗となり放出されていく。
気づけば器はいつもカラッポ。
酷使した肉体に こんなにもフィットする蕎麦は
全国各地色々食べつくしている我々でも ここに勝る味
には出会っていない。
550円というお値段にもグッとくる。
手ぬぐい巻いたマスター、昭和7年生まれのお母さん、
テキパキと1階と2階を駆け回る奥さん、誰もがみんな
変わらぬ笑顔で迎えてくれる。
一座の大フェイバリットな場所である。

_20180319_164952


とあらば。
長年の夢も叶えてしまおうじゃないか。
『お蕎麦屋さんで宴会』。
日々の色んなお祝いをまとめてやろうってなもんで。
どんな豪華なシャンデリアのあるホテルも、フォークと
ナイフが左右に10本位並べてある高級料理店も、
ホワイトウッドの綺麗な内装のお寿司屋さんも、
ちょっと違う。なんだかあずましくない。
私達はやっぱりココがイイ。
2階にあるテーブル席に 仲間がズラリ。
休みの日だというのに マスターと奥さんは
春の天ぷらにハタハタの唐揚げ、お母さんのお漬物に
ニシンの煮物、ヤリイカに蕎麦…とご馳走を用意してくれた。
くぅ~っ ありがてぇ~。
持参して行ったビール、焼酎、五升の日本酒は
さっき玄関で見たけど 全部からっぽだった。
(全国各地で頂いたおちゃけ。)
アホだな。本当にアホだ。
でも、イイ日だった。

そうそう、この日実はアジトで『春の雀友会』なる麻雀大会
を開催。朝の9時から死闘が繰り広げられていた。
今回参加出来なかった前チャンピオンのリンタローからの
祝辞を読み上げ、心に笑いを持ってからのスタートだった。
誰が勝ったの?って?
ん~、ん~…
わ・た・し♪
おめでと~っ!ありがと~っ!

麻雀は一人では出来ない。
そして、重要なのは『またこの人とやりたい!』と
思われることこそが 私達のやってる麻雀のキモだろう。
エンタメ集団が織りなす麻雀は、やはりエンタメしてなきゃ
面白くない。最後、かなり現実的な上がり方をして逃げた私
ではありますが。
いつも一緒にお酒を呑んでくれる仲間、
いつも一緒に麻雀してくれる仲間、
人生は、この命は、いつも誰かのおかげで輝いていられる。

そんなことを二日酔いのダルさの中で
しみじみと振り返っております。
あ、そういえば 頼んだ盾の文字をよぉく見たら
『春の省友会』…と書いてありました。
おいっ。雀を省くな~っ!
腹も立たず 笑ってしまう3代目チャンプでございます。

だるま軒、最高!