春の夜の、あのいい匂いがもうしない。
いつの間にか、屋上ジンギスカンも楽しめるくらいに暖かくなった札幌。
緑に包まれるのはもう少し先でしょうか。


さて。弦楽器を弾かれる方なら経験されたことがあるのではないかなと思うのですが、長時間の練習が何日も続くと、弦を押さえる左手の指先が硬くなりますよね。

これは、最初はマメのようになるのですが、次第に指先全体が厚くなり、マメの存在はわからなくなります。個人差があるかとは思いますが。

そうなるとその状態で安定して、いくら弾こうが影響はなくなるのですが、思うところがあって、しばらく弾いていなかったエチュードをひっぱり出し、通常使わない奏法の練習をしていたら。。。

IMG_20180412_231824


薬指に小さな血マメ、後日小指は水ぶくれに。
練習中はとにかく習得したくて夢中なので、痛みに気がつかないんですね。
ギター少年のよう。

受験の頃を思い出して、懐かしい気持ちになりました。

先日、飲んでいる席でちょっとだけギターを持たせてもらって、イロハのイにも及ばないあたりを教えてもらい、初めての楽器はそれはそれは楽しかったのですが、これは難しいぞと思いました。

楽器に限らず、何かひとつ鍛錬することの奥深さを考える時、最初の階段のその先に、どれほど多くのやるべきことが広がっているか想像できるもの。

ギターをやるのなら、まずマメを作るところからスタートだなぁ。

今夜はパーティーに行きます♪