ごきげんいかがですか。
司会太郎です。

関西・九州コンサートツアーは、
絶好の陽気に恵まれています。
おわかりですね。暑い、ということです。

6月2日は和歌山県、初訪問の有田市
北海道民にとっても、みかんの産地として知られていますね。
IMG_0688
ほうら、ブルーとグリーンの有田の山。
季節になると、この山にオレンジ色のみかんの彩りが加わるのでしょう。
「オレンジ色」というよりは「みかん色」というべきですね。

そして、一路、有田市民会館・紀文ホールへ。
2017年7月29日にオープンしてまだ1年も経っていないステキなホール。
IMG_0680_Arita01


ところで、有田という地名。
おわかりですね (その2)。北海道歌旅座でそれなりの人気を集める
ザ・サーモンズのメンバー、アリタと同じ漢字を綴ります。
ただ、有田市はアリダと読みます。

いずれにしましても、こんなご縁、めったにありません。
サーモンズ・有田有田市民会館。

そこで、彼らの夢の共演を捉えることができました。
先の写真の一部をクローズアップしただけですが。
IMG_0680_Arita02
ウチの有田と有田市民会館の正面玄関。
夢の共演でした。


コンサートはというと、
ステキなお客様のおかげで演者である歌旅座も盛り上がり、
楽しんでもらえたステージをお届けできたと信じています。


さて、今回は特別な映像をご覧いただきましょう。
この有田公演のクライマックスから終演後の撤収までを
特殊な撮影で収めたものです。早送りです。

なお、この撮影はカメラ(ケータイ)でおこなったのですが、
誰にもお伝えしていなかったもので、忘れ物だと思ったのでしょう、
ホールのスタッフの方がケータイ設置場所から
歌旅座メンバーに手渡してくれました。
この映像の最後はその様子が残されています。
これはドキュメンタリーです。



この映像で、有田でのコンサート終演後の模様を
早足でご覧いただきました。40秒余りの時間です。
しかし、実際はあんな早いわけではありません。
あれは特殊撮影です。おわかりですね (その3)。
いつもは、モソモソっとやっています。
たまに一時停止すると面白いかも。



それでは、ごきげんよう。