父さんに作文を書いて欲しいと頼んだのは
2009年1月、夕張で『名画座』のPV撮影をした後。
父さんの行きつけの恵庭にある小料理屋にて
気持ちよくお酒も入った私達は
『父さんも言いたいことあるんじゃない?』
『思うところは沢山あるよ。』
『よっしゃ!父さんの歌作ろうぜ!』
(確かそんな流れだったと思う)と盛り上がり
とあらばまず父さんに、38年間の人生がどないだったかを
書いてもらおうっ!となった。
『まいったなぁ~~~…。』と顔をゆがめてた父さんの
姿が懐かしい。
(この翌日は、起き上がれない程の二日酔いだったらしい)
後日、『コバンザメにはなりたくなかった』という名言が
含まれた原稿がファックスで送られてくる。
その原稿をもとに、娘目線で歌詞を書き、曲をつけた。
そうして今もなお 各地で還暦を迎えたお父さん達や
支えてきたお母さん達に絶大な人気を誇る『重ね日』が誕生した。

今、一座は10年目を迎えた。38年という年月には
まだまだ程遠いけれど、それでも『自分にとっての重ね日』
を考えるようになった。
この命はしっかりと『様(ザマ)』を残せているだろうかと。

本日41歳の誕生日を迎えた訳でございますが
あぁなんと10年の早いことか。。
世間の40代女性の持つ悩みも一気に押し寄せてくる。
女性ホルモンは減り、体力も減少、オケツも下がるし、
なにかと数値も悪くなるし、お酒の量も減り、麻雀も負けるし、
(これは関係ないか。)こりゃ大変だわさ!
イソフラボン摂取にも程がある!
と思う反面、今しか出来ないことがあるなと。
私だから伝えられるなにかがきっとあるはずだと。
10年前には歌えなかったもの、今ならば…。
そんな想いです。
新曲、創ります。待っててね。

あと、私より若い女性に言っておきましょう。
いや、昔からずっと言われ続けていたことです。
うちのばあちゃんも言ってた。
~命短し恋せよ乙女 朱き唇 褪せぬ間に
 熱き血潮の 冷えぬ間に
 明日の月日は ないものを~

その時にしか味わえないあらゆる面での若さを
とにかく満喫するべしっ!ダラダラするなよ~~っ!
大正時代から言われてるんだからホラ、
やっぱり 先輩の言うことは絶対聞いたほうがいいのよ。
人生はバタバタしてるくらいがイイ。
こんな感じで↓

_20180421_153007
(狂喜乱舞する踊り子達)

JUNCOの魂を熱くしてくれる皆皆さまと仲間に
今一度感謝を込めて…
この命を揺らしていただき 
本当にありがとうございます。幸せッス。
41歳のJUNCOもお楽しみに♪