アメリカンドッグが好きだ。
大好きだ。
どえりゃあ 好きだ。
 
昔から、祭りの屋台やイベント会場の模擬店でこののれんを見かけると
蜜に引き寄せられる蜂のように、ついふらふらと身体が動き、
気がつけば「辛子たっぷり」とお店の人にお願いしている。
もしかしたら数多あるジャンクフードの中で一番好きかも?
 
 このアメリカンドッグ、もともとはアメリカ発祥の食べ物で
コーンブレッドの生地を使った「コーンドッグ」と呼ばれているようだが、
日本ではホットケーキ
ミックスを使うことが多く、
名称も独自に「アメリカンドッグ」と呼ばれ、その名
がすっかり定着している。

ただ、北海道の一部の地域、主に道東地方では「フレンチドッグ」と称し、
般的なケチャップ&マスタードの他に砂糖をまぶすことも多いそうだ。
そういえば以前「食の県民性」を紹介する人気番組で、
この道東の食べ方が紹介されていて出演者に驚かれていたっけ......。
釧路出身のダルのお腹の一部は、きっとこの砂糖まみれの
アメリカンドッグでできているにちがいない。うん、間違いない。

 
もともとは屋台で売られていたこのジャンクフードは、
今やどこのコンビニでもレジ横の揚げ物コーナーに
定番として置かれているし、スーパーのお惣菜コー
ナーでもよく見かける。
幸い、我が家の隣り、と言ってもいい距離に某コンビニがあり、
日中に小腹がすいた時や一人の夜のバーボンのお供に、
といつでも私のアメリカンドッグ愛
を確かめられる幸せな環境にある。HAPPY!!
 
25369z

 
 
 
今から5~6年前の冬のお話
 
その頃、北海道神宮のかなり近くに住んでいて、
毎年、お正月も松の内を過ぎるとどんど焼きにお願いするため
お飾りを持って散歩がてらとことこ神宮に出向いていた。
もちろん、どんど焼きが主な目的ではあるのだが、
その他にひとつ、毎年楽しみにしているものがあった。
年末年始のその時期だけ営業する、
私の大好きなアメリカンドッグの屋台があるのだ。

本殿手前に構えるその店は他の店とは違って
トッピングにするソースが豊富で、
我が愛しの激辛ハバネロソースが選べるのだ。
6月には同じ場所で大きな〈北海道神宮祭があるのだが、
その時その店は他のフードを売るので、
このハバネロソースのアメリカンドッグはこの時期にしか味わえない。
 
その年も、本殿へのお参りもそこそこに店に立ち寄り、
たっぷりとハバネロソースをつけてもらい、
ご満悦でひと口かじりながら歩き出した。
 
と、その時......。
2羽のカラスが真正面から私の手元めがけて向かってきたのだ!
確かに「今年はやけにカラスが多いな」とは思っていたが、
元々カラスの多い地区では
あるし、毎年食べ歩いても
襲われることなどなかったのに......。
 
思わず身をすくめた私の頭を「ガシッ!!」とつかんでいったのだ。
カラスのくせにワシづかみするなんて、
小鳩のようなうさぎの心臓はバクバク......って、
ややこしいわ!!
 
幸いにしてトレードマーク(?)の帽子をかぶっていたので怪我はなかったが、
あの爪の感触は今でも覚えている。
 
とにかく、びっくりはしたけど気を取り直してルートを変えて歩き出し、
もうひと口かじった時にまたしても、しかも今度は、3羽で戦隊を組んで
低空飛行で私の顔めがけて羽を
広げて飛んできたのだ。

いやぁ、怖いもんですわ、やたら大きく見えるし......。
 
その勢いに思わず、持っていたハバネロアメリカンドッグを
手から放ったところ、3羽はブルーインパルスさながら
急転回して見事にさらっていってしまった。
 
しばし茫然......カラスめ、カラスめ!
まだ、ふた口しか食べてないのに......
1年越しに楽しみにしていたのに......
ブツブツブツ......。
 
しようがない、と今度こそ気を取り直して回れ右、
もう一度店に戻り、同じものを注文したら。
そりゃそうだよね、ついさっき買ったばっかりだもの、
店のお兄さんがニヤリとひと言、
 「おねーさんも好きだねぇ......
ちゃうねん!  おにーちゃん、そうやないねん!!
 
それにしてもあのカラスたち。
おねだりしてハバネロソースをたっぷりとかけてもらったから、
真冬だというのにひと口食べると頭皮がパラダイスになる、
というしろものなのに
......。
 
今回の(も?)しょうもないお話の締めはこの言葉:
 
「円山のカラスはお辛いのがお好き」
ププッピドゥ!!

25368z