久しぶりの北海道公演。札幌の隣町、江別市を訪れました。
地元のみなさんはもちろん、なかなか会えないからと各地の後援会のみなさんも
足を運んでくれました。

この日は母の日。
第2部の締めくくりに選んだ曲はJUNCOさんのオリジナル「コスモス」でした。
彼女の母が教えてくれた「生きることは素晴らしいこと」という言葉の意味、
そして母の生きる様を描いた一曲です。

舞台袖でこの曲を聴きながら、ふと思い浮かんだのはやはり母の顔。
生まれた時から毎日当たり前にいた存在だったけれど、成長と共に一緒に過ごす時間は
少なくなり、今では年に数回しか会うことが出来なくなりました。
久々に会うと、笑うと出てくる目尻のしわや、いつもご飯を作ってくれた
手の甲のしわの数が、長いこと会えなかった時間をものがたる…。
子育てをしながら、毎日の炊事、洗濯、掃除をこなし、農作業で汗を流し
ながら家を支えてくれていた母の姿が思い出されました。
時々かかってくる電話では自分のことはさておいて「あんまり無理するんじゃないよ」
と明るく気遣う母は強い人だ。
遠くで支えてくれる母に心から感謝しました。

会場のみなさんもきっとそれぞれの「母」を思い浮かべながら聴いていただけたのでは
ないでしょうか。
歌い終わった後、拍手の温かさが伝わってきました。

ご来場いただいたみなさんありがとうございました。
またきっとお会いしましょうね。



↓画像をクリックすると「コスモス」の動画に繋がります。
是非ご覧ください。
IMG_5921