ここしばらく 寝込むほどの風邪をひいていない。
ありがたいことだ。
どういう訳か、皆がツアーに出かけ 誰も労わってくれる(?)人
が居ない時に限って、高熱を出したり、肋骨を痛めたりする
ことが多いのだが、それもここしばらくはない。
ありがたいことだ。

そういえば 風邪で寝込んだり、体調不良になると何故か
食べたくなったり、あるいは 食欲をなくした身体のために
小さな頃から「これだけは」と食べさせられたりしたものが
いくつかある。
勝手に"癒し飯”と名付けて 2~3思い返してみた。

・缶詰のみかん
ある年齢以上の方は 「そうそう、わかるわかる」と仰るのでは?
高熱で身体も熱く、喉の痛みで食欲が落ちている時に
甘く・冷たく・やさしい味のみかんとシロップは、つるんと
喉を通り、何だかとても大切にされているような気持ちに
なって、風邪をひくのも悪くない、なんてちょっぴり
思ったものだ。

・鍋やきうどん
病気=おかゆ、というのは定番だろうが、おかゆを好まない私
にとっては、やわらかく煮込んだうどんが一番の栄養源だった。
元気な時は、ご飯にしても麺類にしても硬めが好みだが、
鍋やきうどんに限っては、三河屋風の濃い目のつゆで
くたくたになるほど煮込んだ熱々のうどんを 少しずつ
少しずつ食べて汗をかき、おなかも落ち着かせて元気を
取り戻していく。
ちなみにこの鍋やきうどんは、元気な時でも 真夏の暑い日でも
定期的に食べたくなる私の一人飯。

・くず湯
ひどくお腹をこわしたり、全く食欲がない日が続いた後に
回復の兆しが見えると、よく くず湯を食べさせられた。
今なら 吉野葛の葛粉を使い、抹茶や生姜・フルーツ風味など
和のスイーツとして色々な物が売られているが、
小さな頃のそれはただ片栗粉と砂糖を少量の水で練り
そこに熱湯を注いで一気にかきまぜた重湯のようなくず湯
だった。まるで赤ちゃんの離乳食のような、頼りない(?)
薄い甘味は決して好物ではなかったが、間違いなく
病の身体を癒してくれた。

・生姜ごはん
これはどちらかというと病気、というより夏バテした時のように
元気ではあるけれど 何だか食欲がない…という時のもの。
すりおろした生姜にお醤油をまぜて炊きたてのご飯に
のせるだけ。そのうえに かつおぶしと刻みのりをかけて食べる
というインスタント癒し飯であり、これも誰もいない時の
一人飯。
生姜好きな方なら是非お試しあれ。

まだまだ あれもこれもあるなぁと 書き進むうちに次々と
心に浮かんでくる。
おそらくは誰にでもあるであろう、その人なりの癒し飯。
身体も心も元気が何よりだけど、思いがけず弱ってしまう時は
どうしたってある。
通常の食は、元気を維持し 作っていくもの。
"癒し飯”は元気を取り戻すお手伝いをしてくれるもの。

夏空が秋空にかわり、長く寒い季節に向かっていく。
ひきたくない風邪も そろそろひくかもしれない。
だとしたら、寝込むほど悪化させないためにも 今一度
"癒し飯”の材料の在庫をチェックしておくことにしよう。
久しぶりに くず湯でも食べてみようかな?

_20180919_135625

画:ヂュンコゲイブリエル