ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

四国の某県某市の某ホテルに滞在しています。
例によって、四国コンサートツアー後の居残り営業です。

今回のコンサートツアー、ご来場してくださったお客様に、
まずは御礼を申し上げます。

ゴールデンウィーク、各地で多種多彩なイベントや観光地が
ここぞとばかり張り切って呼び込んでいるのにも関わらず、
脇目も振らずに北海道歌旅座の公演に足を運ぶとは驚異です。
次回はご家族・ご友人・お知り合いと一致団結し、
さらなる集団を組んでお越しください。 

また、主催してくださった関係者のみなさまにも感謝申し上げます。
なにしろ、相手は大型連休ですからご苦労もあったとお察しします。
でも結果としては、お客様は大いに楽しんでくれましたよね。
次回も精一杯がんばります(次回、ありますよね)。



先日、うれしいことがありました。
徳島新聞のコラム「鳴潮」で
北海道歌旅座のことを題材にしていただいたのです。 

新聞社のコラムといえば、全国紙でいえば、
朝日新聞は「天声人語」、読売新聞は「よみうり寸評」、
北海道民なら北海道新聞の「卓上四季」がよく知られていますね。
このコラムを毎日楽しみにしている読者も多いと聞きます。

旅先の公演地、地元の新聞社に取り上げていただけたのですから
光栄であり、恐悦至極の至りであります。
(クリックすると拡大します)
tokushin_column


おわかりのように、司会太郎の箇所は、
司会太郎の本名であったものをあっしが修正しました。
新聞社のご担当者さま、申し訳ありません。
ここで本名のまま紹介するには勇気不足でした。
きわめて照れくさいのでありまして。
決して検閲ではありません。
 
四国は今回も、各地で記憶に残るコンサートツアーとなりました。


そういえば、歌旅座メンバーで舞台担当のダル
高知県内のに興味を示しておりました。
だから、彼のために2つの岬を土砂降りの中を訪問、
写真に収めてきました。
みなさんにも披露いたしますね。

まずは、室戸岬。高知県の東側にあります。
時間は18:00を過ぎたところ。
muroto01
寒々しいところでした。


muroto02
展望台から望む。
100円ショップで購入した傘が
強い風雨でぶっこわれました。


muroto03
駐車場にいたネコです。
室戸岬で見つけたので、ムロトミサキネコと名付けました。
新種発見のような気分になれました。
何か、石灰みたいのを一所懸命に食べていました。



お次は、高知県の西側、足摺岬
ダルくんのお気に入りの岬です。

ところで、室戸から足摺まで1〜2時間で移動できません。
それぞれ別の日に訪問しました。
そして、両日とも土砂降り。カメラは雨まで捉えられないようです。
Ashizuri01
「四国最南端」に位置するんですね。
向こうに見えるは、ジョン万次郎の像。
正面に回り込む気分ではありませんでした。


Ashizuri02
こんな童話の世界のような路を歩いていきました。
行く先に何が待ち構えているのでしょう。
答えは足摺岬です。


Ashizuri03
着きました。
では、帰ります。



すっかりカラダが冷えて、ホテルへ急ぎました。
その上、雨の運転は疲れるもの。
やっと落ち着いて心身の休息をとれるはずです。

ここで、恒例の「ホテルの小部屋」写真集。
1枚ずつ紹介しましょう。
まずは、室戸から移動した先のホテル。
hotel01
ザ・昭和です。
テレビが液晶なのが、かえって混乱させてくれます。
いろいろ連想するでしょうが、悪くはなかったですよ。
和室、けっこう好きです。
ただ、エアコンを運転させると、
カビの匂いが盛大に噴き出したのがマイナス。


つづいて、足摺からたどり着いた先のホテル。
現在、このブログ記事を執筆している部屋です。
hotel02
普通に見えるかもしれませんね。
でも、ここは「訳あり部屋」として紹介されていました。
興味本位と経費抑制のためにと予約。
果たして、歯ブラシやタオルなどのアメニティ、一切無し。
テレビ無し。イス無し。

歯ブラシは持参しているし、テレビは不要だからOK。
でも、バスタオルぐらいはなんとかならないだろうか。
フロントと交渉したら、バスタオルとハンドタオルのセットを
100円で貸してくれるとのこと。
最初から宿泊代に入れても文句はいわないよ。

問題なのはイス。
いつもホテルでは仕事をパソコンでおこなうわけですが、
この部屋にはイスがないから、ベッドの端に座って手を伸ばし、
背中を低めにしてキーボードを打つわけです。
ちょっとしたヨガ体型です。
しかし、ヨガの経験がないためか、現在、首と背中と肩に
著しい負担がかかっていることを思い知らされています。
目つきも悪くなってきたようです。



そんな状況下で、本年も誕生日を迎えることができました。
父母とご先祖様、ありがとうございます。


四国は今回も、記憶に残る居残り旅となりました。



それでは、ごきげんよう。



追伸。
北海道でコンサート、ありますよ。
5月13日(日)の江別市。演目は『ホッカイドウ・ソングス』!
5月22日(火)の旭川市。デザートバイキング付き!
5月23日(水)の沼田町は、歌旅座・初公演!

お待ちいただいていた北海道のファンのみなさん。
もうすぐ会えますね。


ふたたび、ごきげんよう。