四国・九州ツアーを終え、数日間の札幌滞在中、
今年最後の屋上ジンギスカンを満喫した私達。
10月後半、関東ツアーの初日は山梨県大月市です。

県内でのコンサートは、一座も皆大好きになった“吉田うどん”の町、富士吉田市で、
先月開催させていただいたばかり。
大月市はこの度初めての公演です。

メンバーは前日に出発し、私は当日、交通機関で移動し会場へ向かいました。
まず羽田から横浜へ。そして再び東京に入り、八王子から大月へ。
近くの県を行ったり来たりと、面白い乗り換えだなぁと思っていましたが、
高速道路もそのような道順なのだそうですね。

山の合間を抜ける特急列車の窓からは、僅かに色づいた木々が綺麗でした。

今回の公演は、なんと700名近くのお客様がいらっしゃるようだ!と聞いており、
会場となった大月市民会館、開場前のロビーは早くからとっても賑やか。

その気配を感じると、楽屋の空気も本番へ向けて自ずと変わっていきます。

いいステージにしよう、いい日になるはず。
願いの叶った一日となりました。

会場の皆様の温かな歌声に包まれた「故郷」



やはりこの歌は、たくさんの人の声で歌われると、より心に沁みますね。

終演後、「次回の日程を決めてよ!」とおっしゃってくださった山田館長はじめ、
公演にご協力いただいた市民会館の皆様、カーテンコールの会の皆様、
ありがとうございました。

再会を楽しみにしております!

IMG_20181024_083617

楽屋に入り、まず目に留まったのは、各部屋にいくつも置かれたお花達。
野花のようなさりげない佇まい。
お話をうかがうと、お庭のお花を持ち寄って生けてくださったのだそう!

目上の方のお心遣いには背筋が伸びます。