高知には『とさでん』という路面電車が走っている。
街の人々にとって大切な『足』となる電車だ。
『乗りたい…』
一座の休日となった5月2日。
宿の目の前がちょうど停留所になっていたもんで、
オイラの乗車欲がメラメラと燃えちゃいまして。
部屋で各々仕事をしているメンバーをよそに
ナリコをデエトに誘い、とさでんに乗車。

_20180504_124908


『意外となんてない』で有名な『はりまや橋』も
一応おがんで、『あんみつ♪あんみつ♪』と
呪文のように唱えるナリコと結局見つけたのは、
部屋で晩酌する用のかまぼこと、女子3人用の
靴下(3足500円)。
どこを見て回っても、『衣装で使えるか』と、
『酒にまつわるなにか』しか頭にない私達。
世の女性的買い物風景とは 少々ズレてるような…。

たまに雨もいい。
空に『少し休め』と言われてるようで。

宿に帰ると、男達が既に晩酌を始めていた。
(PM3時半)
納豆・めかぶ・あたりめ・金麦…コレコレ!
やっぱりコレよ!
シングルルームは一気に7人で、すし詰め状態になり
我々で言うところの『下地』が徐々に
出来上がってくる。

この日のメインは 居酒屋『とさ』でカツオタタキ
を食らうこと!
ピンク街の一角、地下に進む。
店の女将が覚えてくれていた。
前回食べたものまで!すごい!プロだ!
あまりに嬉しくて美味しくて、土佐鶴の一升瓶
3本呑んじゃいました。アホです。
でも、また必ず行くぜよ。

1525301137665


(のれそれ というアナゴの稚魚)

酔いどれジグザグ歩行の一座、無事に宿到着。
と思ったら、何名かが斜めに傾いたまま
宿隣の居酒屋へ向かってゆく…。
その名も『珍宝亭』。…なんつー名前だ。
頭のてっぺんまで土佐鶴が入っていても
ど~~~しても気になる名前だと、
入っちゃうんですなぁ~~。性です。

_20180504_124802


今日も元気に歌旅中!