歌旅座にゆかりのある方々による連載
「特別寄稿シリーズ・第3部」をお届けしています。

関西在住で、熱狂的な歌旅座のファンで、
歌旅座メンバーもこの御仁のファン、
相思相愛の仲の西部好和さんの寄稿です。

このブログもつぶさにお読みになっていて、
記事をプリントアウトしてまで保存してくださっているとか。
また、「サクマチエ・2018年カレンダー」がラッキーにも
当選してしまった、
とってもゲンキなお父さんです。

-------------------------

10年目のRUN
「元気と勇気をニッポン全国へ!

 
北海道歌旅座 ☆10年目への突入☆ おめでとうございます。

私、10年前に還暦を迎えましたが、
嬉しいことに定年延長となってモリモリと働いていました!
 
あるとき、大阪に新しくできた落語定席〈繁昌亭〉
観に行く機会に恵まれました。
それまで、演芸などには
興味がなかったのですが、見事にハマりました。
メジャーでないですが、ある落語家とある浪曲師が
一生懸命に演じている姿に感激して、
仕事
(激務?)のあいだに通いました。
 

それから、そんな時に......。
昨年(2017)、全国に音楽を届けているという
北海道歌旅座のコンサートが
自宅の近所で開催されると知り(めぐり逢い)、
何の下知識もなく友達を誘って行きました。
懐かしい曲が次々と歌われて、
何歳も何歳も若くなりました。良かったわぁ。

「そうだね~昭和の真ん中にいた~な! 仕事は一生懸命していた~な!?」

だから、
JUNCOさんの「テネシーワルツ」「愛の讃歌」を聴いて、
歌旅座へ集まった座員と
同じく私も惹きつけられました。

ナリコさんの「ヴァイオリン」で
上品なコンサートになりましたね。
そして、ザ・サーモンズのコーラスも加わり、
みんなで唄い&手拍子して会場がひとつになって
盛り上がる経験は初めてで感動しました。
楽しかったね&楽しいね。 
一緒に行った友達と「また来ようね」と約束しました。


2017年は生駒市、宝塚市、京都・精華町、四條畷市の
4ヶ所で友達13名と同伴。
2018年は摂津市、五條市、城陽市、御所市、川西町の
5ヶ所で友達13名と同伴。
今度の4月28日(土)は、
地元・生駒市公演のチケットをゲットしました。

今年はあと、必ず5回、合計10回行けますように、
今からワクワクしております。

歌旅座の方々は健康に気を付けて。
特に「美味しいお酒」に気を付けて。 
ニッポン全国市町村の心待ちしている人々へ
「元気と勇気」を届けてください。



西部好和(にしべ・よしかず)
 北海道歌旅座 後援会員
 歌旅座にハマった熱狂的ファンの関西代表
(奈良県生駒市 在住)

NishibeTaro25102
西部さんと司会太郎。今年も各会場でお目にかかりましょう


Chie2018
チエカレンダーを誇らしげに掲げる西部さん。